スバル情報館では、現在販売中の車種情報(レガシィ、インプレッサ、フォレスター、トラヴィック、サンバー等)から、
スバル旧車情報(スバル360、SVX・アルシオーネ等)及びスバル関連ニュースをご提供いたします
HOME > レガシィ(LEGACY)
■ Menu ■ レガシィ 〜SUBARU LEGACY〜
スバル情報館 HOME
スバル情報館
  
スバル系譜
富士重工業
レガシィ(LEGACY)
インプレッサ(IMPREZA)
フォレスター(FORESTER)
トラヴィック(TRAVIQ)
R2
プレオ(PLEO)
サンバー(SAMBER)
SVX・アルシオーネ
小型車(旧車)
  (SUBARU 1000,LEONE...etc.)
軽自動車(旧車)
  (SUBARU 360,R2,VIVIO...etc.)
 
スバル情報
SUBARU News
イベント・展示会
スバル最中(伊勢屋)
スバルデータ
東京スバルラリーチーム
東京スバル創立3周年記念祭
東京スバル武蔵野店
Impreza Sports Meeting
  (2001.11)
群馬制作所本工場祭 2001
スバル関連本
スバリストミーティング
  (16PS Official Site)
スバル WRC情報
  (SSUBARU Official Site)
スバル車リコール情報
  (富士重工業 Official Site)
 
スバル以外の情報
イベント・展示会
データ・資料
 コラム
■コラム (」スバル情報館 -Blog-)
旧コラム(blogへ移行)
過去のコラム(スバル関連)
過去のコラム(スバル以外)
 スバル情報館 リンク
スバル関連
スバル以外
 
プロフィール
管理人プロフィール
管理人のスバル遍歴
スバル情報館について
 
お問い合わせ【準備中】
お問い合わせ
  (質問/相互リンクなど)
掲示板
 



リンクアイコンはこちら
● LEGACY詳細データ
★ レガシィの歴史
 ・レガシィ誕生からレガシィAタイプのスペック比較など
 【
一部公開
新世紀レガシィワゴン 【BH-A type】 主要諸元表
 ・
B〜Dタイプは準備中です
レガシィB4 【BE-A type】 主要諸元表
 ・
B〜Dタイプは準備中です
レガシィ 【BH・BE型】 価格表
 ・A〜Dタイプ/特別仕様車の価格表も併記
レガシィ 【BH/BE】 モデル別(型別)主要改良点
 ・
現在 D type 工事中です
★ レガシィワゴン 【BG】 主要諸元表
  【Aタイプ】【Bタイプ】【Cタイプ
レガシィワゴン 【BG】 エンジン主要諸元表
 ・A〜Cタイプ
★ レガシィセダン 【BD】 主要諸元表
  【Aタイプ】【Bタイプ】【Cタイプ
レガシィセダン 【BD】 エンジン主要諸元表
 ・A〜Cタイプ
● LEGACYの記録【詳細情報あり】
★ 1998年
 世界最速ワゴン記録更新!!
★ 1993年
 世界最速ワゴン記録達成!!
★ 1989年
 10万キロ世界速度記録達成!!
西暦  
2008 5 14 ◇S402 登場(発売:6/27〜) 2009年2月末受注分までの限定402台(受注生産)
S402の詳細情報はこちら(富士重工業ニュースリリース)
2008 5 8 ◆LEGACY MC【BP、BL-Fタイプ】
◇スバル発売50周年記念特別仕様車 追加設定
 (レガシィツーリングワゴン・B4)
 ◇2.0i Advantage Line 追加設定
 (レガシィアウトバック)
 ◇2.5XT 追加設定
 ◇2.5XT EyeSight 追加設定

【レガシィ ツーリングワゴン/B4「 2.0i Advantage Line」の主な特別装備】
・バイキセノンヘッドランプ[ポップアップ式ウォッシャー付]
・エレクトロルミネセントメーター
・インパネ・シフトノブ・ドアトリム加飾[内装色 アイボリー:茶色木目調、オフブラック:黒色木目調]
・左右独立温度調整機構&リヤベンチレーション付きフルオートエアコン
・運転席8ウェイパワーシート[前後スライド/ 前チルト/ リフター/ リクライニング、ランバーサポート付]
・パドルシフト付きスポーツシフト[4速]
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・MOMO製本革巻3 本スポークステアリングホイール&オーディオリモートコントロールスイッチ
・専用5 本スポーク16 インチアルミホイール 
2007 11 14 ◇Urban selectionシリーズ 追加設定
 (レガシィツーリングワゴン・B4)
 ◇2.0i Urban selection 追加設定
 ◇2.0GT Urban selection 追加設定
 ◇2.0GT SI-Cruise Urban selection 追加設定
 ◆2.5i Urban selection 追加設定(新規車種追加)
 (レガシィアウトバック)
 ◇2.5i Urban selection 追加設定

※「Urban selection」は、2007年10月に開催された第40回東京モーターショーに参考出品した「レガシィ アウトバック Urban selection」のコンセプトはそのままに、市販化にあたりラインナップを拡げ提案。(富士重工業ニュースリリースより引用)

 【詳細はこちら(富士重工業ニュースリリース)
2007 8 7 2.0GT spec.B tuned by STI 追加設定 2008年2月受注分までの限定600台
【レガシィ ツーリングワゴン、B4 「tuned by STI」の特別装備】
・STI製フロントアンダースポイラー
・STI製トランクスポイラー[ハイマウントストップランプ内蔵](B4)
・STI製18インチ×7.5Jアルミホイール
・専用サイズ225/40R18タイヤ(ポテンザRE050A)
・STI製チューニング・ビルシュタイン製ダンパー
・STI製チューニング・コイルスプリング
・STI製フレキシブルタワーバー
・STI製ピロボールブッシュリヤサスペンションリンク(ラテラルリンクフロント、ラテラルリンクリヤ内側)
・ブレンボ製ブレーキ[フロント:17インチ対向4ポットブレーキキャリパー/リヤ:17インチ対向2ポットブレーキキャリパー](ブラック塗装)
・STI製ステンレスメッシュブレーキホース
・STI製専用チューニングECU
・STI製専用チューニングTCU(AT車)
・STI製スポーツマフラー(φ65デュアル×2、STIロゴ入り)
・アルカンターラ(グレー)/レザー(ブラック)シート
フロント低反発クッション、STIロゴ入り、シート材質 アルカンターラ:シート座面+背面、/本革:ヘッドレスト+シートサイド]
・シートポジションメモリー機能付き運転席8ウェイパワーシート/助手席パワーシート
・ブラックインテリア[ピラートリム、ルーフトリム、リヤゲートトリム(ワゴン)]
・専用エレクトロルミネセントメーター(STIロゴ入り/260km/h表示)
・STI製ロゴ入り本革巻ATシフトレバー/本革巻MTシフトノブ
・ダークメタル調加飾
・STI製サイドシルプレート(アルミ製、フロント・リヤ tuned by STIロゴ入り)
・STI製tuned by STIオーナメント(リヤ)
・プレミアムアクセサリー:STI製オリジナル本革アクセスキーケース

 【詳細はこちら(富士重工業ニュースリリース)
2007 5 15 ◆LEGACY MC【BP、BL-Eタイプ】
 (レガシィツーリングワゴン・B4)
 ◇2.0i B-SPORT 追加設定
 ◇2.0i Brighton 追加設定
 (レガシィアウトバック)
 ◇2.5i S-style 追加設定
 ◇2.5i L-style 追加設定
 【新グレード展開(追加設定)】
 (ツーリングワゴン/B4)
 ◇2.0GT 追加設定
 (ツーリングワゴン/B4)
 ◇2.0GT SI-Cruise 追加設定
 ◇2.0R spec.B 追加設定
 (レガシィアウトバック)
 ◇3.0R SI-Cruise 追加設定

詳細はこちら(富士重工業ニュースリリース)

【改良の主な内容】
新ボディ色に、「スティールシルバー・メタリック」、「トパーズゴールド・メタリック」を設定。
快適なドライブをサポー トするテレマティクスサービス“SUBARU G-BOOK ALPHA”に対応する専用オーディオ一体型HDDナビゲーションシステムをメーカー装着オプションで設定。(ツーリングワゴン/B4「2.0i」、 「2.0i Casual edition」、およびアウトバック「2.5i」を除く)
アクセスキーの携帯により、ドアの施錠・開錠とプッシュスイッチによるエンジン始動を可能としたキーレスアクセス&プッシュスタートを「2.0GT」系、「3.0R」系に標準装備。
メーカー装着オプションの本革シート装着車に助手席パワーシートを追加装備。
2.0Lターボエンジン車、3.0Lエンジン車に、スバルダイナミック5ATを採用。
2.0Lターボエンジン車の5速ATに、ダウンシフトブリッピングコントロール(回転同期制御)を採用。(3.0Lエンジン車は従来より採用済み)

