トップページへ戻る Photographs Leica & Rollei from Europe from the World Who is the photographer?

Leica Story #3
Leica M8 / M8.2




Leica M8 / Leica M8.2
Selection



名機 Leica M8 / Leica M8.2

このページでは、名機 Leica M8 / Leica M8.2 の魅力をご紹介しています。そして裏技を含めた、使いこなしの上でのお役立ち情報を提供したいと思います。

* * *

Leica M 型のデジタル写真機を物色するが … どうも価格が高い。高すぎる。

そしてそのような場合に視野に入るのが Leica M8 である。2006 年発売のこのデジタル写真機はユーズドの市場で比較的リーズナブルなプライスタグが付いているためだ。

しかし …

ここが重要なポイントなのだが、Leica M8 / Leica M8.2 は 「ライカにしては手頃な価格だから」 ということだけで買うようなデジタル写真機ではない。世界中に熱いファンが大勢いる歴史的名機であり、現代のクラシック・デジタル写真機なのである。

その一方で …

Leica M8 / Leica M8.2 は使用者に独特な 「使いこなし」 を強いる部分がある。大きな魅力と欠点が同居する写真機なのである。

なので、そのあたりの情報をここに整理してみたい。


まず、Leica M8 の説明から。

Leica M8 は、ライカの M 型として初めてデジタル化された写真機である。2006 年発売。そして、その二年後にバリエーション・モデルとして Leica M8.2 が発売されている。この二機種の画質はまったく同じ。機能もほぼ同じである。

Leica M8 と比較した際の Leica M8.2 の外観上の違いは、ボディの黒色がメッキからペイントになったこと、ライカロゴマークが赤から黒になったことなど。

外観以外の相違点はシャッターの静音化、スナップショットモードの追加などであるが、スナップショットモードは細かい設定ができないようにした一種のおまかせモードで、個人的には使う機会がない。

なお、Leica M8.2 の最高シャッタースピードは、Leica M8 の 1/8000 から 1/4000 にスペック・ダウンしている。これはシャッター音の静音化の代償である。

次に、撮像センサーは KODAK 製 CCD。サイズは APS-H (1.33x)。

なお、この撮像センサーにはモアレ防止のためのローパスフィルターがない。ついでに赤外線光をカットするフィルターもない。しかしそれが、独特な、ピュアかつシャープな画像の生成に寄与していると見られている。

またこの KODAK 製の CCD による画像は、その色調が KODAK フィルムで撮影した画像に似ていると言われる。独自の味がある色味である。

画素数はスペック的には 1030 万画素だが、ピクセル単位の画像が非常に鮮鋭で画素数の少なさを十分に補っている。実使用上はまったく問題ない。

ライカによる初の本格的デジタル写真機であり、造りの良さと光学式レンジファインダーの魅力はライカそのものである。画質も、独自の色調による仕上げも含めて、いろいろな意味でライカ技術者の思い入れやピュアなスピリットが感じられる。であるがゆえに世界中で熱いファンが多いのだ。


さて、しかし、Leica M8 はその 「使いこなし」 においてクセがある点がある。

それを、一つずつ検討してみたい。


(1) センサーが赤外線に感光する。

これは有名な話だが、Leica M8 / Leica M8.2 の撮像センサーは赤外線光の感度がある。そのため、レンズの前に UV/IR というフィルターをつけることをライカは推奨している。UV/IR フィルターをつけないと、屋外で黒い布 (服) を撮影したときに紫っぽくなるのだ。また木の緑も赤外線光を含むので、少し黄色っぽくなってしまう。

これについて若干の解説をしてみる。

被写体によってはあまり気にならないので気にしない手もある … と思いきや、やはりそうでもない。個人的には一回失敗して身に染みた経緯がある。UV/IR フィルターをつけずに屋外で黒い和服を着た人をたくさん撮影したのだが、すべて紫になったのである。

新品販売時には、Leica M8 / Leica M8.2 購入者に UV/IR フィルターを無償配布した経緯があるが、中古流通時点ではそれはついてこない。そして、このフィルターは新品で買うととても高いという問題がある。ただし Leica の UV/IR フィルターは中古市場である程度流通しているので純正品の中古を探すと良いと思う。

