Home > PalmPilot > Hardware > Visor Prism

Handspring Visor Prism

Visor Prismが充電できなくなることがある話

Handspring社製のVisor Prismというデバイスを使っています。 2001年1月に米国で購入した英語版です。

2003年の年末になって、このデバイスが充電できないという症状になってしまいました。 クレードルに乗せたり、充電可能なUSBケーブルをつないだりしても、 右下の緑LEDが点灯するだけで、点滅しないという状況です。 しかしこの状態でHotSyncは正常にできたりします。 クレードルに乗せている状態なら、Applicationランチャの電池マークはフルになりますが、 しかし稲妻マークはでません。

この症状の原因は不明ですが、回復方法はgoogleで発見できました。 ようするに、リセットピンでリセットする、というものです。

Subject: prismで充電できなることがありました
この処置により、正常に充電が行えるように回復しました。

それにしても、すっかり「リチウムイオンバッテリの寿命だ」と思って、 Palm Tungsten Eはユニバーサルコネクタじゃないしな〜、T3は高いしT2かなー、 日本国内じゃ売っていないみたいだし、Sparco あたりから輸入かな〜、Sony CLIEはPOSEがWin32版しかないから論外だしな〜、 などと思案していたのに、すっかり直ってしまいました。(笑)


Return to Home Page

TERADA, Koichi <kterada@yokohama.kanagawa.to>

Last modified: $Date: 2005/06/17 14:29:39 $ UTC
Copyright (C) 2004 Koichi Terada, All Rights Reserved.
このページはリンクのみ自由です。 メールや許諾は必要ありません。