先輩の足跡(1〜50)

不安なとき 落ち込んだとき 痛みに耐えるとき・・・私は このHPを訪れて勇気づけてくださる 乳ガンを経験された先輩や 乳ガン患者のご家族の存在に どれほど力づけられたことでしょう。

残念なことに 1999年6月に手術を受けた私にも 大勢の後輩ができました。今現在も 不安な思いを抱えていらっしゃる方や ご家族は増えています。

私が支えられたように 私も誰かを支えたい。そんな思いから私はここに 私の足跡を残そうと思います。私はこうだったのですが あなたはいかがですか?と・・。

もしも私たちの足跡があなたにとって いくらかの力になれたとしたら いつかあなたが 元気を取り戻されたとき あなたもここに大きな足跡を残してください。お待ちしています。

足跡NO001〜050 足跡N0051〜100 足跡N0101〜150 足跡N0151〜200
足跡N0201〜250 足跡N0251〜    

不安な気持ちで ここを 訪れる後輩の為に 足跡残してみませんか?

足跡を送る
  ハンドル名 本人or
ご家族
手術
年月
アクセス
ポイント
年齢 治療内容

50 merinda 本人 1998/11 神奈川 50代 左乳房多発性乳ガン.(一列に3個のしこりあり)
温存(くりぬき)手術,放射線治療,抗ガン剤CMF4クール,リンパ節転移4/13.ガンの質は髄様ガン,病期はU期のb.ホルモンレセプターはマイナスにつき薬は一切なし.
抗ガン剤と放射線治療をしながら職場復帰.出来るだけ早く職場復帰をしたいと言う気持ちが励みとなったような気がします.(ドクターの勧めもあって)現在3ヶ月ごとの経過観察中.
術後1ヶ月くらいから左腕のリンパ浮腫がある他はいたって順調な回復ではないかと思います.
治療最優先で復帰まで待っていてくれた職場,常に冷静に情報を集めてくれて病院まで付き合ってくれた友人たち,そして[自分最優先で治療に専念出来るように]と協力を惜しまないでくれた家族,心を癒してくれた猫たち,みんなのお陰で元気な日々が戻れた事に感謝の毎日です.
周りの支えで元気になれたお礼に,毎日を大事に,何か誰かしらのお役に立てる生き方をしたいと考えています 02/3/6
49 もも 本人 2001/6 鳥取 30代 右側乳房温存手術。ホルモンレセプター(+)Her2(−)。しこりの大きさ3センチの硬がん。腋の下リンパ転移36個中21個。鎖骨下リンパ転移2個。術後に放射線療法・化学療法(CEF3クール、タキソテール3クール)・ホルモン療法(ノルバデックス、リュープリン)現在ホルモン療法のみ継続中。 
退院してから6ヶ月。日常生活はほぼ普通どおり送っています。リンパ浮腫になったり、麻疹にかかったりとなかなか体の調子を制御することは難しいなーは痛感しています。また同様に心のバランスを保つことも難しい。やはりいつ再発するかという不安はあります。でも必要以上にビクビクして家に閉じこもっていても何にもならない。かつら被ってお化粧して、バンバン外に出かけています。やりたいことは今すぐやる。今日元気で過ごせることに感謝し、周りの人たちに感謝すること。病気に対して前を向き、攻めの姿勢を忘れない。これが私のモットーです。しなやかに、したたかに生きていきましょうよ、同士の皆さん!!! 02/3/3
48 まき 本人 2002/2 栃木 40代 フルツロンとエンドキサンの併用療法+ヒスロン上記の薬で8週間 Vaの腫瘍も小さくなりました。 通院で治療できたのは よかったです。最初の説明で 症例が100ぐらいしかないんだけどと言われた時は ちょい迷いましたがこの治療でよかったと 今は思ってます。術後はタキソ−ルを使うそうです
8月に総合病院の外科へ行き (しこりあり)結局乳腺炎と診断 心配ありません ガンではないので 1年後に来てくださいと言われた。 でもおかしい 12月に別の総合病院の外科で診察 触診 即 ガンですねと言われる。その日のうちに 血液検査 マンモ レントゲン等実施 1月 プロ−ペ 結果悪性Vaと言われる。8〜12月のうちに0〜Vaまで進むのか疑問になり 8月の病院へ行く事3回。埒があかないので カルテの開示請求をする。友人のDr、に 早くしないと カルテ隠されたり 担当医移動させたりするから とにかく カルテゲットしておくよう言われる。開示請求 事務方 さっぱりわかってない 30分待たされた 診療内容の要約書ゲット 何故か カルテ原本のコピ−もくれる。口封じと私は解釈 3日後に院長を交えて 話し合い 私が ここで不愉快な思いをした事を伝える。管理責任者としての 院長の説明を受ける。 中略 極めつけ 「医長と2人で話したいのですが」 「いやです」「どうしてですか?」 「ぼくは あなたが嫌いだからです」 病院の応接室での会話とは思えず爆笑してしまいました。会話は 録音してあります 友人のDr、は勝てるんじゃないかと言います
