オレンジ星 (699 バイト)ふぁいるその37コートにかける青春の巻オレンジ星 (699 バイト)

[ HOME ][ 懐エピ ][ Q&A ][ 恐怖編 ][ アイドル ][ 闘魂 ][ 教育 ][ リンク ][ 掲示板 ][ 60〜80年代 ][ ↑back ][ ↓next ]

cort-op01.jpg (8654 バイト) cort-op03.jpg (7912 バイト) cort-op04.jpg (6788 バイト) cort-op05.jpg (7947 バイト)

cort52-37.jpg (8874 バイト) cort37-45.jpg (10271 バイト) cort52-25.jpg (10550 バイト) cort37-38d.jpg (10110 バイト)

cort37-50b.jpg (8983 バイト) cort52-32.jpg (7343 バイト) cort37-21.jpg (12034 バイト) cort51-06.jpg (10441 バイト)


『コートにかける青春』の序章…

cortni01.jpg (20820 バイト)cortni06.jpg (19008 バイト)コートにかける青春と言う作品は、1971(昭和46)年9月3日第1話「さおりと真琴」〜1972(昭和47)年8月25日(全52話)の期間、毎週金曜日PM7時〜PM7時30分まで(余談ですが?『コートに…』の前時間は、5分間帯番組のタツノコアニメ『カバトット』…笑)、東宝株式会社の制作、フジテレビ系列で人気放映されておりました…。ちなみに、70年代のテレビ番組における「スポ根ドラマ」作品は、どの作品を取って見ましても作品内容すべてに突っ込みを入れたくなるくらい〜面白おかしい場面や何とも摩訶不可思議な状況説明に苦しむ部分などが結構、多い様なのですが?…。しかし、ある目標に向かって、主人公などがどんなに最悪な状況下に置かれようが、悩み苦しみながらも、目標達成の為に常に前へ突き進んで行く〜!…と言う基本姿勢は、どの「スポ根ドラマ」にもすべて共通なのではあります…。…が、その基本姿勢があるが為にその当時、子供であった私達があまり物語の複雑な内容の意味などが全く解からなくても、何かそのドラマや漫画の世界にいつのまにかグイグイ〜と吸い込まれるように引き込まれ、番組を最後まで見続けていたのでもありました…。それらたくさんの魅力的な「スポ根ドラマ」作品の中から、今回は…本当の姉妹ではナイのに実の姉妹として育てられた?…と言う複雑な境遇の2人の姉妹が「テニス」と言うスポ〜ツを通し、常に宿命のライバルとして、お互いが切磋琢磨し合いながらも最終的には、姉「さおり」と妹「真琴」が最強の姉妹ダブルスを組み、テニスの聖地「ウィンブルドン」の頂点を目指して頑張って行く〜と言う「東宝」お得意の最高に面白く複雑な人間関係スポ根ドラマの熱烈検証紹介なのであります〜!…。

cort51-23.jpg (8992 バイト) cort52-31.jpg (7300 バイト) cort52-07.jpg (7652 バイト) cort51-11b.jpg (7265 バイト)

やはり?「真琴」役は「森川千恵子」さん…

cort13-07.jpg (11907 バイト)cort35-12.jpg (7769 バイト)『コートにかける青春』劇中、ヒロイン「槇さおり」こと「紀 比呂子」さんに…素晴らしくも狂おしいほどの好熱演で、おもいっきり食いかかっており(笑)、ドラマ自体を最高に盛り上げてもおりました我らの「森川千恵子」さんは、当初、原作漫画同様のショ〜トカット設定の妹「真琴」役だったので、『コートにかける青春』の撮影開始にあたり、ロングヘア〜が大好きな「森川」さんの意向を汲み、止む無く撮影初期は、「真琴」役を「ショ〜トヘア〜のかつら」で対応した〜?…と言う隠れたエピソ〜ドなどもありました!…。…もし、『仮面ライダー(旧1号編)』撮影中における「本郷 猛」こと「藤岡 弘」氏、突然の複雑骨折アクシデント事故による降板事件がなかったとしたら?…間違いなく『仮面ライダー』と言う特撮ヒ〜ロ〜番組も旧1号編で終わっていたでしょうし、スポ根ドラマ界の不朽の名作にもなったcort-op02.jpg (7876 バイト)本作品『コートにかける青春』の方もたぶん「森川千恵子」さんでは無い?他の女優さんでの「真琴」役があったのかもしれなかっただけに、運命の悪戯の様なモノを感じてしまいますよねぇ〜!…。尚、『コートにかける青春』本放映当時の裏番組が、人気特撮番組のTBS系『帰ってきたウルトラマン』と『ウルトラマンA』だったのではありましたが?…私の様におませな、心にキュン〜!と来る甘酸っぱい香りがする番組系が好きなこども達の層も結構、多くいた為に視聴率的にも「円谷プロ」制作の人気特撮の裏番組だったにも関わらず、本当に大健闘した番組だったのでもありました!…。ちなみに『コートにかける青春』のOP主題歌『きめろ!!スマッシュ』(本作品中には、あまりマニアにも知られていない?名曲『真琴のテーマ』・歌「桜井妙子(現・「朝倉理恵」…『きめろ!!スマッシュ』のB面に収録)」と言う〜隠れた名曲もあります…)と言う歌を我らがミッチ〜「堀江美都子」さんと「ヤング・フレッシュ」のお姉さん方が「パパパ〜パヤッパ〜♪パヤパヤ〜♪…決ぃめぇろ〜♪決ぃめぇ〜ろ♪スマッシュ〜♪スマッシュを〜♪決めぇろぉ〜♪」…と、心地よく熱唱し、番組を最後までさわやかに盛り上げてもおりましたですよネ!(笑顔)…。

