青物
















青物とは、自然に生える竹をそのままに細工した籠のことです。
ここにご紹介する籠は、信州、伊那谷の山はだに生えている竹を使ったものです。
磨きという、竹表皮を除いた手法になります。






野点かご



巾着






ショルダーバッグ


右のショルダーは作って1ヶ月、左は使って3年目になります。
磨きの籠は、経年の色の変化が早いです。
陽に当たるほどに深くなっていきます。
逆に仕舞うと、色の変化は遅くなりますので、青物の箸など、
決まった日、例えばお正月などに緑を楽しみたい時は、陽に当てず、
冷凍すると色があまり変わらずに使えると思います。






top 工房の辺り 展示会 仕事 問い合わせ 蝸牛
竹工芸 閑