2019 第16回 奈良ジュニア交流空手道選手権大会

【実施要項】

1、主催    日本武道空手道連盟  塾      

 

2、日時    平成31年 3月 24日(日曜日) 

午前10時 開会式 (開場:午前9時  受付:午前9時15分〜)

 

3、会場    ならでん第二武道場(奈良市中央第二武道場) 奈良市法蓮佐保山4丁目63 TEL (0742)276163

近鉄奈良駅またはJR奈良駅から市バスにて5〜10分「市営球場前」下車すぐ

駐車場には限りがありますので、なるだけ公共交通機関をご利用ください

 

4、ルール   プロテクター着用によるフルコンタクト空手ルール

幼児・小学生のすべてのクラス、中学生の初級・中級クラスは上段膝蹴りを禁止します

 

5、参加料    初級・中級クラス 4,000円(入賞者にメダル。優勝者に賞状)

  上級クラス   5,000円 (入賞者にトロフィーと賞状) 

※傷害保険料を含みます。昼食は各自持参してください。 

6、募集対象

     別紙参加申込み書のクラス分けをご覧ください。初心・初級・中級・上級のクラス分けについては良識ある判断をお願い申し上げます。緑帯・茶帯の方は中級または上級クラスに参加願います。黒帯は上級クラスへの参加に限ります。帯の色や級位が低くても入賞実績の多数ある選手や、JKJO・グラチャンなどの選抜大会で権利を獲得しての全国大会に出場経験のある選手は、上級クラスに参加願います。入賞歴から判断して明らかに実力より下位のクラスにエントリーされている場合は、連絡のうえ上位クラスに上げさせていただく場合がございます。初心・初級・中級クラスは各クラスで女子の参加が4名以上あれば男女別とします。各上級クラスおよび中学生・高校生クラスは人数にかかわらず必ず男女別となります。中学生は対格を考慮して体重別に2〜3クラスに分ける予定です。 参加者が少ないクラスは廃止、合併となる場合があります。上級クラスの体重別クラスにあっては、規定体重をオーバーしている場合は出場できません(Tシャツ等を着用のうえ計量をし、着衣分として1kgオーバーまで認めます)。各学年の重量級クラスは計量を行ないません。 ※例年、勝ちたいがためにあえて本当の実力より下位のクラスに出場させる道場・保護者が散見されます。適正なクラスへの出場をお願い致します。

 

7、参加申込み方法

参加申込書に参加料を添えて、現金書留にて下記大会事務局に郵送してください(なるだけ各道場単位でまとめて郵送して下さい)。 なお出場申込み後は欠場する場合でも理由のいかんに関わらず参加料の返却は致しませんのでご了承ください。  締め切り:平成31年2月9日(土)必着

631-0045  奈良市千代ヶ丘 1−8−21 空手塾 事務局 田前純三

Tel 070-4313-1135   Fax074244-0870  Eメール  93newworld@gmail.com

参加料は下記口座へのお振込でも結構です。

「ゆうちょ銀行  記号:14110 番号:20387781 田前純三 」

「三菱東京UFJ銀行 近鉄学園前支店 () 4590698 空手塾 田前純三 」

8、参加資格について

武道としての礼儀・威厳を保つため、頭髪の染色(茶髪・金髪等)やピアス・刺青等、武道にふさわしくない身形をした方の出場はお断りします。フリー参加や、非公開、所属道場の責任者の許可のない参加は認めておりません。

.その他

トーナメント表は事前に各所属道場にEメールにて(別添「参加者集計表」にEメールアドレスを記入された道場に限る)送信致します。 ゼッケン(シール式)は当日受付にて配布致します。

この大会は審判・判定の公正さを最重要視しております。審判員は各種講習会を受審した方を中心に配置しております。また、各参加団体の有段者の方で、この趣旨にご賛同いただき審判協力をして下さる方も募集しておりますので、ご協力くださる方がいらっしゃいましたらお申し出ください。交通費・昼食等を主催者でご用意させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合規約

【審査規約】 本大会は主審と2名の副審(上級の決勝戦は4名)の判定によって審判にあたる。審査に関する最終

決定権は審判長が有する。選手は所属流派の責任者を通じて審判長に異議を申し立てることができる。

 