cort36-09.jpg (7662 バイト) cort35-06.jpg (7902 バイト) cort51-19.jpg (8091 バイト) cort36-38.jpg (11647 バイト)

『コートにかける青春』の主な出演者

cort-s-m.jpg (11514 バイト)cort51-03a.jpg (9687 バイト)槇さおり実は「晴子」の姉の子】「紀比呂子東城真琴「晴子」の実子】「森川千恵子、【槇晴子(「さおり」と「真琴」の母)】「稲垣美穂子」、【甲山健(初期・「グリーンテニスクラブ」〜「さおり」のコーチ)】「大出俊」、【水島譲二(中期・「グリーンテニスクラブ」〜「さおり」達のコーチ)】「小野進也」、【尾崎(後期・「グリーンテニスクラブ」〜「さおり」達のコーチ)】「中尾彬」、【沢田京子(「グリーンテニスクラブ」所属選手でコーチ兼任、後に「甲山」と結婚)】「黒沢のり子」、高岡美津子「高岡」姉・「大阪クラブ」所属】「皆川妙子、【高岡英子(「高岡」妹〜実はブラジル人孤児・「大阪クラブ」所属)】「杏梨(あんり)」、【「西第一高」監督・田淵豪(初期「真琴」、中盤以降「堀川」のコーチで、選手時代は、「東條博之」のライバル)】「睦五郎」、cort36-16a.jpg (11589 バイト)【清水(「西第一高」テニス部キャプテン)】「桐生かほる」、堀川絵美「西第一高」テニス部所属】「テレサ野田登場当初、「テレサ・野田」名義、【山崎和枝(堀川絵美のダブルスペア)】「クレジットなし」、【「西第一高」テニス部所属・選手A】「桜井妙子(現・「朝倉理恵」)」、柴田靖子別府ロケ3部作の第35〜37話にゲスト…西日本地区庭球第一位のバンビのような選手】「大田黒久美、【柴田ひでお(靖子の父)】「下條正巳」、【柴田靖子の父が経営する漁業会社「魚万」の従業員・中田】「西條康彦」、【記者】「馬場信浩」、田中友子】「児島美ゆき、【友子の母】「塩沢とき」、藤沢悦子財閥「藤沢テニスクラブ」のお嬢様】「戸部夕子、【川原英二(「藤沢クラブ」所属で「悦子」の腰巾着)】「阿知波信介」、【曽根哲次(「藤沢クラブ」所属)】「立花直樹」、「グリーンテニスクラブ」所属・第9〜10話「牧れい子(現・牧れい)」、【川上(「グリーンテニスクラブ」所属選手・森とペア)】「橋元まり」、【節子(「槇」家お手伝いさん)】「岡本茉利(岡本茉莉)」、【晴子の友人・トップデザイナー】「南風洋子」、【信田孫八(「グリーンテニスクラブ」所属)】「岡本信人」、【野崎美智(「さおり」の同級生)】「松谷紀代子」、【魚屋「磯むら」のおじさん】「三井弘二」、【サブ(「真琴」のいとこ)】「西郷次郎」、【サブの母】「山田桂子」、【東城博之(「さおり」と「真琴」の父)】「安井昌二」、【伯母・津川京子】「三條美紀」、【実況アナ】「逸見政孝」、【ナレーター】「納谷悟朗」、etc…。各女優さんのお顔については、当スポ根ライバル女優列伝!!HPを参照してネ…

cort52-04.jpg (8589 バイト) cort13-11.jpg (12242 バイト) cort37-54.jpg (10344 バイト) cort37-10.jpg (10079 バイト)