 カルテも写真も読んでもらいました。医療裁判の時効は5年との事 ゆっくり 考えようと思います。でもね あほらしい 時間は 楽しい事に使いたい オペの結果次第で 気持ちかわると思います。1年は大丈夫ですよといったDr 友人の間では 年に1回じゃダメだよって声掛け合ってる。まだ若いDr、勉強になったでしょう 医長 プライドぼろぼろにされて 患者の前でキレちゃった 笑っちゃって笑っちゃって オペどうでもよくなってきてる。裁判するかどうかわからないけれど 8月の3人への怒りが ネガティブなモチベ−ションとなってる。もしかしたら5ヶ月間で急速に進行したのかもしれない でも それよりも医長の言葉が ステキだったなあ エリ−トなんでしょうね。この時代 患者が医者を選ぶんだからね 専門職のサ−ビス業だと 私は思ってる そこら辺Dr、との温度差感じる8月に病院間違えて行った事 ちょい後悔。過ぎた事は 考えない 明日から食べられなくなるので(爆)ここんとこ 好きなもんばかり食べてたら血液検査で 栄養が偏ってると言われちゃった(-_-;)まいいや なるようになる読んでくれて ありがとうございます  ごきげんよう。02/3/2
47 ひな 本人 2001/8 千葉 20代 右胸全摘出。リンパ節も切除しましたが、こちらに転移はありませんでした。
今はホルモン療法を受けています。月に一度の注射と毎日の飲み薬。更年期障害の副作用がけっこうしんどいです。
27歳で手術を受けました。みなさんと同じく「なぜ私が」との思いがずっと心にあります。結婚や出産も無理だろうなあと考えると悲しくなりますが、「じゃあどう生きていくのか」という大きなテーマに今は取り組んでいます。答えはすぐには出ないけど、家族や友人、病院の方々に恵まれ今普通に生活できることに感謝しています。02/3/2
46 サニー 本人 2001/12 東京 20代 01年の夏、自分で右胸のしこりに気付き検査を受けたところ乳がんと診断されました。
しこりの大きさが3Cmmくらいあり温存は難しいとのことだったので、12週間抗癌剤治療をしました。その後12月に内視鏡での温存手術をしました。リンパ節に転移はなく”いいほう”のようですが、年齢が若いということで”いいほうのよくないより”だと言われました。
術後より25回放射線照射。とりあえずここまで終了しました。現在は月1のリュープリン注射と毎日ノルバデックスを服用しています。2年続ける予定です。
昨年27歳で乳がんを宣告されました。
がん家系という訳でもなく、もともと不健康な事が嫌いで規則正しい生活と食事にも気を使ってきたつもりだったのでまさに晴天の霹靂!という感じでした。
いつ何が起こるかほんとにわからないものなんだと実感しました。ただすごくびっくりはしましたが、自分自身は早くから腹くくることも出来ていたので落ち込んだことは一度もありません。ほんとに。
本人以外はみんな悩みました。結婚もしてない子供も産んでない20代の女の子がこんな病気になっちゃって・・家族も友達も主治医もみんな私が落ち込んでるんじゃないかと気をつかいました。
私はこれは仕方の無いことと思って、だったら先どうするかを前向きに考えるべきと思いました。沢山の人達が強いねって言ってくれましたが、私自身は強いとは思っていなくていつも”これで普通”という感じでした。
病院でもずいぶん珍しがられました。だけどそのおかげで私はいろんなことがわかりました。抗癌剤の副作用が辛くて這うようにしてやり過ごすしか出来ない生活を余儀なくされていた時、頑張れと言い続けてくれた人達や、こういうHPを見て同じ境遇の人が沢山いて決して 自分ひとりではないと思えたことがすごく励みになりました。
病気になったのは考える時間をもらったのだと思って、自分のそれまでの事やこれからの事を沢山考えました。上手くリセットすることができました。この経験は財産だと思っています。とりあえず放射線まで終わり一段落したので、今まで私が思った事をここへ書き込もうと思いました。
私はHPにすごく励まされたので、自分もその一部になれないかなあと思って。みんなそれぞれに抱えてる物はたくさんありますが明るく前向きに頑張りましょう!02/2/26
45 mikko 本人 2002/1 東京 50代 石灰化+癌(石灰の一部分が癌になっていた)という状態で左乳房温存手術を受けました。
放射線治療(連続5日×5週間)+ノルバデックスD
親・兄弟・血の繋がりある人々に癌を罹患した者がいないので、まさか?という理由で兄弟のほうがショックが大きかったようです。
 主人の家族は10人中5人が癌ということで食事にはとても気を付けていました。
一日30品目を食べ、体重も20年間、ほとんど変わらずという生活を送ってきたのに、なぜ私が〜と言う思いがありましが、今は神様のくれた休暇と思い、仕事も離れ治療に専念しています。02/2/25
44 ☆K☆ 本人 1999/9 東京 40代 99年6月癌専門病院受診、癌と診断。治療方針も決まりかけた所で転院を決断。術前にCAF3回9月に右胸全摘・鎖骨の下までのリンパ郭清手術とCAFを受け2週間後に退院。放射線25回。翌年5月に肺、肝臓への転移発覚によりノルバデックスを服用。現状維持を続けたが01年6月頃から腫瘍マーカーが上昇し、ヒスロンに変更。現在肺・肝臓とも影は消え、腫瘍マーカーは標準値内に納まる。
