見る人に優しいウエブ作成


Directory

まず最初に
作成する前に
作成時の注意事項
やさしいウエブ作成
テキスト入力
画像表示
フレーム
Web Pageを登録
カウンタアップ
新しい技術


Contents

優しいウエブ作成
HTML入門
画像処理入門
ページレイアウト入門
スタイルシート入門
用語集
サポートタグ

+++ 第2章 作成する前に +++

戻る
次へ



■ 作成ソフトを準備しよう

ウエブページは、HTML(HyperText Markup Language)と呼ばれるちよっと難しい言語で作成します。 WYSIWYG(what-you-see-is-what-you-get)方式ソフトのように、見ながらにして作成できる便利なものもあります。 これらのソフトには、HTMLも編集する事ができる様になっており、少しづつこれらの機能を利用して、 HTMLを理解し覚えていく方が早道で良いと思います。Internet Explorer 4では、『FrontPage』、 Netscapeでは、『Composer』などフリーのものありますので、それらを利用しても良いでしょう。



■ 作成ソフトについて(追加)

最初は、この手のソフトは非常に重宝しますが、そのうちJavaScriptやスタイルシートなどきっと使いたくなるので、 最初からタグ挿入型HTMLエディタと呼ばれる直接書くソフトで書いたほうが将来的なコストは得かもしれません。 フリーやシェアウエアのものもありますので、 ソフトはYahooのここから探して見て下さい。



■ HTMLは、覚える必要が?

ウエブページ作成自体をどの程度のもので満足するかにもよりますが、かっこよく作ったり細かな設定をしたりするには、 どうしても必要になってきます。ページ内の構成などはWYSIWYG方式で行い、詳細な設定はHTMLエディタで行うのがいいと思います。 表などを使ったページ作成やファイルの名称変更時に関連したリンクを自動的に変更してくれたりするので、 最初はWYSIWYG方式は非常に便利です。又、ウエブページ作成に必要なサンプル等も収録されてます。 私は、基本的に覚える必要があると思ってます。理由は、こちらに書いてます。



■ 画像処理ソフトを準備しましょう

画像がまったく無いウエブページは、さみしいものです。トップページのロゴや、ちよっとしたアクセントには画像は欠かせません。 HTML作成とは別にこれらのソフトも準備しましょう。Adobe PageMillのようにPhotoShop LEがついてくるタイプもあります。 フリーやシェアウエアのものもありますので、 ソフトはYahooのここから探して見て下さい。 画像処理については、このサイト内の画像処理入門で注意事項等記載しております。



■ ナビゲーションを考えよう

さまざまな『コンテンツを多くの人に見てもらいたい』、と言うのが作成者側の願いなので、 見る側がサイト内で迷子にならない様に注意しなければなりません。ナビゲーションの方法は、 お手本にしたサイトなどを参考にするのも良いでしょう。気をつけてたい点は

どのページからでもトップページに戻れる
今、どのコンテンツにいるかをわかる様に工夫する
大きな画像表示は、サイズを示しておく

の3点です。検索エンジンなどで、 いきなりサブページから訪問される方もいます。せっかく訪問してくれたにも関わらず、 『ホームへ戻る』がないと、他のコンテンツを見てもらう事ができませんね。



■ トップページの内容を考えよう

トップページは、サイトの入り口でもあり訪問者に対して、見るべき情報がこのサイトにあるかどうかを示さなければなりません。 又、見るべき情報へ簡単にジャンプできるようリンクしなければいけません。 つまり、あなたが最も見せたいコンテンツを配置する事になります。重要でない項目まで配置すると、目立たない可能性があります。



■ レイアウト、構成を考えよう

作成に入る前に、ページ内レイアウト(ナビゲーション含めて)及びページ同士のリンク及び各コンテンツとの関係をメモ用紙に書きましょう。 そして、その構想を絵にしてノート書いておきましょう。ツリー上に作成されるのが一般的のようです。又、 実際に作成したファイルを保存する方法も考えておきましょう。コンテンツ毎にディレクトリを作成すると判りやすいです。 作成していくと判ってきますが、ファイルの名称や階層位置を変更するとリンクの変更等かなり無駄な時間が必要になってきます。

ツリーイメージ トップページ
メインページ
サブページ


■ なるべく軽いものにしよう

作成している時は自分のパソコンにデータが入っているので表示が速く何とも思わないのですが、 アップロードするとその表示の遅さにびっくりします。 今、使われているモデムの標準速度は28.8Kbpsのようです。おおよそ画像を含め30k以内に収めましょう。 一概に30K以下するのも難しいとは思います。そんな時はサムネールを張り付け見たい人だけ見れるような工夫は必要だと思います。 フリーやシェアウエアのソフトで、画像を含むページのロード時間を計算してくれるものを利用すると良いでしょう。




Prev | Home | Next




Copyright(C) 1999-2000, ken_yuu All Right Reserved.

Back to top