ただし、あえて UV/IR フィルターを外しての撮影もしてみたい。

その方が撮影された画像が好ましく感じることが多い。また UV/IR フィルター有りと無しの両方で同じ被写体を撮影しておいて、テイストの違いを楽しむこともできる。

さらに、UV/IR フィルターを外して撮影した DNG 画像は、モノクロに現像した際の諧調の評価が非常に高い。モノクロのトーンは Leica M9 以降のモデル (Leica M Monochrom を除く) より上というのが海外のサイトで定着しつつある評価である。


(2) UV/IR フィルター装着時に広角レンズで出るシアンドリフト問題。

さて、UV/IR フィルターをつけたらつけたで、次の問題として、広角レンズにシアンドリフトという現象がおきるのである。

これは、広角レンズの画像の周辺部にシアン (青緑) 色がかぶるという問題である。

50mm 以上のレンズでは発生しない。35mm レンズの場合は、画像の四隅がうっすらシアンっぽくなる程度なのであまり気にならないかもしれない。しかし、28mm以下だと明らかに対策が必要となる。

その対策方法はいくつかある。

まず、本命は、ライカ純正の 6bit code つきのレンズを買うこと。その場合、写真機がレンズのコードを読み取って自動的にシアンドリフト現象を補正した画像を生成する。

しかし、少し古いレンズはライカの純正品でも 6bit code が付いていない。その場合はライカのサービスセンターで入れてもらうことが可能であるが、もちろん有償である。そしてさらに古いレンズはそのサービスを受けられない。ライカが、古いレンズの 6bit code を設定していないためだ。もちろんライカ純正以外のレンズもダメだ。

塗料や粘着テープで自分で 6bit code 入れることもできなくはない。6bit code の詳細や個人で加工するためのノウハウは 「fake 6bit code」 というワードで検索するといろいろ出てくる。その中から一例を挙げると こちら のサイトが参考になる。ただし、経験的にいうとかなり試行錯誤が必要である。

古い L マウントのレンズの場合は、6bit code を入れることができるように工夫されたマウントアダプタが市販されているので、それを使うと良い。具体的には 「KIPON マウント変換アダプタ」 という製品が使いやすい。

なお、ライカのオールドレンズやサードバーティのレンズには、いずれにしてもそのレンズための 6bit code の設定はない。そのため自分で 6bit code を決めなければならない。基本は、ライカのなるべく似たスペックのレンズのものを入れることになる。ライカのレンズごとの 6bit code の情報は こちら のサイトで得られるので参考にする。

次に、6bit code を入れられない、あるいは入れない場合。

シアンドリフトが出て周辺にシアンがかぶった画像を、後から、ソフトで画像処理をして補正するという手がある。その場合のオススメは Cornerfix というフリーソフト。お試しになると良いと思う。

なお、このソフトは、それ自体がレンズごとのシアンドリフト補正用のデータをもっているわけではないので、まず最初に、レンズごとの補正用データを作る必要がある。まず、ハンズなどで 10cm 角の白色プラ板を購入する。それを、レンズ直前において、プラスに一段半度補正して空に向けて DNG で撮影する。WB はマニュアルで設定。絞りは F5.6 くらいが良いだろう。その DNG データをソフトで開いた後、Lense profile → Create と進んで補正用ファイルを生成する。ファイルに、レンズが分かる名前をつけて専用のフォルダに保存しておく。

使い方は、Lense profile → Open と進んで補正用ファイルをまず読み込み、その後、File → Open image と進んで、補正したい DNG ファイルを開くだけである。

なお、このソフトで周辺光量も補正できる。


(3) SD Card との相性によりトラブルが出る。

SD Card との相性がデリケートなのは注意が必要な点である。

これがライカ写真機の 「お姫さま」 らしいところ。相性がよろしくない SD Card とご一緒すると、撮影後に固まってしまうことがあります。するとその撮影画像は記録されない。さらにご機嫌が悪いと、撮影済の全ファイルを壊してしまうという事故を起こすのだ。

