女子大生用語の基礎知識1993年度版

まえがき

 この用語集は、編者が非常勤講師として出講している金蘭短期大学(大阪府吹田市)国文科1年生の学生のみなさんの協力によって作ることができました。

 1992年度は「国語概論」の受講者約60名に対して語彙の講義と関連させて、若者語・なかま言葉の実態調査をおこないました。93年度は「国語概論」と「国語法」の受講者約120名に対して自宅で書いてきてくれるように頼んで回収しました。

 92年版はわずか8ページのちっぽけなもので、コピーして配布しただけでしたが、本年版は、その約4倍の量(723項目)になりました。意味の解説、使用法が、彼女たちの生の声で描かれています。女子大生用語の全容を明らかにすることからは、程遠いものではありますが、彼女たちが、女子大生用語だと意識しているものの一端を収めることができたのではないかと思います。

 この小冊子の刊行に当たって、金蘭短期大学国文科主任教授、水田紀久先生にはご快諾をいただくことができました。記して感謝の意を表します。

 今後も学生のみなさんの協力が得られたら、毎年、改訂・増補版を出したいと願っています。協力してくださった学生のみなさん、ありがとうございました。

1993年11月26日
編者 小矢野哲夫

凡  例

1.調査によって得られた単語・表現を50音順に配列した。

2.見出しはかなで表記し、意味や起源が分かるものについて【 】の中に漢字、ローマ字まじりの表記を付けた。

3.原則として外来語は見出しをカタカナで表記した。ただし、外来語ではないけれども、寄せられた回答にカタカナで表記されているものは、できるだけそれを尊重した。

4.意味の説明は、学生の回答にある表現をほとんどそのまま記した。

5.→の記号の後に参照項目を記した。

6.見出しの後の(92)や(93)はそれぞれ1992年度収集例、1993年度収集例であることを示す。

 

【あ】

あ゛(93)表記に使う。
あーごん(93)あご。
アイげ【I毛】(92)陰毛。
アウト・オブ がんちゅう【OUT OF眼中】(93)眼中にない。
あおい【青い】(93)男の人のひげをそったあとが青く残っていること。「あの人、ものすごくあおいなあ」
あおジャ(ー)【青ジャ(ー)】(93)青色ジャージ(ー)。(学年別、クラブ別で色が異なる)
あかジャ(ー)【赤ジャ(ー)】(93)赤色ジャージ(ー)。
あご【顎】(92)アゴの出ている人。
あさはんのブッコロリ【朝飯のブッコロリ】朝食で食べるブロッコリ。「今日、朝はんのブッコロリしてきたの」
あたまがうにになる【頭がウニになる】(93)もう頭の中がこんがらがって理解不能になること。
あたまさびてる【頭サビてる】(92)髪の毛が金とか赤の子をさす。
あたまの わるいひと【頭の悪い人】(93)別に勉強ができないとかじゃない。周りの見えてない人。他人のことを考えられない人。
あたまの よいひと【頭の良い人】(93)別に勉強ができるとかじゃない。人間のできている人。頭のきれる人。自分を把握して使いこなせる人。
あたまよわい【頭弱い】(93)頭が悪いわけではないが、非常識な人のこと。
あたまわいてる【頭湧いてる】(93)(「頭に虫がわいている」ことから)頭がおかしい。「あんた頭わいてんちゃう!?」(ダウン・タウンの浜ちゃんが言っていた) 「わいてる」だけでも使う。
あたる(93)(バイト用語で)トイレに行くこと。(主に神戸そごうで使われている)
あっしーくん【アッシー君】(93)恋人ではなく、自分はさほど好きではないが。相手の人が自分を気に入ってて、車で送り迎えしてくれる人。
あっそうなん(93)誰かがのろけ話をしてる時に言う。
あっちゃー(93)失敗した時、とんでもないことが起きた時、まずい物を見てしまった時に使う。「あっちゃー、ブスな髪!」(TVのCMより)
アピオぞく【アピオ族】(93)岐阜県の大垣駅の駅ビル“アピオ”の前で、主に夕方 たむろしているヤンキーの人たちのこと。最近、年齢層が低くなりつつある。
アブラカタブラ(93)ブラの肩ひもが落ちたときに言う。「あ、ブラ、肩、ブラ」の意。
あぶらギッシュ【脂ギッシュ】(93)なんだか濃いこと。脂っポイだけのことではなくて、顔のほりが濃くて、コテ2しい人や、物などのこと。暑っ苦しかったり、うっとうしかったり、と、良い意味では使われない。「あの人って、アブラギッシュてるよなあ」「アブラギッシュやよなあ」。略して「ギッシュ」とも言う。
あほげ【アホ毛】(92)切れ毛のこと。(93)ザラザラ、ボコボコした毛。「いもげ」「バリ毛」に同じ。
あほちゃうかー(93)誰かが失敗とかしたりした時に言う。
あやしい(93)正体不明のものに言うほか、何となく挙動がおかしかったり、言った内容が“何こいつ”みたいな時に使う。
アリーナいちれつめ【アリーナ一列目】(93)教室で一番前の列。(出所は『屋台の目ぇ』)
ありえへん【あり得へん】(93)→でたわー。
ありきゅう【有休】(93)食事や休憩のこと。(バイトで使っていた)
アルシンド(93)頭のうすい人。(プロサッカーJリーグ、鹿島アントラーズのアルシンド選手の名前から)
あわあわする(93)口が回らなくて、うまく言えない。
あんと(93)(山口弁)あんな。
あんピン【安ピン】(92)安全ピン。

【い】

イエローなひと【イエローな人】(93)テンションが高い人。
いがぐりぼうず(93)ぼうず頭をしている中学生の男の子。
いかつく(93)腹が立つ。
いかんせん(93)どうしようもないことに。残念ながら。「いかんせん、さえんなぁ(=パッとしないなぁ)」(サークル内で男の人が使っている)
いきってる(93)カッコつけてる。「あの人、いきってんなぁ」
いけいけすだれ(93)前髪をたてロールにして、すだれのように見える髪形。
いけいけねえちゃん  付録参照。
いこかー【行こかー】(93)同意などを求める時に言う。「行こかー」といわれたら「行っとこかー」と返す。
いたいやつ【痛い奴】(93)別にお腹が痛い人のことではなくて、あぶない人(ちょっとおかしい人、切れてる人)、予想できない行動をしたりする、周りの状態が見 えてない人。
いただけない(93)受け入れがたい。「それは、いただけへんやろー」
いちょってる(93)調子のってる、自慢げな態度。
いっせんぴぃ【一銭ぴぃ】(92)(93)全くお金がないこと。「今日、わたし、いっせんぴぃやねん」「もっさぁー」
いっとく(93)「〜にしておく?」の意。(「行っとく?」という意味ではない)「今日、何食べる〜? スパゲッティでもいっとく?」「さくっといっとく」「さらっ といっとく」
いっぱちにー【182】(93)国道182号線。
いつわってる【五輪ってる】(92)五輪真弓のような髪形になっている。
いてまえ(93)ヤキを入れろ。
いてもたろか(93)ヤキを入れてやろうか。
いないち(93)国道171号線。
いなげに(93)(広島弁で)とても。すごく。very。
いのちかげろう【命かげろう】(93)(ウッチャン・ナンチャンのTV番組「やるならやらねば」でウッチャンが演じていた役の名前から)暗い感じの、影の薄い人。生気のない人。しんどそうな感じの人。(役では顔が白く塗ってあり、ふらふらしている。自分の命をロウソクにたとえて、自分で吹き消してしまう。)
いぶいぶ(93)かっこいい。「あの姉ちゃん、いぶいぶやなあ」(仲間内で使っているのでみんなは知らない。高校の時の友達が使っていた。「いぶし銀」の略らしいけど、本人もわけが分からず使っていた。)
いもげ【いも毛】(93)一本の毛で「~~~~~~~~」のようになっているもの。ザラザラ、ボコボコした毛。「いも毛発見!」。「あほげ」に同じ。「ぶたげ」とも言う。
いもジャ(93)ださくてたまらないジャージ。
いもほり【芋掘り】(92)コンパなどでつまらない男しかいなかった時の様子。(特に 阪大の男子学生など)「〇〇ちゃん、昨日、阪大のイモ掘りしてきたん?! くさったイモ見つけてきたんとちゃう。」/「きのう、桃大(ぴんだい)の人と合コンしてん」「どうやったー?」「それがもー。イモ掘りやってん。おわってるわー」「きっつー」
いやすぎる(93)いやなときに使う。
いやみじょうたい【いやみ状態】(93)マンガ「おそ松君」のいやみ先生のような髪形のように、前にカールしている状態。
いらち(93)イライラしがちなこと。すぐにイライラする人。「あんた、いらちやなあ」
いらん(93)いやだ、という気持ちを表す。「こんなんいらんなぁ」
いろもん【色物】(92)化粧していて中性的なバンド。「今日は“幻覚アレルギー”っていうバンドが出るねんてー。」「えっ? それっていろもん?」
いわす(93)「マクドしばく」の「しばく」とよく似た使い方。新しい製品とかが出た時に使ったりもする。A「新しく出たゲーム知ってる?」B「あー知ってる知ってる。いっぺんいわさなあかんな」
いわれてる【言われてる】(93)自分に対して相手が厳しいことを言っている時に使う。
いんげ【陰毛】(93)陰毛。直接的な呼び方をしないで、「毛」を「げ」と発音する。「おけけ」とも。

【う】

う゛(93)表記に使う。
ういてるういてる【浮いてる浮いてる】(93)つまらない冗談を言って、みんなが引いているのに、自己満足の状態にあるとき、言ってやる。※学校の先生に多い。
うーわぁ たまらんわ(93)困った状態におちいった時に使う。
ウキウキ(93)うれしい時に用いる。→ウハウハ。
うしほどくう【牛ほど食う】(92)ものすごくたくさん食べること。
うちら(93)わたしたち。
うっきー(92)サルのこと。「〇〇ちゃん、うっきーみたい。」
うっきーじょうたい【うっきー状態】(93)すごく腹が立った時やイライラした時に友達との間で使う。
うっそー(93)(「そ」の部分を高く、長音を下げる調子で)とってもびっくりした時に言う。「〇〇と〇〇がドラマにでるんだって」「え、うっそー。絶対見なあか んわぁ」
うっとー(93)腹立たしい気持ちだ。「うっとうしい」から。
うにうに(93)ごちゃごちゃしてること。「頭の中うにうにやー」
うにょ(93)嘘のこと。
うぬ(92)うぬぼれている人のこと。じぼる。
ウハウハ(93)うれしい時に用いる。「今日は2限の授業が休講やで」「えっ、ウハウハやん」(類義語ウキウキ)
う(っ)ひゃ〜(93)驚きを表す言葉。それも「えー、うそー」的意味も含まれる。
ウヒャヒャヒャー(93)おもしろくない話でムリに笑ってやる時に言う。
ウホウホ(93)喜んでいる様子。「私やったらそんなんウホウホゆって喜んでるわ」
うまうま(93)食べた物がおいしい時に使う。「うまい」からきている。「このラーメン、どう?」「うまうまやぁー」
うまかっちゃん(93)おいしい時に使う。
うめきゅう【梅急】(92)阪急電車北千里発梅田行き。 ぎんでん、どうぶつごう。
うりゃ(93)毛の濃い人。そんな人をきらいな友達が考えた表現。「あの人、うりゃだ」(=あの人、すね毛が濃い~~~)
うるうる(93)悲しい時や、いじけてみようと思う時に使う。
うわー まぶしいっっ!!!(93)→まぶしい。

