陶芸教室の御案内

製作風景

うつわ舎 ・須恵陶房 陶芸教室


国立 くにたち 陶芸教室

自宅・陶房が、国分寺市内藤から国立市北に移りました。
国立駅北口から徒歩3分という便利な場所です。

新居での陶芸教室を再開致しました。
関心のある方はお電話ください。

電話 042−572−9020
東京都国立市北1−1−14

  地図


大きな地図で見る


2010年3月

主宰者:小池恒彦・小池美保子
     国分寺市内藤に陶房を構えて27年。飾り物ではなくて、毎日の生活の中で
     使いこんでいって出てくる美しさを大切にしています。
     電話 042−572−9020
            

花瓶、湯呑、茶碗、大皿、小皿、オブジェ、傘立て、箸置き、ペンダント、壁掛け、

植木鉢、鉢カバー・・・・。

とても良い自分用の骨壷をつくった方もいます。

不器用な人は不器用な人なりに、味わいのあるものができるのです。

うつわ舎はとても自由に、時間に追いたてられずじっくりと創作ができる場所です。

 


めぐみフォーラム掲載の小池恒彦エッセイ

1998年6月「陶芸と私−−−うつわ舎の旗揚げにあたって」  

めぐみ教会ウェブサイト・トップへ