〜専用オーディオ一体型HDDナビゲーションシステム(SUBARU G-BOOK ALPHA対応)〜
<ナビゲーション部>

ソフトウェアの最適化や40GBの大容量HDD(ハードディスクドライブ)の採用により、3D画面のスクロール時や目的地案内の再探索時の素早い処理能力を実現し使い勝手を向上。
よりきめ細かく鮮明な画像が楽しめる7インチVGA液晶モニター&LEDバックライトを採用。
<専用オーディオ部>
ヘッドユニットに、車室内の音響特性の補正を行い全ての座席に最適な音響品質を提供するAudysseyMultEQ技術を採用。
徹底した音質チューニングを施すとともにノイズや歪みを最小限に抑え、より原音に忠実な再生を実現。
 *AudysseyMultEQは米国Audyssey Laboratories,Inc.の登録商標です。
2006 11 15 (レガシィツーリングワゴン・B4)
SI-Cruise Limited 追加設定
2.0-i B-SPORT LIMITED 追加設定
(アウトバック)
2.5i S-style LIMITED 追加設定
2006 8 8 2.0GT spec.B tuned by STI 追加設定 2007年2月受注分までの限定600台
【レガシィ ツーリングワゴン、B4 「tuned by STI」の主な特別装備】
STI製フロントアンダースポイラー
STI製トランクスポイラー(ハイマウントストップランプ内蔵)〈B4〉
STI製18インチ×7.5JJアルミホイール
STI製専用チューニング・ビルシュタイン製ダンパー
STI製専用強化ローダウンスプリング
STI製フロントロアアームバー
STI製フロントストラットタワーバー
STI製ピロボールブッシュリヤサスリンク(トーコントロールリンク、ロワーラテラルリンク内側)
ブレンボ製ブレーキ[フロント:17インチ対向4ポットブレーキキャリパー/リヤ:17インチ対向2ポットブレーキキャリパー](ブラック塗装)
STI製ステンレスメッシュブレーキホース
STI製スポーツマフラー(φ65デュアル×2・STIロゴ入り)
専用シート(シートポジションメモリー機能付き運転席8ウェイパワーシート)
[フロントSTIロゴ入り、アルカンターラ/レザー(ブラック)]
ブラックインテリア[ピラートリム、ルーフトリム、リヤゲートトリム(ワゴン)]
専用エレクトロルミネセントメーター(260km/h表示/STIロゴ入り)
ダークメタル調加飾
ブラックタイプ本革巻ATセレクトレバー
「STI」オーナメント(リヤ)
オリジナルアルカンターラ製車検証入れ
2006 5 24 ◆LEGACY MC【BP、BL-Dタイプ】

詳細はこちら(富士重工業ニュースリリース)

【改良の主な内容】
1. エクステリア4代目レガシィの特長である、機能と美しさを追求したエクステリアデザインを活かしながら、細部にまでこだわった意匠変更を施し、レガシィ独自の存在感をさらに高めた。
フロントボンネットフードから ヘッドランプカバー、フロントバンパーをなめらかにつなぎ、フロント面の一体感を創出。ヘッドランプのウインカーレンズ部には、上下に放射状に伸びるス リットを採用するとともに、内部のエスカッションのデザインを変更し、特にライト点灯時などの質感を向上。
ヘッドランプ外側からサイドのフェンダーにかけて、伸びやかで勢いのあるキャラクターラインを連続させ、引き締まった精悍なフロントデザインを実現。
フロントグリルは6角形の形状とし、レガシィシ リーズのイメージを統一。車種、グレードにあわせ、航空機の翼をモチーフにしたグリルセンターの六連星から左右に力強く伸びるウィングスグリルを採用する タイプ、緻密で立体感のあるスポーティなハニカムタイプ、横基調をアクセントとした力強いルーバータイプの3タイプを設定。
ツーリングワゴン、B4のフロントフォグランプを、マルチリフレクタータイプに変更し、照射面積を拡大するとともに、質感を向上。(ツーリングワゴン「2.0i Casual edition」を除く)
リヤコンビランプは、クリアタイプのウインカーレンズを採用するとともに、テールランプ内部に円形の放射状に光る丸型のリフレクターを採用し、質感を向上。
ツーリングワゴンとアウトバックは、左右のリヤコンビランプ、バックランプ、リヤフォグランプをメッキモールで繋ぎ、またB4はリヤコンビランプの天地寸法を短縮しコンビランプ下部にメッキモールを追加し、それぞれリヤデザインの広がり感、質感を強調。
ドアミラーのデザインを変更し、運転席側の前方視界を向上するとともに、雨天時などの鏡面への水滴の付着を軽減。
アルミホイールのデザインを変更。ツーリングワ ゴン、B4に装備される17インチホイールは6本スポークが描く伸びやかなデザイン、18インチホイールは10本のスポークが外周に向かって広がるシンプ ルでスポーティなデザイン、また、アウトバックに装備される17インチホイールは、独特のスポーク形状で力強さを表現したデザインをそれぞれ採用。
ボディカラーには、新たに、「ダイヤモンドグレー・メタリック」、「ニューポートブルー・パール」、「サテンホワイト・パール」の3色を設定。

2. インテリア
加飾パネルなどにより、質感、機能性を高めながら、安心感のある室内空間を演出。また、「SI-DRIVE」搭載車には、専用のメーターパネルやステアリングスイッチなどを採用し、インターフェイスの機能性を重視したデザインを採用。
ダッシュボードの中央部に、航空機の翼をモチーフにした金属調の加飾パネルを施し、広がり感、安心感のある空間を表現。
オーディオパネルは、金属調の加飾パネルを引き立たせるブラック色に統一。
メーターパネルは、文字盤の色をブラック色に変更したほか、スピードメーター、タコメーターの文字の意匠変更、および目盛りの細分化を施し、視認性を向上。
「SI-DRIVE」搭載車のメー ターパネルは、「SI-DRIVE」の機能などを表示する「マルチインフォメーションディスプレイ」や「ECOゲージ」、マニュアルトランスミッション車 には「シフトアップインジケーター」などを装備する専用のエレクトロルミネセントメーターを採用。
新デザインのステアリングホイール を採用。グリップの断面形状を変更するなど操作感を向上。また、一部グレードに標準装備となるオーディオリモートコントロールスイッチ、および一部グレー ドにメーカー装着オプションとなるクルーズコントロールのスイッチを、ステアリングホイールの左右スポーク部に集約し、一体感と操作性を向上。
「SI‐DRIVE」搭載車のステ アリングホイールには、「マルチインフォメーションディスプレイセレクター」、「SI‐DRIVE S♯スイッチ」を配置。また、AT(オートマチックトランスミッション)車には、マニュアルモード走行時の操作性を高めるパドルシフトを採用。
センターコンソール周りの意匠を変 更。AT車はATセレクトレバーのインジケーターを、MT(マニュアルトランスミッション)車はシフトブーツをそれぞれ囲むフレーム、カップホルダーを丸 型リングのモチーフで連続させ統一感を向上。また、AT車のインジケーターには光沢のある表面処理を施すとともに、2.0Lターボエンジン車、3.0Lエ ンジン車のカップホルダーはリング部にライト点灯と連動したブルー色の照明を内蔵。
運転席、助手席のシート座面の形状を最適化し、快適性と乗降性をともに向上。

3. パワーユニット
エンジンの燃焼効率、吸排気効率の向上のほか、トランスミッションの改良や6速マニュアルトランスミッションの拡大展開などにより、パワーユニット 全体で走りの基本性能を高めた。また、2.0Lターボエンジン車、3.0Lエンジン車には、自らの選択により用途に合わせて3つの異なる走行性能を愉しむ ことを可能とした新システム「SI-DRIVE」を採用し、1台のクルマで優れた燃費性能と走行性能を実現。

