カバさんのホームページのトップへ

マチュピチュ、ナスカ、クスコ、リマを訪ねて


リマ

6日め

今日はリマまで戻り、市内観光の後 帰国の旅となる

プーノのホテルで朝食 フリアカ発11:40の飛行機で リマへ リマ着13:25

プーノのホテルでの朝食
(ビュッフェスタイル)バイキング形式 パンと果物で

コカティー
コカインを含んでいるので覚醒作用があるとのこと
実感はしなかった 日本やアメリカへは持ち込み禁止です

チチカカ湖ともお別れ 写真スポットで車は止まってくれた

道路の両側には牛が放牧されている
 
フリアカから飛行機で1時間45分 リマに到着
中心部にはカラフルな建物が多い
 
ペルーに多い紫の花 ジャカランダ
 
サンフランシスコ教会
 
サンフランシスコ教会の入り口上部の飾り
ここに入って見学 カタコンベ(地下墳墓)は
たくさんの人骨が保存されており びっくり
 
 
2階建てのバス
 
リマ『大司教宮殿博物館
2階の出窓が美しい
 
白い馬に白い馬車
後ろはペルー政庁 大統領官邸

ラファエル・ラルコ博物館入り口のサボテン 
 
夕食はワカ・プクナーヤ遺跡隣接のレストランで
 
ペルー名物料理{ロモ・サルタード}
牛肉料理 
 
ペルーのよく飲まれる飲み物
インカコーラ 炭酸入りのジュースのようだった
 
ワカ・プクナーヤ遺跡
ライトアップされており幻想的であった
最後の日に何が原因かわからないが下痢になってしまい、見学は不充分になってしまった。
6日めの夕食はおいしかったのに十分食べられなかった。
6日間の見学も終わり この日というか 翌日の1:45発アトランタ行きの飛行機に乗って帰路につく
アトランタ着 08:40 アトランタ発 12:30
途中で日付変更線を通過するので
成田着は8日目の16:45 解散
   
ペルーはとても印象的な国でした。
1532年スペイン人によってインカ帝国は滅びスペインの植民地となってしまい
1821年にようやく独立したがスペインの影響は人種構成、言語、食べ物、宗教、生活習慣
すべてに渡っている。人里離れた集落に独自の文化が残っているだけだ。
独立した物の現在でも貧富の差が大きく大変な国だ。
1990年アルベルト・フジモリ氏が大統領になってインフレの脱却や教育に力を入れ学校を多く作った功績は大きい
しかし後半は独裁的なやり方と不正によって罷免されてしまった。 

ペルーの旅終了

前へ(チチカカ湖)

ペルーのトップ  ナスカの地上絵  クスコ  マチュピチュ  チチカカ湖


カバさんのホームページのトップへ

メール アイコン

メール



カバさんのホームページの内容
地域・我が家の紹介 大島山瑠璃寺 瑠璃寺の獅子舞 ほんやり 四季の草花のページ 
大島山 不動滝 高森町の火の見櫓 市田柿のページ 
近くの山登り・ハイキング 梨子野峠〜高鳥屋山 小八郎岳・烏帽子岳 尾高山ハイキング 風越山 
ちょっと遠征して 屋久島縄文杉を訪ねて 中山・白駒池トレッキング 天狗岳登山  



イ タ リ ア  ローマ・コロッセオ バチカン  ポンペイ   青の洞窟・カプリ島 イタリア教育
タクラマカン砂漠のトップ 西安・ウルムチ カシュガル・カラクリ湖 カルギリク・ホータン ニヤ・砂漠公路
クチャ トルファン     
エジプトのトップ ルクソール エドフ・コムオンボ アスワン・アブシンベル アレキサンドリア
スエズ・シナイ半島 ギザのピラミッド カイロ・博物館 白砂漠・黒砂漠 ダハシュール・サッカーラ
トルコのトップ  成田→トロイ  トロイ遺跡  エフェソス   パムッカレ
カッパドキア  イスタンブール     
タイ(バンコク、アユタヤ) バンコク アユタヤ遺跡を訪ねて バンコク郊外へ  
シリア・ヨルダンのトップ ドバイ市内観光 アンマン市内観光 マダバ、ネボ山、死海 ペトラ遺跡
ワディ・ラム、アムラ城 ジェラッシュ、ボスラ パルミラ遺跡 クラック・デ・シュバリエ、マアルーラ
ダマスカス市内観光      
アンコール遺跡 アンコールワット アンコールトム タ・ケウとタ・プローム シェムリアップの夜
プレ・ループとバンテアイ・スレイ 東メボンとロリュオス トンレサッップ湖 博物館とバンテアイ・クディ
オールドマーケット 他
北インドの旅トップ デリー アグラとタージマハル カジュラホ ベナレスとサルナート
ペルーのトップ   ナスカの地上絵  クスコ  マチュピチュ  チチカカ湖 
リマ       
パリ  ベルサイユとルーブル
上海・蘇州 上海 玉仏寺 他  蘇州 寒山寺、拙政園 上海2 豫園、他 
その他 台 北 台湾一周の旅 グアム ニューヨーク
すーちゃのホームページ こんにゃくづくり 麻婆豆腐づくり シソの実のしょうゆ煮  




直線上に配置