長らく体内に温存して来た腫瘍と決別しようと、専門病院へ出向きましたが、担当医の心ない言葉に腹を立て病院を替えました。抗がん剤による吐き気と、禿も経験したし、もう何でも来い!って感じでした(笑)転移があると言われても、何も自覚症状は無いし、ホルモン剤飲んでも大した副作用も無く、術前と変わり無い生活を送ってます。変わったのは片方の胸が無いのと、レントゲンを見るたびにギョッと思う、無数に並ぶホッチキスの痕?目下の悩みは、薬代が高い事…でもこれで私の命は永らえてるのだから、文句言っちゃぁ叱られますね。02/2/25
43 うたたん 本人 2001/10 広島 30代 左胸全摘(ステージUA乳管浸潤リンパ節敦清)ホルモンレセプター(-)、リンパ節転移なし・治療は化学療法で抗がん剤点滴週1回を2週間、経口薬も併用して1クール、これを半年続ける予定だったが、2クール目から副作用のせいか気力、体力的に続けられず途中で止めてもらう。現在は無治療
13年前に子供の断乳がうまくいかず、小さなしこりが左胸に残っていましたが当時の先生にも「大丈夫」といわれてて周囲に癌になった人がいなくて、「癌は私とは関係のない話」と一度も乳がん検診には行ったことのない私でした。ある日、仕事中にファイルで左胸を強打したのをきっかけに大きな病院に行って調べたら「ガン、クラス5、残す?残さない?」とドライに言われ、ムカッときたので違う病院で検査したら「ガンじゃない」と言われ大混乱でした。(再度生検したらやっぱりガンでした・・)自分の納得のいく病院で手術を受けましたが、セカンドオピニオンは大事です!今は、私は無治療でいいと決めてるのに家族が「何か他の治療を受けた方がいい」と強行に主張!して大討論中(笑)です。心配する気持ちはスゴク解るし、ありがたいのですが・・(@_@) 02/2/23
42 NANA 本人 2001/9 大阪 40代 01,9/13右乳房温存手術 放射線25回 抗エストロゲン剤(ノルバデックス)服用中  01,12/23 腹腔鏡下卵巣膿腫核出術(5cm)
今日で44歳になり記念に残したくなりました。02/2/13
41 マリン 本人 2002/2 東京 30代 左乳の良性腫瘍摘出後、腫瘍の中の乳腺に癌細胞発見
今度18日に手術を受けます。人はいつか死を迎えるという事を1ヶ月前の父の死で確認しました、
それは決して悲しいだけの出来事ではありませんでした。父は肺ガンで亡くなりましたが、その闘病生活の途中で自分も癌であることを告知され、さすがにダブルパンチは凹みましたが、とにかく一人っ子でしたし、父を見送ってあとの事をきちんとしなきゃと思い、どうにかそれは一段落しました。今度は自分の癌細胞と向き合う番です。
でも腫瘍になりにくい癌らしく、良性の腫瘍はたまたま出来たもので癌とは関係ないと言われました。それが本当かうそかはわかりませんが、私は父がきっと発見させてくれたのだろうと思っています。もちろん山ほどの不安がありますが、考えていても仕方がない、向き合ってその度に一つ一つハードルをクリアして行こうと思います。これだけ頑張っていらっしゃる方々がいて私もとても心強いです。02/2/12
40 蛍☆ 本人 2002/1 愛知 40代 右乳房全摘手術・・3,5センチほどの悪性腫瘍。
リンパ転移ありの為、筋肉組織まで入りこんだガンも取り除く。
現在、退院して放射線治療(転移ある骨の組織2ヶ所)16回ほどの照射予定。その後、抗がん剤投与をするらしい。
入院費から通院費それに・・一番気になる胸の凹み、どうやってこれを?
そう思い悩みガーゼに綿を詰めて胸の厚みを作ることを考えています。02/2/10
39 アイラブユー 本人 1999/8 静岡 50代 右乳癌U期(2x2.7)で胸筋温存乳房切除手術、リンパ節転移有り。補助療法として化学療法の抗がん剤を6クール投与し、その後化学療法剤DFURカプセル2oomgとホルモン剤ヒスロン200mgを服用中で、化学療法剤は3年でホルモン剤は5年間服用との事で半年に1回は子宮ガン検診を進められ受けています。
病名を告げられた時は 今まで自分なりに一生懸命に生きて来て 何で私が?何でこの時期に?と思うとやり切れなくなったりもしたが、やがてこれも自分の人生の一つかと思える時が来て、大きな試練だけれど乗り切ろうと腹を決めたらとても気持ちが楽になり、今では病気に感謝をしています。
ガンになった事はとても悲しい出来事だけれど、今まで見えない物が見え、感じ無い事を感じ、人生の歩み方を再発見出来て何事も感謝の日々です。
現在は生活の一部である仕事や大好きなスポーツに羽ばたいています。これからも病気と仲良くお付き合いをして、出来る事なら自分の体の中にあるガン細胞に「いいよ!」と合図を送るまでは静かにおとなしくしていてほしいと願うだけです。子供の為、もちろん自分自身の為にも・・・02/2/8
38 pokopoko 本人 1997/5 東京 50代 両側乳ガン全摘手術,左側リンパ切除(腋の下、鎖骨の下)リンパ転移は無く抗ガン剤は使用せず。術後ホルモン剤(ゾラテックス注射2年、その後ノルバテックス2年服用)ユーエフーテェー
抗ガン剤2年間服用。半年に1回検査(血液、CT、骨シンチ) 
4年8ヶ月前、両側乳ガンの全摘手術をしました。晴天の霹靂、発見されて、手術の日まで”どうしてわたしが・・・・”の苦悩の日々でした。でも、主治医の先生、主人、子どもたちに支えられて、明るく生きてきました。そして、もうすぐ5年、一区切り。安心していた矢先でした。