<エンジン>
〜2.0Lターボエンジン〜

デュアルAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)のバルブ開閉タイミング、カムプロファイルの最適化により、吸排気効率を向上させ、走行性能と燃費性能を両立。
燃焼室、排気ポートの形状変更やシリンダーヘッドの冷却性能向上などにより燃焼効率を高め、走行性能、燃費性能および排出ガス性能を向上。
タンブルジェネレーテッドバルブ(TGV)を採用。バルブの開閉により低回転域の燃焼効率および高回転域の充填効率を向上させ、排出ガス性能、燃費性能を向上させながら出力を確保。
エンジン冷態時に排気ポートに空気を送り込み、未燃焼の排気ガスを再燃焼させ触媒の早期活性化を図る2次エアシステムを採用し、排出ガス性能を向上。
ターボチャージャーの形状を変更。コンプレッサー内の圧縮空気の流れを整流しエンジンの低中回転域のトルクを高め、出力性能、燃費性能を向上。
「SI-DRIVE」の採用により、3つの出力特性を設定。
平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)を達成。
〜3.0Lエンジン〜
可変バルブリフトのカムプロファイルを変更。吸気バルブ、排気バルブのカム作動のタイミングを最適化し低中速回転域のトルクを向上させることで、燃費性能、排出ガス性能を向上。
排気ポートおよびエキゾーストパイプの形状を変更。燃焼ガスの排気抵抗を低減し、触媒の早期活性化による排出ガス性能の向上と出力の確保を両立。
「SI-DRIVE」の採用により、3つの出力特性を設定。
平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)を達成。
〜2.5Lエンジン〜
可 変バルブリフト機構「i-AVLS(i-Active Valve Lift System)」を採用。エンジンの低中回転域では片側の吸気バルブをローリフトとし、もう片側の吸気バルブとの位相によるスワール流が吸入空気の流速を 高め充填効率、燃焼効率を向上させることで、排出ガス性能を向上。中高回転域では2本の吸気バルブを同時にハイリフトとし、吸気バルブ周辺の通気抵抗を低 減させるとともに、吸排気慣性の効果により、シリンダー内への充填効率を向上させ、出力を向上。
エアインテークパイプ、および吸気チャンバーの形状変更により、吸気効率を向上。
排気マニホールドを4-1集合式の等長等爆とすることにより、「i-AVLS」との相乗効果で、出力性能と排出ガス性能を向上。
平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)を達成。
<トランスミッション>
〜オートマチックトランスミッション〜
全ATに、マニュアルモード走行でギヤを固定したまま加速する際、アクセルを踏み続けると自動的にシフトアップするオートアップシフト機構を採用。
3.0Lエンジン車の5速ATにダ ウンシフトブリッピングコントロール(回転同期制御)を採用。ECUとの協調制御により、シフトダウン後のエンジン回転数を予測し、予めエンジンの回転数 を上げることで、マニュアルモードでのシフトダウンの変速をよりスムーズにしスポーティな走りにも対応。
「SI-DRIVE」の採用に合わせ、ECUとの協調制御により、5速AT車の制御方式を最適化。
〜マニュアルトランスミッション〜
ツーリングワゴン、B4の「2.0GT spec.B」に専用のギヤレシオを持つ6速MTを採用。また、リヤデフは、容量を拡大するとともに、応答性に、より優れるトルセン式LSDを採用し、旋回性能を向上。
ツーリングワゴン、B4「2.0i」、「2.0R」の5速MTの1速と3速に、ダブルコーンシンクロナイザーを採用し、シフト操作力の低減と軽快なシフト操作感を実現。


4. ボディ/シャシー

運動性能に優れるSYMMETRICAL AWDの素性の良さを活かしながら、ボディ各部の補剛やサスペンションの改良などにより、レガシィの優れた操縦性、安定性をさらに向上させるとともに、グランドツーリングカーに相応しい上質な乗り心地を実現。

<ボディ>

メインフレームとフレーム上部の結合部分の大型化および板厚の拡大により、フロントサスペンション取り付け部の剛性を高め、主に操舵時のステアリング応答性と安定性を向上。
メインフレームとサイドシルの結合部分の大型化および板厚の拡大により、フロントフレーム支持部などの剛性を高め、主に直進安定性を向上。
フロントピラーの下端からサイドシルにかけて補剛材を追加。サスペンションの不要な動きを抑制し乗り心地を向上。
ツーリングワゴン、B4の「3.0R」および18インチタイヤ装着車に、フロントピラーとフレーム上部を繋ぐ補剛材を追加し、操縦安定性と乗り心地を向上。

<シャシー>

サブフレームのロワアーム取り付け位置を変更し、ロール特性を最適化。高速走行時などの直進安定性を向上。
アウトバックのフロントダンパーの内部構造を変更するとともに、フロント、リヤダンパーの減衰力およびスプリングの定数を最適化し、乗り心地を向上。
ツーリングワゴン、B4の「2.0i」、 アウトバック全車のブレーキアシストに機械式踏込み速度感応型を採用。ブレーキペダルの踏み込み速度と踏込み量から必要な制動力を発生させ、特に緊急時のブレーキ操作を支援し安全性を向上。
ブレーキキャリパーの塗料を環境に優しい3価クロムを含有するシルバー色に変更。


5. 「SI-DRIVE」
2.0Lターボエンジン車、3.0Lエンジン車に新システム「SI-DRIVE」を採用。用途にあわせた3つのモード「Intelligent (I/インテリジェント)」、「Sport(S/スポーツ)」、「Sport Sharp(S♯/スポーツシャープ)」を持ち、ECU、電子制御スロットルやAT車のTCUを緻密に複合的に協調制御し、各制御モードでそれぞれの特長 に際立った走行性能を実現。運転者がモードを任意に切り替えることで1台の車で3つの異なる走行性能を愉しむことを可能とした。
また、運転者と車のコミュニケーションを促進するインターフェイスとして、制御モードの確実な切り替えを可能とする「SI-DRIVEセレクター」、運転 者に燃費走行を意識させる「ECOゲージ」、低燃費走行中であることを示す「インフォECOインジケーター」、SI-DRIVEの稼動状況を総合的に表示 する「マルチインフォメーションディスプレイ」を設定、さらにマニュアルトランスミッション車には「シフトアップインジケーター」を装備。
運転者に燃費走行を意識させるディスプレイは、パワーユニットの制御や基本性能の向上との相乗効果で従来の同型車に比べ約10%の実用燃費向上(社内実測、「Intelligent」モード時)を達成している。

6.仕様装備
<快適装備>

2.0Lターボエンジン車、3.0Lエンジン車に、運転席側、助手席側で別々の温度設定を可能とした左右独立温度調整機構付フルオートエアコンを採用し快適性を向上。
3.0Lエンジン車にリヤベンチ レーションを採用。また、メーカー装着オプションでセンターコンソール後部にリヤマルチファンクションパネルを設定。後席オーディオリモートコントロー ル、AUX端子、12V電源のほか後席リーディングランプ&スイッチなどを装備し、リヤシート同乗者の快適性、利便性を向上。
運転席にメモリー機能付8ウェイパワーシートを採用。(2.0Lターボエンジン車、3.0Lエンジン車、およびアウトバック「2.5i」にメーカー装着オプションで設定の本革シートに共着)
2.0Lターボエンジン車、3.0Lエンジン車のステアリングホイールに最大40oの操作幅を持つテレスコピック機能を採用。(ツーリングワゴン、B4の「2.0i」、「2.0R」およびアウトバック「2.5i」にメーカー装着オプション)
3.0Lエンジン車のリヤアームレスト前端にカップホルダーを設置。


<オーディオ>
〜LEGACYマッキントッシュサウンドシステム〜(ツーリングワゴン「2.0i Casual edition」を除く全車にメーカー装着オプション)
オーディオユニットの改良を施すとともに、パワーアンプ出力を1ch追加。
ダッシュボード上部に70o口径のセンタースピーカーを採用。これによる音場の変更に合わせ、ドアウーファーの内部構造を最適化。
ボディ形状や内装の生地素材の仕様に応じて音響特性を設定できるFix‐EQを追加。
〜LEGACYプレミアムサウンドシステム〜 (ツーリングワゴン「2.0i Casual edition」を除く)
音のこもりなどを解消し、全ての座席位置で心地よい音響空間を創り出す「SRS WOW」を採用。
“録音現場”を再現するチューニングを施すとともに、室内の音響特性に合わせFix−EQの設定を変更。
MP3/WMA CD再生機能およびMDLP対応(グループ対応)機能を採用。
オーディオユニットに6連奏CDチェンジャーを搭載。
*WOW、SRSおよび(●)記号はSRS Labs, Inc.の商標です。

<その他装備>

ツー リングワゴン、B4の「2.0i」、「2.0R」に「B-SPORT」、アウトバック「2.5i」に「S-style」を、それぞれメーカー装着オプショ ンで設定。エレクトロルミネセントメーター、運転席パワーシート、テレスコピックステアリングなど、上級感とスポーツ性を高める装備をパッケージ。充実し た装備でありながら、お求めやすい価格を設定。
アウトバックのカーゴフロアに、リバーシブルタイプのフロアマットを採用。表側は質感の高いカーペットフロアとしながら、裏側はハードフロアを採用。また、ハードフロアの形状をトレイ状とすることで、使い勝手を向上。
メーカー装着オプションのHDDナビゲーションに「ダブル画面表示機能」を追加。地図表示とDVDなどの映像ソースの同時視聴を実現。
センターコンソールボックス内に携帯オーディオの音声を車両搭載スピーカーから出力できるAUX音声入力端子をディーラー装着オプションで設定。

