Jazz喫茶マッチコレクション(31)

仙台 Avant、アバン

ジャズ日本列島61年版を参考に1990年5月10日仙台は一晩で3軒はしごした。この「Avant」と下の「カウント」のほか「カーボ」にも行った。

商店街の2階にあり、床が持つのかどうか心配になるが、落ち着く店。

1991年10月3日にも行った。
この店のコースターが出てきた。
(2004年5月2日)

山形 Check

飲み屋街の真中にあり、広くゆっくり飲めるようなところ。 カーメンマックレーのライブのビデオが流れていた。

行ったのは1987年12月3日の事

山形 Octet

ここは昔ながらのジャズを勉強できるジャズ喫茶。 レコードは店に入りきらないので自宅にも置いてあるとのこと。

1989年5月24日に行き、翌25日にはもう1軒「ふらんせ」にも行っているがここのマッチは残っていない。

山形駅に近く、駅前の路上では近くで取れたキノコが沢山売られていた。 ナメコがこんなに大きいキノコであることをここで初めて知った。

仙台 Village Vanguard

商店街の2階にある広い店。この店は1991年10月3日Avantを探しているときに偶然発見。 長年ジャズ喫茶めぐりをしていると、看板が目に飛び込んでくるようになるものだ。

翌日10月4日も仕事が終わってから入った。 Miles Davisの自伝(まだ翻訳が出て無かったころ、ペーパーバックを銀座イエナで購入)を読んでいたら、店の人から声がかかった。

仙台 Count

ここもレコードの枚数はすごい。

1990年5月10日