HIRAO'S HOME PAGE > 世界名作劇場 > 世界名作劇場の音楽

世界名作劇場の楽器

 世界名作劇場のいくつかの作品には楽器が登場します。主人公やその周りの人々が楽器をうまく演奏しようと一生懸命努力するシーンがありますが、ここではそんな楽器に注目して作品ごとに紹介してみましょう。

母をたずねて三千里
 「母をたずねて三千里」で登場する楽器はギターとハーモニカとケーナとハンドルをくるくると手で廻して音を奏でる蓄音機のようなものです。ギターはマルコのお兄さんのトニオとガウチョのカルロスが弾いていました。トニオの腕前はそこそこ弾ける程度、カルロスはプロ級の腕前です。ハーモニカはフォルゴーレ号の船員のロッキーが、ケーナはインディオのパブロが吹いていました。蓄音機のようなものははっきり言ってこれはハンドルを廻すだけなので練習などまったく必要としません。作品中ではペッピーノが人形劇の最中によく使っていました。この蓄音機には曲が2曲しか入っていないのですが、この曲の歌詞がとても面白いので、聴いた事のない人あるいは聴いたけど忘れてしまったという人は一度聴いてみる事をお薦めします。
あらいぐまラスカル
 「あらいぐまラスカル」で登場する楽器はハーモニカとギターとピアノです。あまり登場しませんでしたが、スターリングはハーモニカを演奏するのが得意だったようです。そしてお父さんのウィラードとカールはギター、アリスのお姉さんのフローラはピアノを弾くのが得意だったようです。スティーブンソン家は家族全員が楽器を演奏できるそうなのですが、フローラ以外は何を演奏できるのかよくわかりません。
家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ
 「ふしぎな島のフローネ」で登場する楽器はギターとフルート、そしてバイオリンです。お兄さんのフランツが音楽家を目指しており、将来は音楽学校を卒業して作曲家かオーケストラの指揮者になりたがっていたので、楽器は色々演奏できたようです。フランツが持っていたのはギターとフルートでしたが、おそらく他にもあったと思われます。他にもオーストラリアに向かうブラックバーンロック号の上で楽団の人からバイオリンを借りてフランツはエミリーと一緒に演奏した事もありました。無人島のサバイバル生活になってからは、楽器がなかったのでフランツは無性に演奏したくなって、自作で貝殻に弦を張ってハープを作って演奏していたりもしました。
小公女セーラ
 「小公女セーラ」で登場する楽器はオルガンとオカリナです。オルガンはアメリア先生が授業で弾いていました。腕のほどはそこそこと言ったところでしょうか。セーラは自分の誕生日にピーターからもらったオカリナを上手に弾いていました。どこでオカリナを吹く練習をしたのでしょうか? お嬢様育ちのラビニアも楽器の1つくらい演奏できそうなものですが、作品中では披露してくれませんでした。ちなみに実写の映画では作品の中でミンチン院長がハープを演奏しています。
愛少女ポリアンナ物語
 「愛少女ポリアンナ物語」で登場する楽器はたくさんあります。ポリアンナがボストンの病院での手術を終えてベルディングスビルに帰ってきた時、ジミーの指揮する私設楽団がポリアンナを出迎えていました。この時登場した楽器はドラムにラッパにトランペットにチェロにギターがありました。この中でもハリントン家の御者のティモシーがトランペットを演奏し、芸達者なところを披露していました。ポリアンナはパレーに習い事をするように命じられピアノを練習していましたが、あまり上手ではなく、ポリアンナ自身もあまり好きそうではありませんでした。やはりポリアンナは外で元気よく遊ぶ方が好きなようですね。
愛の若草物語
 「愛の若草物語」で登場する楽器といえばピアノでしょう。ベスはピアノを弾く事が唯一の楽しみだったのですが、戦火に追われて疎開した先では音の外れた古いピアノしかなくて悲しい思いをしましたが、お隣のローレンスの屋敷でベスがグランドピアノを弾いた時にはとても嬉しく感じたものです。それからというものベスは毎日のように一日中お隣でグランドピアノを弾いて楽しんでいました。これほどまでに楽しそうに楽器を演奏するのを見ていると、こちらまで心が弾んできます。
 その後ベスはローレンスさんに気に入られ、ローレンスさんの今は亡き孫娘のピアノを譲られる事になり、ベスは毎日そのピアノを弾いて楽しみます。ベスだけでなくローリーもピアノを弾くのが得意で、将来はピアニストを目指していましたが、ローレンスさんは孫を芸術家にするのが反対だったので、ローリーはピアノを弾くのを禁止されていたのはちょっと可哀想でした。
小公子セディ
 「小公子セディ」で登場する楽器はフルートです。これはお父さんのジェイムズの持ち物でジェイムズが吹いていたのですが、お母さんのアニーと結婚してからはアニーも吹くようになり、セディが大きくなってからはセディも吹くようになりました。その中でもアニーローリーという曲が作品中で何十回となく演奏された為、とても印象に残る曲となっています。アニーロリーはセディのお父さんやお母さんの想い出の曲でもあり、またフルートの音色にあったとても美しい曲でもあるので一度自分で吹いてみたいと思わずにはいられません。
