Rey's Psion netBook page

最終更新: 2005年4月17日 (「周辺機器」の項へ、b-mobile hours の実験結果を追加)


netBook とは?

Psion netBook は、 Psion の現行 EPOC デバイスの中で、 最上位に位置するマシンです。 ただし、一口に Psion 社と言っても、実際にデバイスを発売している会社は 2社あります。

上記の違いにより、Psion Texlogix 社の製品である netBook は 主に企業むけのディ−ラ経由で販売されており、 一般販売店では見かける機会が少ないのが現状です。 実際、Psion Computer 社の日本総代理店であるエヌフォ−社でも 取り扱われていません。


購入

日本国内で取り扱っている販売店が見あたらなかったので、 2000年10月にイギリスの Clove Technology から購入しました。 問合せ当初は在庫が無かったのですが、2週間程で入荷し、 月曜日発送の日曜日到着でした (DHL を指定)。 例によって、イギリスから日本に到着するよりも、 日本国内での移動 (税関・配送) の方が時間が掛かっています。

また、NetGlobal card は同社のカタログには載っていませんでしたが、 問合せると価格を調べて対応してくれました。 ただし、入荷が遅れたので、これだけ別便 (国際郵便; International Registered Post) で 送ってもらいました。 こちらは火曜日発送・翌週の水曜日到着でしたが、 税関からの内容物問合せが無かったので、本体を国際郵便で送ると もっとかかる可能性が高いです。


品名 価格
netBook 本体 £685
予備バッテリ £96
Voyager VGA card £89
ここまでの送料 £46
ここまでの消費税額 7100円
ここまでの消費税立替管理手数料 (DHL) 500円
Psion connect NetGlobal card +10mb £164
上記の送料 £9.5
上記の消費税額 700円
IBM Microdrive 1GB 49,800円 (イケショップモバイルプラザ)
到着時、送られてきたダンボ−ル箱を開けると、 中身は revo や S5 等とは異なり、 印刷の無い白箱に入っていました。 本体同梱品は、以下の通りです。
  1. 充電池、バックアップ用ボタン電池が各1個
  2. PsiWin ケ−ブル
  3. AC アダプタ (ただし後述するようにイギリス仕様)
  4. netBook CD-ROM (ブートイメージファイル、PsiWin、PC 上で動作する SDK のパッチ等が含まれている)
  5. ブ−ト用の CF カ−ド (日立の 16MB で、本体に装着されていた)
  6. 印刷マニュアル
  7. 登録カ−ドなど
(注) 複数の方の情報によると、 PX store (東京) で販売されている netBook では、 私の例とは以下のような違いがあるとのことです。


日本語化

netBook は、他の EPOC マシンと同様の日本語化が可能です。

  1. UniFEP
    UniFEP シリ−ズは、 エヌフォ−が発売している Psion 用の日本語環境です。 これまでに発売されている各機種用の製品を試したところ、以下のようになりました。
    名称 動作状況
    UniFEP for EPOC 一応、動作します。 ただし、Contacts の日本語化ができないなどの不具合は revo の場合と同様です。
    UniFEP for 5mx コントロ−ルパネルで、「Change Display」の欄がグレ−表示されてしまい、 動作させられませんでした。
    UniFEP for revo 同上
    UniFEP V2 (通常版) 5mx 用・revo 用ともに、「Change Display」を指定してソフトリセットしても UniFEP が有効になりませんでした。 Patch.log には、"No Supported ROM" と出ています。
    また、2001年1月19日にエヌフォーから サービスアップデートが提供されました。 近藤は試していませんが、maeda さんから これを適用しても駄目だったというレポートが [psion-ml:1824] に出ています。
    UniFEP V2 多機種版 エヌフォーから 2001年5月30日付けで、 netBook を正式にサポートした「UniFEP V2 多機種版」が 発売されました。 これは、従来の UniFEP V2 (5mx 用, revo 用) とは別バージョンで、 平成13年5月30日から平成13年6月29日まで 18,000円で販売されます。
    注文しておいたものが、2001年6月16日に届きました。 早速インストールしたところ、 問題なく動いています (当たり前)。 TonsUp + Opera で、一応日本語 web サイトも閲覧できます (ただし 5mx 等と同じ事情で、Opera では一部の日本語文字列が化けて表示されます。 EPOC 標準の Web ならば大丈夫のようですが、 こちらはイーサネットドライバ経由でのアクセスで proxy を設定できないという問題があり、多くは試していません。)
  2. JMemo
    こやまさんが開発し、河邊さんが改良を続けている、 日本語エディタ (インライン漢字変換機能付) です。 JMemo private patch by ktkawabe 0.10 が正しく動作しました。
  3. KEdit
    JMemo と同様に、こやまさんが開発し、河邊さんが改良を続けている、 内蔵アプリケ−ションの日本語化ツ−ルです。 単体動作はまだ確認していませんが、 UniFEP for EPOC と組合せて UTF8 で日本語入力できることだけ確認しています。
  4. msh
    まっち町澤さんが開発している、CUI 統合環境です。 msh 0.25 が正しく動作しました。


周辺機器

私が動作を確認した周辺機器について、記しておきます。


また、以下の周辺機器については、試したところ動きませんでした。 全ての環境で動かないかどうかはわかりませんが、参考にしてください。


なぜ近藤は netBook を選んだのか?

当時私は、普段のスケジュ−ル管理とメモ用に revo を使っており、 外出時のメ−ル・辞書検索・各種アプリケ−ションの試用・開発・そして revo のバックアップとして 5mx を使っていました。
ところが、10月に入って 5mx のタッチパネルを割ってしまったのです。 暫くの間、Macro5 を入れてタッチパネル無しに使っていたのですが、 自分のスタイルとして開発には意外にタッチパネルを頻繁に使っていたことが判りました。 使用状況を整理すると、以下のようになります。


用途 使用場所 タッチパネルの使用頻度
開発 主に自宅
各種アプリケ−ションの試用 主に自宅
web 閲覧 外出時のみ
メ−ル (XJMail) 外出時のみ
辞書検索 職場・外出先 ×
revo のバックアップ 職場 ×
目覚し時計 自宅・外出先 ×

上の表から、私の場合自宅で使う時にタッチパネルを多用することが分ります。 それならば、タッチパネルの壊れた 5mx は外出時専用とし、 自宅では可搬性は犠牲にしてもより使い易いマシンを使った方が 良いという考えになりました。 これに一番マッチするのが、netBook だったのです。


netBook の良いところ・悪いところ

基本的に気に入ったマシンなのですが、 それと比例して気になる点も幾つかあります。 以下、netBook の良い点と悪い点について私見を述べます。 なお、★印を付けた個所は、Series7 も共通と思われます。


付録1: 「netBook で使えるイーサカード実験大会」の報告

この項目は、
こちらのページに移しました。
reishi@anet.ne.jp 近藤玲史
[Home]