【え】

え゛(93)表記に使う。先生「今から抜き打ちテストをする」「え゙ーっ、げろげろー」
エキスポ(93)「エキスポランド」の略。
えぐちってる【江口ってる】(93)俳優・江口洋介のように、男の人で髪が長いこと。
えぐちはちろう【江口八郎】(93)男性が江口洋介をめざして髪をのばしているけれど、どうみても宅八郎っぽく、気持ち悪い人。
エス エスケー【SSK】(93)愛知県の淑徳、金城、椙山の有名女子大学の略。
エックスってる【Xってる】(93)X脚のこと。
エッチい【Hい】(93)エッチなこと。
エッチング【H−ing】(92)エッチ。「〇〇ちゃんってエッチングやわー」
えびぞる(93)驚きの余り、のけぞる。「この間、あんなにおとなしかった〇〇さんに会ったら、すごくハデになってて、えびぞっちゃったわ」
エメジャ(93)エメラルドグリーンのジャージー。
えらいそ(93)(レストランのバイトで)えらい忙しい。「えらいそでしゃべってるひまなかったわ」

【お】

おいおい(93)ジョーダンじゃないような事をされた時や言われた時に言う。
おいしい(93)いいところだけおさえてたり、もっていったりすること。「それ、おいしすぎる話や」
おいだい【追大】(92)追手門大学。
おいといて【置いといて】(93)会話の中で、自分が弱い立場になった時に、「それは置いといて」と言って違う話をしだす。動作もつけるとグー。(箱を持ち上げて移動するように動かす)
おいら(93)自分を指す語。(一度使い出すとなか2抜けません。すごく一部の人が使っている。)
おうしょる【王将る】(93)ギョウザの王将に行く。「おしょる」とも。
おえん(93)いけない。
おおかわえいさく【大川栄作】(92)演歌歌手。鼻が大川栄作 興奮していて鼻の穴がピクピクしていて大きい様子。「今日、電車の中で〇〇がH本を見て、鼻が大川栄作になっててん。いやらピーな!」
おかキャパ【丘キャパ】(92)(丘にあるキャンパス)金蘭短期大学。(丘の上のキャンパスというより、丘の上のキャバレーという意味で使う人が多いらしい。)
おかのうえのきゃばれー【丘の上のキャバレー】(93)金蘭短期大学のこと。(「ケバイお姉ちゃんがたくさんいるかららしい」と高校の友達が言っていた。)
おがる(93)(泉州弁で)大声でどなること。叫ぶこと。「誰かおがってるでぇ」
おきに【お気に】(93)お気に入り。「これは私のお気にの服やねん」
おきべん【置き勉】(92)教科書を学校に置いて帰ること。
おけけ(93)陰毛。「いんげ」とも。
オケる(93)カラオケを歌うこと。
おしゃ(93)とってもおしゃれなこと。友達とshoppingをしている時に続出する言葉。「あのカバン、なかなかオシャやん」「あの人って結構オシャやね」
おしゃっぴー(92)おしゃれ。
おしゃまさん(93)おしゃれな人。友達がきれいな格好をしている時に言う。
おじょう【お嬢】(92)金持ちの女。(93)服装がお嬢様っぽい人のこと。
おしょる(93) おうしょる。
おすくり(93)お薬のこと。友達は「おすくり」の方が言いやすいと言う。
おそるべし【恐るべし】(93)(物や人の名前の前に付けて)自分がこわいとか気持ち悪いと思っていること。「恐るべし〇〇」
おそろ【お揃】(93)おそろい。「おろそ」とも。おそろいの物をもっているときに、「それ、おそろやー」と言う。
おたっきー(93)オタクの人たちの愛称。
おだゆうじ【織田裕二】(92)俳優。
  唇が織田裕二 ちょっとタラコ唇で、色が紫で寒い状態。「昨日、すごく寒かったわ〜。思わず唇が織田裕二になってしまったわ!」
おちゃする【お茶する】(92)喫茶店へ行く。ファーストフードの店へ行く。(学校の帰り、3人で)A子「今日、お茶する?」B子、C子「うん、ええでー」C子「どこでー」B子「マクドにしよう」A子「ミスドのほうがええわ」C子「やっぱしいつものようにケンチキで食べよー」
おつゆとばす【おつゆ飛ばす】(93)唾を飛ばしてること。「おつゆ飛ばしてしゃべりなっ」
おでこぜんかい【おでこ全開】(92)前髪が風などであがること。(自転車で通学中、風が前から吹いてきて)「やー、もう、おデコぜんかいやわ、かっこわるー。」/ 「見てー、ストパあててん」(─風が吹く─)「きゃー、おデコぜんかいになるーっ」
おどりにいく【踊りに行く】(92)ディスコに踊りに行く。
おない【同い】(92)同い年。
おなかぴー(93)下痢してること。
おにうどん(93)おにぎりとうどん。
おにおにおにおに(93)とてもひどい人をさして言ったりする。TV番組の中で使っていた言葉。「あいつ、ほんまにおにおにおにおにやなー(=むっちゃいやなやつだ)」
おにぐい【鬼食い】(93)ものすごく食べること。
おにのように【鬼のように】(93)「すごく」という意味を強調した形容詞。「鬼のように寒い」「鬼のように食べる」。「おにほど」に同じ。
おにほど【鬼程】(93)すごい。→むっこ。
おはなを つみにいきましょう【お花を摘みに行きましょう】(93)便所に行こう。昔、西洋で花を摘みに行こうと言って野原で用をたしたことから。
おぼこい(93)幼い人のこと。
おもろー(93)おもしろい。
おもんない(93)しょーもない。おもしろくない。「おもんなさすぎる」
おろす(93)くくっている髪をほどく時に使うことば。
おろそ(93)おそろ。
おわってる【終わってる】(92)(93)最悪の状態である。
オン・ザ【on the】(93)眉毛の上までの前髪。「オン・ザ・眉毛」〔参考〕中学校の校則で、男子の丸刈りに対して、オン・ザ・マユゲという、女子の前髪をまゆの上1センチまでと規制しているところがある。(『朝日新聞』1993年10月4日朝刊17面の記事から要約)

【か】

がーん(93)ショックだった時に言う。
がぁ(92)ワキガの人。「あの人、がぁやぁ」
かいさん【解散】(93)あまりにも相手の言うことがバカ2しい時に使用する。「まー、あたし程綺麗じゃ、しゃあないけどね」「はい、もー、解散、解散っ!」
かいてん【回転】(93)あごと頭をひっくりかえしても違和感のない人。
かおがあつい【顔があつい】(93)さわやかでない顔の人のこと。眉毛が太く、顔が濃い人のこと。
がくいん【学院】(93)「大阪学院大学」の略。
がくさい【学祭】(92)「学園祭」の略。
がくしゅうきのうの ないやつ【学習機能のない奴】(93)何度も同じ失敗をする人。(ワープロにも劣る)
がぜん(93)急に。突然。「がぜん、やる気がでてきた」(サークル内で男の人が使っている)
がちゃ(93)北千里駅発天下茶屋(てんがちゃや)行きの阪急電車のこと。「今日はがちゃ行きに乗ろう」。「自分、どれゆき乗んのー?」「えー、がちゃゆき」。「てんちゃ」とも。(南海電車の車掌が「次は、がちゃー」と言っているとの、大阪外 大生からの情報もある)
かなり(93)(アクセントは中高型「な」を高く発音する)本来の「かなり」(頭高型)と同じで「とても」という意味。「かなりヤバイで」「かなりきてんで(=きてるで)」
かなんかなん(93)かなわんなー。
ガバ(93)(九州弁で)たいへん。とても。
カフェオレってる(93)「この服、カフェオレってる」(服にカフェオレをこぼしてしまった時に言う)〔補注〕この「〜ってる」は、「〜してる」とか「〜っぽい」とか、完全にはなりきってないけど、ちょっとかじってたりとか、他にも、ある物 にまみれてしまったりすると使う。
かぶが あがる【株が上がる】(93)ギャグが最高にうけること。
かみかみ【噛み噛み・カミカミ】(92)言うことを噛んでしまうこと。あわてて言葉を間違えること。うまく言葉が出ない様子。「ええええとな……」「今、かみかみやったでぇ」(93)しゃべってる時に何度もトチったりすること。「かみたおし」とも言う。
かみたおし【噛み倒し】(93)しゃべってる時に何度もトチったりすること。かみかみ。
かむ【噛む】(93)しゃべってる時に舌がまわらなくて上手くしゃべれないこと。トチること。特にギャグをとばす時にかむとシケる。時には、かむと続きをしゃべら せてあげなかったりする。
かやまゆうぞう【可山優三】(93)成績で可が山ほどあって、優が3つぐらいのこと。「加山雄三」に掛けている。「成績が可山優三じゃなくてよかった」
かりぱち【借りぱち】(93)借りたまま返さないこと。 ぱちる。
かりばば【借りばば】(92)借りたままもらってしまうこと。
カリフラワー(93)おじさんやおばさんがパーマのあてすぎで、髪がもりあがっている状態。
かりぺち【借りぺち】(92)借りたままもらってしまうこと。 ぺちる。
カルシウム(93)小魚関係のアクセサリーをつけている時に使う。(友達がペンダントをつけている場合)「あ!カルシウムや!」→ほねっこ。
がるるるるー(93)おなかがすいていて興奮状態にある時に使う。また、軽い威嚇にも使える。
かわやへいく【厠へ行く】(93)トイレに行く。「ちょっとかわや行ってくる」
−かんけい【−関係】(93)〜に関連する状況や物などを指す。
かんだい【関大】(93)関西大学。
かんちこちん【カンチコチン】(92)かんたん。
かんでる【噛んでる】(93)口がまわらなくて、アワアワしてること。(どもってる人に対して)「あ、かんでるかんでる」
ガンバ【GAMBA】(93)プロサッカーJリーグ「ガンバ大阪」の略。

【き】

きぐろうヘアー【気苦労ヘアー】(93) 髪がうまくまとまらないこと。(切れ毛、枝毛が出る)
きしょい(93)気持ち悪い。きもい。「バリきっしょい(=すごい気持ち悪い)」「きっしょー」とも。
キタ【北】(93)大阪キタの梅田。
きたろうぶくろ【鬼太郎袋】車酔いで吐く時に使う袋。“ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲー”の「ゲゲゲの鬼太郎」からきている。(類義語)げろぶくろ。すっきりぶくろ。
きちゆき【吉行き】(93)大吉(飲み屋)に行くこと。
ギッシュ(93)「あぶらギッシュ」の略。
きっつい(92)きたないものや信じられないもの(あまり好ましくない言葉、行動、服装など)を見たときに発する言葉。「きっつい格好してるでー(=変な格好してるでー)」
き(っ)つー(92)(93)きたないものや信じられないものを見たときに発する言葉。「きのう、桃大(ぴんだい)の人と合コンしてん」「どうやったー?」「それがもー。イモ掘りやってん。おわってるわー」「きっつー」/「今日、マックでチーバー食べてたら、デルモ系の女がビッグマック5つも食べててん」「きっつー」 その場がしらけること。しょうもないこと。無茶なことを言われた時に言う。 ひくなぁ。「ちょっとそれは違うやろ」っていう意味で。あまりいい意味では使わない。
きてる(93)調子がいい。腹が立っている。(ボーリングで最初はガーターばかり出していたけど途中でストライクなどが出たとき)「おっ!きてるきてる」(頭に来たとき)「ちょっと頭にきてるわ」→だいぶきてる。
きびしい(93)どうしようもない位置にいて、なかなかぬけだせないこと。
きもい(93)気持ち悪い。きしょい。
キャロン(92)(人名の後に付けて)かわいいな、という意味。「〇〇(人名)キャ ロン」
きゃんきゃん(92)かぁちゃんが怒ってるときに言う言葉。「えらそーに、きゃんきゃん言ーな!!」→けんけん。
きょうじょ【京女】(93)京都女子大学。
きょうのナイスガイ【今日のナイスガイ】(93)別にかっこいい人のことじゃなくて、ちょっと違う感じの人。アブナイ人。おでぶちゃんなど。「見て見て、あの人」「あっ、今日のナイスガイ決定」
きょじゃっきー(93)貧弱な人。
ギられる(93)盗まれる。
キリきょう【キリ教】(93)キリスト教学。
きりティー【霧ティー】(93)「霧の紅茶」の略。
ギる(93)盗む。
きれカジ(92)「きれいなカジュアル」の略。「キレカジ」とも書く。
きれきれ(92)頭に来たときに使う。
きれてる(93)怒っている。
きれたっ【切れたっ】(93)→でたわー。
きわめてる(93)頭のてっぺんから爪の先まで服装とかがばっちりきまってる人のこと。
きんけつ【金欠】(92)貧乏のこと
きんけつこ【金欠子】(92)貧乏のこと。「〇〇ちゃん、金欠子やなー、ビンパばっかり。」
きんジャ【金ジャ】(93)金蘭短期大学の水色のジャージ。
きんたん【金短】(93)金蘭短期大学。(金蘭会高校出身者が使用する。高校ではみんなに通じる。先生たちも自らこう言う。)
ぎんでん【銀電】(92)(阪急電車線に乗り入れている大阪市営地下鉄)北千里発動物園前行き電車。車体が銀色をしていることから。(現在は動物園前から先に延びて天下茶屋行きになっている。)(ある夏の日)「うわ、銀電や。」/(すっごい暑い日。駅の階段をあがって)「げっ、ギン電や……」→どうぶつごう。
きんなら【近奈良】(93)近鉄奈良駅。JR奈良駅と区別するためにこう呼ぶ。
きんにち【近日】(92)「近代日本文学史」の略。

