We LOVE ろくでなしブルース

キャラクター紹介

ろくでなしBLUES

ろくでなしブルース・・・’88『週刊少年ジャンプ』(集英社)連載開始
『ドラゴンボ−ル』、『スラムダンク』など共にジャンプの黄金時代を支えた大人気漫画。

このコーナーではキャラの分析と、誰が最強なのかランキングなどを独断と偏見で判断しております。


第四回ろくでなしBLUES・マニアックイズ

この問題がとけるか!!

問)おっと、中島くんが屋上から飛び降り自殺をしようとしてます!
でもこのあと結局助かります。
それは、なにかを思い出して自殺をちゅうちょしたからなのですが、
いったい何を思い出したのでしょうかぁぁ!
むずかしぃ〜〜〜!!!


何でもNO1選手権第5回
一番そっくりさんな人

あ、米示がサングラスしてる!

とおもったら別人なんですね〜これが。こいつは大阪、極東高校の辰吉の舎弟の2人のうちの片割れです。

名前は・・・すんませんちょっとわかりません。でてるかなぁ?分かる人はお知らせください!

それにしても似てるなぁ。初期のころの太尊と畑中もかなり似てたけどこれはほんとにサングラスをかけさせただけだなあ。

キャラに個性がある森田まさのり先生の漫画の中ではめずらしいですな。


第三回ろくでなしBLUES・マニアックイズ

この問題がとけるか!!

問)ああ!前田さんがヤクザにドスでやられてる〜!
でも大丈夫。このとき太尊はお腹にあるものを入れていて助かりました。
それは・・・週間少年ジャンプでした。
ってこれじゃあクイズになりません。
それでは、そのジャンプの表紙は何だったでしょう?
これは難しい!分った人はオイラと朝まで語りましょう。


何でもNO1選手権第4回
一番強い人

一番強いのは太尊でも葛西でも川島でもなく、そう、このオッサン、前田文尊だ〜!
年齢は50歳を超えてるってのにこの筋肉美。握力90、パンチ力200kg指立てふせは連続1000らしい・・・(太尊談) 
子犬を助けようとしてトラックにはねられたときも命に別状はなく、それどころか病院でも体を鍛え、退院してすぐさま本堂でベンチプレスをやってて勝嗣もビックリ(右図)。
そんな文尊でも1度病気疑惑がかかったことがあった。かつてのように体を動かすことができなくなったらしく、握力は80kg、指立てふせは連続450回にまで体力が落ちたらしい。
藤竹さんに診察してもらおうとする太尊だが、文尊は唯一医者が苦手らしく、逃げ回ってなかなか診察に応じようとしない。
結局ただの老化で、プロレスラー並の体力がある50歳ということで話はおさまった・・・(?)
藤竹さん曰く「150歳まで生きるでしょう。」らしい。
まさに最強!


第二回ろくでなしBLUES・マニアックイズ

この問題がとけるか!!

問)これは難しいはず・・・。コミックスの第五巻より。
太尊がチョコレートを食べ過ぎてお腹をこわしました。
このとき太尊が下痢止めと間違えてのんでしまった下剤の名前は?


何でもNO1選手権第3回
一番バカな人

バカな奴といえば何といっても太尊、でももっとバカな奴がいた・・・ そう、その名は今井 和美。

英語のテストでは21点だし、そしてそれを恥ずかしがらずに見せびらかすし。しかしバカにもほどがあるぜ、和美ちゃんよう!「あーん、やっぱり言えないよー。私が妊娠してるかもしれないってこと。」と、全力で勝嗣の前で言う当たり、とても常人の脳みその出来とは程遠い感じがするであります。。。以外にモテモテの和美は協栄高校の赤城をはじめ色んな猛者どもに言い寄られている。そんなモテモテの和美だが浮気っぽい勝嗣と高校の1年から卒業するまでずっと付き合い続ける。最終的にはそのまま勝嗣と結婚して子供を産んでいる(息子で名前は拓人)。

勝嗣と和美のエッチする話は13巻に収録。結局コンドームがなくて未遂におわります。。


何でもNO1選手権第2回
何気に一番かわいい人

これはかなりマニアック!太尊の2学年下の菅野ちゃん。
スーパーチョイ役ですが、かなりかわいいです。

基本的にこの漫画の女性キャラはタレントの名前が多い(千秋や和美は違うけど)。
例>浅野先生(浅野ゆうこ)、観月先生(観月ありさ)、ひなの(吉川ひなの)、
で菅野ちゃんはもちろん菅野美穂ね。あれ?思ったより少ないなー、こんなもんだっけ?
ちなみにマサさんは近藤真彦(漢字あってるっけ?)。

この菅野ちゃんは残念なことに、誠二に惚れている女の子として、一話にしかでてこないのだ。
真冬さん(更生後)や、ひなのちゃんもいいけど、マニアックさ勝負でやっぱりここは菅野ちゃんで。

しかし菅野ちゃんよ、なぜ誠二なんかに惚れたの・・・・・?


