見る人に優しいウエブ作成


Directory

HTML編 (1)
HTML編 (2)
HTML編 (3)
HTML編 (4)
解像度に依存しない例
解像度に依存しない例
解像度に依存しない例


Contents

優しいウエブ作成
HTML入門
画像処理入門
ページレイアウト入門
スタイルシート入門
用語集
サポートタグ

+++ ページレイアウト入門(実例編)+++

戻る
次へ

■ 実例 〜その2〜

前の場合は完全に横幅が固定されますが、この例では解像度に併せ文章全体がセンタリングされます。 テーブルではなく<BLOCKQUOTE>を使います。


ブラウザイメージ
←解像度に併せ変化します→
この部分に表示されます。

タグは、下記の様になります。
<HTML>
<HEAD>
</HEAD>
<BODY>

<BLOCKQUOTE><BLOCKQUOTE><BLOCKQUOTE>
この部分にコンテンツの内容をタグで記載します
</BLOCKQUOTE></BLOCKQUOTE></BLOCKQUOTE>

</BODY>
</HTML>

<BLOCKQUOTE>タグは、上下に一行分のスペースが挿入され、左右もインデントされます。 この場合、全体をはさんでいるのと3つ連続で設定している為3つ分のスペースが左右に発生します。 又、いつもスペースを発生させる為、解像度が変化してもいつも文章全体がセンタリングされます。 3つ設定すると、640×480でおおよそ全角で35文字程度表示されます。 例を作成したので見て下さい。(New Window)

この場合も、『、』や『。』で改行を指定しないと文章の途中に妙なスペースが発生します。これ以降どんな場合でも、 文章の改行位置には気をつけて下さい。




Prev | Home | Next




Copyright(C) 1999-2000, ken_yuu All Right Reserved.