2005 12 19 Blitzen 2006 MODEL 登場
2005 12 6 スバル レガシィ、「トップセイフティピック・ゴールド賞」を獲得
 ※米国IIHSの安全性評価で 最高の評価
2005 12 1 ブラックインテリアセレクション 追加設定
◇2.0GT−Limited 追加設定
2005 8 17 2.0GT spec.B tuned by STI 追加設定 2005年11月受注分までの限定600台
B4 2.0GT WR-Limited 2005 追加設定

【2.0GT spec.B tuned by STI特別装備】
・STI製フロントアンダースポイラー
・STI製トランクスポイラー(ハイマウントストップランプ内蔵)<B4>
・STI製18インチ×7.5JJアルミホイール
・STI製強化ローダウンスプリング
・STI製フロント・ストラットタワーバー
・STI製ピロボールブッシュリヤサスリンク(トーコントロールリンク、ロワーラテラルリンク内側)
・ブレンボ製ブレーキ[フロント:17インチ対向4ポットブレーキキャリパー/リヤ:17インチ対向2ポットブレーキキャリパー]
・STI製ステンレスメッシュブレーキホース
・STI製スポーツマフラー(65φデュアル×2・STIロゴ入り)
・専用シート[フロントSTI刺繍入り、アルカンターラ/レザー(ブラック)]
・ブラックインテリア[ピラートリム、ルーフトリム、リヤゲートトリム(ワゴン)]
・専用エレクトロルミネセントメーター(レッドイルミネーション/260km/h表示)
・ブラックセンターパネル(パネルサイド色:チタン調)
・本革巻ATセレクトレバー(ブラックタイプ・AT車)
・「tuned by STI」オーナメント(リヤ)
・オリジナルアルカンターラ製車検証入れ
・WR-CARエンジンミニチュア
2005 5 24 ◆LEGACY MC【BP、BL-Cタイプ】
 (レガシィツーリングワゴン・レガシィB4)
 ◇2.0R B-SPORT 追加設定
 ◇2.0i B-SPORT 追加設定
 (ツーリングワゴン)
 ◇GT-II 追加設定
 (アウトバック)
 ◇2.5i S-style 追加設定
 ※レガシィ世界累計生産300万台突破を記念した特別仕様車4車種
 

【主な改良の内容】
ツーリングワゴン、B4のボディ色に、新色の「バイオレットグレー・メタリック」を、また、アウトバックに、ツーリングワゴン、B4で好評の「アーバングレー・メタリック(モノトーン)」を設定。
30GBのHDD(ハードディスクドライブ)を備え、DVD再生やCDからHDDへの高速録音など、多彩な機能を備えたHDDナビゲーションシステムをメーカー装着オプションで設定。(SUBARU G-BOOK対応LEGACYビルトインDVDナビゲーション付車を除く)
サスペンションの減衰力特性や、コイルスプリングのバネ定数、スタビライザー径などの変更により、操縦安定性と乗り心地をともに向上。
3.0Lエンジン搭載のAT車は、スロットル開度とトランスミッション変速タイミングの制御を最適化し、アクセル操作に対するリニアな加速を実現。
「2.0 CNG」の排出ガス浄化性能を向上させ、「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」(SU-LEV)相当を達成。また、八都県市低公害車指定を取得。
ツーリングワゴン、B4の「3.0R spec.B」に5AT車を設定。ファイナルギヤ比の変更により、加速性重視のセッティングとしスポーティな走りに対応。
ツーリングワゴン、B4の「2.0i」「2.0i Casual edition」に5MT車を追加設定。実用加速性、燃費、静粛性などに配慮した専用の変速ギヤ比を採用。
 *「G-BOOK」は、トヨタ自動車株式会社の商標です。

 【メーカー希望小売価格(富士重工業ニュースリリース)】  
2005 3 15 スバル レガシィ 世界累計生産台数300万台を達成

【スバル レガシィの主な沿革】
1988年11月 群馬製作所矢島工場にて生産開始
1989年 1月 10万km連続走行・世界速度記録挑戦(平均速度223.345km/hを樹立)
1989年 2月 国内市場レガシィシリーズ発売
1989年 4月 米国市場レガシィシリーズ発売
1989年 9月 欧州市場レガシィシリーズ発売
1989年 9月 SIAにて生産開始
1989年10月 200psターボエンジン搭載の「GT」追加
1990年 4月 WRC(世界ラリー選手権)参戦開始
1993年 8月 ニュージーランドラリーにてWRC初優勝
1993年 9月 2代目レガシィ世界最速ワゴン記録達成(1km区間249.981km/hを樹立)
1993年10月 2代目レガシィシリーズ発売
1994年10月 2.5L水平対向4気筒エンジン搭載の「250T」追加
1995年 6月 SIA、「アウトバック」生産開始
1995年 7月 SIA、エンジン組み立て開始
1996年 6月 280psエンジンとビルシュタイン製倒立式ダンパー採用のワゴン「GT−B」発売
1997年 1月 国内生産累計台数100万台達成
1998年 4月 3代目レガシィ世界最速ワゴン記録更新(1km区間270.532km/hを樹立)
1998年 6月 3代目レガシィシリーズ発売
1998年12月 セダン「B4」発売
1998年12月 ’98〜’99RJCニューカー・オブ・ザ・イヤー(登録車)受賞
2000年 2月 B4「BLITZEN(ブリッツェン)」発売
2000年 5月 3.0L水平対向6気筒エンジン搭載の「ランカスター6」発売
2002年 6月 SIA、スバル生産累計台数100万台達成
2003年 1月 SIAを富士重工業の100%出資子会社化
2003年 5月 4代目レガシィシリーズ発売
2003年11月 2003-2004日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞
2003年12月 国内販売累計台数100万台達成
2005年 3月 世界生産累計台数300万台達成

【累計300万台内訳】
  国内生産 SIA生産 合 計
初 代 620,444 204,168 824,612
2代目 495,471 466,354 961,825
3代目 434,624 467,447 902,071
4代目 204,776 106,716 311,492
累 計 1,755,315 1,244,685 3,000,000
 出所:富士重工業(株)
2004 12 22 アルカンターラ・セレクション 追加設定
【レガシィ アルカンターラ・セレクションの主な特別装備】
・専用シート[アルカンターラ(グレー):座面+背面/ファブリック(オフブラック):ヘッドレスト+シートサイド]
・専用ドアトリム[部分加飾、アルカンターラ(グレー)]
・ヘッドライト(特別デザイン)
・HIDプロジェクターロービームランプ(2.0GT、2.0Rは、ベース車に標準装備)
・エレクトロルミネセントメーター(2.0GTは、ベース車に標準装備)
・運転席8ウェイパワーシート[前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング]+ランバーサポート(2.0GTは、ベース車に標準装備)
・LEGACYプレミアムサウンドシステム[MD+6連奏インダッシュCD&AM/FMチューナー、140W](2.0GT、2.0Rは、ベース車に標準装備)
【販売計画】
・700台/月
2004 12 22 BLITZEN 2005 model 登場(発売:1/24) 2005年3月までの期間限定
【レガシィ B4 Blitzen 2005 MODELの主要装備】
・専用フロントバンパー、専用フロントグリル、専用リヤバンパー、専用サイドスカート
・専用17インチアルミホイール
・専用本革シート[フロントシートBlitzenロゴ入り、シート色選択仕様:ブリックレッド(座面+背面)/パールブラック(ヘッドレスト+シートサイド)のツートーン色、または、オフブラック単色]
・専用ドアトリム[部分加飾、シート座面&背面と同色]
・専用ブラック内装(ピラートリム、ルーフトリム、室内灯)
・専用アルミサイドシルプレート、アルミパッド付スポーツペダル
・クリアビューパック(フロント ワイパーデアイサー、リヤフォグランプ、ヒーテッドドアミラー、リヤ間欠ワイパー&ウォッシャー)
・専用車検証入れ
2004 10 19 3.0Rspec.B 追加設定
2004 7 1 2.0GT spec.B WR-Limited 2004 追加設定 2004年11月までの期間限定
 ・WRCラリー・ジャパン開催記念 特別仕様車
【2.0GT spec.B WR-Limited 2004 の主な装備】
 ・専用ボディカラー(WRブルー・マイカ)
 ・専用シート(フロントSWRT(*1)刺繍入り)[ブルーアルカンターラ&ブラックレザー]
 ・専用ドアトリム(ブルーアルカンターラ)
 ・専用18インチアルミホイール(ゴールド塗装)
 ・HIDプロジェクターロービームランプ(専用デザイン)
 ・専用エレクトロルミネセントメーター(レッドイルミネーション)
 ・専用アルミシフトノブ(SWRTロゴ入り)<MT車>
 ・SWRTオーナメント(リヤ)
 ・記念キーホルダー
 (ペター・ソルベルグ/ミッコ・ヒルボネン選手サイン刻印入り、アルミケース付)
 ・LEDオリジナルレンザーライト(アルミケース付)
 (*1)SWRT:Subaru World Rally Team(スバル・ワールド・ラリー・チーム)
2004 5 17 ◆LEGACY MC【BP、BL-Bタイプ】
アウトバック「L.L.Bean EDITION」追加設定(6/22)
「B4 2.0 CNG(圧縮天然ガス車)」追加設定(5/17)
 ・付加価値の高いメーカー装着OPを、幅広いグレードへ拡大採用
  (アイボリーレザーセレクション、マッキントッシュオーディオ等)
 ・新ボディ色の設定
 ・スバル初のテレマティクスサービスメーカー装着OPに設定
  (「SUBARU G-BOOK(*1)対応LEGACYビルトインDVDナビゲーション」)
  (*1)「G-BOOK」は、トヨタ自動車株式会社の商標
 