不正出血があり、おそれていたことが現実となりました。子宮ガン。まさか、乳ガンをした人は、子宮体ガンにかかりやすい、それで、子宮体ガン検診も毎年やっていました。それなのに・・・。
2002年1月9日手術。
幸い、発見が早く,子宮と卵巣全摘術だけですみ、りんぱ切除までいかなかったので、術後の後遺症もほとんどなく過ごしています。ただ、腸の調子が悪く、過敏症になったみたい、お粥の日々です。
また振り出しに戻ったような心境ですが、主人のため、子どもたちのため、そして、自分のため 明るく、前向きに生きていこうと思っています。
乳ガンをなさった方、子宮体ガンの検診も 忘れずやっていた方がよいと思います。02/2/3
37 akimi 本人 1999/12 神奈川 50代 1999年12月7日主婦健診で発見され専門病院に紹介される。マンモグラフィー・エコー検査細胞診の結果、クラス5の乳癌と診断される。2000年1月11日入院、14日手術、24日退院。左乳房部分切除術(腫瘍周囲2センチを切除)+腋窩リンバ郭成(29個のリンパ切除)。摘出した腫瘍は1.8×1.2×1.7センチ。リンパ節転移なし。ホルモンレセプターはエストロゲンもプロゲステロンも陰性。ステージは1(手術前も後も同じ)。ガンの種類は浸潤ガンで、粘液ガンと少しの固形ガン。グレードは粘液ガンの為判定していない。手術後30回(60グレイ}マイクロトロン照射。25回は乳房(50グレイ)、5回は摘出部位に浅く10グレイ照射。補助療法はベルディエフティ(5-FU系)100・/日朝夕2回を2年間服用。術後検査は3ヶ月に1回採血、年に1回胸腹部CTと骨シンチ。手術〜放射線照射までのかかった費用は約35万円。
janさんの所へは随分前からお邪魔させて頂いていろいろお世話になっております、akimiと申します。よろしくお願い致します。やっと24.5センチの大きな足跡を残すことができました(笑)。
苦しいこと辛いこと等いろいろありますが、思いは皆同じ仲間です。私は乳癌になってから人生観が変わりました。命は老年まで続くものと思っていましたが、以前より死を身近に感じるようになったせいでしょうか、限りある命を大切にしたいと思うようになりました。
欲張りな私は家庭も仕事も遊びもボランティアも、やりたいことは皆やることにしました。1つに全力投球せずにうまくバランスをとって生きていきたいと思っています。02/1/31
36 せい 親族   埼玉 10代  
おばあちゃんが、乳ガンになりました。今月の30日に入院して、31日に手術をするそうです。おばあちゃんは北海道に住んでて、去年、5年か6年ぶりにあいました。距離が遠いのもあるけど、電話も年に1回とか・・・。だから正直、ぴんと来なくて。あたしに何が出来るんだろうって感じなんです・・・02/1/26
35 ドミニク 本人 2001/9 福岡 40代 右乳房温存術、リンパ節郭清術 術後に放射線治療を受けました。ノルバディクッス3年間の予 定。ステージ1、リンパ転移無し ER+ PgR+  
本当に健康で病気とは縁のないのが自慢の私でした。本当にショックで、何もかも初めて経験して、ボーゼンと過した3ヶ月間でした。ようやく今、できちゃったものはしょうがない。いい先生にも巡り会えたし、納得のいく治療も受けられた。これからは自分の体のこともっと大事にしようと思えるようになりました。
家族のためにも元気な私にもどります。ここの皆さんの足跡を読ませて頂いて、とても参考になり、心強かったです。私だけじゃないって思えて・・・。私も一緒にがんばらせてくださいね。02/1/19
34 Nekotenki 本人 2000/10 神奈川 50代 2000年夏会社の健康診断で精密検査の指示を受けた。患者会のそれいゆにEメイルで良い病院の紹介を受けた。8月8日、紹介をうけた2病院のひとつT病院でStage IIIb でがんは8cmの診断。8月15日もうひとつのK病院放射線科でセカンドオピニオン受ける。T病院と同じ診断で、抗がん剤で縮小させてから手術と決定。しかし抗がん剤の替わりにホルモン療法を選択、10月30日に6cm に縮小したがんを非定型乳房切除。腋下リンパのひとつに影があったがリンパ切除と放射線は同等とのことでリンパ節はとらずに放射線で対応。術後放射線治療し週5日5週間で終了。入院は7週間。2日休んで職場復帰。
2001年夏、会社の健康診断でこんどは右卵巣が腫れていると指摘をうけ、超音波診断で8〜9割がんの様子で手術を提示されたがもう手術はうけないつもり。
それいゆの情報で、開かれた医療の、人格技術ともに優れた医師の方々に診ていただくことができ、日本で最高水準の治療を受けたと思います。自己選択はリスクもしょいますが、私はよくよく考えて選んだ治療に満足しています。医師も私の希望を尊重して下さった。感謝しています。がん治療は一発勝負、あとで、あっちを選べばよかった、が効きません。にわか勉強で、がんの特質を自分なりに理解しているので、あとは、けせらせらで日々を充実します。手術さえも痛みは全くなく、今日まで身体的に辛いことは皆無で、毎日笑って仕事ができ暮らせることがありがたいです。02/1/13