【く】

グー(93)良い。「それいいやん」「もーグーって感じやろ」
グサ(93)ひどいことを言われて傷ついた時に言う。
クスクスクス(93)笑い声をわざとこう言ったり答えをごまかす時に使う。「どこ行くん?」「クスクスクス……」
くだる【下る】(93)下痢する。「今日、下っててつらいわー」
くちびるが おだゆうじ【唇が織田裕二】(92)→おだゆうじ。
くっさー(93)芝居がかっている時に言う。「くさい」から。
くもがくれ【雲隠れ】(93)中身のないこと。(源氏物語から)「あの先生の授業って雲隠れよね」
グリコ(93)お手上げ、もうダメ。「今度のテストはもうグリコだよ」
くろジャー【黒ジャー】(93)黒いジャージ。

【け】

けいおうボーイ【慶応ボーイ】(93)慶応大学の男の子。
ゲーセン(93)「ゲームセンター」の略。
けしけし【消し消し】(92)消しゴム。
げすい【下種い】(92)げすなこと。
けっしん(93)消しゴム。
けった(93)(岐阜弁で)自転車。
げっタイ【月タイ】(93)「月刊タイガース」の略。
けったマシン(93)自転車。
げっちょんげっちょん(93)(落胆、失望、あきれなどの気持ちで)おやおや、まあまあの意。「〇〇ちゃん風邪で休みだって」「げっちょんげっちょん」
けなみのよい【毛並みの良い】(93)(これは親友1人だけが勝手に使っている造語)「毛並みの良い犬」から来た言葉で、育ちの良い、聡明な感じのする人のことを言う。その子と話してると絶対、使う。
けばい(93)ものすごく派手なこと。
けばけば(93)ものすごく派手なこと。
ケミカラー(92)ケミカル・ウォッシュの服を着てる人。
ケミカってる(93)一昔前にはやった「ケミカルウォッシュ」のジーパンをはいていることを少々さげすんだ気持ちを込めて使う。「あの子、ケミカってるなぁー」
げろっ(93)困った時、うそやろーっていう時に発する言葉。
ゲロゲロ(93)いやな時、えー最悪ーって感じで使う。先生「今から抜き打ちテストをする」「え゙ーっ、ゲロゲロー」
げろぶくろ【げろ袋】(93)嘔吐物を入れる袋。(類義語)すっきりぶくろ。きたろうぶくろ。
げろまぶ(92)めっちゃ美人でかわいい人のこと。
けんけん(92)かぁちゃんが怒ってるときに言う言葉。「えらそーに、けんけん言ーな!!」→きゃんきゃん。
ケンタ(92)「ケンタッキーフライドチキン」の略。
ケンチキ(92)「ケンタッキーフライドチキン」の略。
げんチャ【原チャ】(93)原付きバイク。
けんにょうまえ【検尿前】(93)金蘭短期大学新館の鏡前のこと。(健康測定の時、検尿の検査をしていたことから)「今日の帰り検尿前なー」(=検尿前で落ち合おうね)
げんヤン【現ヤン】(92)「現在ヤンキー」の略。→もとヤン。

【こ】

こい【濃い】(93)顔立ちが暑苦しそうな様子。
こいばな(93)「恋の話」の略。「何か話ないんー?」「こいばなしよー。こいばな」などと他人から聞き出す時などによく用いられる。(フジテレビ系「ごきげんよう」で小堺一機が、各面に「面白い話」「恋の話」「笑える話」などと書いてあるサイコロを「何が出るかな、何が出るかな」と言って投げて、出た面の言葉を会場の視聴者に「略して」と指示して「おもばな」「こいばな」「わらばな」などと言わせることから)
こうこうデビュー【高校デビュー】(92)中学生までは地味で、高校生になって急に派手になること。高校で突然人がかわったように態度がでかくなること。(93)中学生に比べてかわいくなったり、もてだした人のこと。→大学デビュー。
ごうコン【合コン】(92)他大学の学生との合同コンパ。「きのう、桃大(ぴんだい)の人と合コンしてん」
こうとも【高友】(93)高校時代の友達。
こうなんボーイ【甲南ボーイ】(93)甲南大学の男子学生。
こく【酷】(93)残酷だ。(きつい事をいわれたりした場合)「ちょっとそれはコクやで〜」
ごくひん【極貧】(92)貧乏すぎて電車にも乗れない状態。「ゴク貧」とも書く。
ごごティー【午後ティー】(93)「午後の紅茶」(缶紅茶の銘柄)の略。
こちび(93)とっても小さいこと。小さいサイズのものを指して言う。一時、「こちびのリュック」というのが流行した。しかし、リュック以外にも活用できる。「今日の、おにぎり、こちびやったから、おなか減るわぁー」「あたしって、こちびやから、もっと背が高くなりたい」
ごっち(93)おごってもらうこと。「もちろん今日はAくんのごっちやんなぁ」
ごっちゃり(ー)(93)ごはんなどを食べ終わった後、冗談で「おごってくれるの? うれしー」と勝手に言う、その言葉のかわりに「は ーい、ごっちゃりー」と使う。
ごっつ(ー)(93)ものすごくうれしい時やいやな時に付けて言う。「ごっつつらい」「ごっつきつい」「ごっつーしんどい」
ごっつい(92)程度の大きいさま。「ごっついかわいい」
こてこてしい(93)「コテ2しい」と書く。→あぶらギッシュ。
コピる(93)コピーする。
ごふじょ【御婦女】(93)女性用の御手洗。(「御不浄ごふじょう」からか?)「ちょっと御婦女へ」
こまげ【こま毛】(93)新しくはえてきた短い髪の毛のこと。「今日、こま毛が目立つー」
こむぎこおんな【小麦粉女】(93)つなぎの女性。(料理で小麦粉をつなぎに使うことから。出所は『屋台の目ぇ』)
ごめんなさいする(92)道端にゴミを捨てること。「ごめんなさいしていい?」
こやじ【小やじ】(93)20代後半〜30代前半の、金目のものをやけにつけたりするオヤジの一歩手前のバブリーな男のこと。
こヤンキー【小ヤンキー】(93)中・高校生のヤンキー。
ごりってる【ゴリってる】(92)(93)ゴリラに似ていること。
これやから〇〇〔地名〕はこまるわー(93)例えば、マクドがないとか囲りは田んぼばっかりだとかの場所をちょぴっとバカにしたように言う。
こんじょうばばいろ【根性ばば色】(93)根性が汚い。根性が悪い。
こんと(93)(山口弁)こんな。
こんにちは(93)ヘアースタイルの一種。カールした前髪が、帽子をかぶってもくずれない、どんなことがあってもくずれない状態。その子の前髪を「こんにちは、こんにちは」と言いながら手でさわってからかう。(高木美保が出ているフリー&フリーの「ミスト」のCMから)
コンパニャー(92)コンパニオン。
こんばば【根ババ】(92)「根性ばば色」の略。
こんびんば(93)今晩は。(福山雅治のオールナイト日本「突撃はやらせ隊」のコーナーから)

【さ】

ザーン(92)波の音からきた語。物がたくさんおしよせる時に使う。
サクッと(93)あんまり意味はないが、とりあえず同意を求めるときなどに、どんな言葉の前にでも付けて話す。「サクッと食べとくー?」「サクッと行っとくー?」
サクッといこう【サクッと行こう】(92)包み隠さず単刀直入に言うこと。
−させたるわ(93)エラソーに言う。相手は親しい人に限る。あんまし親しくない人だとムカつかれるので注意。あくまでもギャグっぽく。「しょーがないから一緒に 帰らしたるわ」(「帰ったるわ」ではないことに注意)
さてん【茶店】(93)喫茶店。
さぶちゃん【三ちゃん】(93)北島三郎のように鼻の穴が大きい人。
ざぶとん〇〇まい【座布団〇〇枚】(92)なにか面白いこととかタイミングのいいことを言った時に「ざぶとん1枚!」と言う。その時に応じて「2枚」とかになる。(テレビ番組『笑点』から)
さっぶー(93)ギャグを言って受けない時に使う。「さっぶー、ぜんぜんだめ」
さっむー(93)冗談を言ってすべること。「さむい」から。
サボタージュ(93)清掃の時間などをサボること。「今日、悪いけどサボタージュさせてね」
サボる(93)故意に授業に出ないこと。
サマー(93)絶好調なヤツに対して使用する。(季節を指すわけではない)「A子って、サマーな女やなぁ」「あんた最近サマーやで」
ザマーみそしるたくわんぽりぽり(93)「ざまーみやがれ」の意。
さむい【寒い】(92)シャレが面白くない。
さむー(93)その場がしらけること。しょうもないこと。言ったジョークが全然おもしろくなく、受けない時に使う。→ひくなぁ。
さむさむさむさむ(93)めちゃめちゃ寒い。「今日さむさむさむさむやなー」(ギャグが面白くない時にも使用可能)「だるい」などの言葉でもいける。「だるだるだるだる」(バイトでごく一部の人たちでほんの一時期だけ使ってた)
さよならっっ(93)バイト仲間のあいだで流行っている。別れる時に使う「さようなら」とは少し意味が違う。おもしろくないことを言った人に対して「もういい、どっか行ってくれ。君はおもしろくないよ」「最悪!」という意味を込めて使う。また、嫌いな物(人)に対しても使う。小矢野先生が全然まったくおもしろくないことを言ったとしたら「小矢野先生、さよならっっ!」と言われる。