その予防のための工夫を探すと以下のような情報がある。

まずライカの推奨している、サンディスクの SD Card を使う。

次に、SD Card は、必ず SD Formatter というソフトでフォーマットすると良いということが、米国の各種のサイトで推奨されている。これは SD Card を、技術的にもっとも正しい仕様でフォーマットするというソフトである。

フリーズが起きやすい SD Card (二回以上フリーズが起きたもの) は、相性が悪いと判断して使わないようにする。あるいは他のデジカメ用にまわす。逆に、なぜかトラブルが起きないものがあったら、それを大切に使うようにする。

撮影中の注意事項は以下である。

撮影後、データ書き込み中は LED が点滅しているが、その最中は、撮影以外の行為、つまり設定変更や再生ボタンを押すなどの行為をしない。LED 点滅中は撮影もしない方が良いのだが、それでは本末転倒であろう。なお、とても危険なのは、シングルモード + 分離シャッターの設定で連射的な撮影すること。

また万一、撮影中のデータ書き込み中にフリーズするトラブルがあったら (電池の抜きさしでリセットして作動を復帰させるのだが)、その場で SD Card を抜いて、別に用意したものに交換する。書き込み途中でとまった際に生成された半分壊れたファイルが、次のさらなる甚大なトラブルを誘発するのだ。

そして写真機での消去は避ける。データを PC に転送後 SD Formatter でフォーマットしなおすのだ。

なお、上記すべてを実施するようになってからは、うちのお姫様はご機嫌がよろしいです。


(4) その他いろいろ。

・ 背面 LCD がしょぼいという声多数だが、LCD なんてこの程度で十分。

・ 動画とか GPS とか Wifi とかはない。え、無いの ? という方は買わない方がいい。

・ メニュー画面の日本語の文字がとてもへんである。英語表記にするとよい。

・ JPEG の画質はよろしくない。DNG で撮影してください。現像は Lightroom で。

・ モアレが出やすい。Lightroom で仕上げる際に範囲指定フィルターで除去する。

・ あと、coffee stain という問題がでやすい。

海外サイトで "coffee stain" と書かれている不具合は、背面 LCD の中央に茶色のシミができるという現象である。これが、Leica M8 / Leica M8.2 の持病である。

というのは、この coffee stain には根本的な再発防止対策がないのだ。背面 LCD の交換修理をすることは (まだ) できるようだが、修理費が高いし、対策部品があるわけではない。そのため運が悪ければ再発する。なおこれは単に背面 LCD にシミができるだけで撮影画像には関係ない。なので最善の対策は気にしないことだと思う。

さて次に、当たり前だが、Leica M8 / Leica M8.2 を初 Leica として購入した場合、それだけでは撮影できない。最低ひとつはレンズがないと。

Leica M8 / Leica M8.2 と組み合わせる最初のライカレンズは何が良いか ?

Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH をおススメしたいと思う。Leica としてはリーズナブルな価格で写りもカンペキである。フルサイズ換算 35mm レンズとして使える。それでも高いという方は、もちろん中古で購入してもよい。

二本目として 「サードバーティ製でも良いから、手頃な値段で広角 ! という感じの写真が撮れるレンズがほしい」 という場合どうするか ?

その場合は Voigtlander Color-Skopar 21mm F4 (L マウント) に、あえて 35/135mm 用の L/M マウントアダプターを装着するという手がある。

Leica M8 / Leica M8.2 には 21mm 用のファインダー枠はないが、35/135mm 用の L/M マウントアダプターを装着すると 24mm 用のフレームが出てくる。少し視野率は下がるが、それで撮影するのである。

その際、L/M マウントアダプターに 6bit code を入れる。時計の 12 時方向に 6 bit code を向けたときに 「黒黒白白黒白」 となるようにする。これは Elmar-M 24mm F3.8 のもの。シアンドリフトが完璧に補正される。


(5) 裏技サービスモードについて。

まずは、Leica M8 / Leica M8.2 のサービスモードの出し方から書くと、以下である。

ON → RIGHTx4 → LEFTx3 → RIGHTx1 → INFO

ちなみに、Leica M9 / M Monochrom / M-E では:(ついでに書いておきます)

