カバさんのホームページのトップへ

北インドを訪ねて

アグラ  タージ・マハル


デリーからアグラへ向かう途中 畑にはムギが青々と茂っている。
インドは農業国だと実感する。
遠くに貨物列車が行く

菜の花(カラシ菜だそうだ)畑も一面にある

トイレ休憩のドライブイン 音楽に合わせて踊る子ども
民族衣装がとても良い

ターバン姿の従業員

左は添乗員の松浦さん 右は同じツアーの石原さん

アグラ城
ムガール帝国の初代の皇帝アクバル帝は1556年に即位した。この城は1565年に築かれた。
アクバル帝は城壁と一部の宮殿を作り、後の皇帝が次第に宮殿を充実していった。

アグラ城入り口 城壁に使っている砂岩が赤いことから
レッド・フォートとも言われる

中にある宮殿

天上の彫刻が見事だ

中庭の芝も見事だ

タージマハル
ムガール帝国(1526年〜1858年)の第5代皇帝 シャー・ジャハーンは最愛の王妃ムムターズ・マハルが
なくなった(1631年)後、王妃のために22年の歳月と巨費をかけて王妃の墓を作った。それがこのタージマハルだ。

タージ・マハルの入り口 正門

期待のタージ・マハルは霧の中

晴れていれば、はこのように見えるはず(絵はがきより)

やっと少し見えるようになりました

大理石の彫刻が見事です。

ラピスラズリやメノウの象眼によってきれいな模様が入っている。
シャー・ジャハーンはこの後、対岸に黒大理石で自分の墓を建て、両岸を橋で結ぶことを計画していたという。
しかし、シャー・ジャハーンは息子によってアグラ城の一室に幽閉され74歳で息を引き取ったという。
死後はタージ・マハルの王妃の横に葬られた。

タージ・マハル見学後は列車でジャンシーまで移動

列車は30分遅れて到着 いよいよ出発

後ろの席の子ども 着ているものから見て裕福な家庭のようだ

そのお母さん

家族3人で乗っていた

前の席の子ども やはり子どもはかわいい

前へ(デリー)  次へ(カジュラホ)

北インドの旅トップ   デリー    アグラとタージマハル   カジュラホ  ベナレスとサルナート


カバさんのホームページのトップへ


メール アイコン

メール


カバさんのホームページの内容
地域・我が家の紹介 大島山瑠璃寺 瑠璃寺の獅子舞 ほんやり 四季の草花のページ 
大島山 不動滝 高森町の火の見櫓 市田柿のページ 
近くの山登り・ハイキング 梨子野峠〜高鳥屋山 小八郎岳・烏帽子岳 尾高山ハイキング 風越山 
ちょっと遠征して 屋久島縄文杉を訪ねて 中山・白駒池トレッキング 天狗岳登山  



イ タ リ ア  ローマ・コロッセオ バチカン  ポンペイ   青の洞窟・カプリ島 イタリア教育
タクラマカン砂漠のトップ 西安・ウルムチ カシュガル・カラクリ湖 カルギリク・ホータン ニヤ・砂漠公路
クチャ トルファン     
エジプトのトップ ルクソール エドフ・コムオンボ アスワン・アブシンベル アレキサンドリア
スエズ・シナイ半島 ギザのピラミッド カイロ・博物館 白砂漠・黒砂漠 ダハシュール・サッカーラ
トルコのトップ  成田→トロイ  トロイ遺跡  エフェソス   パムッカレ
カッパドキア  イスタンブール     
タイ(バンコク、アユタヤ) バンコク アユタヤ遺跡を訪ねて バンコク郊外へ  
シリア・ヨルダンのトップ ドバイ市内観光 アンマン市内観光 マダバ、ネボ山、死海 ペトラ遺跡
ワディ・ラム、アムラ城 ジェラッシュ、ボスラ パルミラ遺跡 クラック・デ・シュバリエ、マアルーラ
ダマスカス市内観光      
アンコール遺跡 アンコールワット アンコールトム タ・ケウとタ・プローム シェムリアップの夜
プレ・ループとバンテアイ・スレイ 東メボンとロリュオス トンレサッップ湖 博物館とバンテアイ・クディ
オールドマーケット 他
北インドの旅トップ デリー アグラとタージマハル カジュラホ ベナレスとサルナート
ペルーのトップ   ナスカの地上絵  クスコ  マチュピチュ  チチカカ湖 
リマ       
パリ  ベルサイユとルーブル
上海・蘇州 上海 玉仏寺 他  蘇州 寒山寺、拙政園 上海2 豫園、他 
その他 台 北 台湾一周の旅 グアム ニューヨーク
すーちゃのホームページ こんにゃくづくり 麻婆豆腐づくり シソの実のしょうゆ煮  




直線上に配置