見る人に優しいウエブ作成


Directory

テキスト編 (1)
テキスト編 (2)
テキスト編 (3)
リンク編 (1)
リンク編 (2)
リンク編 (3)
画像編 (1)
画像編 (2)
フレーム編 (1)
フレーム編 (2)
フレーム編 (3)
リスト編 (1)


Contents

優しいウエブ作成
HTML入門
画像処理入門
ページレイアウト入門
スタイルシート入門
用語集
サポートタグ

+++ HTML入門(リンク編)+++

戻る
次へ

■ リンクとは

リンクとは、あるファイルを別なファイルに関連付けることで、下記のような事ができます。

自分のサイト内の別なページへ移動する
自分のサイト内の画像を別ページとして表示させる
自分のサイト内の特定の場所へジャンプさせる
自分のサイト内から別なホームページへジャンプさせる
自分のサイト内からメールを送信できるようにする

一般的には、上から3つがローカルリンク、下の2つががグローバルリンクです。



■ 絶対パスと相対パス

本題に入る前に、この絶対パスと相対パスを理解しておきましょう。WYSIWYG方式で作成する場合、ソフトが自動で設定してくれますが、 HTMLエディタで編集する必要がでてきた場合、最も理解に苦しむ事になります。 この例では、Windowsでホームページ用のフォルダをWWWとし、サブフォルダとしてimage、htmlがあります。
image、htmlフォルダは、WWWフォルダ内にあります。


C: ----- /WWW ----- /image ----- image.gif
     |
     |------- /html
     |    |------ html1.html
     |    |------ html2.html
     |
     |-------index.html 
     |-------Page1.html 
     |-------page2.html 


まず絶対パスですが、

image.gifの絶対パスは、C:/WWW/image/image.gif
index.htmlの絶対パスは、C:/WWW/index.html

となり、相対パスは、

index.htmlから見たpage1.htmlの相対パスは、page.html
index.htmlから見たimage.gifの相対パスは、/image/image.gif
html1.htmlから見たindex.htmlの相対パスは、../index.html


となります。判りにくい相対パスですが、今いるページから下層のファイルは、/---/---.xxxとなり、 下層から1つ上のファイルを指定する場合は、../---.xxxとなります。
先ほどの、リンクの種類は、以下の様に使い分けます。


ローカルリンクは、相対パスで指定をおこない
グローバルリンクは、絶対パスで指定します



Prev | Home | Next




Copyright(C) 1999-2000, ken_yuu All Right Reserved.