古宮梨園

  Top Page    梨の品種と特徴     ご注文は、こちらから!    案内図!  
 当園の販売品種
こうすい 幸水(こうすい)
発送と店頭での販売は、7月20日以降からの予定です。
 

 収穫時期⇒7月中旬〜8月上旬ごろ迄
 幸水は軟らかい果肉の中に、甘味の強い果汁がたっぷり含まれています。酸味はなく滑らかな食感が特長で、平均果重が350g位の中玉です。
 菊水に早生幸蔵を掛け合わせて、1959年に命名された赤梨系の早生種で、和なし生産量の約40%を占める最も生産量の多い品種です。
 ※注意 この梨は果肉が軟らかく、
気温の高い時期に最盛期を迎える品種なので、ご購入後はなるべく早くお召し上がり下さい。
ほうすい 豊水(ほうすい)
発送と店頭での販売は、8月上旬頃からの予定です。

収穫時期⇒8月上旬〜8月下旬ごろ迄

 果肉は軟らかく高糖度の果汁の中に、程よい酸味が含まれる濃厚な味で、平均果重が約400gの中玉です。
 豊水は幸水に(石井早生× 二十世紀)を掛け合わせて、1972年に命名された赤梨系の中生種で、和なし生産量の約30%を占める、生産量第2位の品種です。
 日持は、幸水よりも長く持ちます。
かおり かおり
発送と店頭での販売は、8月中旬頃からの予定です。

 収穫時期⇒8月中旬〜9月中旬ごろ迄
 適度にシャリ感(歯ごたえ)のある果肉で、ほど良い甘味の果汁には酸味はなく、特有の甘い香りします。平均果重が、800gを超える大玉品種で、なかには2kg近くまで成長する物もあります。
 かおりは、新興に幸水を掛け合わせた物で、1953年に神奈川県平塚市で「平塚16号」として育成されていましたが、現在は「かおり」という名で広く認知されている、青梨系の中生種です。

あきづき
発送と店頭での販売は、8月下旬頃からの予定です。


 収穫時期⇒8月下旬〜9月中旬ごろ迄
 果肉は適度にシャリ感(歯ごたえ)があり、糖度が高くて、果汁も豊富です。
 あきづきは、「新高」に「豊水」を掛け合わせ、さらに「幸水」を掛け合わせてできた品種で、 2001年に登録されました。主要3品種の優れたところを持ち合わせていて、人気上昇中の有力品種です。

 日持ちも良い方です。
にいたか 新高(にいたか)
発送と店頭での販売は、9月上旬頃からの予定です。


 収穫時期⇒9月上旬〜9月下旬ごろ迄
 シャリシャリとした歯ごたえのある食感で、果汁が多くて酸味は無く、甘いのが特長です。
 新高は新潟県の「天の川」と高知県の「今村秋」を掛け合わせて作り、それぞれの地名を取って1927年に「新高」と命名された、赤梨系の晩生種で、和なし生産量の
約10%を占める、生産量第4位の品種です。
 
大変日持ちが良い品種なので、贈答用に向いています。
※注意事項!
日持ちに関しましては、必ずしも保障出来るものではございません。あくまでも目安としてお考えください。
梨の日持ちは、品種や御購入後の温度管理等で、大きく変わります。
冷蔵庫の野菜室や直射日光のあたらない涼しい場所で保管し、なるべくお早めにお召し上がり下さい。
トップページ 取り扱い品種 お買い物 案内図 ページのTOPへ
Copyright (c) 2006-2018 Komiyanashien Japan. All Rights Reserved.