『コートにかける青春』の主な制作スタッフ陣

cort37-48.jpg (12076 バイト)原作志賀公江スマッシュをきめろ!集英社「マーガレット・コミックス版」(1970年・全4巻)…1969(昭和44)年に「週刊マーガレット」誌上で人気連載されていたものを実写映像化…。

プロデューサー「黒田正司」、脚本「上條逸雄」、撮影「田端金重」、照明「下村一夫」、美術「栗山吉正」、録音「瀬戸 巌」「牛窪秀夫」、音楽「小林亜星」(OP主題歌きめろ!!スマッシュ【作詞】「武鹿悦子」・【作曲】「小林亜星」・【編曲】「筒井広志」・【唄】「堀江美都子」「ヤング・フレッシュ」・【発売元】コロムビアレコード)、助監督「吉高勝之」、編集「津田義政」、現像「東洋現像所」、制作担当者「大場正弘」、プロデューサー補「新野 悟」、協力「フタバヤラケット」「ジョリ大塚縫製」「グリーン・テニス・クラブ」、監督「日高武治」「竹林 進」、制作東宝株式会社」「フジテレビ…。

saori39-01.jpg (14196 バイト) cort35-26.jpg (12391 バイト) cort37-43a.jpg (10487 バイト) cort52-24.jpg (7601 バイト)

『コートにかける青春』の主な前半スト〜リ〜紹介

cort37-17b.jpg (12685 バイト)cort51-20.jpg (8505 バイト)その当時…テニス界では、「幻の天才テニスプレイヤー」と言われていた「東城博之」(演・「安井昌二」)と妻「晴子」(演・「稲垣美穂子」)は、「博之」があまりにもテニスに熱中し、全く家庭をかえりみなかった為に…「博之」は、「晴子」と離婚し…その実の子供「真琴」(演・「森川千恵子」)は、父「東城博之」に引き取られ信州へ行ったのであった…。一人になった母「晴子」は、死んだ姉の子供でもある「さおり」(演・「紀比呂子」)を引き取り、自分の本当の子供(いままでの経緯は、「さおり」も「真琴」も赤ちゃんの頃の出来事だったので…番組当初、二人は、その事実を全く知らない?…)として育ててきた…。ある時、「真琴」の父「東城博之」が病床に伏しており…「今までよく血みどろの道をついてきてくれた…東京にいる母と姉のところへ行って…幸せに暮らすんだ…そして、さおりとお前で…ウィンブルドンの栄光を…つかみとるんだ!」…と言う言葉を残して亡くなり…「真琴」の実の母「晴子」の元に「真琴」が再び引き取られ来る事となった…。現在、母「晴子」と共に住んでいた姉「さおり」と本当の姉妹として暮らす事になったのだが?当初、「真琴」は、事情はどうあれ、自分を捨てた母「晴子」と姉「さおり」を心の奥では少し、恨んでおり、なかなか「槇」家には、馴染めなかったのである(第1話〜3話)…。

「槇さおり」と「東城真琴」の姉妹は、父譲りの天才的なテニスの素質をも持ち合わせており…最初、妹「真琴」は、姉「さおり」に亡き父の形見である「銀のラケット」を手渡し、「西第一高校」の監督「田淵」(演・「睦五郎」)の熱血コ〜チ指導の元で、姉「さおり」と姉妹ながらも敵味方と言う…相対的な立場で、永遠に戦い続けて行く〜!と言う強い決心をしたのであった(第4話〜5話)…。

cort36-13.jpg (8864 バイト) cort36-21.jpg (7946 バイト) cort52-20.jpg (9588 バイト) cort36-22a.jpg (8809 バイト)

「全日本ジュニア庭球選手権大会」の決勝戦で…「真琴」は、姉「さおり」と運命的に対戦する事となり、その試合途中、突然!「さおり」が「真琴」の目前で急カ〜ブを描いて、横に曲る打球を放ったのである!…。その打球こそ幻の名選手と言われた2人の亡き父「東城博之」以外には使った者が無い!と言う伝説の必殺技「ローリングフラッシュ」なのであった…。「真琴」は、姉「さおり」の持つ父「東城博之」譲りのテニス技術の底知れない潜在能力に物凄いショックを受け、動揺し…その大事な決勝戦にあっけなく、敗れてしまうのであった(第6話)…。