【し】

−しい(92)言葉の最後に「……しー、……しー。やってくれるわあ。」と「しー」をつける。
じい【爺】(92)おじいちゃん。「今日はうちのじぃーが車使ってるでー。」「元気なじぃーやなー。」
じーはん【自販】(93)「自動販売機」の略。
しげおってる【茂雄ってる】(93)男の人のヒゲが濃いこと。「いやーん、あの人のヒゲ、茂雄ってるー」(「茂雄」は「長嶋茂雄」から取った。)
しけしけ(92)(93)その場の雰囲気をこわした時に言う。場が盛り上がらないこと。全然のれなくて、最悪・サイテーの状態。雰囲気が盛り下がった様子。「このまえのコンパ、しけしけやったわぁ。むっちゃもっさいコばっかり。おわってたで。」/コンパに行って、相手をみたとたん小さい声で「もう今日はおわった。もりあげ役にまわる。」次の日「昨日、もぉ、ださださでしけしけ状態。」/「なぁ、昨日のコンパどうやった?」「めちゃシケシケやってん。」つまらない。「しけしけやん」盛り下げた人に対して言う。「小矢野先生しけしけや」/何かがうまくいかなかった状態。「金蘭学祭、芸能人、誰もけえへんねんて、シケシケやん」
しけしけぷー(93)少ないこと。例えば、お小遣いが残り少ない時とか、お客さんが少ない時に使う。But 本当に仲間内でしか使いません。
しけたこと(93)その場の雰囲気をこわすようなしょうもないこと。「A子さんしけたことを言うなぁ」
しけたん(93)「試験に出る英単語」の略。
しける(92)いなくなる。「ふける」とも言う。(93)しらける。
じこちゅう【自己中】(93)「自己中心派」の略。
じじぃー(93)失敗した時などに使われることが多い。何でもない時に使うこともある。(何か失敗した人に向かって)「おい、じじぃー、何やってんねん」(サークル内で男の人が使っている) しゃべってる時に冗談を含んで相手のことを指す時 に使う。「おえ~~、じじい~~!!」「じじい、やめろや!!」(性別関係なく、女の子にも使う)(サークル内で)
した(93)「ありがとうございました」の略。
しにそー【死にそう】(93)ほんとうに死ぬわけでもないのに、しんどい時などに出る言葉。
しぬ【死ぬ】(93)「しんどい」という感じでときどき使う。
しばく(92)飲食する。 とりしばく。マクドしばく。いわす。
じはん【自販】(93)「自動販売機」の略。
じはんき【自販機】(93)「自動販売機」の略。
シブカジ【渋カジ】(93)「渋谷カジュアル」の略。
じぼる【自惚る】(92)うぬぼれる。→うぬ。
シャーしん【シャー芯】(92)シャーペンの芯。
シャーペン【sharpen】(92)シャープペンシル。
ジャーマネ(92)マネージャー。
しゃれならん(93)冗談にならないこと。最悪なこと。「これ壊したん? しゃれならんでェ」
しゅうベ【週ベ】(93)「週刊ベースボール」の略。
ジュリせん【ジュリ扇】(93)「ジュリアナ扇子」の略。
−じょー(93)(終助詞)バイト仲間の間で流行っている。「おなかすいたじょー」
じょうこうえん【城公園】(93)大阪城公園。「城公園に行こう」
−じょうたい【−状態】(93) 〜をしている真っただ中の様子。「もう、私、金欠状態」 人名の後に付けて、(仕草、状況が)その人そっくりな様子。「ルー大柴状態(=うるさい人)」
しょうもなぁ(93)面白くない。
じょクラ【女クラ】(92)女子だけのクラス。 だんクラ。
ショッキングニュース(93)まさしくショッキングなニュースの時に使う。「明日テストあるらしいでぇー」「ショッキングニュース!」
しょっぴかれる(93)警官につかまること。「あんたそんな事してたらしょっぴかれるで」
じょバレ【女バレ】(93)「女子バレーボール部」の略。
しょぼい(93)しょうもないこと。「しけしけ」と同じ。(サークル内で男の人が使っている)
しらー(93)ギャグが受けなくてしらけていることをさす。(ちょっと古いかも)
しらこい(93)しらじらしい。
しんじれへん【信じれへん】(93)信じられへん。〔補注〕いわゆる「ら抜き言葉」
しんだい【神大】(93)「神戸大学」の略。
しんでる【死んでる】(93)(「終わってる」と同じような意味。「終わってる」より最悪な状態。A「国語概論のテスト死んでるわ」B「私、英語も死んだ」
しんでん【神電】(93)「神戸電鉄」の略。

【す】

すから(92)「すかいらーく」の略。
すごい(93)「とても」の意味で使う。「すごいつかれた」
すっきりぶくろ【すっきり袋】(93)バスに乗る時など、酔う人には必需品。(類義語)げろぶくろ。きたろうぶくろ。
ストパ(92)「ストレートパーマ」の略。「見てー、ストパあててん」
スピーカー(92)口がかるく、おしゃべりの人のこと。「あの子、スピーカーやからなあ。」

【せ】

せこい(93)ずるい。
せんちゅう【千中】(93)「千里中央」の略。「今日、センチュウに行こ!」

【そ】

(93)「はい、これあげる」の意味で使う。
そげーなこと(93)(方言)そんなこと。
そつアル【卒アル】(92)卒業アルバム。
そっこう【速攻】(93)すぐに。「そっこう帰ろう」
ソニプラ(93)「ソニープラザ」の略。「今日、ソニプラ寄ってもいい?」
そんと(93)(山口弁)そんな。

【た】

ダークブルー(93)気分が沈んでて落ち込んでいる時に使う。「ブルー」よりもさらに落ち込んでいる時。
たーけ【戯け】(92)お母さんが怒る時の言葉。たぶん、「たわけ」のことだろう。
たいがい(93)いやなこと。「あの先生って、たいがいじゃない?」
たいがいやし(93)「冗談じゃないよ」の意。
だいがくデビュー【大学デビュー】(93)高校生までは地味で、大学生になって急に派手になること。大学で突然人がかわったように態度がでかくなること。→高校デビュー
たいぎー【大儀】(93)するのがだるくて、かったるい。
たいどエル【態度L】(93)態度が大きくて、生意気な人のことを指していう。
だいなし(93)誰かがしょうもないことをやった時に使う言葉。「もー、だいなし」
だいぶきてる(93)男の人で、頭がハゲている様子。
たかのつめ【鷹の爪】(93)髪形の一つ。 ベルリン、いけいけすだれ。
タカビー(93)「高飛車」の略。白鳥麗子みたいな、高飛車で高慢で態度の大きい人。
タク(93)「タクシー」の略。
タクる(92)駅から学校までタクシーに乗る。 「なぁ、なぁ、学校までタクらん?」
ださださ(92)(93)センスがないというか、その人にあってないとか、しょうもないことを言ったり、やった時に使う。「昨日、もぉ、ださださでしけしけ状態。」/「これ、いいと思わへん?」「えー、ださださー」→しけしけ。
ださぴー(93)「ださださ」に同じ。でも「ださださ」よりはちょっと軽め。
−だじょー(93)→−じょー
だっさー(93)おもしろくないことを言って、その場を盛り下げた人に対して言う。
たのむわー【頼むわー】(93)→でたわー。
ダブルげ【W毛】(92)わき毛。
だべりング【駄弁りing】(93)話し合い。おしゃべり。
だべる【駄弁る】(93)みんなで集まってペチャクチャしゃべる。「ちょっとだべらん」(学校の帰りとかに)「マクドでだべろー」
だぼ(92)「あほ」「ぼけ」と同じ意味で、これよりもひどい言い方。どあほ。
たまらんわあ(92)腹が立ったり、あきれたり、どうしようもないという気持ちになった時に言う。「もオ、たまらんわあ」
ため(92)同い年。 おない。
ためくち【ため口】(93)先輩・後輩の間とかでも敬語を使わず、同じ年の子のようにしゃべること。「あの子、年下のくせにため口きくねん」
だめだめ(93)大阪弁で言う、いわゆる“あかんなー”の状態を表す。ぼけぼけ。「あっ、教科書、忘れてきた」「だめだめやなぁー」
たらスパ(93)「たらこスパゲティー」の略。
だるだる(92)(朝から授業の時)「今日、だるだる。」する気がしない。
だれだれ(93)「だるだる」に同じ。「だれだれやん」
タンクいっぱい【タンク一杯】(93)トイレに行きたいこと。「タンクいっぱいやから、すっきりさせてくるわ」
だんクラ【男クラ】男子だけのクラスのこと。→じょクラ
ダンパ(93)ディスコで行われる「ダンス・パーティー」の略。「〇月×日なー、△△大学主催のダンパあんねんてー。行けへん?」
だんバレ【男バレ】(93)「男子バレーボール部」の略。
ダンボ(93)人が話をしているのを聞かないふりをして実は聞いていること。「お耳がダンボ」

【ち】

チーバー(92)「チーズバーガー」の略。
チーン(92)電子レンジで温めること。「寒くなったら、お弁当冷たくなるから、いややなー。」「そうやなー。チーンできたらいいのになー。」→チンする
ちかる(93)信号が点滅(ちかちか)する。「あっ!ちかってるでー。急がな」
ちきしっ(93)「ちくしょう」の意。(人に突っ込みを入れる時、手の甲を下にして指を揃え、相手を突くようにする)
チキどん【チキ丼】(92)「チキン丼」の略。
ちこちこ(93)ちらちら。「人にちこちこ見られる」
−チック(92)(93)(名詞などに付けて)〜っぽい。〜のような。〜的。「あの人、妙にみかん星人チックやなぁ」〔補注〕「みかん星人」はフジTV系の番組「ウゴウゴ・ルーガ」に出てくるかわいいキャラクター。
ちはー(93)→ちわー
チビデバビデブー(93)背が低くて太っている人のこと。「あの人、チビデバビデブーやな」
チャーリィー(92)自転車。「ちょっとー、チャーリーくれるって言ってたん、どうなったん?」
チャイダー(92)自転車。
ちゃきちゃきしたひと【ちゃきちゃきした人】(93)妙になんでも合理的に手際のよい人。
ちゃきってる(93)動きがはやい人、なんでもさっさとする人。
ちゃちゃげ【茶茶毛】(93)髪の毛が茶色いこと。
ちゃっちー(93)髪の毛が茶色いこと。
ちゃっぱつ【茶っ髪】(92)茶色い髪。茶髪。
ちゃっぷる(93)特に意味はないが、何気なしに、またはボーっとしてる時など、いつでもOK。
ちゃぱつ【茶髪】(92)髪を茶色に染めていること。茶っ髪。「あの子、めちゃ茶髪やなあ」
ちゃばね【茶羽】(93)某高校の制服の別称。制服の色が茶色で、茶羽ゴキブリに似ていることから。
ちゃらにする(93)帳消しにする。
チャリ(93)自転車。
チャリキ(92)自転車。
チャリダー(93)自転車。(「ライダー」のアレンジ版で)自転車に乗ってる人。
チャリつう【チャリ通】(93)自転車通学。
チャリンコ(93)自転車。〔参考記事〕「チャリンコとは『子供のすり』の隠語であったが、いつの間にか自転車をも表す語にもなってきた。その語源はどうも韓国・済州島で自転車のことを『チャルンケ』と言うのにあるらしい。/大阪の生野、東成一帯には、戦前から済州島の人たちが多数住んでいる。この人たち、中でも一、二世たちは、自転車のことを今でも『チャルンケ』と言う。その子や孫たちは、それを耳にして育ち、遊びふうにチャリンコと言っていたのが、広まったらしい。」(『朝日新聞』1993年11月17日朝刊5面「声」欄大阪市 洪淳栄 フリーライター 58歳)
チャリる(93)自転車に乗る。
ちゃんちゃらおかしい(93)相手の言ったことを小ばかにする時に使用する。
チャンネル(93)シャネルもどきのこと。
ちゅうとも【中友】(93)中学校時代の友達。
チュルチュル(93)乞食。
ちょう(93)(呼びかけ語)ちょっと。「ちょー待って」。「ちょうちょう」と重ねて使うこともある。
ちょう−【超−】(93)すごく。とても。「超むかつく」「超かっこいー」「超しんどいー」
ちょうしのりすけ【調子のりすけ】(93)ごく少数のあいだで、話題になっている。「調子のり」と「のりすけ(サザエさんより)」を掛けている。
ちょうしばる【調子ばる】(93)(方言)調子にのる。
ちょうちょう(92)相手を呼ぶ時の言葉。→ちょう。
チョコパ(92)「チョコレートパフェ」の略。
ちょびげ【ちょび毛】(93)頭の上の方で短くて、立っちゃってる毛。
−ちょん(93)言葉の語尾に付ける。「あっ、おんなじ物、食べちょん」(これは私が勝手に使ってるだけかもしれない)
ちりげ【チリ毛】(92)切れ毛のこと。(93)天然パーマのチリチリの毛のこと。
ちわー(93)こんにちは。
チンする(92)(93)電子レンジで温める。「昨日買ったケンタをチンして食べた。」→チーン

【つ】

ヅカ【塚】(93)「宝塚歌劇団」のこと。「来週、私、ヅカ見にいくねん」
つかいっぱ【使いっぱ】(92)「使い走り」のこと。いわゆる雑用をさせられる人のこと。(中学の時に使用した) ぱしり。
つかれてる【憑かれてる】(93)幽霊にとりつかれているように暗くてボーとしている。
−って いううわさ【−っていう噂】(93)文末に付ける。別にウワサにもなっていないし、人から聞いた訳でもないのにつける。だいたい事実で、言いにくいことなどにつける。
−ってる(93)名詞の後に付けることが多く、「〜みたい」「〜のようだ」の意。「〜している」という意味の時もある。「江口ってる(=髪の長い男の人)」「パニクってる」「はみってる(=はみだしている)」「歯紅(はべに)ってる」
づら(92)かつらのこと。

