KX-HA10 改造ケーブルによる、revo plus と H-SA3001V 接続

新設: 2003年9月21日 更新: 2006年5月7日 (近藤の連絡先メールアドレスを変更)

はじめに

Psion 製品 (5mx, revo, netBook 等) を使って通信を行うために、 Panasonic (P3) 製 KX-HA10 ケーブルを改造して H" 端末に接続する方法が知られています (参考: 「Psion 5mx と Panasonic KX-PH35S との接続」)。 本来、このケーブルは Panasonic 製の H" 端末 (KX-PH35S, KX-HV210 など) で使われるものですが、 樋口さんが [psion-ml:4650] において、SANYO 製 intelligent H" 端末 H-SA3001V でも同様に動作できることを報告されました。 樋口さんは独自の web サイトをお持ちで無いそうなので、 教えていただいた詳細情報を本ページで紹介させていただきます。

という訳で、本ページの作成は近藤が行いましたが、 あくまでも内容は樋口さんに教えていただいた情報であり、 近藤が開発したものでは無いことをお断りしておきます。


御報告内容

最初に、樋口さんが [psion-ml:4650] で報告されたメールを引用させていただきます。
Subject: [psion-ml:4650] SANYO 製 H" H-SA3001V での通信に成功しました。
From: Naomasa Higuchi
Date: Wed, 17 Sep 2003 20:33:56 +0900

樋口と申します。

Panasonic社製「KX-HA10」改造ケーブルを使い 、DDI Pocketの
SANYO製カメラ付き新型PHS「H-SA3001V」での通信に成功しま
したので報告します。(64K PIAFS接続に成功しました。)

使用環境
PHS:H-SA3001V(SANYO製/DDI Pocket)
Psion本体:REVO Plus
通信ケーブル:KX-HA10改造ケーブルfor REVO
             with Travel Docking Station
プロバイダ:Jens Spin Net (旧AT&T) PIAFS 2.1対応APを利用

設定:近藤さんのサイトを参考にKX-HV200用の設定をほとんどその
   まま利用させて頂いています。
   Internet設定の項目ではDNSサーバ アドレスはプロバイダ指定
   のものを入力しています。
   ログインスクリプトは「オリジナルの近藤スクリプト」を元に
   以下の部分だけ変えています。
   ・AP番号の後に##4を追加(←64K接続のため)

※REVO Plusと併用していたPalm Vxでの通信(KX-HA10を使用)は
出来なくなりましたので、近藤さんが作成されたログインスクリプト
が効いているのでは無いかと思われます。

使用機種やケーブルのバージョン?、プロバイダ、通信環境の違いに
より、全ての方が通信可能かどうかは分かりませんが、最新型のカメ
ラ付きPHSが使えることで、Psionをまだまだ現役で使い続けられそ
うです。

H-SA3001Vはコンパクトでデザインもすっきりしているので、
REVOにぴったりだと思います。


動作写真

樋口さんからいただいた、動作状況の写真です。

(1) 接続の全景 (Revo plus + トラベルドッキングステーション + 改造ケーブル + H-SA3001V)

(2) 64kbps PIAFS 通信中が表示されている。

(3) 本体蓋のサブ液晶画面でも通信状況が表示される。 閉じた状態のままでも通信可能。


本体の設定

樋口さんは、先の接続条件の下、Revo plus を以下のように設定されたそうです。 ここに挙げてあるのは変更項目だけなので、書かれていない項目については、 元にされた近藤の設定 ( 「Psion 5mx と Panasonic KX-PH35S との接続」の「設定方法」項) を 参照してください。

1. Internet service setting dialog

Current Internet service settingH" KX-HV210(※以前の設定のままです)
Show connecting dialogcheck-ON
If idle, stay online for03:00 mm:ss
On exit, stay online for00:00 mm:ss

2. Edit internet seivice dialog

2.1. Service tab

NameH" KX-HV210(※以前の設定のままです)
Connection typeDirect

2.2. Account tab

Manual logincheck-OFF
Username*******(※ユーザー名)
Password*******(※ユーザーパスワード)
Confirm password*******(※ユーザーパスワード)

2.3. Address tab

Get IP address from servercheck-ON
Get DNS address from servercheck-OFF
Primary DNS address***.***.***.***(※プロバイダ設定)
Secondary DNS address***.***.***.***(※プロバイダ設定)

2.4. Login tab

Use login scriptcheck-ON
Port setting8 data bits, no parity, 1 stop bit
Display windowcheck-ON
Login Script下記の部分のみ変更(※電話番号の後に##4を記述)
SEND "ATD*******##4"+<0xd>

2.5. Advanced tab

Enable PPP extensionscheck-ON
Allow plain text authenticationcheck-OFF
Use call backcheck-OFF


関連リンク

この項だけ、近藤がまとめました。

企業サイトの各紹介ページ

個人サイト


著作権・連絡先

本ページの作成は近藤が行いましたが、 内容のほとんどは樋口さんから教えていただいた情報です。 連絡先は、以下の通りです。

[Home] / リンクについて