【改良の主な内容】
 ・ツーリングワゴン、B4のボディ色に、新色の「アーバングレー・メタリック」を設定
 ・ツーリングワゴン、B4のセンターパネルのサイド部をアルミ調に変更
 ・全車の運転席シートベルトに、ダブルプリテンショナー機能を装備
 ・全車に、車速感応式間欠フロントワイパーを採用
 ・新たにアイボリーレザーセレクションをメーカー装着オプションで設定
  (運転席8ウェイパワーシート付) 
  (「2.0GT spec.B」、「2.0i Casual edition」を除く2.0Lエンジン搭載車)
 ・「SUBARU G-BOOK対応 LEGACYビルトインDVDナビゲーションシステム」メーカーOP設定
  (「3.0R」、「2.0GT(AT車)」、「2.0GT spec.B(AT車)」)
 ・全グレードに、メーカー装着オプションのサイド&カーテンエアバッグを拡大設定
  (「3.0R ADA」、「2.0i Casual edition」を除く)
 ・全グレードに、メーカー装着オプションのマッキントッシュオーディオを拡大設定
  (「3.0R ADA」、「2.0i Casual edition」を除く)
 ・メーカー装着オプションのVDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール)を拡大設定
  (アウトバック2.5i)
 
【アウトバック「L.L.Bean EDITION」の主な内容】
 ・3.0L、2.5Lの2グレードを設定
  (1)3.0L水平対向6気筒DOHCエンジン搭載のアウトバック「3.0R L.L.Bean EDITION」
  (2)2.5L水平対向4気筒SOHCエンジンを搭載の「2.5i L.L.Bean EDITION」
 ・本革とアルカンターラ(*2)を組み合わせたアイボリー色専用シート採用
 (L.L.Bean型押しロゴ入り)
  (*2)アルカンターラは、東レ株式会社のスエード調人工皮革
 ・本革巻ATセレクトレバー、MOMO製本革巻/ウッドステアリングホイール(オーディオリモートコントロールスイッチ付)、パネルサイド、ドアトリムに木目調の装飾で、上質感のあるアウトドア色を強調
 ・「L.L.Bean EDITION」専用のボディ色4色展開
  ⇒アークティックホワイト・パール/グラナイトグレー・オパール、オブシディアンブラック・パール/グラナイトグレー・オパール、 シャンパンゴールド・オパール/グラナイトグレー・オパール、ダークグリーン・マイカ/グラナイトグレー・オパール
 ・ガンメタリック塗装の専用アルミホイール採用
 ・「2.5i L.L.Bean EDITION」に、カーゴソケット、カーゴファン、ステンレス製カーゴステップを装備
 ・「L.L.Bean EDITION」専用のリヤエンブレムを装備
 
【B4 「2.0 CNG」の主な内容】
 ・2.0L AWDクラスにおけるCNG量産車は同モデルが国内初となる
 ・レガシィ B4 「2.0R」をベースに、燃料をガソリンからCNG(圧縮天然ガス)に変更(2.0L水平対向DOHC4気筒エンジン)
 ・「Symmetrical AWD」を持つレガシィB4の高い走行安定性、安全性とCNG車ならではの優れた環境性能を実現
 ・ベース車採用の等長等爆エキゾーストシステム、吸気側AVCSなどはそのままに、燃料をCNG対応に変更
  ⇒110kWという優れた出力と環境性能を両立
 ・インストルメントパネルの時計表示部に、デジタルガス残圧計表示機能を追加
 ・ハイラスター塗装を施した専用16インチアルミホイールと205/55R16タイヤを装備
 ・ボディサイドに専用CNGステッカー、またリヤトランクに専用オーナメントを装備
 
<B4 「2.0 CNG」 仕様諸元> 
エンジン型式・種類 EJ20 水平対向4気筒
2.0L DOHC16バルブAVCS(可変バルブタイミング)
内径×行程(mm) 92.0×75.0
総排気量(cc) 1994
圧縮比 11.5
最高出力(kW[PS]/rpm) 110[150]/6800
最大トルク(N・m[kg-m]/rpm) 164[16.7]/4400
動力伝達装置 スポーツシフト E-4AT
駆動方式 AWD
使用燃料 天然ガス13A
燃料供給装置 EGI(電子制御燃料噴射装置:マルチポイント・インジェクション)
燃料容器(L) 複合容器118(59×2本)
ガス充填圧力(Mpa) 20
一充填あたりの走行距離(km) 350
  
2003 12 22 ◇LEGACY 50th Anniversary 追加設定 2004年3月までの期間限定
 ・ツーリングワゴン・B4の2.0GT、2.0Rをベース
 【主な特別装備】
 ・アイボリー アルカンターラレザーセレクション
  [アルカンターラR:座面+背面、レザー(本革):ヘッドレスト+サイド<記念タグ付>]
 ・ハイラスター塗装17インチアルミホイール
 ・アイボリー アルカンターラ車検証入れ
 ・専用メーター(2.0R)
 ・運転席8ウェイパワーシート[前後スライド/前チルト/リフター/リクライニング](2.0R)
2003 12 19 スバル レガシィの累計販売台数が100万台を達成
 ・1989年2月に初代レガシィを発売して以来、14年11ヶ月目での記録達成

