古宮梨園

   Top Page   梨の品種    ご注文はこちらから    案内図
エコファーマーとは?
 平成11年度に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入に関する法律」において、エコファーマーの制度ができました。エコファーマーとは、堆肥等による土づくりを基本とした化学肥料、化学農薬の使用量を低減する生産方式(持続性の高い農業生産方式)の導入計画を、各都道府県知事に認定された農業者の愛称です。

 近年特に、化学肥料や化学農薬の多用により生じる環境汚染や農地の生産力低下が大きな社会問題となっています。そのため環境に配慮し、農地の生産力を維持・増進する農業を行う意義は非常に高まっています。
持続性の高い農業生産方式とは?
 3つの技術として『土づくり技術』・『化学肥料低減技術』・『化学合成農薬低減技術』を一体的に行く生産方式のことで、3つの技術にはそれぞれ次の種類があり、その中から1つ以上を取り組むことが必要となります。技術の詳細は下表のとおりです。
技  術  名 内容
1.土づくりに関する技術
@たい肥等有機質資材施用技術 土壌の調査を行い、その診断に基づき良質なたい肥等有機物資材を施用する技術
A緑肥作物利用技術 土壌の調査を行い、レンゲなどの緑肥作物を栽培して農地にすき込む技術
2.化学肥料低減技術
@局所施肥技術 化学肥料を作物の根の周辺の肥料が、利用されやすい位置に集中的に節用する技術
A肥効調節型肥料節用技術 肥料成分が、溶け出す速度を調節した化学肥料を施用する技術
B有機質肥料施用技術 油かすやなたね油かすなどの有機質肥料を、化学肥料に代替して施用する技術
3.化学農薬低減技術
@温湯種子消毒技術 種子を温湯で殺菌消毒することにより、当該種子に付着した病原菌等を殺害する技術
A機械除草技術 機械を用いて、圃場とその周辺に発生した雑草を物理的に駆除する技術
B除草用動物利用技術 アイガモやコイなどを、水田に放飼いにして、雑草を駆除する技術
C生物農薬利用技術 天敵生物等を利用して、病害虫を駆除する技術
D対抗植物利用技術 土壌中の有害動植物(線虫など)の生育を妨げる物質を分泌する植物を栽培することで、有害動植物を駆除する技術
E抵抗性品種栽培・台木利用技術 病気や害虫に抵抗性を持つ品種の農作物を栽培し、農作物の台木として利用する技術
F土壌還元消毒技術 土壌中の酸素の濃度を低下させることにより、土壌中の有害動植物を駆除する技術
G熱利用土壌消毒技術 土壌に熱を加えて、その温度を上昇させることにより、土壌中の有害動植物を駆除する技術
H光利用技術 害虫の駆除とまん延防止のため、害虫に対する誘因効果・忌避効果・生理的機能の抑制効果を有する光を利用する技術
I被服栽培技術 フィルム等の被覆資材により、作物への有害動植物の付着を防止する技術
Jフェロモン剤利用技術 害虫のメスが放出するフェロモンの特性を利用して、オスをトラップで補殺したり、交信を撹乱する技術
Kマルチ栽培技術 土壌表面をフィルムや紙マルチ等で被覆し、有害動植物の駆除とその発生を抑制する技術
トップページ 取り扱い品種 お買い物 案内図 ブログ

Copyright (c) 2006-2018 Komiyanashien Japan. All Rights Reserved.