【試合時間】  本戦 1分半 ⇒ 延長戦 1(マストシステム)      ※再延長戦はありません

  ※ 高校生の部のみ本戦、延長戦とも2分間とします。

※ マストシステムとは必ずどちらかに旗を上げるものです。体重判定はありません。

※ 判定の際は、主審はリストバンドを着用して、副審と同時に判定を行います(同時挙げ)。

 

【組手】組手の勝者は、1本勝ち,判定勝ち,体重判定勝ち,相手の反則または失格による勝ち,相手の棄権による不戦勝により決定する。ただし安全性を考慮し審判長又は主審による試合中止(ドクターストップ)も有ります。

 

1、1本勝ち

反則箇所を除いて、突き蹴り等を瞬間的に決め、相手をダウンさせるかダウンさせないまでも戦意を喪失させたとき。技有り2つで1本となる。技有りとは、突き蹴りをクリーンヒットさせ、瞬間的に相手の動きが止まったり、ダメージを負った時。また倒れた相手へ下突きを寸止めにて気合と共に「キメ」を行なった時は技有りとなります。※足先がかすった程度の浅い蹴りや、乗っかったような蹴りは技有りにはなりません。

2、判定

1本勝ちの決まらないときは、審判の判定をとり、主審、副審の過半数の支持で優勢勝ちとなる。

引き分けの判定の時は延長戦となる。

3、有効技

1手による首より下への攻撃(例:中段突き、中段下突き、中段フック、胸へのひじ打ち、等)

2足による金的(急所)以外の攻撃(例:上段廻蹴り,中段廻蹴り,下段廻蹴り,後ろ廻蹴り,中段膝蹴り,等)

B上段膝蹴りは上級クラスの中学生・高校生の上級クラスのみ有効となります。

4、反則

1手による顔面および首・のどへの殴打 A頭突き、金的への攻撃  3上段への膝蹴り(中学・高校の上級クラスのみ有効) 4相手をつかんだり、投げたりすること(つかみは瞬間でも禁止)

5背後からの攻撃、ダウンした相手への攻撃     E相手に頭、体をつけての攻撃

F場外へ逃げた時    8その他、審判が特に反則とみなしたとき    ※ 注意4回で反則負けとなる

5、失格

@出場時刻に遅れたり、出場しなかったとき  A試合中に泣き出して、続行不可能になったとき

B試合中審判の指示に従わなかった時 C選手またはセコンドが粗暴な振舞い、悪質な態度とみなされたとき

6、棄権

1大会ドクターの診察を受け、その結果続行不可能とみなされたとき

2本人の申し出により、審判長・審判員が退場を許可したとき

7、諸注意

1手足の爪は短く切っておくこと(爪の伸びた選手はドクターに爪切りを借りること)

2大会中は時間を厳守し、自分の試合の4試合前にはプロテクターを着用のうえ、コーナーにて待機すること。ゼッケン番号の若い番号の選手が赤コーナーとなります

3ヘッドギアは全員主催者が用意した所定の物を必ず着用すること。初級・中級クラスは面ガード付き、上級クラスはイサミ社製面なしヘッドガード(SS45)を用意します。ボディプロテクターは初級・中級クラスの女子選手は着用しても構わない(主催者で用意)。ただし、上級クラスに出場する女子はボディプロテクターは使用不可とし、代わりに胸ガード(自身で用意のこと例:イサミ社製L−711)を使用することができます。胸ガードとは胸部のみを守るタイプで硬質でない物とします。女子はアンダーガード(女性用ファールカップ)を着用することを推奨します(自身で用意のこと、例:イサミ社製SS−6)

4拳サポーター・脚サポーターは布製のサポータータイプのものを使用し、ヒザのサポーターの着用は初級・中級は任意、上級、中学生、高校生は着用義務とします。ただし、高校生のみ各種皮グローブ(指なし、指ありのどちらでも)を使用してもかまわない。極端に薄いものは不可。

D本大会では、心臓震盪予防サポーター(参考製品:イサミ社製L−8303)の使用は任意(自由)とします。同等素材で腹部にパットがないものならば、個人の物を使用しても結構です。

