松本便り   “おめでとうございます”に寄せて   &  “イガヤランド”がよくなります
      平成30年1月5日  第317号      次回更新目標日:平成30年1月15日頃
      
     “おめでとうございます”に寄せて
  
 ペンションは新年を迎えて40年目!に入ります.。月日の経つのは早いものとはいえ “信州の田舎のうちのつもりで”お越しいただこうと、理想に燃えて始めたその日は、どう考えても30年前そこそこ。“感じ”というのはなるほど当てにならないものです。
 40年〜、全く感慨無量でございます。皆様に助けられ支えられての40年〜。新年に当たり、厚く、あつく、心よりお礼申し上げる次第でございす。
      
 今もそうでしたが、ペンションの年を数えようとする時、私はいつも、タカヨシと二人で建築途中のペンションを訪ねた日のことを思い出します。
 幼稚園児の息子の手を引いて現場を見て回るのですが、それが退屈だった彼は、落ちている木切れを拾い、「お外に行ってる」と出て行きました。しばらくして、「お父さん来て」と庭で呼びます。出てみると、積み木のように積んだ小さなペンションが出来ていました。満足な出来に一人喜ぶ彼を見て、ふと思いました。『この子はこれからずっと一人で遊ばなければならない』、それでいいのだろうか―永住しようとする決心に揺らぎが生じました。もうここまで出来ているのに…,もう引き返せるわけはないのに…。
なんの想念もなく親に従う子供の宿命、考えようによっては酷な運命に許しを請わねばならないと思ったものです。
 それから39年が経ってしまったわけです。『これからは頼んだよ』と若夫婦に託しだここ数年間。ペンションが好きという嫁と二人三脚で、“多分”愚痴もこぼさずにいるのでしょう、粛々と彼は運命に従っているようです。
 それにしても時の流れには恐ろしいものがありますね。『あの時はよかった』というあの良き流れはどこに行ってしまったのでしょう。年老いたとは言え何とか応援を…と、老体に鞭打つ、それが昨年を通しての週末でありました。
 
 今年私は80歳、厚子は85歳になります。それぞれの人生を変えて、ペンションで結ぶ我が人生を、ことここに至 って、首肯できるかと考えてみるのですが、手放しで出来ると断言できない悲しさです。
 “信州の田舎のうち”の、内側の変容と外側に生じる需要の変化とに一抹の不安を覚えるからなのでしょう。ペンションとは、家族とは、夫婦とは、お・も・て・な・し・とは、老いとは、生きがいとは…いろいろ考え直してみたいと思います。
 「スキーで1級をとりたいから、居候をさせてください」と頼まれたのはいつのことでしたか…。『お嫁に行きたいから、会社を辞めました』 そう言って1年以上もお手伝いいただいたのは? みんなで“卵ダイエット”に挑戦したのも懐かしい思い出です。
 信州の田舎はこれからどう進むべきか大いに悩みます。それは二代目が考えること? でも“一人っ子の責任”と、運命を背負い込んだ二代目に、皺だらけの手出しはやはりしたくなるのです。
 我が孫の長男坊は電子情報工学科に入ったせいか、ゲーム三昧もこれから授業に“生かされるに“違いない”高3の今年です。次男坊は高校受験の年で、将来は“汗の似合う男”に…と、爺婆はこれから行く初詣の祈願をそう決めたところです。

 さてさて、愚痴っぽいご挨拶になってしまいましたが、そんな心配を二階の窓から乗鞍岳を眺めて,”時々”している“松本暮らし”ですが、今年の目標も、頑張って、がんばって“ボケ防止”です。ですから、『昔の常連さんがいらっしゃる』と携帯電話が鳴りますと、失礼ながら、これもボケ防止の一環と、嬉々として乗鞍に上る約束をしております。 
 ところで、この“嬉々として”ということなのですが、去年の松本暮らしで、厚子さんが暗いのです。お客様と一緒にカナダに行った時の、嬉々とした厚子さんがいないのです。あの時厚子さんは、まだ若さが残る嬉々としたした笑顔で、ホテルの庭の傾斜のある芝生を、両手を斜め下に広げて踊るように上ってきたものです。
 足が痛い、腰が痛い、正座が出来ないからお茶が出来ない…、すっかりテレビの番人になってしまった彼女は、もうあの時の笑顔を忘れてしまっています。で、今年の私の目標にプラスアルファーをすることにしました。“彼女の笑顔を復活させること”。独身時代の時間を取り戻そうとしている私には、かなりの高目標になりますが,この先の時間も考えなければなりません。数日前に読んだ本に、こういうのがありました。――可能性があっても、あるところで断念して心の平安を手にすることも必要ではないだろうか、と。そうしたいと思います。   長々と失礼いたしました。     よいお年をお祈り申し上げます。 

   写真の神社は、乗鞍にある梓水神社。乗鞍の人が初詣をする由緒ある神社です。


 イガヤレクレーションランドが良くなっています。お花畑も計画されています。

      
 <左>:楢の木坂から入ってイガヤランドに向かうと、善五郎の滝を下ってくる川があります。その雪景色。
 <右>:イガヤのレストラン辺りに立てられた看板。わんぱく広場を案内しています。
      
 <左>:星の展望台。乗鞍岳もよく見えますし、お弁当を広げるのもいいですね。
 <右>:レストランの周りのわんぱく広場。写真の奥にお花畑が出来るそうです。

 今までオートキャンプ場がありましたが新しく2箇所に増え、元のところは“芝生大広場”になります。アドベンチャーパークも出来ます。サイクリングロードも一之瀬方面に伸びています。夏、いろいろアウトドアースポーツが楽しめそうです。  では。
 

 平成29年 10月1日霧が峰から“和田の宿”へ、充実した宿場巡りの日帰り
 平成29年 10月15日宿場続きで、今度は“下諏訪宿”に行ってみました
 平成29年 11月3日少年時代の家の辺りを散歩する  &  星野道夫さんの講演に寄せて
  平成29年12月1日  陣馬形山に登る  &  白州からの“山見”  &  山田太一さんのシナリオから、焚き火2
 平成29年12月16日乗鞍岳も真っ白です。今年最後の山見を城山公園から  &  山田太一さんのシナリ