Body conditioning
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






プロバレエダンサーの強靱かつ繊細な動きの秘訣

一見すると華奢な体つきから学ぶ

バレエ筋肉

刺激して養ってまいりましょう。



ダンサーを支えるバレエ筋肉とは? 
一般的なダイエット目的のトレーニングでは感覚がつかみにくい。
腹筋や背筋、足の指や裏、内腿など全身に至る筋肉を使っています。
よく言われる”引き上げ”は、腸腰筋や骨盤底筋群、横隔膜や腹横筋などの筋肉に働きかけます。
バレエで使われる筋肉はインナーマッスル≠ニいって、体の奥深くにある表に見えにくい筋肉を使います。
さらに、持久力をつかさどる「赤筋」を鍛えていく事が重要とされています。
赤筋は白筋のようには肥大しないので細さも維持することができるのです。
そのため、通常の筋肉トレーニングではなく、バレエで使う筋肉のためのトレーニングを行います。






パターン化したレッスンを続けるメリット
★効率的な運動消費ができるようになる。

デメリットとしては、
●ワンパターンな表現になる。
●癖による歪みが生じやすくなる。

ボールやバーを使ったり、
床(重力)の力を借りるなどして、
普段、鍛えきれていない部分を刺激。


自力整体(捻れを改善すると効かせたい部分が鍛えられます。)

バレエダンサーの為のエクササイズ(ピラティス指導の第一人者Reyneke氏)

操体法(逆モーション療法を使ったストレッチ)

バー・オ・ソルメソッド

動きを止めないヨガ



どこの筋肉を使っているのか意識できるようにして、運動時には使えるものにしていく事が大事です。
体の奥深くの筋肉が伸びていくイメージが掴めるようになりましょう。
音楽の中を漂うような静と動のメソッドです。



30cm径のバランスボール
 



ご年齢・レベル・ダンス経験ともに不問です!

加齢などに伴い知らず知らずのうちに落ちてきてしまう
体力・筋力の 維持・向上を目指すことは、
同時にメンタル面も上がり生活がリフレッシュされます。










バレエ筋肉 
隔週(木)11:00ー11:45 
相模原スタジオ  
ボール使用



バレエ筋肉
隔週(金)10:00ー10:45 
メイプルホール  
ボール使用



バレエ コンディショニング
毎(火)15:30ー16:15 
メイプルホール  
バーレッスンでの体幹トレーニング



4チケット  5,000円( 3ヶ月有効)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記全てのクラスが受講出来ます。






WAN dance creation

©2009 WAN