【て】

ティーアール【TR】(93)たるみ鉄道。うすずみ桜号もある。〔注〕Jの字がたるんで伸びてTの字のようになることからか。
ディーとう【D棟】(93)トイレについてきて(うんちをするため)。(某高校のD棟という、とてもマイナーな校舎)
デーせんオール【D銭オール】(93)200円徴収。〔補注〕音符のドイツ語読みでC(ツェー)、D(デー)、E(エー)、F(エフ)、G(ゲー)、A(アー)、H(ハー)と読むことから、それぞれの文字に数字の1、2、3、4、5、6、7を当てる。「デーひゃく」で200を表すこともある。5万円なら「G(ゲー)まん」になる。(芸能人などの間でも使われているらしいとも聞いています)
でーはー(93)派手。「あのおんなの人すごいでーはー」
でーれー(93)(岐阜弁で)とても。すごく。very。
でぇれぇ えれぇ(93)(岐阜弁で)めっちゃしんどいこと。
てがう(93)(方言)相手にする。
てかってる(93)おでことか鼻の上に脂が浮き出て光ってること。
できやん(93)(三重弁)できない。
−てき【的】(92)色んな言葉に付ける。「カメ的やなー」(亀井さんのようだ)
でしたでした(93)「お疲れさまでした」の略で、clubの解散時のあいさつに使っていたのですが、club引退後は主に電話を切るときのあいさつに使っています。もとは、一部の音楽家のあいだで使っていたものだそうです。
でたわー【出たわー】(93)友達が自分にいらんことをした時などに言う。K美「M子、この宿題はやくやらなあかんやん」M子「K美にやってもらおうと思って……」K美「でたわー」〔補注〕「でたわー」のほかに「頼むわー」「きれたっ」「ほんま無理っ」「ありえへん」なども使うが、どれも少しずつニュアンスが違う。特に「ありえへん」は他と少し違う。
でってれー(93)(岐阜弁)「でぇれぇ(=非常に)」のアレンジ版。
デニる(92)(93)デニーズ(denny's)へ行ってご飯を食べる・お茶する。「デニろ」(=デニーズへ行ってご飯食べよ)
デパガ(92)「デパートガール」の略。
デビルイヤー(92)地獄耳。あっちゃん「〇〇ちゃんって、デビルイヤーやなあ。」わたし「えっ、何それ。」あっちゃん「えっ、知らんの。地獄耳のことやん。」わたし「そうなん。目が点になったやんか。」
デブる(93)太る。
デルカジ(92)「モデルカジュアル」の略。
テルする(93)電話する。
デルモ(92)モデル。
テレチャン(93)「テレビのチャンネル」の略。
デンジャラス【dangerous】(93)危険。危ない。「あの人、ごっつうデンジャラスやで」
てんちゃ【天茶】(93)北千里駅発天下茶屋(てんがちゃや)行きの電車。「〇分の天茶に乗りたいなぁ」。「テンチャ行きが出てしまった」。「がちゃ」とも。
てんで(93)ぜんぜん。「てんで大丈夫」
てんてん(93)店長のこと。
てんパ【天パ】(93)くせ毛。「天然パーマ」の略。「私って天パやねん」

【と】

どうじょ【同女】(92)同志社女子大学。
とうハン【東ハン】(93)「東急ハンズ」の略。
どうぶつごう【動物号】(92)(阪急電車線に乗り入れている大阪市営地下鉄)北千里発動物園前行き。(現在は動物園前から先に延びて天下茶屋行きになっている)「動物号めっちゃきたない。おわってる。」/「梅急うめきゅうで帰る? 動物号で帰る?」「動物号にしよー」→ぎんでん
ドカヘル(93)ヘルメット。(特に肉体労働のオジさんがかぶっているようなの)
ドキドキドキ(93)ドキドキした時、口に出す。図星だった場合、早口で顔を相手にそむけて言う。「今日、おそかったやん。寝坊したん?」「えっ……ドキドキドキ」
とさかあたま【鶏冠頭】(93)前髪をたてロールで垂直に立てた髪形。ニワトリのとさかのように見えることから。 ベルリン。いけいけすだれ。
ドチキ(92)「ケンタッキーフライドチキン」の略。(街で高校生が使っていた)
トチる(93)(業界用語)遅刻する。
とのってる【殿ってる】(93)(元々は志村けんさんのバカ殿から来ている。)ファンデーションの塗りすぎで顔が白浮きしてる状態のこと。
とほる【徒歩る】(92)駅から学校まで歩く。「徒歩る? タクる?どっちしょ」→タクる
トマオニ(93)「トマト&オニオン」(レストランの名前)の略。
ドヨーン(93)気分がすぐれない時、暗い気分の時に言う。
とりあえず〜しとく?(93)「とりあえず教室、行っとく?」
とりしばく【鳥しばく】(92)ケンタッキーにフライドチキンを食べに行く。「鳥しばこー。」→いわす
とりのす【鳥の巣】(93)天然パーマの人の髪の毛。
ドリフってる(93)ドリフターズのような靴や着物を着ている人。
どわー(93)ごっつー人や物が並んでいる時に使う。早口で言うので聞こえ方がいろいろある。

【な】

ながぐつ【長靴】(93)最近はやってるブーツ。特に黒っぽい、ごっついブーツ。
〔参考記事〕XL(特大)サイズのTシャツと、ひざ下のだぼパンツに編み上げ靴の若者を街のあちこちで見かける。登山や土木作業用のような、がっしりした革のブーツも目につく。/ストリートバスケットボールやスケートボードに興ずる、アメリカの若者のストリートファッションや、アウトドア志向のライフスタイルから生まれたものだが、このところ女性の間でもワークブーツの人気が高まっている。/それには「グランジ」とよばれるファッショントレンドの影響もある。/「グランジ」は、ノイジーな音楽や小汚い格好を意味するアメリカの俗語。(『日本経済新聞』1993年9月20日夕刊8面「魅せる」欄 “/"は改行の印)
ながティー【長T】(93)長袖のTシャツ。
なってない(93)ジョーダンじゃない。やってられない。「なってなさのすけ状態」とも。
なってなさのすけじょうたい【なってなさのすけ状態】(93)→なってない
なななにをー(93)(ゲンコツを作って怒りをこらえきれない様子で)「なななにをー!」と使う。
なみだがちょちょぎれる【涙がちょちょぎれる】(92)(93)涙がなくなるほどすごく、とてもという風に大げさに言う時に使うだけで、涙を本当に流したりするわけではない。超面白いことがあった時に使う。面白くて笑いすぎた時やうれしい時に使う。「もう、うれしくって涙がちょちょぎれるわー」 涙も出ないほど最低なことがあった時に使用する。「ちょう悲しい」「ちょうつらい」などとニュアンスは同じ。「今日、私、定期なくなってん。涙ちょちょぎれるわ」
なみなみと(92)たくさん入れること。
−なり(93)文末に付ける。「困ったなり」「まじなりかー!」(TVアニメ「キテレツ大百科」のコロ助が多用する表現から)
なんしか(93)とにかく。「なんしか〜しょう」
なんじょ【南女】(92)甲南女子大学。

【に】

にーごっぱ【258】(93)国道258号線。
にくそい(93)(泉州弁)にくたらしい。「あの子、むっちゃにくそいなぁ」
にけつ(93)自転車の六角に乗っけてもらうこと。二人乗り。
にこく【二国】(93)国道2号線。

【ぬ】

ぬ゙ー(93)表記に使う。

【ね】

ねそ【根曽】(93)「曽根崎」のこと。
ねんしょう【年少】(93)「少年院」のこと。

【の】

のりこしたー【乗り越したー】(93)駅を乗り越した時に使う。
ノンヘル(93)ヘルメットをしないで単車に乗っている人のこと。「あの子、ノンヘルやでー」

【は】

パーコン(92)「パーティーコンパニオン」の略。
−バージョン(93)「中華風」「和風」などの「風」に当たるヤング言葉。「もう、超スペシャル、やば吉状態のゲロゲロバージョンやったわけ」
パートネイチャー(93)部分的に髪の毛の薄い男性。「あの人、若いのにパートネイチャーだよ」
ハイ【high】(93)テンションが高い。「〇〇ちゃん今日はハイやでー」
ばいきんくん【梅金薫】(93)梅花、金蘭、薫英の短大の略称。とってもケバイ短大のこと。
ばいきんくんむこういけ【梅金薫武庫池】(93)梅花、金蘭、薫英、武庫女、池坊と五つの短大のこと。この五つの短大は「けばい」と言われている。
はい、もーかいさん、かいさん(93)【はい、もう解散解散】→かいさん。
はがー(93)「はがい(=はがゆい)」の意味らしいけれど、どんな時に使うかわからない。(サークルの人がよく使う) 強調形は「はっがー」
ばくすいする【爆睡する】(92)すごくよく眠る。熟睡を通りこした深い眠り。
ぱくチャリする(92)自転車を盗むこと。「昨日、ぱくチャリされた」(自転車を盗まれた)
ぱくる(92)万引きする。
ぱくられた(92)警察につかまった。
ばける【化身る】(92)化粧する。「さっ。いっちょ化身て遊びに行こかな!」
はず(93)「〜なはず。」の形で、からかう感じで言い切る時に使う。
ぱしり(92)(93)使い走り。あちこち走りまわって用事をする。→つかいっぱ
パチ(93)パチンコ屋。
ばちもん【ばち物】(93)何かの偽物。ぱちもん。ばったもん。「これシャネルのバチもんちゃうん?」
ぱちもん【ぱち物】(93)偽物。ばちもん。ばったもん。
パチプロ(93)パチンコで生計を立ててる人。
パチや【パチ屋】(93)パチンコ屋。
ぱちる(93)物を盗む。「ぺちる」に同じ。
パッキー(93)金髪の人。
ぱっきん【髪金】(93)金髪の人。
ばったもん(93)(ブランド品などの)偽物。ばちもん。ぱちもん。
ばっちぃー(93)汚い。汚い物をさわった時に「嫌だなー」という意味をこめて使う。
はなが おおかわえいさく(92)→おおかわえいさく
はなぎゅう【鼻牛】(93)小学校、中学校の昼ごはんで牛乳をのんでるときに、わらかされて思わず、鼻から牛乳を出すこと。
パニくってる(92)頭が混乱して困っている。「そんなにいろいろ言われたら、パニくってくるやんかー。」
パニってる(93)頭が混乱している。
パニる(93)頭が混乱する。
はにわ【埴輪】(92)口があいててかたまってるやつ。びっくりすることを言われたら「あの時、わたし、埴輪状態。」
はばかる(93)トイレに行く。「はばかってくる」(「はばかり」からきた言葉)
ばばシャツ(93)おばさんが着ているようなあったかい下着。
ババロア(93)髪の毛を脱色したりして、下の方が金色、中程が 焦げ茶、てっぺんが黒の3色にもなっている状態。→プリン。
はべに【歯紅】(93)歯に口紅がつくこと。「自分、歯紅ってるでー」
はべる(93)ハーレム状態のこと。「あの男性ひとめっちゃ顔ええし、女はべらしてんちゃうん」
はまってる(93)ある物事に夢中になっていること。「今、サッカーにはまってるねん」
はまる(93)(レストランのバイトで)店がすごく混んでて忙しい。「日曜ははまったなぁ」 ゲームセンターなどのUFOキャッチャー(人形をとるゲーム)で、取れるまでお金をつぎ込んでしまった時など物事に夢中になること。「はまってもうたぁ」などと後で友達に言う。
ハミチン(92)トランクスからチン2がはみでていること。
はみる(92)(93)仲間に入れてもらってないこと。はみごになる。「〇〇ちゃん、はみってるー。」(野球見ていて、ベンチで一人孤独に座ってる人がいたら)「あの選手はみってるー」とか。
はみん(93)はみごになっていること・人。「あんた、はみんの仲間入りやで」
はやしほうだい【生やし放題】(92)ムダ毛の処理をしていないこと。
はらすかし【腹空かし】(93)いつもおなかが空いている人。
バリ(93)すごく。とても。めちゃくちゃ。「バリすごい」「バリむかつくうー」「バリきっしょい」「バリかっこいいー」
バリげ【バリ毛】(93)頭の上に出ている毛。いも毛。あほ毛。
バリバリ(93)すごく。おもいっきり。「ばりばりすごい」
ばればれ(93)全部ばれてること。
ぱんきょう【般教】(93)一般教育科目。
ハンケツ(92)ブルマーから肉がかなりでていること。(「はみ(だした)けつ」、または「半(分くらい出ている)けつ」か)
パンチッチ(92)下着のパンツ。「あっ!〇〇ちゃん今パンチッチ見えたで」「△△ちゃんみたいに黒のパンチッチじゃないから!」
ハンべん【ハン弁】(93)「ハンバーグ弁当」の略。