セダン ワゴン 合計 平均月販
88年度 6,636 2,529 9,165 4,583
89年度 27,984 24,768 52,752 4,396
90年度 21,709 36,346 58,055 4,838
91年度 19,969 46,058 66,027 5,502
92年度 12,933 46,772 59,705 4,975
93年度 11,585 59,819 71,404 5,950
94年度 9,552 81,420 90,972 7,581
95年度 7,009 79,862 86,871 7,239
96年度 7,712 85,634 93,346 7,779
97年度 4,761 50,858 55,619 4,635
98年度 9,086 56,116 65,202 5,434
99年度 22,893 46,484 69,377 5,781
00年度 20,875 45,459 66,334 5,528
01年度 16,858 43,360 60,218 5,018
02年度 14,760 36,066 50,826 4,236
03年度
(12月10日現在)
12,571 31,558 44,129 5,423
合計 226,893 773,109 1,000,002 5,608
 出所:(株)富士重工業 
2003 11 13 2003-2004日本カー・オブ・ザ・イヤー(日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会主催)を受賞
 ・スバル車として初めて受賞
2003 10 22 ◇Wagon アウトバック 追加設定(Lancaster FMC)
 ・アウトバック3.0R/2.5i
  (3.0R)EZ30水平対向6気筒/(2.5i)EJ25水平対向4気筒
2003 9 9 ◇3L 6気筒モデル 3.0R 発売(FMC)
 ・新開発3.0L水平対向6気筒DOHCエンジン搭載
 ・エクステリア、インテリア、足回りは「3.0R」専用仕様
【商品の主な内容】
1.エクステリア/インテリア
 ・ヘッドライトベゼルにアルミ蒸着処理、フロントグリルの開口部にクロームの縁取り
  ⇒上質感と存在感の高いフロントフェイスを表現
 ・サイドシル部にクロームモールを追加、17インチホイールに専用のハイラスター塗装
  ⇒足元を引き締め、上質でスポーティなサイドビューを表現
 ・B4は、クリア部をクローム縁取り
  ⇒ヘッドライトとの統一感を持たせた専用のリヤコンビランプ
 ・メーカー装着オプションとして、インテリアで「アイボリーレザーセレクション」採用
  ⇒アッパー部:オフブラック、ロワー部:アイボリー色
  ⇒適度なタイト感と開放感を調和させ、上質な室内空間を実現
 ・シフトノブのグリップ部、センターパネル部、およびドアトリム部にメープルウッド調パネル採用
 ・リヤゲートオートクロージャー採用(ツーリングワゴン)
  ⇒リヤゲートクローズ時、ゲートをハーフロックの位置まで下げると、自動的にフルロック位置
    まで引き込む
2.エンジン
 ・吸気バルブにAVCS(可変バルブタイミング機構)を採用
  ⇒走行状況に応じてバルブ開閉タイミングを連続的に変化させることで、高出力化と排出ガス
    浄化性能を両立
 ・ダイレクト可変バルブリフト機構を採用
  ⇒低回転域から高回転域まで優れた出力特性を実現
 ・独立3ポート式のエキゾーストマニホールド採用
  ⇒排気効率を高め出力を向上
 ・平成12年基準排出ガス75%低減レベル[超−低排出ガス(U-LEV)]を達成
 ・3.0Lクラスの自然吸気エンジンとしてトップクラスの10・15モード燃費11.6km/Lを実現
 ・樹脂製インテークマニホールドを採用
  ⇒軽量化、低重心化を図るとともに、流路内の平滑性を高めて吸気効率を向上
 ・エンジンカバーを採用
  ⇒エンジンの静粛性を高め専用のデザイン化、水平対向6気筒エンジンの存在感を強調
3.シャシー/ドライブトレーン
 ・専用仕様のビルシュタインダンパーを採用
  ⇒自然なロールを活かしたしなやかな乗り心地としっかり感のあるスポーティな走りを両立
 ・専用トルクコンバーターとダイレクト制御式の5速AT
  ⇒リニアでスムーズな走りを実現
 ・スポーツシフトを採用
  ⇒ATとエンジンを強調制御し、燃費向上に貢献するInfo-ECOモードを装備
 ・AWDシステムには、前後トルク配分を前輪45:後輪55としたVTD-AWDを採用
  ⇒スポーティな走りと高い車両安定性を実現
  (VTD-AWD:バリアブル・トルク・ディストリビューション)
4.ADA(アクティブ・ドライビング・アシスト)
 ・前方の道路状況を適確に認知するステレオカメラに加え、ミリ波レーダーを装備
  ⇒各センサーの特長を活かしたセンサーフュージョン技術により、天候に左右されにくく、
    広範囲に前方の交通環境を認識
  ⇒各種の警報や運転に必要な情報提供を行い、ドライバーの判断を補助することで運転を支援
 ・VDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール)との協調制御
  ⇒障害物との距離や路面の滑りやすさなどを検知し、制動のみでは危険回避できないと判断
    した場合、VDCの特性を変更
  ⇒危険回避時の車両安定性を向上
 ・「ふらつき警報機能」追加
  ⇒覚醒低下などによるクルマのふらつきを検知し、センターディスプレイ表示、音声、および
    アラーム音によって注意を促す
  ⇒車両が不安定な状況にあることをドライバーに警告
 ・「グリップモニター機能」追加
  ⇒ブレーキからの情報で路面状況に応じたタイヤのグリップ力を判定し、センターディスプレイ
    に表示
  ⇒滑りやすい路面などでのドライバーへの注意を喚起
 ・「追従モニター機能」を追加
  ⇒先行車や対向車の有無をセンターディスプレイに表示し、アラーム音で告知
  ⇒ドライバーの周囲の状況把握を支援
 ・「前車発進モニター機能」追加
  ⇒センターディスプレイ表示とアラーム音により、先行車がすでに発進したことを知らせる
 (車輌本体価格)
  【ツーリングワゴン 3.0R】3,000千円、【ツーリングワゴン 3.0R ADA】3,700千円、
  【B4 3.0R】2,850千円  *スポーツシフト E-5ATのみ
 (ボディカラー)
  アークティックホワイト・パール/ブリリアントシルバー・メタリック/オブシディアンブラック・
  パール/ガーネットレッド・パール/リーガルブルー・パール/アトランティックブルー・パール
  (予定)
2003 6 23 ◆LEGACY B4 発売【BL-Aタイプ】
 ・3L 6気筒モデルは9/5発売予定
2003 5 23 ◆LEGACY FMC 発表【BP、BL-Aタイプ】
◆LEGACY Touring Wagon 発売 【BP-Aタイプ】
 ・3L 6気筒モデルは9/5、Lancasterは10/23発売
2002 12 24 ◇BLITZEN 2003 model 登場(発売:1/24)
 ・「B4」 
400台限定
(特別装備)◎印:富士重工業とポルシェデザイン社との共同開発部品/○印:「BLITZEN 2002 model」専用装備
 ◎専用フロントバンパー、リヤバンパー、サイドスカート、フロントグリル、リヤスポイラー、17インチアルミホイール
 ○シルバーグレー色ヘッドランプベゼル、サイドターンランプ(ホワイトタイプ)、チェッカードルーフトリム
 ○専用リアガーニッシュ(SUBARUレター入り)、チタン調センターパネル、サイドシルプレート
 ○フロント・ヘリカルLSD(5MT車)、クイックステアリングギヤレシオ(15.0:1)
 ○フロント16インチ対向4ポットベンチレーテッドディスクブレーキ(赤色塗装/SUBARUロゴ入り)
  /リヤブレーキキャリパー(赤色塗装)
 ○フロント・ストラットタワーバー、マフラーカッター(φ101)、アルミパッド付スポーツペダル
 ○専用本革シート(シート色:ブリックブラウン/ブラック、BLITZENロゴ入り、フロント・スポーティバケットタイプ、
  運転席パワースライド&リクライニング・チルト・リフター、シートヒーター&ランバーサポート付)
 ○専用本革ドアトリム(トリム色:ブリックブラウン)
 ・マッキントッシュサウンドシステム、濃色ガラス(リヤドア・6ライトウィンドゥ・リヤガラス)
(車両価格/東京・名古屋・大阪地区)
 ・3,180(5MT)/3,235(SS-4AT)
(ボディカラー)
 ・プレミアムレッド*、プレミアムシルバー・メタリック、ブラックトパーズ・マイカ
  *プレミアムレッド : 30千円高
2002 11 27 ◇Wagon GT-B S-edition 追加設定
◇B4 RSK S-edition 追加設定
 ・オーディオレス仕様
(S-edition特別装備)
 ・フロント・ヘリカルLSD(5MT車)
 ・クイックステアリングギヤレシオ(15.0:1)
 ・フロント16インチ対向4ポットベンチレーテッドディスクブレーキ(赤色塗装/SUBARUロゴ入り)
  リヤブレーキキャリパー(赤色塗装)
 ・アルミパッド付スポーツペダル
 ・MOMO製本革巻ステアリングホイール(チタン調リング)
 ・チタン調センターパネル
 ・ダークグレー色ヘッドライトベゼル
 ・サイドターンランプ(ホワイトタイプ)
 ・カラードフォグランプカバー(RSK S-edition)
 ・MDプレーヤー&6連奏CDチェンジャー・AM/FMチューナー一体120Wオーディオ[6スピーカー]
 ・BBS製 鍛造17インチアルミホイール(メーカー装着オプション)
(車輌価格/全国統一価格)
 【Wagon】(5MT)2,993千円、(SS-4AT)3,048千円/【B4】(5MT)2,723千円、(SS-4AT)2,778千円
(ボディカラー)
 ・スパークイエロー・マイカ*1、WRブルー・マイカ、ピュアホワイト*2、プレミアムシルバー・メタリック*2、ジェットグレー・メタリック、
  ブラックトパーズ・マイカ*2
  *1:スパークイエロー・マイカは30千円高
  *2:フッソ樹脂クリア塗装車(30千円高)を設定
2002 10 22 ◇Wagon GT-B Limited II 追加設定
◇B4 S 追加設定
 ・オーディオレス仕様
(特別装備)
 ・専用シート表皮(一部プロテインレザー)
 ・サイドターンランプ(ホワイトレンズ)
(車輌価格/全国統一価格)
 【Wagon】(5MT)2,793千円、(SS-4AT)2,888千円/【B4】(5MT)2,513、(SS-4AT)2,608
(ボディカラー)
 ・ピュアホワイト、プレミアムシルバー・メタリック、ノーティックブルー・マイカ、ジェットグレー・メタリック、ブラックトパーズ・マイカ
  *フッソ樹脂クリア塗装車(30千円高)を設定(ジェットグレー・メタリック設定無し))
2002 10 8 ◇レガシィトランスケアウイングシートシリーズ 登場
 ・「Touring Wagon」 / 「B4」 / 「Lancaster」
 ・GT、GT30、 RS30、ランカスター6は2002年12月発売予定
 ・GT-B E-tune II とB4 RSKを除くAT車に設定(GT、GT30、RS30、Lancaster6の一部メーカー装着オプション車を除く)
 ・全車デュアルSRSエアバッグおよび4センサー4チャンネルABSを標準装備
(車輌価格/全国統一価格)
 ・ベース車価格+315千円
2002 10 8 ◇B4 S401 STi-Version 発表(発売は11/12)限定400台[受注生産]
  
