中津市の鍼灸治療はみやぶ鍼灸院へ!

TEL0979-23-5166
受付:9:00〜18:00(土曜日は17:00) 日祝:休

みやぶ鍼灸院では、鍼灸の治療効果と手技による調整を上手く組み合わせ、皆さんのお悩みを解決するお手伝いをしています。

鍼灸治療(はり、きゅう)


鍼
体を中から"整える"
鍼(=針)を使った治療です。刺す、あるいは皮膚に軽く触れる程度の刺激を加えることで、痛みや不調を取り除きます。また自律神経を調整する働きもあり、体の緊張を和らげるため、結果として体を中から整えることにつながります。
「鍼(はり)治療」は、日本へは飛鳥時代に伝わったと言われており、明治時代に入るまでは漢方と並び日本の医療の中心ともいえる役割を担っていました。

鍼ディスプレイ

注射針の約10分の1程度の太さ
当院で使う鍼の太さは0.10mmから0.20mm程度のもので、注射針と比べても約10分の1程度です。なので場所によって「チクッ」とする場合もありますが、ほとんど痛みを感じません。また、すべて製造元にて滅菌処理された「使い捨て」の鍼ですので、衛生面も安心です。

刺激の伝わり方が根本的に違う
カラダにある経穴(ツボ)を刺激することで、筋肉や神経の緊張を緩めたり、血流を促進する効果があります。「ツボを刺激する」といっても「ツボ押し」とはカラダにとっての刺激の入り方が根本的に異なります。そういった意味も含めると「鍼の機能=筋肉のコリをほぐす」という言葉は、鍼の効果を十分に説明できているとは言えません。

灸
お灸の刺激は温熱刺激
温熱刺激を加えることで経穴(ツボ)を刺激し、体調を整えます。当院では症状や部位により、間に台座を挟む方法や直接置く方法、皮膚から離した場所で輻射熱を利用する治療などを使い分けています。

「お灸女子」増えています
「きゅう(灸)」とは「もぐさ」のこと。もぐさを燃やすことで体に熱刺激を加えます。鍼と同じく、「押す」「揉む」という刺激とはまた違った経路でカラダに伝わります。昔は皮膚に大きな火傷の後が残るぐらいのもぐさを使っていたようですが、当院ではそういったお灸はしておりません。今ではその効果も見直され、若い女性がセルフケアとして使うことも増えています。


小児はり

刺しません。血も出ません。もちろん傷にもなりません。
小児はり
皮膚への摩擦刺激を目的としており、それだけで十分効果が得られます。
生後数ヶ月の赤ちゃんはもちろん、刺激に対してとても敏感な成人の方にも効果があります。


特に夜泣き・かみつきなど、いわゆる「疳の虫(かんのむし)」症状でお悩みの方に!
夜泣きなどは、お子様の性格や感受性、環境なども影響しているといわれ、発育の過程でもあるので、薬が使えるものでもありません。
もし、他に手が無く、悩んでいるだけなら是非一度試されてはいかがでしょうか?


整体・スポーツマッサージ

どうせ整えるなら、よりカラダに『効く』方法で。
当院の整体は「ボキボキ、バキバキと鳴らす激しい整体」でもなく「ただ筋肉を揉むだけの整体」でもありません。 筋肉や骨格に関する知識に、鍼灸師としての経絡や経穴の情報も組み込みんだ、『治療的かつ心地良い』施術です。

seino-maeda
元西濃運輸・前田投手
(現役時代春日院にてボディケア)


ichioka
現広島カープ・一岡投手
(春日院にてボディケア)

鍼灸と組み合わせで相乗効果
日常生活や運動で溜まった筋肉の疲労(凝りや張りなど)や、ちょっとしたリラクゼーション感覚で、スポーツ選手のボディケアやマッサージ好きな方にも 効果を実感していただけると思います。鍼や灸と組み合わせることで相乗効果も期待でき、「外と中から」の刺激でさらに効果的な施術となります。

<みやぶ鍼灸院の患者様の主なご来院地域>
大分県  中津市・宇佐市・豊後高田市・国東市・大分市・由布市・日田市
福岡県  豊前市・上毛町・行橋市・築上町・北九州市・福岡市
Copyright© 2016 みやぶ鍼灸院 All Rights Reserved.
Web Design:Template-Party