1巻と最終巻で絵が違うのはよくあることだけどこの漫画の絵の変わり方は激しいものがある・・・。

(例)マサさん。
アンタ別人でしょ、さすがに。っていうか1巻のはイカツすぎ。


何でもNO1選手権第1回
一番ウザい人

ヒロインのくせに。。やっぱりこの人がだんとつで1位でしょう。 。
連載当初は時代のせいもあるけど、おまえはマジメっこちゃうんかい、 とツッコミを入れたくなるほどのスケバンばりのスカートの丈の長さ。
そして初期は作者が絵が全然下手だったせいもあり顔がコワすぎです。。そんな千秋ちゃんも最後のほうでは時代に合わせてルーズソックスになっていました。
ジャンプで読んでたときは全然気にせず読んでたけど、コッミクスで通して読むとかなり違和感があって笑えます。
あの千秋がルーズソックスか!みたいな感じになります。それもこの漫画だと許されちゃいますけどね〜
性格がかなりウェットで、読者のイラつくポイントをきっちり押さえてきます。なんといってもすぐ泣く、すぐすねるところがたまりません。
まぁ逆に言うと守りたくなる存在なんでしょうかね???でもさすがにヒロインだけあってモテっぷりはかなりものです!

千秋をみてむかつきたい方は最後の白井編をおすすめします。


第一回ろくでなしBLUES・マニアックイズ

この問題がとけるか!!

問)ご存知、太尊のいとこ、前田茜(知らないヤツは答える資格なし!)。
大阪から太尊のいる東京の帝拳高校に転校してきたのだが、
茜はいっこうに前の学校のセーラー服から帝拳高校指定のブレザーに変えようとしない。
それを見かねた生徒指導のヤクザ教師井岡に、制服を変えろ!、
と言われた茜は何と言ってその場を逃れようとしたでしょうか?

ezカウンター
メールサーバー神戸 賃貸マンションレゲエグッズバーベルヤフオク出会い 出会い系サイトアメリカ 高校留学E-信販.comハイパーローン.comエクストラお金.com

 

独断と偏見による
キャラクター分析

帝拳高校

前田太尊

ご存じ物語の主人公。喧嘩にゃ強いが頭は悪い。夢はボクシングの世界チャンピョンになること。 そんな太尊の周りにはいつも喧嘩がつきることはない。こういうキャラは決まって女の子が苦手、喧嘩には無敵の太尊も女の子には弱いのだ。必殺技のソバットやアッパーカットで次々と敵をなぎ倒していく。いいぞ太尊!強いぞ太尊!でもこの漫画で一番強いのは太尊の親父さん、文尊でしょう。ちなみに実家はお寺(尚林寺)で兄(富士雄)と弟(用高)がいる。 母親は未登場。

学校:帝拳高校
ボクシング:竜の子ジム所属(ウェルター級)
彼女:有り 七瀬千秋
実家:お寺 (尚林寺)
兄弟:兄(富士雄)、弟(用高)

強さ ★★★★★

賢さ ☆☆☆☆☆

人徳 ★★★★★

モテモテ度 ★★★★★

山下勝嗣

太尊の舎弟その1。いまどきパンチパーマでがんばっている。彼女の和美とは2巻から最終巻までずっと付き合っていて(よく続いたね)最後には子供までつくって、できちゃった結婚をしちゃっている。いつも太尊と共に最前線で戦っていて太尊からの信頼も厚い。基本的にはお笑いキャラとして扱われているが喧嘩はそこそこ強い。禁句は「おでこが広い」で、これを勝嗣に言ってしまうとキレて手がつけられなくなる。彼女の和美にはいつも心理テストをさせられ、相性チェックをさせられていつも散々な目にあっている。

