ホームへ戻る
  アクセス・地図
 診療時間・曜日
 担当医表
 担当医師のご紹介
 日帰り手術・精密検査
 遠近両用眼内レンズ
 最新設備のご紹介
 目の病気について
最新設備のご紹介
設備 と その用途・内容
ORA SYSTEM with Vlynk (オラ システム ブイリンク)

より正確性の高い手術を行うために術前に乱視情報など眼の状態を検査します。高解像度イメージにより、強結膜血管、虹彩、輪部の特徴を認識します。角膜球面度数、円柱度数、軸を決定し、視軸、角膜径、瞳孔の情報を記録することができます。これらの情報から、手術計画、乱視矯正プランを決定します
.

顕微鏡下とモニターにリアルタイムでオーバーレイが表示されます。強結膜血管、虹彩、輪部の情報をもとに眼球回旋や眼が動いた場合でもトラッキングをします。
 

 SLT  選択的レーザー線維柱帯形成術

緑内障の治療機器。数分のほぼ痛みのないレーザー治療で眼圧を下げることができます。今まではALT(アルゴンレーザー)で行われていましたが、これは、より進歩した効果的なレーザー装置です。
.
点眼や内服治療の補助になり、薬を減らすことができたり、中止することもあります。手術的適応の場合でもこのレーザーをすることで、手術を回避できることもあります。

 OCT  光干渉断層計

今までの検査機器では眼底は2次元の平面でしか認識されていませんでしたが、この検査機器は網膜や視神経の断面を見ることができます。
網膜がむくむ疾患(糖尿病網膜症網膜静脈閉塞症黄斑変性症黄斑円孔)で、網膜全体の厚みや形状を計測し評価できます。
緑内障の評価として、神経の厚み(神経線維層厚)を直接計測することができます。視神経乳頭陥凹も測れます。これらの検査を3次元断層撮影と呼びます。
   OCT  アンギオ
・  血流循環に関連する疾患、異常血管・新生血管などの血管撮影を造影剤を用いずに極めて安全に撮影可能にします。

ステラリス

ボシュロム社製の眼科手術制御装置で、網膜・硝子体手術、白内障手術に使用されます。
硝子体手術では、硝子体に明けた微細な穴を使って、眼底出血網膜剥離など網膜に起きた疾患の治療を行います。
ツァイス ルメラ  
眼科手術用に開発されたカール・ツァイス社製の最新鋭、多機能・高性能の顕微鏡です。
手術台の上部から吊下げるように設置し、精密な眼科手術を行なう際には無くてはならない機器です。
 OCT 前眼部
 非接触・非侵襲で前眼部の3次元撮影が可能な前眼部OCT。感染リスクの少ない検査方法です。水晶体までの断面像や、角膜の形状を計測する最新式の検査装置です。
ステラリス
白内障手術に使用される超音波水晶体乳化吸引装置です。
濁った水晶体を超音波を利用して破砕し、外部に吸い出します。このソブリンホワイトスターは、眼内で超音波を発生するときに起こるチップの発熱を抑制でき、手術の際の眼への負担が軽減されます。
光学的眼軸長測定装置 OA-2000
白内障手術に使用される人工レンズの決定に必要な眼軸長測定機器です。以前は超音波を利用した測定が行なわれていましたが、レーザーを用いることにより、一段と正確なデータが得られるようになりました。
角膜の厚みや前房の深さも測れるため、角膜疾患緑内障の診断にも有効です。