33 ちゃとら 本人 2001/12 東京 50代 右乳房4分の1温存手術。リンパ節切除。しこりの大きさ3.5×2×2 リンパへの転移はなし。ステージU。 薬は抗癌剤ユーエフティEのみ服用。
温存手術の場合は放射線とセットと思っていたのですが、幸い当てずに済みました。しかしながら放射線を受けないことでかえって不安を感じます。退院した時から癌との戦いの始まりです。
絶対負けない様に、再発しない様に気を引き締めて毎日を送ろうと思っています。皆さん一緒に頑張りましょう。02/1/6
32 Ange 本人 1997/5 大阪 40代 4/29お風呂あがりに自分で発見 5/7近くの外科受診 大学病院を紹介される 5/8大学病院で告知 5/9入院 5/15左乳房全摘手術 リンパ 0/24 大きさ2.5センチ ステ−ジ2 ホルモンレセプタ−(マイナス)
CMF療法 6ク−ル ゾラテックス 2年 5FU系の経口抗がん剤2年服用
こんなに泣く患者さんは病院が始まって以来といわれる位泣きました。
治療も嘔吐などで悩まされて辛かった。
色んな方にパワ−をいただき元気になりました。 今度は私が皆さんにお返しのつもりで  大学病院の患者会の世話人をしています。悲しみも不安もみんな一緒、ゆっくり一歩ずつ 歩いて行こうと思います。 02/1/4
31 ちゃま 本人 2001/9 神奈川 30代 8/27告知 9/12左乳房温存手術・センチネルリンパ節生検2個転移無の為郭清せず
ステージT しこり2cm 乳頭腺管癌+硬癌 ホルモンレセプターEr+・Pgr+
10/15放射線開始(2グレイ×25) 終了後リュープリン注射2年+ノルバデックス服薬5年
三十代最後の誕生日は病院でした。一人で告知を受け涙で目が翳みながら運転して帰って来た私。
三ヶ月,仕事を休んで今では職場に戻り元気だねーと感心されています。
でも,傷を見て泣いたり,放射線の痕が不安だったり,仕事帰りの身体が辛かったり,これからの事を考えて落ち込んでる私もいます。母,妹,甥,姪の存在が本当に支えです。先の事は誰にも解らないのだから,悪あがきせずありのままを受け止めて,生きていく自分でありたいです。 01/12/31
30 ぴ−ちゃん 子供 1983/6 岡山 40代 母は右乳がんの手術をして18年が過ぎました。46歳の時で、病期は2期だったと思います。
抗がん剤などの治療を3年半受け、現在、毎日水泳を楽しんでいます。勿論、広範囲の切除だったので水着はフリルヒラヒラの特注水着、鎖骨やわきが違和感なく隠れるデザインです。
術後何年間かは、腕の腫れに悩んだみたいですが、7年を過ぎるころから言わなくなりました。01/12/27
21 ゆうみ 本人 2001/12 山梨 30代 右皮下乳腺組織全摘出と同時再建
手術して3日後ですが、自宅で療養しています。
 あさってには術後確認で病院に行くのですが。。。まだまだ不安は一杯です。01/12/27
29 Sara     埼玉 10代  
私は乳ガンではありませんが、別の悪性腫瘍と闘ってきました。
でも、病気になったために、人のあたたかさ、命の大切さを知ることができました。今は看護婦を目指して勉強中です。再発の不安はありますが、これからの人生、肯定的に生きていこうと思っています。01/12/26
10 nyarome
(ニャロメ)
本人 2001/9 佐賀 50代 前回の続きです。9月に左上葉切除手術を受け、10月退院。定期検診にて、右肺に転移が確認され来月4日に入院7日に手術です。術後化学療法治療を行う予定。
10月に退院した時 このまま何も起こらないようにと願い、迎えてくれた家族・友人達と今年のクリスマスのことお正月の事を計画している最中の事でした。京都に正月用の食材調達と前回一緒に手術した病院の友達のお見舞いと、そして残っていた抜糸を主治医にしてもらう為に、3泊4日の一人旅を楽しんでくるはずでした。でも漬物や正月用食材、京菓子のお土産と共に「残念な知らせ」を持って帰ることになってしまいました。
 転移の告知を受けた私にそっと寄り添っていてくれたのは、居残り組みで抗がん剤治療を続けていた友人でした。
「一人でいるよりいいやん」と言って。夢遊病者のように病院の中を歩き入院手続き、術前の検査、全てを済ませ、6病棟の婦長さんスタッフに挨拶もして、その間ずっと私のそばに付いていてくれた友人。私はショックは受けていたものの、それより人の優しさに触れ、魂が喜びでふるえるのを感じました。
本当に多くの人に助けられ、支えられている私がそこにはいました。
山を越えそして川を渡りまた山を超え1つ1つ超えていくごとに成長していくような、そして優しくなっていけるような、そんな気がしてなりません。 01/12/21
28 ゆみのママ 本人 2001/12 新潟 40代 クラス5 これからです。
身内に誰もガンがいないので、安心しすぎていました。主人がかなりタバコを吸いあぶないので、念の為7月にがん保険に加入させたばかりだったのに、「まさか自分が!」「何で?・・」本当にショックでした。
あと1ケ月で50才になり失業給付も切れるので、本格的に職探し・・と張り切っていた矢先の発見・告知でした。
今日何件かの乳がん関係のHPをみて、こんなに大勢の仲間がいる、って勇気づけられました。
