本文へスキップ

 (有)中島樹木クリニックは、樹の生命と緑を守り、育てる会社です。

TEL. 072-777-9206

〒664-0029 兵庫県伊丹市中野北2丁目 10-2

研究の記録 Record of Study

野間の大けやきのヤドリギについて

 寄生木は、宿主であるケヤキと共生すると考えられていましたが、
長期的には、ケヤキを衰退させることが分かりました。




























鎮守の森を育てる湊川神社について

 湊川神社の鎮守の森は、明治5年に造られた森です。
人の手を借りて守り育てられ、現在は、りっぱな森になっていますが、問題点も多くあります。
 一つ目は、都会の中の森ゆえに高温乾燥化や神社の南と北の両側の地下鉄開通にともなう
地下水脈の欠落に起因する樹木の衰退です。
 二つ目は、境内では、参拝者や落葉の掃除など、土壌の踏み固めによる、クスノキなどの樹木の衰退です。
 三つ目は、「入らずの森」では、境内を掃除した落葉の持ち込みにより、後継樹の枯死、生育不良があります。
また、現在、高木層の中心をなしているクスノキの材質腐朽病(コフキタケの発生)の進行により、
枯死が心配されます。
 その他、都会の孤立した森で、周囲をきっちりと塀で囲まれているため、
外部から鳥などによる種子の持ち込みがなく、樹種数が少ない。
さらに、土壌動物も少ない。といった、多様性に乏しい森といえます。

 今後も継続して、守り育てていかなければならない森です。




























バナースペース

(有)中島樹木クリニック

〒664-0029
兵庫県伊丹市中野北2丁目 10-2

TEL・FAX 072-777-9206