Rey's SL-Zaurus page

更新: 2003年11月12日 (HartMath について、 ♪きむらかずしさんがより良いパッケージを作成してくださったので、 リンクを設定しました) 更新: 2006年5月7日 (近藤の連絡先メールアドレスを変更)

このページについて

(新規作成: 2003年1月13日)

このページは、シャープ製 SL シリーズザウルス に関する話題を扱います。 近藤が所有しているのは SL-C700 なので、この機種が中心になります。


ソフトウェア

(最終更新: 2003年2月10日)

HartMath

(ご案内) ここに置いているパッケージは、 本当に最小限のクラスしか入っていません。 不具合 (起動時に画面をはみ出す) を修正し、 本来あるべきクラスを取り込んだパッケージを ♪きむらかずしさんが作成・公開してくださいましたので、 そちらをお使いください。
本項は記録として残しておきますが、 今後はメンテナンスする予定はありません。

個人的に気に入った電卓ソフトを見つけられなかったので、 Java で書かれた HartMath を、SL-C700 向けにパッケージ化しました。 最新版は Java2 を要求されるので、 Psion で使っていたのと同じバージョン 0.6.128 を使っています。 ライセンスは GPL です。 電卓と書きましたが、分類としては数式処理ソフトで、 数学を道具にする人には便利と思います。

  • 配布パッケージ: hartmath_0.6.128-sl2_arm.ipk
  • スクリーンショット: その1
  • HartMath の公式サイト: http://www.hartmath.org/
  • バージョン 0.6.128 のソース入手先: https://sourceforge.net/projects/hartmath/
  • 昔 Psion 用に書いた HartMath のレビュー: http://psion.itatei.gr.jp/hobby.html#science
  • 更新履歴:
    • 2003年2月20日 0.6.128-sl2
      アンインストールできるように、パッケージの作成法を修正。
    • 2003年1月26日 0.6.128-sl1
      この版には、アンインストール時にファイルの実体が 残ってしまうという不具合がある。 具体的には、アンインストールは正常終了したように見えても、 メニューの Jeode タブには、HartMath のアイコンが残っていて、起動できる。 また、ターミナル等から見ると、 これらのファイルが残っている。 もしも 0.6.128-sl1 をインストールした場合は、 一旦アンインストール後、0.6.128-sl2 をインストールすれば、 それごとアンインストールできる。

既知の問題点:

  1. 画面サイズよりも少し大きいサイズで立ち上がってしまう。
    →暫定的に、ウィンドウの隅の方をドラッグして縮めて使っています。 ザウルスの Personal Java (Jeode) で、 はみ出さないウィンドウサイズを得て設定するにはどうしたら良いか、 どなたか教えてください _o_
  2. 電卓として使うには、メモリを馬鹿喰いする。
    →スワップ無しでは立ち上がらないくらい。 もちろん、起動も遅い。 私は電卓として使うため、常時立ち上げっぱなしにして運用しています。


メモ

(随時更新... 最近止まっています)

SL-C700 に関する私的な備忘録です。 紛失しないため、以下に公開しておきます。


リンク


rey@fb3.so-net.ne.jp 近藤玲史
[Home] / リンクについて