【ひ】

ピーケーオー【PKO】(93)阪神タイガース'93年の外国人選手。Pはパチョレック、Kは郭李、0はオマリー。
ピーピー(93)下痢。「ピーピーでお腹が痛いよー」
ピエール(92)前髪のカールがはげしい人(それも、たてロール)。
ひいてるひいてる【引いてる引いてる】(93)ギャグがうけなかった時に使う。(後ずさりした時に「引く」ことからか)同義語に「しらー」「おもんない」「さむー」
ひかりもの【光り物】(93)ゴールド、シルバーのアクセサリーのこと。
ひくなぁ【引くなぁ】(93)おもしろくないジョークを聞いた時や、へんな服を着ている人を見た時に言う言葉。「きつー」「さむー」とも。
ひさしく【久しく】(93)しばらく。「久しく勉強してないわー」
ぴちってる(93) ぴちる。
ぴちる(93)服やズボンが体にぴったり張り付くようにぱんぱんなこと。ムチムチな人。「ぴちってる」
ひっかけ(92)ミナミのひっかけ橋(戎橋)。
ぴっぴー(93)下痢していること。
ひとたべてきた【人食べて来た】(93)高校生でありながら、ものすごく濃い口紅(赤色)をつけている人のこと。「あの人は、人食べて来たような口してるなぁ」/(教師が生徒に)「おまえ、人食うて来たんか!」
びびったなぁ(93)驚いた時に使う。
ひまじ(93)あまりにも暇すぎて、つまらないことをしている人のこと。「昨日、一日中テレビ見ててん」「あんた、ひまじかっ」
ピヨピヨいく【ピヨピヨ行く】(93)ファミリーレストランに行く。「ピヨピヨ行く?」(ファミリーレストランで出入りする時にピヨピヨと鳴ることから)
ぴんこう【桃高】(92)桃山学院高校。
ひんこんだいまおう【貧困大魔王】(92)金がまったくない。「いっせんぴぃ」よりも下。
ピンジャー(93)ピンクのジャージ。
びんソバ【貧ソバ】(93)「貧乏ソバージュ」の略。
ぴんだい【桃大】(92)桃山学院大学。
びんパ【貧パ】(92)お金を節約するために髪を三つ編みしてウエーブをつけてソバージュ状態にすること。「貧乏な女の子がするパーマ」の意。「ビンパ」と書く。
ピンバス(93)梅花女子大学の通学バス。バスが桃色(ピンク)であることから。
びんぼうパーマ【貧乏パーマ】(93)→びんパ。

【ふ】

ファミマ(92)「ファミリーマート」の略。
ファミレス(92)(93)「ファミリーレストラン」の略。「今日、ファミレスでチョコパ食べよう。」
プー(93)バイトも何もしていない人のこと。「プー太郎」から来ている。「今プーやからお金ないねん」
ぷーこ【ぷー子】女がバイトもせずにぶらぶらしている状態。また、その女。「〇〇ちゃん、ぷー子してたらあかんで、冬休みは働きや!」
ぷーたろう【ぷー太郎】男がバイトもせずにぶらぶらしている状態。また、その男。
フォトグラファー(92)遊びに行って写真をとってくれる人。(大阪城の堀で)A「なーなーフォトグラファーして」B「よっしゃ、いい風景の所に立ちぃ」(カメラをもっている)A「わー、深谷四郎やー。ハハハ」(みんな並びながら)
ふかたにしろう【深谷四郎】(92)有名な写真家。 フォトグラファー。
ふける(92)いなくなる。
プスーン(93)スプーン。
ぶたげ【豚毛】(93)いも毛。
ぶち(93)(広島弁で)めっちゃ。「ぶち楽しい!」
ぶちぎれ(93)すごく怒っていること。
プチプチ(93)人から腹が立つことをいわれた後で「今、プチプチしたわぁ」と言う。
ブチる(92)サボる、ブッチする。「ブチろか」
ぶっちする(92)(1)サボること。「授業ぶっちしてミスド行こーよー。」「今日、学校ブっちしてん」「ぶっちーする」とも。「今日、久美ちゃんと幸ちゃん図書館学 ぶっちーしてんのぉ」(2)約束したことを破る。すっぽかす。「友達と遊びに行こうって言ってたのに、ぶっちしてしまった」
プッツン(93)人が限度をこえてしまうこと。怒っている人に対してよく使う。「あの子、プッツンきてるで」
ブヒブヒー(93)無言になると叫ぶ。
フラチン(92)「フライドチキン」の略。(この前、テレビで言ってました。ちょっとアブナイかも…。)
ブリブリいわす【ブリブリ言わす】(93)(異性に対して)主導権を握って夢中にさせること。
プリプリ(92)かわいお顔の人。「あの子、プリプリやな」
フリマ(93)「フリーマーケット」の略。
プリン(93)髪の毛を脱色したりして、下の方は茶色いけど、上の方だけ新しい毛が生えてきていて黒い状態。→ババロア。
ブルー(93)落ち込んだ時、落ち込むことを言われた時に言う。センチメンタルな気分の時にも使う。「あっ、ブルー入った」「今日はブルーや」「今日、むっちゃブルーやわ」(心の感情を寂しげな色に表す)→ダークブルー。
ふろに はまる【風呂にはまる】(92)お風呂につかる。
ふわぁっ!!(93)変なものを見たり聞いたりした時に使う。

【へ】

ヘクる(93)物を盗むこと。
ぺしょる(93)前髪がおでこに張り付いて元気のない状態。「どうしたん、今日、前髪ぺしょってるやん」
ベスフィ(93)ベスト・フィットの略。ぴったり合うこと。
へたれ(92)根性なしのこと。
ヘチる(93)物を盗むこと。
ペチる(92)物を盗むこと。「こないだ学校で傘、ぺちられた。」
ヘッチン(93)ヘルメット。
へにょい(93)変なこと。「それへにょいなぁー」
ベニる【紅る】(92)口紅を塗る。
ヘビー(93)食べ物が多すぎたり、することがきつすぎたりして“ムリ”って感じ。(したがって、ちょっと遠慮したい。いやだ。気が重い。)「それ食べんのヘビー やなぁ」 だるすぎる。「(階段で)4階までヘビーやわ 」
ヘボい(92)かっこ悪い、ださい、簡単の意。
ヘボヘボ(92)かっこ悪い、ださいの意
ヘルプ(93)助っ人。
ベルリン(92)前髪が、逆毛のように立っているやつ。体育の後とかに「ベルリンがくずれてもたー。」(ベルリンの壁の連想からか) いけいけすだれ
へんこ【変子】(92)変な子。
ベンちゃん(92)ベンツ。
ベンベン(92)ベンツ。
べんりくん【便利君】(93)アッシー君、メッシー君の総称。

【ほ】

ほうける【惚ける】(92)ぼ〜っとしていること。「何ほうけてるん?」
ホームレス(93)乞食。
ぼーやー(93)やぼ用。「今日、ちょっとヤボ用があって」(回りにいる人みんなに)「ぼーやー」(と言ってきえていく)
ほえてる(93)カラオケなどに行った時、歌ってる間や終わった時に出す声がまるで狼がほえてるような時に使う。
ぼけぼけ(93)大阪弁で言う、いわゆる“あかんなー”の状態を表す。だめだめ。「あっ、教科書、忘れてきた」「ぼけぼけやなぁー」
ぼしってる【拇趾ってる】(93)外反拇趾のこと。きつい靴をはいていて足が痛い時にも使う。
ポシャる(92)約束がパーになること。「ちょっとー、チャーリーくれるって言ってたん、どうなったん?」「あぁ、あれ、ポシャったで。」
ぼっけー(93)(広島弁で)とても。すごく。very。
ポテチ(93)ポテトチップス。
ほな(93)それじゃあ。
ほねっこ【骨っこ】(93)犬用の骨型のチューインガム(骨っこ食ーべーてーのCM)。骨色のものや、それに似ているものを見つけたり、身につけてたりしていると、こう呼ばれる。「あっ、あれ、骨っこ食ーべーてーや」
ぼよげ【ぼよ毛】(92)切れ毛のこと。「今日、雨降ってるから、ボヨ毛、出まくりやわー」
ポルポル(92)ポルシェ。
ぼれ(93)(広島弁で)とても。すごく。very。
ボン(92)金持ちの男。 おじょう。
ほんじゃ(93)それじゃ。
ぽんしゅ【本酒】(93)日本酒。
ボンビー(92)貧乏のこと。
ほんま むり【ほんま無理】(93)→でたわー。

【ま】

マイナー(93)珍しい。「この曲、ごっつマイナー」 反対語は「メジャー」
まえがみぺしょる【前髪ぺしょる】(93)→ぺしょる。
マクド(92)「マクドナルド」の略。(主に関西を中心に使われる)「わたしの友達、マクドでバイトしてんねん。」「マクドへ行く」
マクドしばく(93)マクドナルドへ行ってハンバーガーなどを食べる。→とりしばく。いわす。
−まくり(93)(1)(形容詞「〜い」の形に付けて)程度がすごいことを表す。「暑いまくり」「かゆいまくり」「寒いまくり」(2)(動詞に付けて)しすぎ。「食べまくり(=食べ過ぎ)」「見まくり(=見過ぎ)」
−まくリング【−まくりing】(93)(動詞に付けて)「〜しまくってる(=たくさんやっている)」と大差ない。「もー最近、手紙書きまくりー。」(少し語尾を省略したような形で喋るようになり、「〜しまくり」の母音〔i〕にingが、ゴロが良かったのでくっついた。多少、「現在〜をしすぎている」というニュアンス を含む……かな?「バイト? やりまくりんぐ」など。体言止め的な使い方。
マクる(93)マクドナルドに行く。
マサる(93)マッサージする。「マサってー」肩など凝っていて友達にもんでもらいたい時に言う。
まじ(93)(驚くようなことを聞いたりした時に言う)本当。質問文では「まじ?」。「まじに」の形は修飾語。
まじなりかー(93)人が信じられないことを言った時の返事。「しまったことをしてしまった」「まじなりかー!」
マショップ(93)すっごい盛り上がってる状態。
またまたもう(93)本当はそういうことを言いたいわけじゃないやろ、と思った時につっこむ言葉。「またまたもう!」
マッキー(93)歌手・槙原敬之(まきはらのりゆき)さんのこと。
マック(92)(93)「マクドナルド」の略。(主に東京を中心に使われる。岐阜でもマックと言う)「今日、マックでチーバー食べてたら、デルモ系の女がビッグマック5つも食べててん。」「きっつうー。」
マックン(93)マクドナルド。
マッシュルームカット(93)髪型の一つ。マッシュルームみたいな髪型。
マッチョマン(93)筋肉ムキ2の人。
まねしい【真似しい】(93)人の真似をすること。
まぶ(93)例えば、前からはげた人が歩いてきて、その人の頭に太陽が当たり反射した時に、「まぶしい」という意味で使う。「めちゃまぶ」 非常に。形容詞を修飾する。〔補注〕兄から聞いたのでは、とてもきれいでスタイルのいい美人な女の人のことを言うそうです。
まぶしい(93)頭の毛がない人を見た時に言う。「うわー、まぶしいっっ!!」 たまに太陽の光が反射していることもある。
ママチャリ(93)後方に荷台のついているおばさん自転車。
まろい(93)→まろまろしい。
まろまろしい(93)日本的なこと。平安美人みたいな顔のことなどを言う。略して「まろい」とも。