E男子は空手衣の中にTシャツを着ないこと。女子は白または黒色の薄手の半袖Tシャツを身に着けること。

Fテーピングの使用は認めるが、拳頭部は隠さないこと。 バンテージの使用は認めない。

G選手はルールとマナーを守り、空手家らしく礼儀正しく振舞うこと。セコンドや保護者の方は過剰な声援は慎み、品位ある大会となるようご協力をお願い致します。武道の試合にふさわしくないヤジや振舞いがあった場合は、ただちに試合を中断し、失格・退場となる場合がありますので注意してください    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                      

第16回  奈良ジュニア交流空手道選手権大会

参加申込書

大会実行委員長殿                            申込日 20       

私儀、下記の通り、本大会の試合規約に従い、正々堂々競技することを誓います。また、試合中に負傷または事故を生じた場合、当大会で加入する傷害保険の範囲以外に異議を申し立て致しません。 

                        保護者サイン:          印

フリガナ

性別

生年月日

年齢(大会当日)

氏 名

男・女

平成  年  月  日

     歳

住所  〒

電話番号

学年(旧学年)  年中・年長

小学・中学       年生

所属道場および支部名(例:○○会館△△支部)

 

修業年数

   年  ヶ月

級位および帯の色

    級・段、   帯

身長および体重(未記入者は出場できません

    cm    kg(体重は小数点一桁まで)

過去一年以内の主な大会入賞歴

初心

@    小学1年生(初心) A小学2年生(初心) B小学3年生(初心)

 

初級

 

C    小学1年生(初級) D小学2年生(初級) E小学3年生(初級) 

F小学4年生(初級)  G小学5年生(初級) H小学6年生(初級)

中級

I小学1年生(中級)  J小学2年生(中級) K小学3年生(中級) 

L小学4年生(中級)   M小学5年生(中級)  N小学6年生(中級) 

初中級合同

O年中の部  P年長の部  

Q中学男子軽量級(45kg未満) R中学男子中量級(55kg未満) S中学男子重量級(55kg以上) ㉑中学女子軽量級(47kg未満) ㉒中学女子重量級(47kg以上) ㉓高校男子軽量級(60kg未満) ㉔高校男子重量級(60kg以上)㉕高校女子軽量級(50kg未満) ㉖高校女子重量級(50kg以上)

 

 

 

上級

 

 

出場クラスを○で囲む

【男女混合】㉗年長

【男子】㉘小学1年男子 ㉙小学2年男子 ㉚小学3年男子  ㉛小学4年男子

 ㉜小学5年男子  ㉝小学6年男子軽量(40kg未満)㉞小学6年男子重量(40kg以上)㉟中学1年男子軽量(47kg未満) ㊱中学1年男子重量(47kg以上) ㊲中学2・3年男子軽量(50kg未満)  ㊳中学2・3年男子重量(50kg以上)

㊴高校男子軽量級(62kg未満) ㊵高校男子重量級(62kg以上)

【女子】 ㊶小学1年女子 ㊷小学2年女子 ㊸小学3年女子  ㊹小学4年女子

㊺小学5年女子 ㊻小学6年女子 ㊼中学女子軽量(47kg未満) ㊽中学女子重量(47kg以上)㊾高校女子軽量級(52kg未満) ㊿高校女子重量級(52kg以上)

※ 記入漏れや虚偽の記述のないよう正確に(特に体重)申告して下さい

   記載された個人情報は、本大会の運営・管理のために使用されます。選手の名前・入賞結果等が格闘技関係の雑誌・インターネット等に掲載される場合がございますので、ご了承のほどお願い致します。

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第16回 奈良ジュニア交流空手道選手権大会

                

参加者 集計表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初心・初級・中級クラス 参加者     名 × 4,000円 =       円・・・@

 

 

上級クラス    参加者     名 × 5,000円 =       円・・・A

 

 

                

   

    名     総参加料(@+A)        

 

 

 

 

 

 

 

上記金額を(同封 または 銀行振込)のうえ本大会に申込み致します

※いずれかに○をしてください

 

 

平成   年   月   日

 

名:              

 

代表者名:              

 

メールアドレス:                 

 

 

 

  

 

   (トップページへ戻る)