HIRAO'S HOME PAGE > 世界名作劇場 > 小公女セーラ

小公女セーラ
A Little Princess Sara

セーラ

小公女セーラ 作品紹介

作品名   小公女セーラ
原作名   A Little Princess(1887年)
原作者   フランシス・エリザ・ホジソン・バーネット
  イギリス人(1849年〜1924年)
訳書名   小公女
舞台   イギリス(ロンドン)
物語の期間   1885年から約1年間
主人公   セーラ・クルー
年齢   10〜11才
製作   日本アニメーション/フジテレビ
放送期間   1985年1月6日〜12月29日
話数   全46話
ビデオ   バンダイビジュアル 全10巻(BES-211〜220)
LD   バンダイビジュアル 全2ボックス
DVD   バンダイビジュアル 全11巻(BCBA-0395〜0405)
監督(演出)   黒川文男
脚本   中西隆三/椋露地桂子
音楽   樋口康雄
キャラクターデザイン   才田俊次
受賞内容   昭和60年度文化庁子供向TV用優秀映画賞
協力   KLMオランダ航空
オープニング   花のささやき
エンディング   ひまわり


小公女セーラ あらすじ

 セーラは勉学のため、インドからイギリスの寄宿学校にやってくる。ミンチン女学院では特別待遇される大金持ちでありながら、だれとでもわけ隔てなく接し、優しく想像力にあふれたセーラは学院一の人気者となる。ところが、11歳の誕生日に思いがけない父の死と破産を告げられ、彼女の生活は一変してしまった。屋根裏部屋住まいの下働きとなり、酷使される毎日。同じ下働きのベッキーと励ましあいながら、貧しさの中でも気高さや、優しさを失わないセーラ。偶然からそんな彼女を知った隣人クリスフォードこそ、セーラを探していた父の友人だった。莫大な財産が再びセーラに戻ってくる。(日本コロムビア発売「名作アニメ主題歌大全集」より)

 セーラ・クルーは、インドのお金持ちの娘。4歳のときにお母さんを亡くし、お父さんとふたり、何不自由なく暮していました。
 セーラはミンチン女学院に入学するため、お父さんに連れられてロンドンにきました。院長もお金持ちのセーラを迎えるとあって、特別室や豪華な食事を用意したりして、待遇を良くします。わがままなお嬢様だと思われていたセーラですが、本当はやさしさや賢さに満ちあふれた少女だったのです。
 クラスメートや小間使いたちにも好かれるセーラでしたが、誕生日の日にお父さんが亡くなったという知らせが届きました。しかも破産して、セーラは無一文になってしまったのです。学校の体面を気にした院長は、セーラをそのまま学院に置くことにしましたが、それは小間使いとしてです。それも、満足な食事や着替えも与えず、朝から晩までこき使うのでした。
 嵐の中で買物にいかされたセーラは、高熱を出して倒れてしまいます。それを救ったのは、隣の家のクリスフォード氏でした。クリスフォード氏はセーラに知られないように、暖かい暖炉や栄養のある食事を置いていきます。小間使いのベッキーとともに喜ぶセーラでしたが、すぐに院長にバレてしまい、ますます仕事が厳しくなります。
 クリスフォード氏は、財産を残して亡くなった、親友のひとり娘を探していました。それがセーラだとわかり、自分の財産と合わせてセーラに贈ったのです。
 学生としての生活を取り戻したセーラは、学院で勉強を続けることにしました。院長は今までのことをおわびし、いじわるをしていたクラスメートとも仲直りをしました。そしてベッキーを、自分の元で働けるようにしたのです。
 いつもやさしさを失わなかったセーラは、幸福を手に入れて、インドに里帰りするのでした。(エニックス発行「日本アニメーション世界名作劇場全作品集」より)

小公女セーラ 新番組予告

 小公女セーラ、幼い少女の運命は希望と不安の中で木の葉のように流れて行きます。そしてその流れの行きつく先はどんな事が待っているのでしょうか? 新番組小公女セーラ「ミンチン女子学院」をお楽しみに。

小公女セーラ ストーリー詳細


小公女セーラ 登場人物紹介


小公女セーラ 感想


小公女セーラ 原作


小公女セーラ 実写版映画


小公女セーラ サブタイトル
話数 サブタイトル 放送日
第 1話 ミンチン女子学院 85年1月 6日
第 2話 エミリー人形 85年1月13日
第 3話 はじめての授業 85年1月20日
第 4話 親友アーメンガード 85年1月27日
第 5話 泣き虫ロッティ 85年2月 3日
第 6話 灰かぶりベッキー 85年2月10日
第 7話 代表生徒 85年2月17日
第 8話 親切なお嬢様 85年2月24日
第 9話 インドからの手紙 85年3月 3日
第10話 二つのプレゼント 85年3月10日
第11話 プリンセスの誕生日 85年3月17日
第12話 屋根裏の暗い部屋 85年3月24日
第13話 つらい仕事の日 85年3月31日
第14話 深夜のお客さま 85年4月 7日
第15話 街の子ピーター 85年4月14日
第16話 ロッティの冒険 85年4月21日
第17話 小さな友メルの家族 85年4月28日
第18話 悲しいメイポール祭 85年5月 5日
第19話 インドからの叫び声 85年5月12日
第20話 謎の特別室生徒 85年5月19日
第21話 涙の中の悲しみ 85年5月26日
第22話 屋根裏のパーティ 85年6月 2日
第23話 親切なパン屋さん 85年6月 9日
話数 サブタイトル 放送日
第24話 エミリーの運命 85年 6月16日
第25話 一日だけのシンデレラ 85年 6月23日
第26話 年少組の小さな先生 85年 6月30日
第27話 デュワルジュ先生の帰国 85年 7月 7日
第28話 夏休みの大騒動 85年 7月14日
第29話 ベッキーの里帰り 85年 7月21日
第30話 インドから来た紳士 85年 8月 4日
第31話 屋根裏にきた怪物 85年 8月11日
第32話 壁の向こう側の秘密 85年 8月18日
第33話 新学期のいじわる 85年 8月25日
第34話 嵐の中のつぐない 85年 9月 8日
第35話 消えそうないのち 85年 9月22日
第36話 魔法のはじまり 85年 9月29日
第37話 屋根裏は大混乱 85年10月 6日
第38話 こわされた魔法 85年10月13日
第39話 馬小屋の寒い夜 85年10月20日
第40話 アメリア先生の涙 85年10月27日
第41話 妖精たちのパーティ 85年11月 3日
第42話 雪の日の追放 85年11月10日
第43話 幸せの素敵な小包 85年12月 8日
第44話 おお、この子だ! 85年12月15日
第45話 ミンチン院長の後悔 85年12月22日
第46話 また逢う日まで 85年12月29日
←牧場の少女カトリ  戻る  愛少女ポリアンナ物語→
_