美味しい宮城県北部のひとめぼれ

「ひとめぼれ」といえば なんといっても 最高ランク特A米
 こだわりの 宮城県登米市産 とってもおいしいよ!

お米は一等、二等、三等、規格外、
くず米等に区別されます、
どの等級のお米も食べられますが、
どの等級 を使用するか?
新米か?古米か? で値段も味も
まったく別物になります、
産地やその年の天候による質の地域差を
プロの目で真剣に選んでいます


名産地でもある登米市産の検査の1等米だよ

今現在、入荷しているのは登米市産の検査1等米で品質の安定した お米です
現在の入荷状況 品種 産地・地区 年産 等級
ひとめぼれ 登米市中田町、迫町、 30年産 1等

30年精米
5s\1.980
10s\3.930
20s\7.860
30年登米市産
一等玄米10s
\3.350
10k 30k

つきたてだよ!  新鮮だよ!


低温貯蔵の玄米を注文を受けてから精米して、
つきたてのお米を発送しています

登米市産の特産品といったら
まず第一にお米 (ひとめぼれ)でしよう

なんといっても、原チャリのナンバープレートの形状がここ登米市では、
米粒の形をあらわしています なかなかメンコイもんだ

下記は当店の精米工程です
店頭自家精米ライン




高性能だよ!

高性能の精米ラインで玄米を精米してます。
重力に逆らわないタテ型精米機なので、
一定均一の圧力で
米に熱を持たせず精米していますから
米本来の味を損なう事なく
自然な光沢を持ったお米に仕上げています


自家精米だからできます!

宮城県北部の銘柄米「ひとめぼれ」 は米粒の硬さが万人向けで、特徴としてコシヒカリほど硬くないので
少々さめても極端に硬くならずに美味しく食べられます、
子供からお年寄りまで、食べる方の年齢を問いません 、
また、吸水時間も一般的に他の硬質米と比べ短時間で済みますので
料理の時間を短縮できます。
家庭用にも食堂など業務用にもとても扱いやすいブランド品種です。


美味しく炊き上げる
ちょっとしたコツ
お釜(羽釜などフタさえあれば)
で直火、  究極の美味しさに
飯ごうでたいてみる
お米の保存の秘訣 イロイロ
食堂、飲食店等、業務用米は
当店は仙台市より北東約70キロの
ラムサール条約で有名な伊豆沼のある
宮城県北部の穀倉地帯 良質米(特A地区)の
生産地のど真ん中で
米穀店を営業しております。
周りは一面田んぼだらけの小さな町ですが、
ところがどっこい どこの家庭や食堂でも 
おいしいご飯は当たり前なんです。

そこで 当地方のおいしいお米を自信を持って
産直 産地精米にてご案内いたします。
下記で送料等 合計金額をお確かめください

お届け先別料金 北海道 東北 関東 信越 北陸 中部 関西 中国 四国 九州


宮城県登米市迫町佐沼字下田中50-11
千葉恵米穀店
お気軽に TEL0220−22−3092
お気軽に FAX0220−22−0668

(お申し込みは)

●注文表でお願いします
FAX用紙プリント アウト
メールを出す
メール注文の場合にはFAXのフォームを貼り付けると便利です
メール到着後内容確認のメールをお返ししますのでご確認下さい

精米機のメンテナンスも度々もします


精米機も長期間使用していると音や
白米排出口の糠の付き方で消耗品の交換時期が判るようになります
今回はちょっと水分のある糠が白米排出口に
付きかかつてきたので、プレッシャーロールをみてみます、
多分、ロールの空気噴出し口が硬い糠でつまりつつあると診断しました


精米機の窓の部分を開いてみることに

米と糠を選り分ける網をはずしてみることに

やっぱり、糠の塊がこびりつきですね

アップで見てみると斜めのスリットが糠で塞がってますね
ここのスリットからエアーが出てくるのですから、
通気よくドライバーでほじくりかえすことに
約三日に一度の作業です

バッチリ、除去できました
これで、エアーもしっかり出てきますね
組み直して終了
とはいえ、精米中の米の温度を上げないための
非常に大事な作業になります
穀温上昇で食味低下につながるためです
修理費用もかからず、めでたし、めでたし


トップに戻る