学校:帝拳高校
彼女:有り 今井和美
実家:バイク屋さん
    (慶長5年から続いているらしい)
禁句:でこっぱち

強さ ★★☆☆

賢さ ☆☆☆☆

人徳 ★★★☆☆

モテモテ度 ★★★☆☆

沢村米示

太尊の舎弟その2。太尊の参謀的存在。実は頭が良くて最終的にはT大(おそらく東大)に合格する。勝嗣とは小学校からのくされ縁で、禁句は「鼻でか野郎」。勝嗣と同様これをいわれると米示もブチ切れる。初期のころは千秋に惚れていて太尊と千秋をとりあうが、千秋は太尊にくびったけ。そんなかわいそうな米示にはきちんと「さゆり」という彼女ができる。どんなときでも揺るがない太尊との信頼関係、この漫画が魅力的なのは勝嗣と米示の存在があるからだろう。

高校:帝拳高校
彼女:有り さゆり
禁句:鼻でか野郎

強さ ★★☆☆☆

賢さ ★★★★★

人徳 ★★★☆☆

モテモテ度 ★★★☆☆


畑中優太郎

太尊の2こ先輩のボクサーであり漫画初期の太尊のライバル。太尊が帝拳に入学した時にはすでにボクサーとして完成されていて太尊より格上だった。プロ志望でない畑中はオリンピクを目指して最終的には金メダルを獲得する。しかし1巻から読み始めると太尊と畑中が見分けにくい・・・。しかも4巻以降ほとんどと言っていいほど出てこない。この漫画に畑中ほどの優等生は他にいないだろう。マジメで周りからの人望があり男前でボクシングは最強。純粋なボクシングの勝負では太尊よりも勝っている(喧嘩なら余裕で太尊でしょ)。太尊よりも主人公っぽいから出てこなくなったのかな?

高校:帝拳高校(ボクシング部、ライト級)
大学:辰東大学
彼女:無し(出てこないけどいるでしょ。)
兄弟:妹(なつみ)

強さ ★★★★★

賢さ ★★★☆☆

人徳 ★★★★★

モテモテ度 ★★★★

輪島倍達

帝拳高校応援団のヘッド。輪島、またの名を帝拳の留年王。卒業するときには21歳になっていた。ガタイがデカくて結構強いのだが、初登場のときに太尊に裏拳一発でダウンさせられている。太尊にいつもぞんざいに扱われるのでよく衝突していたが、卒業前の渋谷楽翠学園との抗争では自分のため、太尊のためにと感動的な喧嘩をくりひろげる。しかしまあこんなヤツが学ラン着てたら怖いよなー。

高校:帝拳高校(応援団)
実家:建設会社
彼女:無し

強さ ★★★☆☆

賢さ ☆☆☆☆☆

人望 ★★★★

モテモテ度 ☆☆☆☆☆

浜田

帝拳高校のボクシング部で、ライバルの輪島率いるボクシング部と抗争を繰り広げる。登場当時は悪でしょうがなかったが、太尊に助けられてからは心を入れ替えて心強い仲間になる。人望に厚く、ボクシング部の後輩達のアニキ的存在。特に誠二からは慕われていて、その誠二をかばうために進路指導の沼田を殴って退学になってしまう。退学後は渋谷の配送センターでトラックの運転手になる。そしてたま〜に登場して太尊を助ける。

高校:帝拳高校(ボクシング部)
   しかし中退(先生を殴って退学)
就職:渋谷の配送センター
彼女:無し

強さ ★★☆☆☆

賢さ ☆☆☆☆

人望 ★★★★

モテモテ度 ☆☆☆☆

大橋英和

ボクシング部の次期主将を務めることになる大橋。連載当初は浜田の舎弟として応援団の武藤と激しく争う。応援団との抗争後は武藤といいコンビになる。喧嘩はそんなに強いほうではないがパンチ力は1級品。1度は太尊からダウンを奪ったこともある。留年に留年を重ね結局は太尊といっしょに卒業する。大橋ファンの人は横浜帝拳高校とのボクシング対決(22巻〜24巻)を見るべし!