先は不安ですが、頑張りたいと思います。 01/12/15
27 Nyaos 本人 2001/10 京都 40代 温存法の手術・リンパ節切除・ホルモン注射と放射線(25回予定)の治療中
昨年妹が乳癌で全摘手術を受け、今年9月27日に左胸にしこりを発見した時には絶対に乳癌だと思いました。
検査結果やはり乳癌で温存方の手術を受けました。
現在思う様に手が動かせないのが不安です。妹が乳癌でなかったら私も直ぐには病院の門を叩かなかったと思います。早期発見が一番だと思いました。前向きに考え治療に励みます。01/11/28
26 vivid
(ビビッド)
本人 2001/10 長野 40代 左胸筋温存乳房切除術 リンパ郭清 病理結果:しこりの大きさ4.8×4.6 2.6×2.5他1カ所(限局型) エストロゲンレセプター弱陽性。リンパ節転移0/26 HER2 1+ 現在、LH-RHアゴニスト製剤(リュープリン)を月に1回注射 2回打った所で生理が止まる。今の所の副作用は、打ってから1週間は、頭が重く、1日中ムカムカ している。(寝込む程ではない) のぼせ(ホットフラッツシュ) 何だか落ち込む感じ。
退院してから病気の事を話し合える友達がいなくて少し寂しい思いをしています。
インターネットでの情報は、とても勇気づけられました。
何事も頑張ってしまうため、パートもやめ、今は、専業主婦しています。01/11/23
25 HANA 本人 1999/05 佐賀 30代 右側の乳房を全部摘出しました。その後2年間の抗がん剤を投薬。 そして リンパに転移が見つかり ホルモン薬と抗がん剤を服用。 現在は 骨の痛みを取るという点滴と抗がん剤を服用しています。
ガンが見つかったのが27歳のとき。結婚4年目でした。夫に申し訳ない・・ そればかり考えていました。 手術後2年間服薬すれば その後何も無ければ子供もつくれると 言われていたのに、やっと2年経てば転移。ホルモン剤と抗がん剤を処方され 約6ヶ月。 ホルモン剤の副作用で更年期障害のような症状。骨の痛みがある為 最近は点滴と抗がん剤の治 療をしています。 日常生活に支障は無いものの、治療費の高さに頭を痛めてます。
 普段は、明るく努めるようにしているのですが、この前の診察の時には、先生の前で泣いてしま いました。「今、元気で過ごせる」 それが一番の幸せだと思ってはいるものの最近、落ち込んでます。01/11/23
24 Mariko 本人 未定 千葉 30代 告知されて1ヶ月がたちました。もうじき手術をします。
手術前に、しこりが大きいので、AC療法抗癌剤投与を2回予定。
今のところ、副作用もなく、元気ですが、気分が沈みます。
手術後、退院後、どんな生活が待っているか、不安です。
また、普通に仕事して、家族と過ごして、旅行して・・・
病になってみて、普通の生活がどんなに幸せだったか、判りました。いまだ、自分が癌とは、信じられないです。
23 リッキー 本人 2001/08 大阪 40代 左乳房を直径5cmのくり抜きによる温存手術。リンパ節転移は0。ホルモンレセプターは陰性。左乳房を直径5cmのくり抜きによる温存手術。リンパ節転移は0。ホルモンレセプターは陰性。
どうして私が・・・ と悩んだ日もありましたが、今は仕事にも復帰し、ガン友も出来 結構頑張っている毎日です.でもやっぱし以前のような動きは出来ず胸の違和感や、 腕のひきつれには悩まされています。01/11/12
22 にゃ〜ご 本人 2001/07 北海道 30代 左胸筋温存乳房切除術
 胸骨傍リンパ郭清
人に聞けるようで、聞けないこの病気。 不安なことは いっぱいあるのに・・・。でも、負けません。術後も元気いっぱいだから、これから先もがんばれる。01/11/09
21 ゆうみ 本人   山梨 30代  
先日、10/31(水)にガン告知を受けました。 2ヶ月ほど前から自分の中に予感めいたものがあったため、取り乱すことなく、主治医からお話を伺ったのですが。。。
 今現実を受け止めることに精一杯で、これからどうしていくのか、これから、急いで考えていきたいと思っています。01/11/07
20 841 子供 2001/10 兵庫 20代 左乳房温存手術、乳房再建、センチネルリンパをするが転移してたので、切除。現在退院して、2週間目。リンパ転移は3つ。これから、放射線治療、抗がん剤投与、ホルモン治療の予定。
母が乳がんになってから、いろんなサイトを見に行きました。ここは参加しやすそうだったのでかきこしてみました。01/10/23
19 クランドピアノ 本人 1996/10 地球 50代 左乳房摘出、リンパ転移10個、術後月一回の抗がん剤治療を5回、その後大量化学療法をする。
今は、ホルモン補充療法として、ノルバデックスとアフェマを4年11か月飲んでいる。不安だが5年が限度だそうだ。
手術した時は、2年で再発80パーセント、5年生きていれば奇跡といわれ、私もそう思った。
でも、あと数日で5年を迎える事が出来る。奇跡は起きた。これからが大切な人生の再再スタートだ。とかく毎日が楽しく生きがいを感じている。私は、乳癌になった事に感謝する。ありがとう。01/10/8 
