Home > U.S. Life > Apartment > Interia Photos

インテリア

アパートの内部の写真です。


[流し全体]
キッチンの向かって右側です。
中央に流し台、奥の下のほうには皿洗い機が収まっています。



[流しアップ]
そのアップです。
中央に写っている黒いのは後づけで買った電子レンジ(microwave oven)です。日本のSanyo製です。流しは、水とお湯を手で調整して混ぜる蛇口がついています。
流しの排水口は生ゴミ用ディスポーザ付です。



[レンジ全体]
キッチンの向かって左側です。
中央に4ツ口の電気式レンジ台(stove)、奥にあるのは冷蔵庫です。レンジ台の下には、電気式オーブン(conventinal oven)が収まっています。温度の設定は華氏です。レンジの上に、照明つきの換気扇が入っています。



[レンジアップ]
そのアップです。
電気式のレンジ台はGeneral Electric製です。左手前の口が最も火力が強く、中華鍋もどうにか使えます。火力は、それぞれについて、5段階調整できます。
オーブンは、華氏の200度から500度まで設定可能です。



[リビング北]
リビングの北側のショットです。左奥がキッチンになります。天井には、調光式の電球5個のシャンデリア(?)がついています。まんなかに見える茶色いローテーブルは、実は日本から持ってきたコタツです。現在はここには、ダイニングテーブルが置かれています。



[リビング南東]
リビングの南東側です。ここには現在、木製のFuton Lack & Futon Padが置かれています。写真の時点では本物のベッドがまだ来ていないので、ソファモードにすることは殆ど無く、常時ベッドモードでした。ベッドモードのときは、Full Sizeのベッド、ソファモードにすると、幅180cmの横長ソファになります。



[リビング南窓]
リビングの南側の様子。
床まである窓があります。写真ではブラインドを降ろしてあります。このブラインドは横引き式のプラスチック製で遮光性が高く、閉めていると昼間でもかなり暗いです。



[リビング北西]
リビングの北西角です。
右側はキッチンです。暖房装置が見えます。温度調整器つきのセントラルヒーティングです。燃料はガスで、一番下の蓋を開けると、元栓とパイロットランプ操作コックがあります。



[リビング南西]
リビングの南西角です。
左壁にドアが、右奥にベッドルームへ続く通路が見えます。天井照明が無いので、左はしに見えるfloor lamp (500W)を置いています。



[通路]
その通路入り口から奥を見たところです。
突き当たりにバスルームがあります。写真ではドアは開け放してあります。バスルームの手前の左側にwalkin clothet、右側にbed roomがあります。



[バスルーム]
バスルームの内部です。洗面所とトイレと風呂が一体になっているタイプの、いわゆる洋式 バスです。
右端に洗面台、中央にトイレ、左奥にバスタブがあります。バスルームにも窓があって、開閉できます。写真ではブラインドが降りています。



[バスタブ]
バスルームの一番奥のバスタブ部分です。
シャワーカーテンではなく、ガラスの扉がついています。お湯と水を人間が調整するタイプです。カランとシャワーの切り換えノブもみえます。シャワーの出口が、米国にしてはちょっと低いです。高さがだいたい170cmくらいのところにシャワーがあるので、身長182cmの私は、かがまないと髪を洗えません。



[クロゼット]
walkin clothetの中です。
右側には棚が、左側には服を吊るためのバーがあります(写っていませんが)。



[寝室窓]
ベッドルームの奥側です。
撮影時は、まだベッドがデリバリーされていなかったので、空っぽの部屋に段ボールが積んであります。
奥にクロゼットが見えます。写っているのは左半分で、実際のクロゼットはこの倍の幅があります。左には窓が見えます。写真ではブラインドが降りています。



[寝室ドア]
ベッドルームの出口側です。
左の壁に、暖房装置の噴き出し口が見えます。






Return to Home Page

Last modified: Jan 17,1997
Copyright (C) 1996,97 Koichi Terada, All Rights Reserved.