(車両本体価格/東京・名古屋・大阪地区)
 ・4,350千円(6MTのみ)
(ボディカラー)
 ・WRブルー・マイカ(特別色)、グレーオパール(専用色)、ブラックトパーズ・マイカ
 詳細はこちら→STi公式サイト 
2002 8 21 ◇BLITZEN6 登場
 ・「Touring Wagon」 / 「B4」 12月までの期間限定
 ・EZ30(3L水平対向エンジン)搭載
 ・VDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール)を採用、アクティブセーフティ性能を更に向上
 ・BLITZEN2002 model のエクステリア用品を装着
(BLITZEN6特別装備)
 ○BLITZENロゴ入りベージュ色本革シート
  (運転席パワースライド&チルト・リフター、フロント・スポーティバケットタイプ、シートヒーター&ランバーサポート付)
 ○ベージュ色本革ドアトリム
 ○リヤエンブレム
(車両本体価格/東京地区)
 ・【Wagon】3,550千円(E-4ATのみ)  ・【B4】3,220千円(E-4ATのみ)
(ボディカラー)
 ・プレミアムレッド*、プレミアムシルバー・メタリック、ノーティックブルー・マイカ、ブラックトパーズ・マイカ
  *プレミアムレッド : 30千円高
2002 8 20 ◇Wagon B-SPORT 追加設定
 ・Brightonベース(2L水平対向SOHCエンジン搭載車)
(B-SPORT特別装備)
 ○ブラックフェイスメーター
 ○HID[高輝度放電式]ロービームランプ
 ○カラードサイドスカート
 ○MDプレーヤー&6連奏CDチェンジャー・AM/FMューナー一体120Wオーディオ[6スピーカー]
 ○ダークグレー色インテリア
 ○本革巻セレクトレバー(AT車)/シフトノブ(MT車)
 ○専用リヤエンブレム
 ・4センサー4チャンネルABS、デュアルSRSエアバッグは標準装備
2002 5 21 ◇B4 S 追加設定
 ・SOHCエンジン搭載(B4では初/RSK、RS共にDOHCエンジン搭載)
 ・CDプレーヤー&AM/FM電子チューナー(フロント4スピーカー)、195/60R15タイヤ&15インチアルミホイール装備
 ・本革巻きステアリングホイール、アルミ製フロントフード、デュアルSRSエアバック、4センサー4チャンネルABS装備
 ・ISO FIXチャイルドシート対応構造(リヤ左右)、フルオートエアコン
 ・全国統一車両本体価格:1,890(5MT)〜1,983千円(E-4AT)
(ボディカラー)
 ・ピュアホワイト、プレミアムシルバー・メタリック、ノーティックブルー・マイカ、ジェットグレー・メタリック、ブラックトパーズ・マイカ
2002 5 20 ◇Wagon GT-B Limited 追加設定
◇B4 RS Limited 追加設定
 ・E-tuneII(ワゴン)、RSK(B4)をベースにオーディオレス(低価格化)
 ・全国統一車両本体価格(5MT〜SS-4AT):【Wagon】2,768〜2,863千円/【B4】2,498〜2,593千円
(ボディカラー)
 ・ピュアホワイト、プレミアムシルバー・メタリック、ノーティックブルー・マイカ、ジェットグレー・メタリック、ブラックトパーズ・マイカ
2002 2 8 ◇BLITZEN 2002 model 登場(発売:3/7)
 ・「Touring Wagon」 / 「B4」 
合計で1,500台限定
 
 (特別装備)◎印:富士重工業とポルシェデザイン社との共同開発部品/○印:「BLITZEN 2002 model」専用装備
 ◎専用フロントバンパー、リヤバンパー、サイドスカート、フロントグリル
 ◎専用ルーフスポイラー(ツーリングワゴン)/リヤスポイラー(B4)
 ◎専用17インチアルミホイール(BLITZEN、BLITZEN 2001 modelと同デザイン)
 ○フロント・ヘリカルLSD(5MT車)、フロント16インチ対向4ポットベンチレーテッドディスクブレーキ(B4の5MT車)
 ○フロント・ストラットタワーバー、シルバーグレー色ヘッドランプベゼル、リヤゲートガーニッシュ(ツーリングワゴン)
 ○マフラーカッター(φ101)、リヤエンブレム、チタン調パネル、サイドシルプレート
 ○BLITZENレザー・パッケージ:選択仕様装備(BLITZENロゴ入り本革シート、本革トリム、ソフトレザー縫製コンソール蓋)
(車両価格/東京地区)
 ・【Wagon】3,375(5MT)/3,430(SS-4AT)  ・【B4】3,070(5MT)/3,100(SS-4AT)
(ボディカラー)
 ・プレミアムレッド*、プレミアムシルバー・メタリック、ノーティックブルー・マイカ、ブラックトパーズ・マイカ
  *プレミアムレッド : 30千円高
2002 1 21 ◇Wagon GT30 追加設定
◇B4 RS30 追加設定
 ・3L水平対向6気筒DOHCエンジン「EZ30」を搭載
 ・エンジンのカムプロフィールの変更によりエンジン回転限界を高めることでシフトスケジュールを最適化
 ・VTD-4WD(不等&可変トルク配分電子制御4WD)の採用、パワーステアリングシステムにエンジン回転感応型を採用
 ・アクスルシャフトのトランスミッション側に低フリクション型ジョイントAARi(Anguler Adjusted Roller improve)を採用
 ・フロントにビルシュタイン製倒立式ストラット、リヤにビルシュタイン製ダンパー採用
 ・HID(高輝度放電式)ロービームランプ、SRSサイドエアバッグを標準装備
 ・専用グリル、新デザインのフォグランプガーニッシュ、ホワイトタイプのサイドマーカーレンズを採用
 ・平成12年基準排出ガス50%低減レベル「優−低排出ガス(E-LEV)」に認定、2010年度燃費基準を達成* している。
  *「RS30」は車輌重量1,520s以上のモデル
(車両本体価格(E-4ATのみ))
 ・【GT30】3,028〜3,075千円(東京・名古屋・大阪地区〜沖縄地区価格)
 ・【RS30】2,758〜2,803千円(東京・名古屋・大阪地区〜沖縄地区価格)
(ボディカラー)
 ・ピュアホワイト、プレミアムシルバー・メタリック、ノーテ一クブルー・マイカ、カッパ−オレンジ・マイカ、
  ブラックトパーズ・マイカ、プレミアムホワイトパール・マイカ(GT30・RS30共通)
  
 ・詳細はスバルオフィシャルサイトまたは富士重工業オフィシャルサイト(プレスリリース)をご覧下さい
2001 10 22 ◇Lancaster S Limited Edition 追加設定 (限定1,000台)
 ・ランカスターSS をベースに、ブラックフェイスメーター、HIDロービームランプなどを標準装備
 ・モノトーンボディカラー、ダークグレーインテリアを採用
 ・カラードフロントグリル、カラードドアハンドル、テイスティストライプモケット/プレーンモケットシート採用
 ・車両本体価格:(E-4AT)東京地区 2,730千円〜沖縄地区 2,775千円
 ・ボディ色:ピュアホワイト、プレミアムシルバー・メタリック、ブラックトパーズ・マイカ
◇Wagon TX-S II 追加設定
 ・TX-S をベースにHIDロービームランプ、MD&6連奏CD付オーディオ等を採用
 ・ベース車と同様に「平成12年基準排出ガス25%低減レベル『良−低排出ガス(G-LEV)』」に認定
 ・「2010年度燃費基準」にも適合(環境負荷の軽減に配慮)
 ・ルーフスポイラー、サブトランク等も標準装備
 ・ピュアホワイト、プレミアムシルバー・メタリック、ノーティックブルー・マイカ、ブラックトパーズ・マイカ
 ・車両本体価格:(5MT)2,045千円/(E-4AT)2,138千円(全国統一価格)
  ⇒フッソ樹脂クリア塗装車は30千円高
2001 5 22 ◆LEGACY MC【BH、BE-Dタイプ】
◇B4 RS25 追加設定
 ・2.5L 水平対向4気筒エンジン(EJ25)搭載
 ・「SS-4AT」装備
◇GT-B E-tuneII にグレード名変更(旧:E-tune)
◇250S にグレード統一(250系)
◇VDC-4WDの標準装備モデルがメーカーOP設定に変更
 ・GT にグレード統一
  