【み】

みきる(92)信号をわたる時、他の人より一足先に歩きだすこと。「あ〜、みきったナ〜」
みずジャー【水ジャー】(93)水色のジャージ。金蘭短期大学の体操服。
ミスド(92)「ミスタードーナツ」の略。学校の帰り。3人のとき。A子「今日、お茶する?」B子、C子「うん、ええでー」C子「どこでー」B子「マクドにしよう」A子 「ミスドのほうがええわ」C子「やっぱしいつものようにケンチキで食べよー」
ミスマッチかんかく【ミスマッチ感覚】(93)服とカバンとが合ってないとか、すべてのことでちぐはぐな様子。
みぞそうじ【溝掃除】(93)ボーリングでガーターばっかり出すこと。
みつこ【みつ子】(93)好きな男性にせっせとプレゼントをする(みつぐ)女の子。「みつぐ」の女版。
ミティ(93)「ミルクティー」の略。
みとこうもん【水戸黄門】(93)マンネリ。「あの先生のジョークは水戸黄門だね」
ミナミ(93)大阪・難波。
ミネ(93)「ミネラルウォーター」の略。
みのむし【蓑虫】(93)手紙などで、まちがって消せない時、みの虫マークでごまかします。だから会話でも「今、みの虫」って言ったりします。
みょうに〜やなぁ【妙に〜やなぁ】(93)ある部分だけ秀でて人と違うこと。 「あの人、妙にみかん星人チックやなぁ」 -チック〔補注〕

【む】

むかつく(93)腹が立つ。
むこじょ【武庫女】(92)武庫川女子大学。「今年、武庫女の学祭、〇〇が来るんやってー」「へえー、同女は△△で南女は□□が来るって言ってたでー。」
ムチプリ(93)ムチムチしてプリプリしている男性。
むっこ(93)程度がはなはだしい様子。「すごい」の代用。「むっこ良かったなぁー」「鬼ほど」も同意。
むっちゃ(93)すごく。とても。「むっちゃすごいなぁ」「むっちゃ嫌いっ」
むらジャ(93)紫色のジャージ。(発音をきっちりしないと「ブラジャー」に聞こえる)

【め】

めぇ ごま【目ぇゴマ】(93)「目が点(になる)」に同じ。
めがてんになる【目が点になる】(92)おどろく、びっくりする。おもいもかけない話をされた時など、「急にそんなこと言われてもー、目が点になるやんかー。」/「こないださー、電車乗ってた時、前に立ってたおっちゃんの髪の毛がいきなり取れてん。それカツラやってんけど、思わず目が点になったわー。」/あっちゃん「〇〇ちゃんって、デビルイヤーやなあ。」わたし「えっ、何それ。」あっちゃん「えっ、知らんの。地獄耳のことやん。」わたし「そうなん。目が点になったやんか。」
メジャー(93)ありふれていること。反対語は「マイナー」
めちゃんこ(92)すごい。
めっさ(92)「めっちゃ」と同じ意味。「メッサうれしい」
メッシーくん【メッシー君】(93)恋人ではなく、自分はさほど好きではないが、相手の人が気に入ってて、ごはんをおごってくれる人。
めっちゃ(92)すごい。
メット(93)ヘルメット。
メモる(93)メモする。

【も】

もう、ええわ (93)何かを頼んだとき、してくれなかった時に言う。また、のろけ話を聞いている時とか、飽きた時に使う。
モクる(92)タバコをすう。→ヤニる。
モスチノ(93)モスキーノもどき。
モスバ(92)「モスバーガー」の略。
モス(93)「モスバーガー」の略。
もっさぁー(92)ださいこと。「今日、私、いっせんぴぃやねん」「もっさぁー」/「今日、ボヨ毛いっぱいや。」「もっさぁー。」
もってかれる(93)駐輪禁止のところに自転車をおいていて撤去されること。
もときる【元木る】(93)きたない方法でわがままを通すこと。
もとヤン【元ヤン】(92)「元ヤンキー」の略。「あの子、めちゃ茶髪やなあ」「もしかして元ヤン?」→げんヤン。
もみくろ(93)もみあげだけ黒い、ロマンスグレーのおじさんのこと。
もりもりとちからがぬける【もりもりと力が抜ける】(93)脱力感がはげしい時に使う。また、しょーもない事を言われた時にも。
もろばれ(93)もろにばれること。
モンキーってる(92)猿みたいだ。
モンキーハンド(92)加山雄三のような毛むくじゃらの手。
モンジャーラ(92)天然パーマがひどすぎて逆立っている人。

【や】

やっちゃった(93)失敗などした時に、やりきれない言い方で言う。
やっぱ(93)やっぱり。
やっぱり ひごろの おこないがいいな【やっぱり日ごろの行いがいいな】(93)ラッキーなことがあったときに言う。例えば、地下鉄日本橋で下車する学生が、北千里駅で先発の表示が天下茶屋になっていたとき、こう言う。
ヤニる(92)タバコをすう。モクる。
やばきち【やば吉】(93)自分が窮地に追い込まれた時、発する言葉。(類義語)やばい。
やまキャパ【山キャパ】(92)甲南女子大学。→おかキャパ。
やみちゃ【闇チャ】(93)チャリ(自転車)通学以外の人が学校に内緒で自転車通学してくること。
やられた(93)だまされたりした時に言う。
やれん(93)(広島弁で)くだらなすぎて、やってられない。
ヤン(92)ヤンキー。
ヤンエグ(92)ヤング エグゼクティブ。
ヤンきち【ヤン吉】(93)ヤンキー。「あ、ヤン吉がたまってるわ」

【ゆ】

ユーかます【Uかます】(92)Uターンする。
ゆっクリング(93)ゆっくりしていること。

【よ】

よいよ(93)(香川県の方言で)本当に。「よいよおもしろい」
よーして(93)(泉州弁)わざと。知ってて。「もしかして今の、よーしてやったん?」
よさげ(93)よさそうだ。「あっちの服よさげ! 行ってみよう」(雑誌で東京の人が使っていた)
よさのあきこじょうたい【与謝野晶子状態】(93)与謝野晶子の代表作「みだれ髪」より、髪の毛が乱れている状態。
よしぎゅう【吉牛】吉野屋の牛丼。
よんさん【43】(93)「国道43号線」の略。


【ら】

ラーファ(93)「ラーメンファミリー」の略。
ラリー(93)ラリってること。「あの人ラリーやって」
ラリってる(93)シンナーを吸っている。

【り】

リッチやなぁ(93)お金をたくさん持っている人。
りゅうがくパワー【留学power】(93)おとなしくて謙虚な人が留学に行って帰ってくると、底知れぬプライド(自信)がついていること。

【る】

ルパってる(92)ルパンIII世のようにもみあげの長い人。「なーなー、あの人のもみあげみてん、長いなー」「あーほんまや。ルパってるぅ。それに手も毛深いわぁー」「ほんまや、モンキーハンドやー」
るみこってる【ルミ子ってる】(93)大澄賢也と小柳ルミ子夫妻のように、女性が年下の男性をはべらかしている。
ルンペン(93)乞食。

【れ】

レスカ(93)「レモンスカッシュ」の略。
レティ(93)「レモンティー」の略。

【ろ】

ロイホ(92)(93)「ロイヤルホスト」の略。「チャリンコでロイホへ行く」
ロー【low】(93)テンションが低い。(反対語)ハイ。
ロリ(93)「ロリコン(=ロリータ・コンプレックス)」の略。
ろんげ【ロン毛】(93)長髪の男の子。
ロンタイ(93)「ロングタイトスカート」の略。〔参考記事〕「道行く女性にロングスカートが目立ってきた。ミニが元気だった昨年と比べ百貨店や専門店での売り上げも急増している。今年注目されているのは『ロンタイ』と呼ばれるロングタイトスカート。スリットが膝上まで入り、ニットなどフィット感が強い素材のロンタイは、これまでのロングスカートとは違い、セクシーさが強調されるのが特徴だ。」(『日本経済新聞』1993年11月9日夕刊14面)

【わ】

わいてる【湧いてる】(93)(頭を指しながら)「湧いとんちゃうか」→あたまわいてる
わかたか【若貴】(93)若花田と貴花田。
わけわかめ【訳わかめ】(92)訳がわからないこと。死語という噂もあるが……。
わだあきこ【和田アキ子】(92)スケールが大きい。「和田アキ子やなあ」
わたせけ(93)毎日放送TV「渡る世間は鬼ばかり」の略。
わだべん【和田勉】(92)しょうもないことをいう。生徒A(手をあげて)「先生、トイレに行っていいですか?」先生「あー、トイレにいっといれなんてハハハ」(生徒しらける)生徒A「ウォー、和田勉や」(と、逃げる)
わらかす(93)笑わせる。「むっちゃわらかすわ」

〔解説〕

 「女子大生」という用語には、2つの意味がある。(1)女子大学の学生と(2)女子の大学生である。また、「大学生」にも2つの意味がある。(a)4年制の大学(いわゆる「四大(よんだい)」)の学生と(b)2年制の大学(いわゆる「短大」)の学生である。ここに「女子大生用語」として集めたものは、(1)(b)の女子短大生が日ごろ使用しているとして自ら回答してくれた用語である。

 この短大(金蘭短期大学)が大阪府下(吹田市)にあり、地元出身の学生(いわゆる「自宅生(=自宅から通学する学生)」)が多く在籍しているということから、必然的に、大阪市を中心に、大阪府下の市や町、周辺の神戸市、京都市、奈良市といった、いわゆる関西方言圏で生育した学生が使用している用語が大部分を占めている。しかし、地元以外の地域からこの短大に来て学んでいる学生もいて、彼女たちの地域言語(方言)も一部に混じっている。例えば岐阜県や山口県のものがある。これらの地域言語は、「女子大生用語」の中では、いわば異質のものではあるけれども、同じ短大に学んでいて、交友関係が結ばれていることから、金蘭短期大学という1つの共同体の中で、あるいは、その共同体の構成員を基盤とする仲間のあいだで、学生が使用している用語という意味では等質のものとして扱うことができるだろう。したがって、この「女子大生用語の基礎知識」に収められた用語は、広い意味で関西地域における、現在の女子大生の日常用語集という性格を持っている。

 彼女たちの日常会話において頻出するこれらの用語は、現在、生き生きと使用されている彼女たちのコミュニケーションの大切なボキャブラリーである。中学生や高校生のころから使用していて現在にまで持ち越しているものもあれば、大学に入学して以降、使用し始めたものもある。

 ところで、日常会話において頻出すると言ったが、多くの学生が幅広く使用しているということでは、必ずしもない。多くの用語は、特定の個人およびその仲間のあいだで、いわゆる仲間言葉として多用されるということである。93年10月初旬にこの「用語集」の試作版をプリントで配布して女子大生用語を追加募集したところ、「ほとんど知らない用語ばかりであった」とか、「自分自身はほとんど使用しない」といったコメントも少数ながら、あった。つまり、女子大生用語は、ほとんどすべての、あるいは広範囲の女子大生に使用されているといった種類のもの(「ブッチする」「マクド」「ださださ」「めっちゃ」など)も確かにあるけれども、ごくごく内輪の、親しい仲間同士のあいだでのみ使用されるものも結構、多い。かつて(93年6月)NHK教育TV「ことばは変わる」で紹介された「深谷四郎」などは、4、5人のあいだでのみ通用する、仲間言葉の最たるものである。また、「チンする」のように、男女のべつ、年齢層、地域の差を越えて広く使用されているものも登録してあるが、これらも「女子大生」が、現に生き生きとした会話のなかで使用しているという意味で、「女子大生用語」の名に値する。

