福祉制度

利用できる主な福祉制度

 市町村、身体障害の種類、身体障害者手帳の等級、世帯の所得等により利用でき

 る福祉制度は異なりますし、年ごとに改正されています。詳しくは、お住まいの市

 福祉事務所や町村役場の福祉担当係等にご相淡ください.下記は、オストメイトが

 受けられる一般的な福祉制度の一部です・.(平成1141日現在

1.身体障害者手帳の交付

 ◇ 身体障害者手帳の交付を受けることが福祉制度利用の第一歩です.オストメイ

 トは、身体障害者4級に認定されます.手帳の交付を受けていないと、以下の制度の

利用ができない場合いもあります.<別記交付申請手順等>

 ◇ ストーマ造設者は障害者認定されることになりました。

  身体障害者等級と年金の障害者等級は異なりますのでご注意ください。

2.障害年金・手 当

 ◇ 障害年金 加入の年金法により、支給される場合とされない場合があります。

   すでに老齢年金を受給中の方は、改定請求ができません。障害認定日より5

   年以上過ぎて申請をした場合は、5年以上分は時効となり請求できません。

  *厚生年金・船員保険年金の加入者

   年金の障害の程度により3級以上の制度があり、申請により支給されます。

  *共済年金加入者

   年金の障害の程度により3級以上の制度があり、申請により3級の場合には

   障害基礎年金が支給されます。4級の場合、裁定はされますが在職中は支給

   停止となりますし、所得により減額されることがあります。

  *国民年金加入者

   年金の障害の程度12級に該当しないと支給されません。

 ◇ 手当・共済

 *特別児童扶養手当 20歳未満の障害者を養育している方に支給されます。

 *岡山県心身障害者扶養共済 障害者を扶養している保護者が、毎月一定の掛金

   を掛け、保護者に万一(死亡・重度障害)があったとき、障害者に年金が支

   給される制度です

3.税 の 軽 減

 ◇ 所得税 所得者本人障害の場合は、(基礎控除+障害者控除)が受けられます。

      披扶養者障害の場合は、(扶養控除+障害者控除)が受けられます。

      自費で購入した装具の購入代金は、(医療費控除)の対象になります。

 ◇ 市町村県民税 障害者本人の所得が125万円未満は非課税になります。超え

      た場合は、(基礎控除+障害者控除)が受けられます。

      披扶養者障害の場合は、(扶養控除+障害者控除)が受けられます。

      自費で購入した装具の購入代金は、(医療費控除)の対象になります。

 ◇ 相続税 相続人が障害者のときは、70歳に達するまでの年数により(障害者

      控除)の税額控除が受けられます。

  ◇ 利子の非課税 障害者は、マル優・郵便貯金等の利子について非課税制度を利

      用できます。

 ◇ 消費税 ストーマ用装具の購入は、大部分が消費税非課税扱いです。

 ◇ 自動車税・自動車取得税・軽自動車税 納税先の都道府県や市町村により、減

     免される場合があります。(通常身体障害者手帳13級の方が対象)

 4 医 療 費 等 の 助 成

 ◇ 補装具の交付 捕装具購入費が助成されますが、所得に応じて自己負担が必要

   な場合があります。

 ◇ 医療費の助成 医療保険の自己負担分の助成が受けられますが、所得制限があ

   ります。※(障害者手帳12級の方が対象)

5.交通運賃の 割 引 等
  
◇ JR・民営バスの割引 障害者の普通乗車券が50%割引(JRは片道101k以上)

   されます.
障害者等級によって介護者の割引が違います詳しくは便利情報で確認ください。

       (乗車券購入時に障害者手帳の提示が必要です。)

 ◇ 航空運賃の割引 障害者の国内航空運賃が25%割引されます。

       (航空券購入時に障害者手帳の提示が必要です.)

 ◇ タクシー運賃の割引 障害者の利用するタクシー運賃が10%割引されます。

       (支払い時に障害者手帳の提示が必要です。)

 ◇ 自動車運転免許取得費用の補助 自動車運転免許を取する身体障害者に教習費用

       の一部が補助されます。所得制限があります。

       (教習所で教習を始める前に申請してください。)

6.住 宅 の 確 保

 ◇ 増築・改築・修繕資金の融資斡旋 身体障害者のために居室を増築・改築・修

      繕する場合、低率な融資や割増し融資が受けられます。

 ◇ 公営住宅の優先入居 住宅に困窮している4級以上の身体障害者または世帯員

      のいる世帯は、優先抽選の取扱を受けることができます。

7.資 金 の 貸 付

 ◇ 世帯更生資金の貸付 身体障害者のいる世帯に対し、必要な資金を貸付け、経

     済的自立と生活意欲の助長をはかる制度です。

     @身体障害者更生資金 A生活資金 B福祉資金 C住宅資金 D修

     学資金 E療養資金 F災害援護資金 があります。

 ◇ 障害者用自動車購入の低利貸付 身体障害者等の日常生活の便宜・社会参加の

     一層の便宜をはかるため、障害者等が自動車を購入する費用について

     低利で融資が受けられます。

8. 社 会 復 帰 促 進

 ◇   身体障害者を雇用する義務 身体障害者雇用促進法により、事業主は従業員の

     うち一定率以上の障害者を雇用しなければならないなどがあります。


 身体障害者 手 帳 の 交 付 申 請 手 順

 1) 市福祉事務所・町村福祉窓口で、手帳の申請用紙と診断書用紙をもらう。

   (病院に置いてある場合もあるので、ケースワーカーに相談するとよい)

 2)  指定医のいる病院(通常手術病院)で診察を受け、診断書を書いてもらう。

 3) 市福祉事務所・町村福祉窓口に、申請書・診断書・写真(3×4cm)・印鑑を

    持参し提出する。

 4) 身体障害者障害程度等級表による手帳が交付される。

                                            

                                                            

年金最新情報へリンク

等級解説