富士総合火力演習に行ってきた。 漂流旅記
かんばん

朝5時

9月11日(土)朝3時過ぎに起きてSJ10のエンジンに火を入れる。今日は三十郎さんのおさそいで、三十郎さん御夫妻とおかちんさんとわたしの4人で陸上自衛隊の「富士総合火力演習」に行くのだ。
去年も行ったのだが現地集合現地解散のコースであった。しかし今年はなんと防衛庁が用意のバスで現地に向かい、演習終了後には自衛隊食のお食事付きである。いやが応にも期待は高まる。
朝5時、三十郎さん宅前に集合し、ジムニー2台で六本木へと向かう。

防衛庁にて

いかにも「一晩中遊んでました」というような人々がうろうろする朝6時の六本木で、コインパーキングにSJ10を突っ込み、防衛庁の門をくぐる。
すでに防衛庁の前庭ではバスが待機しており、名前を確認の上乗り込む。

バスの中

6時半頃防衛庁を出発し、バスは一路今日の演習の会場である富士の裾野の東富士演習場へ向かう。
バスの中ではさっそく陸上自衛隊の広報ビデオ「We are 陸上自衛隊 Catch Your DREAM」が上映される。だんだん去年の感覚が戻ってくる。
バスの窓をときおり雨の雫が流れ、一抹の不安が過る。
引率の自衛官も「天候によっては空挺団の降下は中止になるかも知れない」などと言っている。
しかも会場に近付くにつれ霧も出てきた。
不安がつのる…。

演習会場

しかし、会場に着いてみたら、にわか雨もぱらつくものの青空ものぞき、天候も回復してきた。
しかし、毎年圧倒されるのが会場を埋め尽くす大勢の観客。ほとんどの人は地面に敷かれたシートの上に座って見学する。しかし我々は防衛庁の招待であるので、後方ではあるが、階段席の上部に席を占めることができる。
ここからだと演習場が一望のもとである。
そしていよいよ演習開始。
まずは対戦車ヘリの機銃掃射。
ぐりぐり飛び回った挙句、目の前でバルカン砲射撃開始。「うわ〜っ!」である。
しかもあっちのほうでは対戦車ミサイルなんか、ばしゅってな具合で発射しちゃう!
そんであっちのほうの標的がちゅど〜んである。
歩兵部隊も迫撃砲を引っさげて登場。
どっかんどっかん撃ちまくるのである。
ほかにも榴弾砲やら野砲やらどんどん火を吹くのである。
さすが「火力」演習である。
そうこうするうちにいよいよ陸上自衛隊の花形、戦車登場。
まずは74式戦車。
姿勢を低くして主砲射撃!
2両並んで一斉射撃!!
観覧席では悶絶状態!!
続いて登場は陸上自衛隊が誇る主力戦車90式。
思わず「でかい」とのため息が漏れる。74式に比べると一回りでかいのである。
それが主砲発射!
「どん」という発射音がお腹に響く。
しかもそれが何両も出てきて一斉射撃である。
大興奮である!
身悶えしながら歓喜の雄たけびを上げたいところであるが、ビデオカメラを回している都合上じっとこらえる。
く〜っ、来て良かったっ!
う〜っ 国防万歳!!
さて、演習の後は、そう、自衛隊食!
東富士演習場近くの板妻駐屯地に移動し食堂へと向かう。
機能最優先の洗面台で手を洗い、トレイとどんぶりと茶わんを持ってセルフサービスのカウンターの列に並ぶ。
食堂

今日のメニューは酢豚と海藻サラダ、とき卵のスープ、そして麦25%の御飯。
去年も食べた三十郎御夫妻によると去年は「いかにもカロリー高そう!」って感じの油ぎとぎとのフライだったそうで、ちょっと期待(何を?)していたのだが、案外マトモであった。
しかし、自由によそえる御飯のところにあったバカでかいしゃもじと、テーブルに並ぶ各種ふりかけや梅干しを見ると、体力勝負の隊員達はメシばかり大量消費するのだろう。
そのあと売店を冷やかし帰路につく。
結局何もかわなかったが、おかしなモノを見つけたので、写真だけ撮る。
戦車せんべい
おわり
目次へ戻る
 
漂流旅記
1999.09.12作成   
2000.08.06一部改修
 (c)おりじゃ