 どの用語が、どれだけの範囲で使用されているかといったことは、べつに調査しなければならないことであり、この点で「基礎知識」という名は、「羊頭狗肉」的な誇大表現であることを、断っておく。

 

 さて、この用語集に収録した用語の造語法の特徴について、すこし紹介しておく。

 

てるてる言葉

 「てるてる言葉」と仮称するものは、基本的には動詞のシテイル形式である。これは動作そのものではなく、状態を表している点で形容詞化した用法だと言える。また、名詞に「(っ)てる」を付けて「てるてる言葉」にすることもできる。その場で見たものを状態としてとらえて表現するのである。ほとんどが非過去形で使用され、否定形(「きわめてない」)や条件形(「殿ってれば」)で使用されることはほとんどないと考えられる。(「終わってたわぁ」「ルパっててんでぇ」などの過去形では使用されるだろう)

 以下、語構成の共通点によって、50音順に項目を列挙する。意味は用語集の該等項目を参照していただきたい。

 (1)動詞のシテイル形式に基づくもの

頭さびてる 頭わいてる 言われてる 浮いてる 終わってる 噛んでる きてる きれてる きわめてる 死んでる 憑かれてる はまってる 引いてる ほえてる

 (2)名詞(人名など)に付けるもの

五輪(いつわ)ってる Xってる 江口ってる カフェオレってる ゴリってる 茂雄ってる 殿ってる ドリフってる パニクってる パニってる 拇趾(ぼし)ってる モンキーってる ルパってる ルミ子ってる

 (3)その他の形式に付けるもの

   ケミカってる ちゃきってる てかってる はみってる ピチってる ラリってる

 

ペケペケ状態

 これも、動作そのものではなく、状態を表す形式である。「状態」を名詞述語として使用し、その前に名詞や副詞を直接、付けて「てるてる言葉」のように使用する。「ジョータイ」のアクセントは、全体が複合化しているために高低低低となる。

いやみ状態 うっきー状態 金欠状態 しけしけ状態 埴輪状態 やば吉状態 与謝野晶子状態 ルー大柴状態

 

2字る動詞

 「2字る動詞」と仮称するものは、2拍の形式に動詞化接尾辞「−る」を付けて動詞化したものである。カッコ内に、元になっていると考えられる語を示しておく。これらのうちで、さそいかけ形「しよう」が使用できるもの(下線を付したもの)、あるいは受身動詞をもつ動作動詞として使用されうるもの(二重線を付したもの)のもある。

おしょる(王将) オケる(カラオケ) コピる(コピー) タクる(タクシー) だべる(駄弁) ちかる(ちかちか) チャリる(チャリンコ) デニる(デニーズ) デブる 徒歩る パニる(パニック) はみる(はみ出す) ピチる(ぴちっと) ブチる(ブッチ) ぺしょる ヘチる ペチる べにる(紅) ポシャる マクる(マクドナルド) マサる(マッサージ) メモる モクる ヤニる

 

形容詞性感覚語

 これは形容(動)詞の語幹などを長音化した形式で、発話時点での話し手の主観的な感情・感覚をストレートに表現するのに適している。カッコ内に、元になっていると考えられる語を示しておく。

うっとー(うっとうしい) おもろー(おもろい) きっしょー(気色悪い) き(っ)つー(きつい) くっさー(臭い) さっぶー(寒い) さむー(寒い) はがー(はがゆい) ばっちー(ばっちい) もっさー(もっさい)

 

短縮形容詞

 前記の「形容詞性感覚語」を叙述的に使用する形式である。言い切りの形で使用され、発話時点での話し手の主観的な感情・感覚を表現する。後ろに「わぁ」「なぁ」「でぇ」「やん」「ねん」などを付けて使用されることが多い。

きしょい きもい げすい しょぼい へぼい まろい

 

倒逆語

 「倒逆語」というのは、元の語形を構成する音節の順序を逆にして作られたものである。

ジャーマネ(マネジャー) でーはー(派手) デルモ(モデル) 根曽(曽根崎) 年少(少年院) 髪金(ぱっきん)(金髪) ボンビー(貧乏)

 

省略語

 これは合成語や連語を短縮するために、部分的に省略して作られる形式である。この例はきわめて多い。省略されている部分が大きいばあいには、もとの形式に復元しにくくなる。カッコ内に省略されている部分を補って示す。

あん(ぜん)ピン エメ(ラルドグリーンの)ジャ(ージ) えら(い)いそ(がしい) おきに(いり) おしゃ(れ) おそろ(い) おない(どし) (てん)がちゃ(や) ゲー(ム)セン(ター) ケン(タッキーフライド)チキ(ン) 根(性)ババ(色) スト(レート)パ(ーマ) ソニ(ー)プラ(ザ) 使いっぱ(しり) デパ(ート)ガ(ール) てん(が)ちゃ(や) (ケンタッキーフライ)ドチキ(ン) (使いっ)ぱしり (日)本酒(ぽんしゅ)

 

畳語形

 2拍の形式を反復して作る形式である。

あわあわ いぶいぶ うにうに ウハウハ ウホウホ うまうま うるうる おいおい かみかみ ゲロゲロ しけしけ ださださ だめだめ だるだる だれだれ バリバリ ばればれ プチプチ ヘボヘボ ベンベン ぼけぼけ ポルポル

 

 つぎに、意味の点から特徴的なことを見ておく。

 まず、若者言葉全般に共通して言えることだが、既存の単語を使って、意味をずらしたり変えたり拡大したりする用法が特徴的である。

 「頭さびてる」は、黒い鉄が赤くさびることから、黒い髪を金や赤に染めていることを指す。これは比ゆによる「意味のずらし」あるいは「意味の拡大」である。「ダンボ」「鳥の巣」「ババロア」「プリン」「ベルリン」「和田アキ子」「和田勉」なども比ゆを媒介にしている。「いっとく」は、「行く」の本来の意味を、「する」の代用のように適用範囲を広げた「意味の拡大」である。「しばく」「いわす」「風呂にはまる」も同様の例である。

 「痛い奴」の「痛い」は、「予想できない行動をしたり、周りの状態が見えてない」ことを指し、本来の意味からは連想しがたいような意味に変更したもので「意味のそらし」とでも呼ぶことのできるものである。

 次に、程度の大きいようすを表す表現について。女子学生はおしゃべりを好む。「なあ、聞いて聞いて」「ちょうちょう、見て見て」と、自分の体験や心情、眼前の光景などを相手に話しかける。このとき、ほとんどといっていいほど、程度の大きいようすを表す単語やフレーズを使用する。以下に、列挙しておく。

鬼のように 鬼ほど かなり ごっつ(ー) ごっつい すごい 超 でーれー でってれー バリ バリバリ ぶち ぼっけー ぼれ むっこ むっちゃ めちゃんこ めっさ めっちゃ

 最後に、話の現場での感情や感覚を条件反射的に表現する語彙について。これには、まず前記の形容詞性感覚語が挙げられる。また、おなじみの「うっそー」「まじ」も加えられる。「あっちゃー」「うっひゃー」「がーん」「げろっ」「げろげろ」「どわー」「ふわぁっ」などの感動詞、ちょっと変わったものでは「ちきしっ」がある。こういった単語を使用することがノリのよい会話をテンポよく回転させるのである。

(小矢野哲夫)

 

おまけ

 この用語集を参考にして、次の表現の普通日本語訳を試みてください。学生が書いてくれた「ある女子大生の独り言」です。

 

この前、ぴんだいの学祭行ったら、超ムチプリぼよ毛ボーボーの色もん的江口八郎男が横通ってきて、ごっつ痛い奴やったワケやねん。そいつ、デルモ見て、ウホウホの鼻が大川栄作あんどゴリってる状態に陥っとってん。ほんでうちがつい「うっわ、きっしょー、こいつへん子ちゃうん。頭わいとんか?」ってゆったら、そいつがデビルイヤーやったみたいで、聞こえとったらしいねん。もう超スペシャルやば吉状態のゲロゲロバージョンやったワケ。

 

                                      

以下の5項目は、用語だけが挙がっていて、意味・用法が書いてなかったもの。

せっちー(92) にぎりっぺ(92) パリカジ(92) へちょい(92) バブリー

 

〔付録〕

 

「イケイケねえちゃん」ってどんな人?

 1991年秋に金蘭短期大学国文科1年生の学生に「イケイケねえちゃん」に対してもっているイメージをたずねたことがあります。その回答を以下に順不同で列挙します。表紙のイラストを再掲しますので、イマジネーションをかきたててください。

〇私の思ってるのは「ボディコン着た、バーのママみたいな人。ケバイ人。など?」

〇派手で、ディスコで踊ってそうな服装と雰囲気の人。

〇服装、化粧が派手でとても目立つ。

〇ワンレンボディコンとか、光りもののアクセサリーをたくさんつけたりとか、とにかくハデなカッコをしたねーちゃん。

〇ケバいねーちゃん。派手。

〇派手な格好の人。

〇行動力のあるハデな女の人。ケバイくてブランドにこだわる女の人。

〇ハデな人。夜おそくまで遊んでいる。

〇服装でも髪型でも派手に目立たせているお姉ちゃんのこと。

〇外見(服装、化粧など)がハデで、ケバケバしい様子の女の人のこと。

〇ケバくてやってまえの姉ちゃん。

〇下品で派手な人。化粧が濃い人。

〇ケバイ(=派手)、遊んでいる様に見える女性。

〇けばけばした派手な人。

〇派手で、すっごく遊んでそうなお姉さんのこと。とどまるところをしらない、何かすごいお姉さんのこと。

〇トコトンまでイケ、イケ!! といき込んでるお姉さん。遊んでるお姉さん。

〇トサカヘアー、ボディコン、ハイヒール。

 コンパやダンスパーティーに必ず登場する、お化粧のハデな、お酒の強いお姉さん(声がやたらデカイ)。

〇ブランドもって、俗にいうボディコンきてるよーな人。

〇派手でチャラチャラしている女の人。

〇いってまえ! やってまえ! のねーちゃんら。

〇みるからにハデで(下品ぽい)ノリのいい細くて短いスカートをはいた、男友達の多い若い女の人。

〇何でも興味を持って、どんどん遊ぶお姉ちゃんのこと。

〇見た目が派手で、化粧から服装までバシッとしてる若い女の人のコト。

〇ボディコン、ワンレンで、アッシー、メッシーなど、たくさんの男の人の影がある女性のこと。

〇金目の物をあしらって見るからにハデハデーとしている女の人。女の人といっても18〜25、6才くらい。主に髪の毛は長め。赤やピンクのマニキュア。大きいピアス。2、3コの指輪。ヒール。ハンティングやMCMのカバン。

〇化粧が濃く、ミニスカートでヒールがたかく、ブランドもののかばんで、服の色は原色や金銀をつかったものが多い。ゴールドのごっついアクセサリーをつけている。ゆびわいっぱい。かみはソバージュやワンレン。茶色。とにかく派手な姉ちゃんで夜の街(繁華街。ディスコ)にいる。

〇お化粧バッチリで服がハデ。ありとあらゆるアクセサリーをつけ、10cmヒールをはく。もちろんカバンはブランド物。ワンレンが多い。要するに遊んでる女。

〇服装など派手。化粧もバッチリしていてスタイルも良く、あかぬけてる人。遊びもガッーとやる人。

〇派手で、声が大きくて威圧感のあるお姉さん。どっちかって言うとフケて見えるお姉さん。

〇キレイに(濃く)化粧して派手な服着て遊びまくってるお姉さん。

〇はでで、ケバケバしく、見るからに遊んでいる雰囲気をもっている女の人。

〇夜になると(PM5:00以降)元気になるねーちゃん。見ると、ついいけいけGOGO!!と、声援をおくりたくなるねーちゃん。ミナミのひっかけ橋で品定めしてるねーちゃん。

〇10cmのハイヒール、服はボディコン、原色。カバンはブランドがあたり前。ネックレス、ブレスレット、指輪、イヤリングは当然。化粧はばっちり、口紅は真っ赤orピンク(紫っぽい)。ディスコのお立ち台のお姉さんがそうです。