ON → DELETE → UPx2 → DOWNx4 → LEFTx3 → RIGHTx3 → INFO

そして、サービスモードの使い方は以下。

まず、これまでの通算撮影枚数の情報を得ることができる。サービスモードの Body debug data というページ見てみてください。

そして、サービスモードを使ってロスレスの 14bit RAW という撮影モードをメニューにを登場させることができる (通常は 8bit)。

その方法は:

・ サービスモードに入る。
・ シャッター半押しでサービスモードから出る。
・ SET を押して設定画面へ。
・ 画質の選択肢に 「JPG fine + RAW」 が追加されているので選択。

このロスレス RAW モードでは、通常のモードで切り捨てているセンサーの最周辺部のデータまで取り込む。そのため、画素数が増えて、通常の DNG の 3916x2634 から 3968x2642 になる。

欠点は、電源を落として再投入すると設定が解除されていること (再度、サービスモードから設定しなおさなければならない)、ファイルの書き込みに時間がかかること、そして、このモードで生成された RAW ファイルが Lightroom などで処理できないことである。そのための専用のソフトをダウンロードして処理しなければならないのだ。

そして、CCD の画素欠けをソフト的なマッピングで修正している個体では、この設定で得られたファイルがマッピング修正前の画素欠けが見える画像になることである(これが理由でウチの Leica M8.2 では使えない)。

このファイルの現像ノウハウは複雑なのでここでは省略するが、ご興味がある方は こちら の英文サイトに情報があるので解読してみてください。

ちなみに Lieca M8 は、ふつうに撮影しても、低 ISO であれば非常に良いクォリティの画像が得られる。そのため、この高画質モードの撮影には、もう一つレーゾンデートル的な問題がある。つまり面倒な手間をかける撮影法にも関わらず、余程特殊な条件で無ければ 「通常の撮影画像と全く見分けがつかない」 のである。

注: サービスモードの操作はくれぐれも慎重に。トライするなら your own risk でお願いします。くれぐれもあちこち無闇にいじってはいけません。最悪写真機がこわれます。


最後に、一点補足。

Leica M8 / Leica M8.2 の実用上の大きな欠点は、高感度のノイズが多いことである。どう甘く見ても ISO 640 が限界で、ISO 1250 だと 「まったくツカイモノにならない」 という画質になるのである。

ISO 1250 で、なんとか使える画質が得られれば … と思っていたのだ。

しかし。

海外の、複数の WEB サイトの情報に断片的に書かれていることを総合すると、Leica M8 で ISO 1250 相当でマトモな画像を撮影するために以下のノウハウがあるようだ。即ち、

・ 必ず DNG で撮影する。
・ ISO は 320 に設定する。
・ 露出補正を -2 にして撮影する。

というものである。

それだともちろん撮影画像がどアンダーになる。その対策は、単に Lightroom で現像するときに露出を +2 にすることである。その際、もちろんその際 Lightroom でノイズリダクションをかけるのだが、その設定はお好みにより試行錯誤して決めてください、とのこと。

しかしこれはなんともマユツバな話である。

なのでしばらくは、全く試してもいなかったのだが …

実際に試してみると ISO 1250 で撮影した画像よりも、ISO 320 & 露出補正 -2 で撮影した DNG 画像のほうがツカイモノになるのである。

理由は不明だが、ISO の設定が 640 か 1250 以上になるところで切り替わる Leica M8 内の電気信号の増幅回路があって、それに問題があるということかもしれない。

しかし確かなことは、Leica M8 / Leica M8.2 の DNG 画像は (ISO 320 以下ならば) どアンダーになった部分の諧調が (ノイズは増えつつも) 不自然ではない感じで残るという美点があることである。

逆に高感度特性自体は高いが、どアンダーになったしまった場合には、その画像をまったく救済できないというデジタル写真機はいくらでもある。限界特性的なところで描写が破たんするためだ。

* * *

以上、Leica M8 / Leica M8.2 を購入してお楽しみいただく上でご参考になれば幸いです。

なお、Leica M8 / Leica M8.2 が初めての Leica だという場合、それが 「沼」 への入り口になるかもしれないということを最後に書いておきます。

そのくらい魅力のある写真機なのです。