第14話 3月1日…入院!!

ついに入院の日が来てしまいました…!

部屋の窓から見えるお月さまを見て

おっぱいだなんて思うへんな私。







診察室は古いけど、病室はそれなりに現代だもん、広いだろう…

なーんて思ってたけど甘かった。

持っていった荷物を広げて、自分のスペースをつくろうという夢は

入院初日の朝で消えてしまい、

段ボールの中の出すに出せない荷物がベッドとサイドテーブルの間に押し込まれたのでした…。

そして、今までの暮らしとは対照的な

なーんにもできない時間がはじまりました。

入院しちゃえば、あとは退院するときに精算すればいいと

おサイフには5000円くらいしか入れてなかったら

メディカルキャップや胸帯(きょうたい)など

けっこう買わなくてはならないものがありました。

胸帯は「2〜3枚あると便利ですよ」といわれたのですが、

KEA工房のホスピタブルロングブラの方が便利。

「吸い飲みは入りません」と言われたので買わなかったら、

後で「吸い飲みはどこですか!」と怒られてしまいました。

(全身麻酔から醒めて痰を出すうがいをするときに…)

人によって対応がちがうのがちょっと困りました。

(2005年8月25日記)

第15話へ

もくじへ