 【価格表はこちら(A〜Dタイプ/特別仕様車の価格表もあり)】
   
2001 4 9 「レガシィ」リコール届出
 ・詳細情報はこちら[富士重工業国土交通省
2001 1 24 ◇Wagon GT-Limited 追加設定
 ・ブラックフェイスメーター標準装備
 ・GT に標準装備であった「VDC-4WD」を「VTD-4WD」に変更、低価格化
2001 1 11 ◇BLITZEN 2001 model 登場
 ・「Touring Wagon」 / 「B4」
各限定1,000台
2000 10 3 ◇Wagon TX-G 追加設定
2000 5 24 ◆LEGACY MC【BH、BE-Cタイプ】
◇Lancaster 6 追加設定
 ・3.0L 水平対向6気筒エンジン(EZ30)搭載
◇B4 RS type B 標準設定化
◇Lancaster S 標準設定化
  
 【価格表はこちら(A〜Dタイプ/特別仕様車の価格表もあり)】
  
1999 12 22 ◇Legacy B4 BLITZEN 登場
 ・
2000年2月〜3月の期間限定
1999 11 24 ◇B4 RS type B 追加設定
 ・ビルシュタインダンパー装着NAモデル
1999 9 24 ◇Lancaster ADA 追加設定
 ・「ADA」の詳細はこちら[まだまだ工事中]
1999 5 24 ◆LEGACY MC【BH、BE-Bタイプ】
◇Wagon GT-B E-tune 追加設定
 ・「スポーツシフトAT(SS-AT)」搭載
◇250T-V 追加設定
  
 【価格表はこちら(A〜Dタイプ/特別仕様車の価格表もあり)】
  
1998 12 22 「レガシィ」リコール届出
 ・詳細情報はこちら[国土交通省
1998 12 21 ◆LEGACY Sedan シリーズ FMC【BE-Aタイプ】
 ・Legacy B4 登場
 ・ターボモデル RSK に「スポーツシフトAT(SS-AT)」搭載
  
 【諸元表はこちら(BE-Atype)】*B〜Dタイプは準備中 
 【価格表はこちら(A〜Dタイプ/特別仕様車の価格表もあり)】
  
1998 11 2 ◇Wagon TS type R Limited 追加設定
◇Wagon Brighton-S 追加設定
1998 10 14 「レガシィ」リコール届出
 ・詳細情報はこちら[国土交通省
1998 6 17 ◆LEGACY Wagon シリーズ FMC【BH-Aタイプ】
 ・新世紀レガシィ 登場
  
 【諸元表はこちら(BH-Atype)】*B〜Dタイプは準備中  
 【価格表はこちら(A〜Dタイプ/特別仕様車の価格表もあり)】

  
1998 4 23 世界最速ワゴン記録更新 詳細はこちら
1997 11 4 ◇Wagon TS type R B-Limited 追加設定
 ・ビルシュタインダンパー装着NAモデル
1997 9 9 ◆LEGACY MC【BG、BD-Cタイプ】
◇Wagon GT-B Limited 追加設定
◇TX type S 追加設定
  
 【レガシィワゴン 【BG-C type】 主要諸元表はこちら
 【レガシィワゴン 【BG】 エンジン主要諸元表はこちら (A〜Cタイプ)】
  
 【レガシィセダン 【BD-C type】 主要諸元表はこちら
 【レガシィセダン 【BD】 エンジン主要諸元表はこちら (A〜Cタイプ)】
  
1997 8 20 ◇Legacy Lancaster 登場
 ・Grand Wagon がベース車(車種名変更
1997 5 30 ◇Wagon GT V-Limited 追加設定 (限定3,000台
 ・6/16発売
◇TS type R Limited-II 追加設定 (
限定2,000台
 ・6/7発売
1997 2 3 ◇Brighton Gold 追加設定
1997 1 31 LEGACY 国内生産累計 100万台達成!!(工事中)
1997 1 22 ◇Wagon 250T-B 追加設定 (限定1,000台
◇TS type R V-Limited 追加設定 (
限定1,000台
 ・1996年WRCマニュファクチャラーズタイトル2年連続獲得記念車
1996 11 ◇Grand Wagon 250 Cruiser 追加設定
6 24 ◆LEGACY Touring Sedan Big MC【BD-Bタイプ】
 ・ツーリングスポーツ最上級モデル RS が280PSに
  

 【レガシィセダン 【BD-B type】 主要諸元表はこちら
 【レガシィセダン 【BD】 エンジン主要諸元表はこちら (A〜Cタイプ)】
  
6 7 ◆LEGACY Touring Wagon Big MC【BG-Bタイプ】
 ・全性能モデルチェンジ New Legacy 登場、
◇Wagon GT-B 追加設定
 ・ツーリングワゴン最上級モデル GT-B が280PSに
  
 【レガシィワゴン 【BG-B type】 主要諸元表はこちら
 【レガシィワゴン 【BG】 エンジン主要諸元表はこちら (A〜Cタイプ)】
  
1 24 ◇Wagon GT V-Limited 追加設定
◇250T-V 追加設定
◇TS-V 追加設定
 ・2/1発売
 ・1995年WRCダブルタイトル獲得記念車3車種追加設定
1995 8 30 ◇Grand Wagon 登場
 ・2.5L(EJ25)搭載モデル
 ・最低地上高200mm
8 21 ◇Brighton Gold 追加設定 (限定1,000台
◇Wagon GT B-spec II 追加設定 (
限定1,000台
6 1 ◇250T-G 追加設定
2 4 ◇Wagon GT E-spec 追加設定
1994 10 24 ◇250T 登場
 ・2.5L (EJ25)エンジン搭載モデルの投入
◇TX type S 追加設定
6 1 ◇LX 追加設定
 ・1.8L(EJ18)エンジン搭載
1993 10 8 ◆LEGACY FMC【BG、BD-Aタイプ】
 ・New LEGACY 登場

 ・'89.2〜'93.9、BF・BC合わせて272,134台(【BF】178,352台/【BC】93,782台)を国内で販売
  
 【レガシィワゴン 【BG-A type】 主要諸元表はこちら
 【レガシィワゴン 【BG】 エンジン主要諸元表はこちら (A〜Cタイプ)】
  

 【レガシィセダン 【BD-A type】 主要諸元表はこちら
 【レガシィセダン 【BD】 エンジン主要諸元表はこちら (A〜Cタイプ)】
  
9 9 世界最速ワゴン記録達成!! 詳細はこちら
8 8 〇WRCで初勝利(LEGACY RS)
 ・第8戦ラリー・オブ・ニュージーランドでレガシィRSが念願の初優勝!!
3 1 ◇Ti type SX 追加設定
◇Wagon Mi Super Select 追加設定
◇Brighton 220S 追加設定
◇Sedan Mi Super Extra 追加設定
1992 11 25 ◇Brighton Gold 追加設定
8 3 ◇Wagon STi 追加設定 (限定200台・受注生産
 ・7月発表
 ・出力を20psアップ、220ps/6000rpm、27.5kg-m/3600rpm
9 28 ◇Wagon GT type S2 追加設定
 ・10/1発売
 ・4WD発売20周年記念車
6 8 ◆LEGACY MC【BF、BC-Dタイプ】
◇Sedan GT type S2 追加設定
◇Brighton 220、Brighton FF 追加設定
1 13 ◇Wagon Mi select G 追加設定
◇Sedan Mi Extra G 追加設定
1991 12 ◇Wagon VZ type R 追加設定
10 22 ◇GT-X 追加設定 (限定300台
7 6 ◇Sedan Mi Extra 追加設定
◇Mi Select 追加設定 (
地域限定販売
6 1 ◆LEGACY MC【BF、BC-Cタイプ】
◇Brighton 、VZ type R 、Ti type S の3車種を標準設定化
1 19 ◇Mi Select 追加設定(限定
1990 11 1 ◇Sedan 4WD VZ Super Limited(エアサス) 追加設定
◇2WD VZ Super Limited 追加設定
7 1 ◇Ti type S 追加設定 (限定5,000台
◇Wagon Mi Extra 追加設定 (
限定4,000台
5 30 ◇Sedan 4WD VZ エアサス仕様車 追加設定
5 21 ◆LEGACY MC 【BF、BC-Bタイプ】
4 〇スバルWRCへの本格参戦開始
 ・デビュー戦サファリラリーで、サファリ史上初のグループN完走クラス優勝!(LEGACY RS)
 ・以後'91-'93のサファリラリーで4年連続グループN優勝
1 22 ◇Ti type S 追加設定 (限定2,000台
◇Sedan Mi Extra 追加設定 (
限定1,500台
1989 12 1 ◇Sedan RS type RA 追加設定 (月産100台限定
10 2 ◇Wagon GT 追加設定
 ・最上級モデル レガシィGT の登場
◇ Sedan RS type R 追加設定
 ・スペシャル仕様の登場
1 23 ◆LEGACY 新登場【BF、BC-Aタイプ】
 ・2/1発売
1 21 Legacy RS 10万キロ世界速度記録達成 詳細はこちら
 出所:富士重工業(株)発表資料
(C) 2001-2004 スバル情報館 All Rights Reserved