Home > PalmPilot > Software Development > KtaiDA

KtaiDA [Quad Stars]

携帯電話やIP電話の電話番号から、契約している電話会社(キャリア) の名前を知ることができます。日本国内向け専用です。

起動すると、電話番号を入力するフィールドが現れますので、 ここに携帯電話やPHS、IP電話、UPTの番号を入力していきます。 6桁または7桁入力した段階でキャリアが確定できるため、 そのキャリアの会社名が下部に表示されます。

起動する前に電話番号を選択しておけば、 起動するとすぐにその電話番号について検索を行うようになります。

表示される情報は、総務省(元郵政省だったところで番号割り当ての所轄部門) の提供するデータをそのまま使用しています(下記のURL参照)。このため、 一部で会社名の表記方法に一貫性が見られないように思えるところがあるかとも思いますが、 総務省の方針のようですのでご了承ください。(笑)

電気通信番号指定状況

また、2004/11現在で総務省のwebで公開されているデータのみをベースにしていますので、 最新の状態とは必ずしもマッチしていないかもしれません。 総務省の公開データが新しくなればKtaiDAも新しくする予定 (HTMLからの変換スクリプトを書いてあります)ですが、 それ以外のリソースを元にした更新は、 情報をまとめる工数が大変なので行わないつもりです。 (ちなみにVersion 0.1.1で、080系列の番号に対応するために要した作業時間は20分ほどでした。 スクリプト(& Makefile)を書いておいて良かった。(笑))

この KtaiDA は、DA (Desk Accessory) プログラムとして作られていますので、 起動するためにはDA LauncherなどのLauncherが必要です。 (Readmeファイルを読む: 日本語

PalmOS 2.0, 3.0, 3.3, 3.5, 4.0に対応することを確認しています。

このプログラムの動作対象ハンドヘルドは、 Palm社製、Hand Spring社製、IBM社製、HandEra社製のものとします。 Sony製のCLIEシリーズはサポートしていません。 たぶんCLIEでも動作すると思いますが、動作しなかったとしてもサポートできません。 これは、日米のSonyが供給しているCLIE向けデバッグツール等が Microsoft Windows環境のみを対象としており、 それがプログラミング用のツールであるにもかかわらず、 驚くべきことにLinux等のUNIX環境下で動作しないためです。 他のメーカはLinuxにおけるデバッグ環境をサポートしているため、 動作対象範囲としています。なお本件に関しては、 (1) SonyまたはPalm Inc.(またはそれ以外のサードパーティ) が対応ツールを公開する、 (2) 誰かが私に VMware または CLIE本体を無償で提供してくれる(笑)、 以外に恐らく改善の見込みがありませんのでご了承ください。

現在、ベータ版を公開しています。 なお、ソースファイルは、同じアーカイブに含まれています。

KtaiDA018.zip

[KtaiDA Image]  [KtaiDA Image] 

Return to Home Page

TERADA, Koichi <kterada@yokohama.kanagawa.to>

Last modified: $Date: 2005/06/17 14:29:38 $ UTC
Copyright (C) 2001-2004 Koichi Terada, All Rights Reserved.
このページはリンクのみ自由です。 メールや許諾は必要ありません。