/☆Go Back☆/

Short Stories
短編集








どちらか 魔女
森博嗣シリーズ短編集
Which is the Witch?

2008/8/28に発行され、現在第1刷です。
2009/7/15に講談社文庫になりました。(現在第10刷) 解説:和希沙也 
 講談社ノベルスの短編集に収録されたS&Mシリーズの短編を1冊にまとめた本です。もともとは、文庫だけを作るつもりでしたが、著作累計1000万部突破記念として、少部数だけハードカバーになりました。





秋子 借り ある
森博嗣自選短編集
I'm in Debt to Akiko

2008/8/28に発行され、現在第1刷です。
2009/7/15に講談社文庫になりました。(現在第7刷) 解説:坂本美雨 
 講談社ノベルスの短編集に収録された作品の中から、著者が気に入っているものを選んで1冊にまとめた本です。「シリーズ短編集」と2冊同時発行になりましたが、もともとはこちらが作りたかったのです。ですから「自選」という表現は間違っていません。






短編集 まどろみ 消去
Missing under the Mistletoe

1997/7/5に発行され、現在第8刷です。
2000/7/15に講談社文庫になりました。(現在第32刷) 解説:萩尾望都
 講談社の宇山さんに、短編をと依頼されたので、96年の春に書いたものです。メフィスト誌に掲載するつもりで依頼されたと思いますが、いざ書いてみると、ばらばらにしたくない。全部で一つの作品だと思えてきて、結局、いきなり短編集で出してもらえました。ですから、もちろん書下ろしってことになりますね。短編が11編。全部合わせても、一番短い(15万文字弱)。つまり、一番薄い本になりました。なかには、ミステリィとはいえないものも混ざっています。犀川と萌絵のシリーズでもありません。たぶん、これが一番、森らしい作品です。収録作品は以下のとおりです。
 ええ、実は、この本、旧友、山田章博氏のイラスト付きです。全部で12枚あります。山田氏には、どんな感謝の言葉も足りません。ここに付記して謝意を表します。







短編集 地球儀 スライス
A Slice of Terrestrial Globe

1999/1/8に発行され、現在第9刷です。
2002/3/15に講談社文庫になりました。(現在第20刷) 解説:冨樫義博
 まどろみ消去以来の短編集。いわゆる「幕間」ですね。収録される全10作の短編のうち7作は、雑誌(メフィスト、小説すばる、PONTOON)に掲載されたものです。結果的に、3作が書下ろしになりました。収録作品は以下のとおりです。ささきすばる氏のイラストがつきます。






短編集 今夜 パラシュート博物館
The Last Dive to Parachute Museum

2001/1/10に発行され、現在第6刷です。
2004/3/15に講談社文庫になりました。(現在第7刷) 解説:羽海野チカ
 Vシリーズが5冊出揃ったところで幕間の一冊。短編集の第3弾。収録される作品のほとんどは、雑誌(メフィスト、小説新潮)に掲載されたものです。収録作品は以下のとおり。コジマケン氏のイラストがつきます。






短編集 虚空 マトリクス
Inverse of Void Matrix

2003/1/10に発行され、現在第6刷です。
2006/7/14に講談社文庫になりました。(現在第1刷) 解説:ゆうきまさみ
 短編集も4冊目になりました。収録される作品はすべてアンソロジィや雑誌に掲載されたものです。島田荘司氏編纂の「21世紀本格」に収録された「トロイの木馬」は、初めての中編かもしれません。本短編集に収録することを前提で書かせていただいたものです。収録作品は以下のとおり。ささきすばる氏のイラストがつきます。






短編集 レタス フライ
Lettuce Fry

2006/1/11に発行され、現在第1刷です。
2009/3/13に講談社文庫になりました。(現在第4刷) 解説:麻木久仁子 
 5冊目の短編集です。少し長いものが2編、とても短いものが5編含まれています。収録作品は以下のとおり。ささきすばる氏のイラスト(カラーも)がつきます。
 文庫版には「ライ麦畑で増幅して」が収録されています(ノベルス版には未収録)が、この短編はXシリーズに含まれる作品です。




/☆Go Back☆/