ペインクリニックについて               

 病気のうち、約8割は痛みを伴うと言われております。この痛みを取り除く専門外来が
「ペインクリニック」(痛みの専門診断治療科)と呼ばれております。
 主に神経ブロック法を行って、痛みの診断と治療を行う専門外来です。神経ブロック法だけでなく、他の薬物療法、理学療法、電気刺激法、東洋医学療法、心身医学療法等も併用されます。

頭痛、肩こり、腰痛、、、このような痛みにずっと悩まされている方もいらっしゃることでしょう。
人はどのようにして痛みを感じるのでしょうか?


熱、打撲、圧迫、刺す等の刺激により、局所の痛みを感じる部分が興奮し、その刺激が脳に伝わり痛みを感じます。この痛み刺激により、局所の筋肉、血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。これが長く続くと痛みがなかなかとれない状態になるのです。

 神経ブロック療法とは

 神経ブロック療法は、神経に直接あるいはその近くに薬液(主に局所麻酔薬)を
注入し、神経の興奮伝導をブロック(遮断)してしまう療法です。
 神経ブロックの注射により痛みを抑えたり、血流のめぐりを良くして、神経などのダメージを受けているところを回復させる酸素や栄養を有効に送ることができ、自分で治す力を高めることができます。
 神経をブロックすると聞くと、ちょっと身を引いてしまいそうですが、特別な痛み以外は薄めの局所麻酔薬を少量のみ使用することにより、一時的にブロックするだけなので心配はいりません。低濃度の毒性のない少量の局所麻酔薬を使用するため、通常はしびれや動けなくなるなるなどの副作用はありません。たとえ起こったとしても、一時間ほど安静にしていただければ完全にとれてしまいます。
 近頃、薬物療法の限界や副作用、痛みを止めるための手術などの限界が言われてきており、神経ブロック療法が注目されてきています。神経ブロックで使用する局所麻酔薬はすぐに体内で分解されてしまいますからなんら制約無く行うことができます。また、多くの神経ブロック療法はブロックしたのち数分後には痛みや麻痺がとれるという特徴があり、高価な薬を長く飲まないでよいなど薬剤費を節約でき結果的には治療費をおさえられるというメリットもあります。もちろん、健康保険が適応されています。
 

 ペインクリニックを利用すると効果的な病気、症状

頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面痛、外傷性頚部症候群(交通事故等によるムチ打ち症状)、術後瘢痕疼痛症候群(手術後の創の痛み)、頚肩腕症候群、肩こり、頚部椎間板ヘルニア、頚椎症、肩関節周囲症(五十肩)、腰痛症、ぎっくり腰、腰部椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰背部痛、肋間神経痛、脊柱管狭窄症、手指血行障害、帯状疱疹の痛み等です。

 ペインクリニックは痛み全般の相談窓口でもあります
〜〜〜具体的な利用の仕方〜〜〜
 痛みでペインクリニック外来を受診されると、まず問診をさせていただきます。
 痛みの場所、性質、程度、持続時間、生活環境などを詳しくお聞きした上で診察させていただき必要であれば原因を突き止めるための検査をご本人の同意を得た上でさせていただきます。
 検査内容は症状によって違いますが、尿の検査、血液検査、レントゲン検査等です。必要な場合、CT、MRIなどを行う場合もあります。
 原因がわかれば、その原因にあった治療を選択し、ご本人の同意をいただいたうえで治療を行い、早く痛みを和らげるように努めます。
 神経ブロック療法を中心にお話してきましたが、何でもかんでも神経ブロックを行うわけではありません。電気療法、マッサージ、牽引療法、レーザー療法、ハリ治療、漢方薬、湿布剤等で治療を行う場合もあります。
 もし、神経ブロックが最も効果的な治療法だと判断しても、当院では患者さんの意思を無視していきなり首や肩、腰に注射するようなことはありません。
 患者さんが医師や神経ブロック療法のことを疑いながら注射されても、恐怖心だけが残り、良くなる病気も良くなりませんから、痛みの原因や神経ブロック療法のことを詳しくご説明し、患者さんが納得された上でしか行いません。
 どうしても神経ブロック注射はいやだと言われる患者さんにも先ほど述べたような治療法がありますのでご相談ください。
 ペインクリニックは神経ブロックをするだけでなく、あらゆる方法で痛みを和らげるところです。

 神経ブロック療法を行えば、確実に痛みを和らげ、治療時間を短縮できることが明らかな症状も多いので、やみくもに注射を怖がるのではなく、医師の説明をよく聞いていただければ幸いと存じます。
 痛みを我慢しても何のメリットもありません。早めにペインクリニック外来を受診されることをおすすめします。痛みでお悩みの患者さんが、一刻も早く痛みから解放され快適な日常生活が送れるよう、私たちは努力しております。

      料金はこちらから→