土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは、不動産の表示に関する登記の専門家、土地境界のスペシャリストです。

土地家屋調査士を簡単に表現すると、次のようになります。

  • 登記に必要な土地や建物に関する調査及び測量をする人
  • 土地や建物の所有者の代理で、不動産の表示に関する登記の申請手続きをする人
  • 土地や建物の所有者の代理で、不動産の表示に関する登記の審査請求手続きをする人
  • 土地の所有者の代理で、筆界特定の手続きについて申請する人
  • 土地の境界紛争を裁判を介さない方法で解決する人(ADR認定土地家屋調査士)

つまり土地境界に関する問題や手続きに最も詳しい人です。上記の内容に関する相談に応じることも土地家屋調査士の仕事に含まれます。

不動産の表示に関する登記は国家資格である「土地家屋調査士」のみが行うことが認められています。

不動産の表示に関する登記とは

不動産とは、土地と建物のことを指します。

登記に際して、土地と建物は別々に登記されます。

さらに土地または建物ごとに表題部と権利部に区別して登記されます。

不動産の表示に関する登記とは、この表題部の登記のことで、土地や建物の現在の状況がどうなっているのかをはっきりさせるための登記制度です。対象となる土地や建物がどこにあって、どんな土地なのか、どういう建物なのか、面積はいくらか、といった物理的な情報を国の公の帳簿(登記簿)に記録するものです。

これに対して、権利部の登記は土地や建物の所有者、債権者がどうなっているのかをはっきりさせてその情報を登記簿に記録するもので、不動産の権利に関する登記と言います。

不動産の表示に関する登記が前提となってはじめて不動産の権利に関する登記(所有権保存・移転登記・抵当権の設定登記など)が可能となります。

なお、表示に関する登記については、法律上、所有者に申請義務が課せられています。
その為、融資や保険、または公的な補助を受ける際の必要条件となっていることも多いので、
不測の事態に備えるという意味でも、きちんと登記をしておきましょう。