18 神崎みゆ 子供 1994/05 和歌山 20代  
はじめまして!私の母は、乳房をリンパ腺や筋肉ごと  切除しました。今は年1で検診を受けています。  ホルモン剤を服用したり、抗ガン剤の点滴を受けました。  それから、リンパ腺を取ってしまったので、  時々、腕が腫れて痛いといってます。 
また、私自身も左乳房にしこりがあり、年1で  検診を受けてます。細胞診も受けました。  私は祖父母をガンで亡くし、  両親もまたガンと闘病していますので、  ガンになりやすい体質だということで、   検診は受けるようにしています。  両親も私たち家族もガンに負けないよう  明るく楽しく暮らすようにしています。01/10/1
17 ねねこ 本人 2000/06 大阪 30代 左乳房温存術  放射線治療30回 ホルモンレセプター+で現在ノルバデックス服用中 
会社を辞め、新たなことを始めようとした矢先の乳ガンでした。くやしくて悲しくて、なんで私だけと思う日々でしたが、1年経ち、あきらめざるをえなかったこともたくさんありましたが、なんとか生活できるようにまでなって落ち着いています。現実を受けとめるのはやっぱりつらいけど、ずっと同じではないとようやく前向きに考えられるようになりました。01/9/25
16 おきょう 本人 2001/05 千葉 40代 手術:右胸筋温存非定型切除術と有離法による腹直筋皮弁の一期的再建、リンパ節郭清3レベル
病理結果:しこり大きさ3×4cm、ホルモンレセプタ陰性、リンパ節転移0/26、血管浸潤あり抗がん剤(CA)による化学療法開始、現在3/6クール終了(2001.9.11)経口抗がん剤(フルツロン)2年服用予定
乳がんになってしまったことを後悔しても仕方がない、これからはどうやってこの病気と共存するかだと思っています。仕事、旅行、趣味等々病気発覚前と同じように過ごすことを目標にしています。01/9/12
15 リブリン 本人 1999/11 神奈川 30代 左乳房に1.8センチのしこりがあり細胞診の結果乳癌と判明。
4/1切除と、リンパ節全切除を薦められた為、セカンドオピニオンを求め乳房温存手術だけを受ける。が、その後の検査でとり切れていない事が解り(非浸潤性乳管癌と診断される)、1ヶ月後に皮下乳腺全摘の再手術。
その後お腹に、月1回のゾラデックス注射とホルモン剤の服用。このままいけたらと、願っていたが、1年半後に腋の下のリンパ節へ局所再発し再々手術。非浸潤癌の中に浸潤癌の部分があったらしい。現在も月イチの注射と、ホルモン剤を2錠に増やし治療続行中。
今、まさに乳癌だと診断されてしまった方に呼びかけたいです。辛いです、悲しいです、何故自分がと悔しいです。じぶんの行く末には暗い淵が待ち受けていてもう終わりのような気がしてしまいますが、そうではないのです。まず落ち着いて、そうしてから、見えてきた敵についてたくさんの情報を仕入れましょう。自分と同じ病気で戦っている人が沢山いることを知ってほしいのです。頑張ろう、一緒に頑張って生きていきましょう。01/8/31
14 かおママ 本人 2001/05 山形 40代 左乳房温存術、放射線療法,化学療法、ホルモン療法、リンパ節転移1ケ
現在は、化学療法中もうすぐ仕事復帰する予定です。自分のためにも家族のためにも頑張るぞ!01/8/29
13 629607104 本人 1999/01 千葉 40代 左乳房温存手術。放射線治療25回。抗癌剤点滴、抗癌剤服用。ホルモン剤。
私は乳癌のフルコースと言っています。手術、放射線、抗癌剤、そしてホルモン剤。抗癌剤は白血球が下がってしまったので3クール途中で止めました。癌のことはまだ残る傷の腫れと痛みで忘れることできませんが、恐怖心は無くなりました。また出たら切ればいい。のんびりと付き合って行こうと思っています。私にとって、人生に於いて何が大切かが早く分かって良かったと心から思えるようになりました。 01/8/25
12 豚ちゃん 本人 1999/07 新潟 40代 左乳房温存術を受けました。リンパ節も切除しましたが幸いにも転移は見当たりませんでした。放射線を25回かけました。細胞診の結果でUFTとノルバデックスDを服用しています。UFTは9月10日で服薬を終了します。ノルバデックスDはあと3年間服薬予定です。
手術をした左の腕が浮腫んでいます。今はそれが一番つらいことです。01/8/21 
11 あじあん 本人 2000/06 東京 30代 左胸温存手術。リンパ腺3個摘出しそのうち1個に微少転移がありました。
主治医の意向で放射線はあてませんでした。ホルモンレセプター+ということで、術後から今現在ノルバデックスDを服用、ゾラデックスを月1回注射しています。
はじめまして。つらくて哀しくて泣き出しそうになったり、突然前向きになったり、忙しい私です。そんな私もなんとか元気で過ごしています。
わけもなく不安な毎日だけどいま窓から見える空みたいに、気持ちいいくらいの青空を目指して戦います。 01/7/30
10 ニャロメ 本人 2000/03 佐賀 40代 2000年3月 右乳房全摘出手術後リンパ節にも転移はなく、エンドキサン・フルツロンの2種類の抗がん剤を服用。3ヶ月後肝機能低下のため中止。
