腺様嚢胞癌の免疫染色所見


免疫染色は,日常の診断の際にはあまり必要としませんが,組織像の理解のために, 「唾液腺の組織像と免疫染色所見」で紹介しているいくつかのマーカーに 関して,腺様嚢胞癌ではどのような反応性を示すかをここに供覧します.


図1

図2(AE1/AE3)

腺様嚢胞癌は,導管上皮系細胞と筋上皮・基底細胞系細胞から構成されています(図1). 図の中央の小管腔を囲む核小体の明瞭な細胞が導管系上皮細胞で,その他の小型濃縮核の細胞が筋上皮・ 基底細胞系細胞です.Pancytokeratinの抗体のうち,AE1/AE3で免疫染色を行うと,導管上皮系細胞と筋上皮・ 基底細胞系細胞の両方が陽性を示しますが,導管系細胞の方がより強く染まってきます(図2).



図3(Pancytokeratin)

図4(EMA)

他のPancytokeratinに対するウサギポリクローナル抗体では,導管上皮系細胞のみが染まってくるものがあります (図3).EMAも導管系細胞の管腔面が明瞭に陽性を示し,偽嚢胞は完全に陰性なので,管腔構造が真の腺腔か 偽嚢胞腔かの鑑別に有効です(図4).



図5(α-smooth muscle actin)

図6(p63)

筋上皮細胞のマーカーのうち,α-smooth muscle actinは予想通り筋上皮・基底細胞系細胞のみが陽性を示し, 導管系細胞は完全に陰性で,EMAやpancytokeratinの場合と対照的です(図5).Calponinやp63も同様です. p63は筋上皮・基底細胞系細胞の核が明瞭に陽性を示します(図6). したがって,これら3つの抗体は腺様嚢胞癌における腫瘍性筋上皮・基底細胞系細胞の同定にも有用です. なお,正常の唾液腺上皮では全く陰性のvimentinも,腺様嚢胞癌では筋上皮・基底細胞系細胞が陽性を示します. 多形腺腫では陽性を示すGFAPは(「多形腺腫の免疫染色所見」参照), 腺様嚢胞癌ではあまり染まってきません.



図7(CK14)

図8(CK5/6)

図9(34βE12)

図10(S-100 protein)

一方,正常の唾液腺では筋上皮細胞や基底細胞に特異的に陽性を示すcytokeratinであるCK14(図7)や CK5/6(図8),34βE12(図9)は,腫瘍では期待を裏切り,反応性が逆転して,導管系上皮細胞のみが陽性を示し, 筋上皮系細胞は染まってきません.S-100 proteinは多形腺腫などの場合とは異なり,腺様嚢胞癌では陽性細胞は 極めて少なく,しかも陽性を示すのは導管系細胞の核であることが多く(図10),筋上皮系細胞は染まってきません. したがって,これら4つの抗体は腺様嚢胞癌における腫瘍性筋上皮細胞の同定には不向きです.

診断の際に腺様嚢胞癌かどうか迷って免疫染色を行う場合には,α-smooth muscle actin,calponin, p63の染色が有用です.


図11(Type W collagen)       

図12(Laminin)
なお,腺様嚢胞癌の偽嚢胞腔は,腫瘍胞巣の周囲と同様に,基底膜の成分であるW型コラーゲンとラミニンの免疫染色で陽性を示します. 真の腺腔はこれらの染色陰性で,EMAの免疫染色(図4参照)と対照的な染色性です.

腺様嚢胞癌の組織像はこちら


トップページへもどる
※このサイトに示す画像および文章のコピー,無断転用を禁じます.