オストメイト権利憲章
この憲章は1993年にIOA(International Ostomy Association:国際オストミー協会)の調整委員会において発表され、その後1997年に一部改正され2004年に再度一部改正がなされた。
このオストメイト権利憲章は、オストメイトという特定のグループのニーズと彼らの求めるケアを表明するものである。オストメイトは、自分のことを自分で決められる独立した生活を送るとともに、決定を下すすべての過程に参加するために必要な情報とケアを受けられなければならない。
この憲章が世界のあらゆる国において実現されることは、国際オストミー協会の目標として宣言されている。
  1. 手術の利点とストーマと共に送る生活に不可欠な事実を十分に認識できるよう、手術前のカウンセリングを受けること。
  2. 患者の安楽さに万全の考慮を払って、ストーマが最適な場所にうまく造られること。
  3. 術前と術後に、病院と地域社会の両方で、経験の深い専門家による医学的支援、ストーマのケアおよび精神的な支援を受けること。
  4. オストメイトの家族、職業生活、友人の役に立つとともに、ストーマと共に満足できる生活を達成するに必要な条件などについて、それらの人びとの理解を高めるための支援や情報を受けること。
  5. それぞれの国で手に入る補装具や製品について、十分かつ公平な情報を受けること。
  6. 供給可能な各種のオストミー関連製品を何の制約もなく入手できること。
  7. それぞれの国のオストミー協会と、オストメイトが得られるサービス及び支援に関する情報が与えられること。
  8. あらゆる差別から護られること。
公益社団法人日本オストミー協会
Copyright (C) JAPAN OSTOMY ASSOCIATION, INC. All Rights Reserved.