乳癌からの転移性肺癌という診断で8月6日に胸腔鏡にて切除手術、しかし病理検査の結果肺原発の肺癌であったことがわかり、(扁平上皮癌)9月10日再手術の予定です。 今度の手術は左肺上葉およびリンパ節切除手術となるようです。
前回と同じ大阪高槻赤十字病院で手術です。今回は約1ヶ月くらいの入院が必要との事、また家族と離れて佐賀から出かけます。担当の先生はとても良い先生で安心して治療を受ける事が出来るので心配はありません。家を離れるのはちょっと寂しい、主人と可愛い猫たち(10匹)犬(スプリンガースパニエル)を残していくのですから。
同じ病気を背負った仲間・日夜看病してくれる看護婦さん・駆けつけてくれる友人達・義理の言葉も、儀礼の品もいらない、全てを分かち合える人々に支えられて 今、私は幸せを感じています。01/8/20
9 kimi 本人 2001/06 茨城 30代 2001.6.27左乳房全摘手術、7.09退院
次週の病理検査結果後、抗がん剤の投与となる予定。
外科手術が終わってからが「闘病生活」って感じ。普通の病気と違っているのはそこかな? 再発・転移を防ぐために、「免疫ジュース」「玄米食」「ゲルマニウム」を続けるつもり。みんな、前向きに楽しく暮らそう! 01/7/11
8 なすちゃん
ママ
本人 2000/06 群馬 40代 左乳房全摘、リンパ節切除 インプラントによる同時再建(細菌感染のためインプラント除去手術)抗ガン剤3クール。フルツロンカプセル朝夕2錠服用。
気持ちの浮き沈み、再発の不安に時々おそわれます。そんなときはネットサーフィンで一人じゃない、みんなも同じがんばるぞーと気合いをいれなおします。
 後10年を毎年の目標に、穏やかに暮らしたいとおもってます。 01/7/9
7 ハックママ 本人 2000/08 神奈川 50代 抗癌剤12ク-ル 終わり 現在ホルモン剤をのんでいます
今現在部分再発をしました。これから放射線治療の予定 精神的な面でつらい時期です。 01/7/6
6 ツインズ
ママ
本人   茨城 30代 左乳房温存術(内視鏡にて摘出) 抗癌剤治療5回、放射線治療、現在フルツロン、ハイシー、ユベラを服用中。ノルバデックスはホルモンレセプター(−)だったのと、6ヶ月服用して卵巣が腫れたので中止。その他民間療法
自分が癌になったことを隠して、パートで仕事を始めました。近所の方々にも病気のことは隠しています。
今の目標はあと30年は元気でいる事。毎年お誕生日がくるのが楽しみになりました。 01/6/26
5 あいちゃん
のママ
本人 1985/08 愛知 40代 右乳房・リンパ節切除 卵巣摘出 放射線治療10回 抗ガン剤投与(あんまり昔のことなので記憶が定かでありませんごめんなさい。)術後3年ぐらい免疫力を高める注射。5年間、漢方薬投与
とにかく、楽しく生きること。今あるいのちを思いっきり生きること。明日のことは分かりません。とか、言いながら、7年後には図書館司書の資格を取ろう!だとかもう一回大学生に戻って国文学の勉強をするぞ!とか、海外旅行はできるだけ行くぞ!などど、あんまり後ろを振り返らない私です。よろしくお願いします。 01/6/23
4 くんちゃん 本人 1997/10 山口 30代 右乳房非定型切除術+リンパ節切除 エステロゲンレセプター(+)にて、後2年間タモキシフェン内服 現在追跡経過観察中。
この病気を以て‘得たもの’‘失ったもの’術後4年にして少しだけ見えてきた気がします。自分の選択は正しかったのか?自分の進むべき方向は間違っていないか?まだまだ答えに行き着くにはゴールは遠い気がします。
 前向きの日あり、どうしようもなく落ち込んでしまう日もあり…そんな日々の積み重ねですが、すべて含めて、最終的に「良い人生だった」と振り返られるような…いつかそんな日が来ることを望んで、今自分探しの旅の最途中です。 01/6/19
3 リンゴ 本人 2000/08 静岡 40代 乳房3/2切除・同時再建術・ホルモン注射2年・放射線治療・抗ガン剤治療6クール  
40代になりすぐに自分の身に降りかかってきたこの病気 受け入れ、癌と共に生きていくと決心したものの前向きな日があったりそうでない日があったりと・・・
今年の4月に抗ガン剤治療を頑張ってやり通した自分の為に今は半年の休職中。仕事に戻るまでの間いろんな事にチャレンジして生きている証と自信を取り戻そうと思っています。 01/6/14 
2 キャロライン 子供   大阪 10代  
管理人janの次女。小6。つらかったと思うけどこれからも がんばってね。 01/6/1
1 jan 本人 1999/06 大阪 40代 乳頭腺管癌 腫瘍径15×10 リンパ節転移 0/22 ホルモンレセプターE(+)P(+)
左温存リンパ切除・放射線治療25回・CMF抗ガン剤3クール・ホルモン療法(ゾラデックス注射2年ノルバデックス投薬5年)
当HP管理人。今年6月ゾラデックスを終了し体もお財布も少し解放されました。がんばります! 01/6/1

同じ番号は再投稿していただいたものです。コメントの後に続く日付は投稿していただいた日です。上にいくほど新しくなります。

from 2001年6月

足跡のページ

ページトップへ


〜いのち輝いて 乳がんと共に〜