高校:帝拳高校(ボクシング部)
彼女:無し(美香ちゃんに片思い)

強さ ★★☆☆☆

賢さ ☆☆☆☆

人望 ★★☆☆☆

モテモテ度 ☆☆☆☆

武藤章圭

輪島の卒業後、応援団の団長になる。渋谷の鬼塚との抗争では肋骨を折りながら男気をみせてくれた、感動の一場面。しかしこの武藤といい大橋といい、下手に留年して卒業しそこなったために物語の後半ではほとんど活躍できずじまい・・・ 輪島といっしょに卒業しといたほうがよかったかもね。

高校:帝拳高校(応援団)
彼女:無し(中学時代にアイコにフラれる)
髪型:中学時代はアフロヘアー

強さ ★★☆☆☆

賢さ ★☆☆☆☆

人望 ☆☆☆☆

モテモテ度 ☆☆☆☆

渡久地 丈一郎

何気に太尊の良き理解者。勝嗣や米示よりも太尊のことを分かってたりするときがある。太尊がいないときのナンバー2的存在で帝拳のみんなをまとめる。弟思いの一面もあって、誠二がヤラれるたびに心配したり仇をとったりする。誠二の観月先生との恋にも色々とアシストをしていたりする。最初はイヤなやつだったけど、とってもイイ奴。

高校:帝拳高校
彼女:無し(一時、千秋に片思い)
兄弟:誠二(弟)

強さ ★★☆☆

賢さ ★★★★

人望 ★★★☆☆

モテモテ度 ☆☆☆☆

渡久地 誠二

登場当初はどうしようもなくイヤなやつ。太尊を陥れることばかり考えていた。太尊にヤクザから助けてもらってからやっと改心して太尊を慕うようになる。それからの誠二の役目と言えばいわゆる1つのかませ犬である。強い奴が現れるたびに真っ先にぶっとばされる。鼻を折ったことも数知れず・・・まずはヤクザの2人組み。続いて鬼塚、竹原先生、渡嘉敷、葛西・・・ いやーこうして数えてみるとホンマにやられまくっとるなあ、かわいそうに。。。

高校:帝拳高校
彼女:無し(観月先生に片思い)
恋のライバル:井岡
兄弟:丈一郎(兄)

強さ ☆☆☆☆

賢さ ★★☆☆

人望 ☆☆☆☆

モテモテ度 ★★★

大場 ヒロト

モデルはブルーハーツの甲本ヒロト。島袋の後輩として初登場する。米示の頭をレンガで殴って頭を割って太尊に絞められる。それ以来(?)太尊を「殿」と慕うようになり帝拳に入学する。それからは準主役ばりの登場率で、あらゆる話に絡んでくる。作者も思い入れの強いキャラなんでしょう。

高校:帝拳高校
彼女:無し(ひなのと両思い?)

強さ ★★☆☆☆

賢さ ★☆☆☆☆

人望 ★★★☆☆

モテモテ度 ★★★☆☆

松村 純之助

おそらく帝拳のメインメンバーで最も存在感の薄いキャラ。これといった活躍もないが1年生メンバーの繋ぎ役といったところか?モデルはブルーハーツのベースの河口さん。ケンカのシーンも少ない。ヒロトのよき理解者。

高校:帝拳高校
彼女:無し(サキにダマされる)

強さ ☆☆☆☆

賢さ ★★★★

人望 ☆☆☆

モテモテ度 ★★☆☆☆

海老原 昌利

モデルはブルーハーツのマーシー。はっきりいって実力的には太尊に次いでナンバー2。太尊とタイマンをはったこともあり太尊をかなり苦しめた。得意技は飛び膝蹴りで、他校との抗争のときは相手のナンバー2と戦うことが多い。女の子にはかなりモテモテのようだし、太尊が卒業したあとはマーシーが帝拳を牽引していくであろう。気になるバンダナの下は、中学のときにリンチされて、そのときカッターで切られてできた傷がある。そのとき以来刃物の恐怖症だったが、切られた本人を倒し克服する。個人的にも好きなキャラです。

高校:帝拳高校
彼女:無し
バンダナの下:カッターでできた傷

強さ ★★★★

賢さ ★☆☆☆☆

人望 ★★☆☆

モテモテ度 ★★★★★

石松

セリフの少なさは天下一品。「うが」「あう」が多い。モデルはブルーハーツのドラムの梶原さん。強さは未知数だがかなりの強さを誇っていそうな感じ。なんせバイクを抱えてしまうほどの筋力がある。喧嘩のシーンがあまりないのが残念。意外と後輩達に慕われている。心優しい力持ち。実は太尊を大変慕っている。

高校:帝拳高校
彼女:無し
髪型:太尊の命令でパイナップルヘアーに

強さ ★★★★

賢さ ★☆☆☆☆

人望 ★★★☆☆

モテモテ度 ☆☆☆☆