その決勝戦後…悔し涙にくれていた「真琴」をさらに混乱させる事実が起こるのであった!…。彼女がテニスに関して、絶対の信頼を寄せていた「田淵」監督が、選手時代に「さおり・真琴」姉妹の父「東城博之」の打球を手に受け選手生命を失った事を今だに恨み続け、「真琴」が姉「さおり」と対決する為の攻撃に危険な「両手スマッシュ」を使わせ、「田淵」が父「東城博之」の生き写しに感じている「さおり」に傷を負わせる事で、復讐心を満足させる〜!…と言う残酷な企みをしていたのであった!(第7話)…。

そんな鬼のような「田淵」に嫌気が指した「真琴」は、運命に引き寄せられるまま姉「さおり」の所属する「グリーンテニスクラブ」に入部し、最強姉妹のダブルスを組む事となるのであった…。「真琴」は、亡き父「東城博之」から厳しく教えられたテニスの技術をさおりに伝える事が亡き父との約束だった…と、嘗て「真琴」が父に受けた通りの厳しい指導と技術を姉「さおり」に伝授する事を決心!…それらの猛特訓により、遂に姉「さおり」が亡き父の妙技をマスタ〜していくのであった!(第8話)…。

そんな頃、同クラブの「森(演・「牧れい子(牧れい)」)&川上(演・「橋元まり」)」組とのクラブ内代表決定試合に見事勝利し、「さおり&真琴」姉妹ペア念願の「ワールド・テニスジュニアカップ」の出場が決まるのであった(第9話〜10話)…。

cort37-22.jpg (13610 バイト) cort37-24.jpg (8608 バイト) cort37-49.jpg (10341 バイト) cort51-04.jpg (7756 バイト)

そして、出場が決まった「全日本代表決定戦」大会には、「大阪クラブ」の「高岡美津子&英子」(演・「皆川妙子」&「杏梨」)と言う高度なテクニックを持った強敵の姉妹ペアも出場するのであった…。「さおり」と「真琴」は、幻の「ローリングフラッシュ」くらいの技のレベルでは、西の強豪「高岡」姉妹組に勝利する事は、到底出来そうに無い?…と考え、「さおり」達のコーチ「甲山健」(演・「大出俊」)の指導のもと、新しい必殺技「ニュー・ローリングフラッシュ」を考え出したのでありました!…。「さおり」と「真琴」姉妹は、その必殺技の早期完成の為に毎日激しい練習を繰り返す…。しかし、そんな猛練習の最中に、「さおり」の放った「ローリングフラッシュ」の打球が「甲山」コーチの目に当たり、「甲山」の片目を失明させてしまう〜?たいへんな事故が起こってしまったのである!(第11話)…。

絶対安静入院の「甲山」コーチを思い、悩み苦しむ「さおり」は、テニスを辞める決心をするまでに追い込まれるのであったが…比較的元気?だった「甲山」コーチ自身から説得され思い直す…。「さおり」達は、「甲山」が頼んだ新しいコーチ…日本選手権保持者の「水島」(演・「小野進也」)の厳しい指導を受け、「日本代表決定戦」に備えるのであった(第12話)…。

「甲山」が自分の後任コーチとして、推薦した「水島」コーチは、「さおり」と「真琴」姉妹のライバル「高岡」姉妹と何故か?特別に親しい関係にあった?…。「真琴」は、自分達のテニスの技術が筒抜けになるとして、「水島」コーチを拒絶するのである…。それらを察した「水島」は、そんな2人を「高岡」姉妹が練習しているテニスコートに強引に連れて行き、自分は、「高岡」姉妹の両親が経営する施設で育てられた孤児だった…と語り、「真琴」達に自分を理解して貰う為に、「高岡」姉妹の前で、「真琴」達のコーチになった!…と言う事を正式に宣言したのであった!(第13話)…。

