妙福寺

妙福寺について

 当寺は、江戸時代初期に創立された日蓮宗の寺院です。日蓮宗はお釈迦さまの説かれた最高の教えで法華経をよりどころにする宗派です。この法華経を身をもって読まれ、布教をせられた日蓮大聖人を宗祖と仰いでおります。本宗の教義は、法華経の魂をお題目にこめられた宗祖の教えに導かれて、私たちが信行に励みこの教えを弘めることによってやがて世界の平和と人類の幸福、ひいては個人のしあわせにつながる事を確信できる教えであります。

当寺は八千代市北部に位置し、そばを流れる神崎川をこえれば印西市です。明治27年に作成された銅版画「印旛八景」のなかには「武西佐山寺ノ晩鏡」と紹介されており、また神崎橋周辺には旅人宿も見うけられ、当時の印旛沼水運の河岸の様子が偲ばれます。  当寺の裏山には七面堂があり、身延七面山(標高1989m)にお祀りされている七面大明神が勧請されており眼病守護の御利益があります。

また、毎年秋分の日には、八千代市の無形文化財である「佐山の獅子舞」が境内にて奉納されています。

八千代市無形文化財 獅子舞