JIM HALL Maniacs

since 2001/12/01


Guiter Genius in Japan。

 れれれ!他のコンテンツとジャケ写の大きさが違うぞ。何かの間違いではとお思いのJHMな皆様方、 間違いではありません。このジャケ写をじっくり見てみてください。右上は、Gibson Es-175 を持ったJHですね?左下はケニー・バレルですね?それでは、右下は?

 実は、このアルバムは今となっては珍品・稀少盤といわれるものではないでしょうか。 このジャケ写を、小生も初めて見ました。中身も聴いた事ありません。 録音は、1970年6月で、JHが「Guitar Festival」のメンバーとして2回目の来日時の 国内盤です。31〜2年前にアナログ盤で発売された後、再発、CD化された形跡はないようです。

 情報を頂いたのは、弊サイトともリンクしています「おやじのJAZZページ」のおやじのJPさんです。 以下省略しておやじさんということにします。おやじさん自身もリアルタイムにゲットしたのではなく、 20数年前、学生の時に、中古レコード屋さんからゲットしたものだそうです。 この情報は、昨年から頂いていましたが、この度色んな経緯の末に、おやじさんの実家から 発掘されて陽の目を見たわけです。

 それにしても、録音日が「In Berlin」と「Where Would I Be?」の丁度中間でして 大変興味深いのですが、とりあえず、ジャケ写と下のアルバム詳細を眺めて色々な 妄想をしてみては如何でしょうか?それにしても、「WHEN WOULD I BE」は「WHERE WOULD I BE」の 間違いだと思いますが?Kenny Burrellは、「SCARBROUGH FAIR」や「GINGERBREAD BOY」を演っているぞ! こちらも、気になるなぁ!

 おやじさん貴重な情報有難うございます。おやじさんへのコンタクトは、LINK集からどうぞ!


「Guiter Genius in Japan」

■Overseas Record(テイチク) UPS−81-V
■1970.6.8 テイチク会館スタジオにて録音。

<Personnel>
Jim Hall、Kenny Burrell、Attila Zoller(gt)
Larry Ridley(b)、Lenny McBrowne(ds)

A面 1.SCARBROUGH FAIR     (Kenny Burrell trio)
   2.PEOPLE         (Kenny Burrell trio)
   3.GINGERBREAD BOY    (Kenny Burrell trio)
   4.GREEN DOLPHINE STREET (Attila Zoller trio)
   5.WHEN SUNNY GETS BLUE  (Attila Zoller trio)
   6.WATCH WHAT HAPPENS   (Attila Zoller trio)

B面 1.SECRET LOVE       (Jim Hall trio)
   2.WHEN WOULD I BE     (Jim Hall trio)
   3.ALL THE THINGS YOU ARE (Jim Hall trio)
   4.JUST FRIENDS      (ALL MENBERS)


(2003.07.26)