「さおり」と「真琴」姉妹は、「全日本代表決定戦」の為にコンビネ〜ションの調整を急いでいた…。そんな時、2人の練習風景を覗き見に来た「西第一高」の監督「田淵」は、「ローリングフラッシュ」にトリックプレ〜を加えた「さおり」達の新しい技「ニュー・ローリングフラッシュ」の凄さに一時的に驚くのだが?…水と油くらいに性格の全く違う2人の姉妹には、必ず破たんする時が絶対来る?…と懸念するのでもあった…。「全日本代表決定戦」が始まり、その第2戦目にして、早くも2人のコンビが突如乱れ始め、悪い「田淵」の予感が皮肉にもバッチリ当たってしまうのである…。その試合には、何とか勝つ事が出来たのだが?試合後に、「真琴」は、元恩師の「田淵」から「腕が伸びていない!」…と気にしていた弱点を指摘され、「真琴」の気持ちが突然!荒れ始めたのである(第14話)…。

cort51-18.jpg (8469 バイト) cort36-24.jpg (11939 バイト) cort51-08.jpg (9303 バイト) cort52-36.jpg (11475 バイト)

2人は、順当に勝ち進み…「全日本代表決定戦」の決勝で、「さおり」と「真琴」組は、前評判通り、西の強豪「高岡美津子・英子」組と対戦する事になった…。試合は、「さおり・真琴」組が一方的に「高岡」姉妹組に押されぎみの展開…ピンチになっても、なかなか2人の切り札である「ニュー・ローリングフラッシュ」を使おうとしない「さおり」に「真琴」は、いら立った…。「さおり」が「ニュー・ローリングフラッシュ」を打たないのは、「甲山」コーチを傷つけた以前の魔球「ローリングフラッシュ」が、再び相手を傷つけてしまう事を恐れていたからなのである…。そんな姉「さおり」の悩み苦しんでいる気持ちが妹「真琴」には、いまいち理解できない?…。チ〜ムワ〜クを乱した「さおり・真琴」組は、結局、「高岡美津子・英子」組に「ニュー・ローリングフラッシュ」を使わずに敗れてしまうのであった…。試合後、「真琴」は、世界のひのき舞台でプレ〜する!と言う夢を姉「さおり」の身勝手な行動が奪ったと怒る…。…ところが、優勝した「高岡美津子」が「さおり」の「ニュー・ローリングフラッシュ」を受け止めるまでは、勝ったとは、言えない?…と、2ペアだけで行う私的な再試合を申し込むのであった(第15〜16話)…。

2ペアの私的な再試合…悩んだ挙句、決心して打った「さおり」の「ニュー・ローリングフラッシュ」が「高岡」組の妹「英子」めがけて飛んだ!…。無機質な「英子」が必死でその打球をすくいあげ、打返した球が、体勢を立て直してない「さおり」の脇を通り抜けた〜…。…「さおり」は、負けた!…。しかし、「甲山」コーチを失明させた「ローリングフラッシュ」が恐ろしい殺人魔球では、無いと言う事を知り安心したのでもあった…。…が、姉「さおり」の技術を信じていたのに裏切られた?…と、妹「真琴」は、もう姉「さおり」とは、コンビを組まない…と怒り出し、「さおり」や母「晴子」達を困らせた…。そんな反抗的で姉を全然理解しようとしない身勝手な行動を取り続ける「真琴」に対して、優しい母「晴子」が、「真琴」を捕まえお尻をパンパン〜叩いた事で、「真琴」は、少しだけ心を開くのであった…。しかし、姉「さおり」の顔を見ると、再び「真琴」が母「晴子」の愛情の鉄拳制裁で、少しだけ反省している本心とは、違うひねくれた態度になってしまう?…。後日、そんな妹「真琴」を気遣いながら姉「さおり」は、日本の代表として渡米する「高岡」姉妹組の為にささやか送別会を開くのであった(第17話)…。

疲れたので、また今度?(笑)…つづく

cort36-45.jpg (12226 バイト) cort52-02.jpg (7449 バイト) cort52-34.jpg (10584 バイト) cort51-24.jpg (10351 バイト)

cort52-38.jpg (5024 バイト)

制作著作東宝株式会社フジテレビ

当ホームページで使用している画像や個人情報データなどの著作権は、すべて、それぞれの原著作権者に帰属し、無断で、商用や営利目的などでの二次利用や転用使用する事は厳禁されています!…。

[ HOME ][ 懐エピ ][ Q&A ][ 恐怖編 ][ アイドル ][ 闘魂 ][ 教育 ][ リンク ][ 掲示板 ][ 60〜80年代 ][ ↑back ][ ↓next ]

copyright(C)1998 禁断のハイブリッドマニアック
Takashi Hada all rights reserved.

E-mail: takasi@gb3.so-net.ne.jp