ピーターパンの冒険
 「ピーターパンの冒険」で登場する楽器は角笛とハープシコードです。角笛はいつもピーターパンが腰に差しており、自分がここ一番で登場する時には必ずと言っていいほど自分で角笛を吹いて鳴らしていました。ハープシコードはピアノに似たフック船長の好きな楽器で、船長室に置いてありました。フック船長はピーターパンを倒すまで2度とハープシコードを弾かないと誓っていました。腕のほうはまずまずでしたが、フック船長の奏でる音色を聞いていると誰しも眠ってしまうという魔法のような楽器です。
トラップ一家物語
 「トラップ一家物語」で登場する楽器はギターとバイオリンです。マリアはギターが得意で、いつも子供たちと「のんきな月曜日」という曲をギターで伴奏しながら歌っていました。この「のんきな月曜日」という曲はオーストリア民謡なのですが、歌詞がとても面白いので一度聴いてみる事をお薦めします。
 小さいマリアはお母さんを亡くした悲しみを忘れる為、バイオリンに打ち込みます。バイオリンは今は亡きお母さんの形見で、トラップ男爵はお母さんを思い出してしまうからと言ってバイオリンを取り上げてしまいますが、小さいマリアはどうしてもバイオリンを弾いてみたいとお願いして、とうとうバイオリンを練習する事ができるようになります。「愛の若草物語」のベスや「小公子セディ」のセディは物語の最初からピアノやフルートが上手かったのですが、小さいマリアだけは最初のうちはとても下手で、とんでもない音を出していました。バイオリンは他の楽器と違って鳴れないうちはとても他人が聞けないような音しか出ず、小さいマリアも例外ではありませんでした。なにを隠そうこの私もバイオリンをほんの少しだけ弾いた事があるのですが、まさに小さなマリアと同じ状態だったのでとても親近感がわきます。小さなマリアはお母さんの好きだったモーツァルトを一生懸命練習し、終盤になってようやくまともに弾けるようになりました。
大草原の小さな天使 ブッシュベイビー
 「大草原の小さな天使 ブッシュベイビー」で登場する楽器はハーモニカです。あまり登場しませんでしたが、テンボがハーモニカで「聖者が町にやって来る」を演奏しています。
若草物語 ナンとジョー先生
 「若草物語 ナンとジョー先生」で登場する楽器はやはりナットの演奏するバイオリンでしょう。ナットはプラムフィールドに来るまでは父親と流しの音楽家としてバイオリンを演奏していたので、とても上手に弾いていました。ただし、父親が亡くなってからは大好きなバイオリンを取り上げられ、寂しい毎日を過ごしていました。プラムフィールドに来た時、ベア先生の古いバイオリンをプレゼントされた時は本当に嬉しそうでした。ナットは将来ヴァイオリニストを目指しており、毎日バイオリンを練習していたので、作品中でもナットのバイオリンは毎回のように演奏され、特に「ブルー・テイル・フライ」という曲が弾かれていました。その他にはフランツはフルートを弾くのが得意でしたが、こちらはあまり登場しませんでした。
七つの海のティコ
 「七つの海のティコ」で登場する楽器はハーモニカとピアノです。ティコが死んだ時に悲しみに沈むナナミを励まそうとパーティーが開かれ、そこでトーマスはハーモニカを演奏してみんなを楽しませていました。また、スコットとナナミが瀬戸内海の小島のお母さんの実家を訪ねた時、ナナミはおもちゃのピアノで「ぶらんこの歌」を弾いていました。ただし弾くと言っても人差し指で弾くだけなので、それほどうまいというわけではありませんでした。
ロミオの青い空
 「ロミオの青い空」で登場する楽器はピアノです。ビアンカはピアノを演奏するのが得意らしく、高級ホテルの一室で怒りに任せて力一杯演奏していました。腕のほどはかなりうまいようです。
家なき子レミ
 「家なき子レミ」で登場する楽器はバイオリンです。ヴィタリスさんがとても上手にバイオリンを演奏してくれました。ヴィタリスさんは17才の時に楽譜を買ったと言っていましたから、若い頃から練習していたのでしょう。しかしその楽譜もレミに小説を書いて読ませる為の紙とペンを買う為に売ってしまいます。ヴィタリスさんは縦笛も吹けるようで、レミの初舞台の時に吹いていました。この時はレミも小太鼓を叩いていましたが、あまり上手ではなく、恥ずかしさのあまりにバチを落としてしまうというヘマをやっています。他にもレミはヴィタリス一座に来てからアコーディオンも弾けるようになったようで、一座の芸を披露する時は、いつもアコーディオンを弾いていました。バイオリンの他にヴィタリスさんはトランペット等の楽器も持っていたようですが、演奏される事はありませんでした。その後、馬車が放火されほとんどの楽器は燃えてしまいます。アコーディオンとバイオリンだけは火事をまのがれたようで、レミがガスパールの家に来た時もアコーディオンとバイオリンを持って来ていました。バイオリンはその後マチアの手に渡り、マチアはバイオリニストを目指して一生懸命練習する事になります。
戻る
_