シマリスの凶暴化

なぜ?シマリスは秋頃、噛むようになるのか?

シマリスをケージから出して散歩させている飼い主さんの
ほとんどは、夏の終わりから秋にかけて、今までなついていた
かわいいシマリスが急に凶暴化するのを経験されています
(放し飼いでも凶暴化しないシマリスもいます)

春になると凶暴化したシマリスは、元のかわいいシマリスにもどるのですが
(そのまま凶暴化したままのシマリスもいます)

(1)ほとんどが放し飼いで、よくなついているリスである
(2)凶暴化するのが冬眠準備から冬眠から覚める時期と一致する
(3)冬眠しない貯食しない他の種類のリスは噛まない
(4)性ホルモンの減少時期と一致する

以上の事から、冬の冬眠に備えて貯食するシマリス特有の現象なようです

シマリスは、日照時間が短くなって気温が下がる秋になるとドングリを貯食します
それはテストステロン、エストロゲンなどの性ホルモンが減少することで貯食行動が
活発になることから繁殖ではなく自身の生存に比重が大きくなる時期に他の個体を
排除、攻撃することになるようです

実際、自然界のエゾシマリスは、秋にミズナラやカシワのどんぐりを冬眠に備えて
地下巣へ蓄えます、単独生活のシマリスは繁殖の時期以外は
一匹で生活していて、他のシマリスと出会うと、片方が追っ払うようです


エゾリスのようにシマリスにもテリトリー(縄張り)が一時的にできるのでしょう
冬を生きのびるための餌を集めるために、貯食の時期はテリトリーの
意識が強くはたらくと思われます

放し飼いの飼育下では、本来、シマリスよりも大きく危険を感じる人間という
存在が、うすれて、自然界では絶対に人間に攻撃をしないシマリスが
部屋を自分のテリトリーと認識し、その中にいる人間を他のシマリスのように
排除しようとするために噛み付きの攻撃をするのでしょう



噛まなくするようには出来ないのか?

凶暴化したシマリスの飼い主さんは、いろいろ頭を悩ませているようですが
残念ながらこれといった解決策はないようです

(1)貯食行動も関係しているようなので、多目の餌を与えるようにして
貯食して貯めこんだ餌を片付けないでおく

(2)いつも放している部屋ではなく、他の部屋に放す、または模様替えをする

(3)春まで、ケージ飼にする

など、でしょうか?どれも完全な解決策ではありません

■シマリスがある日、突然に凶暴化しても、驚かないで、そういうものだ
と、思っていてください、「ホルモン性疾患」の病気ではありません
シマリスはペットですが野生動物なのですから・・・・・・・・・・


【補足】
■これから飼う方で、放し飼いはしたいが噛まれるのはイヤという方へ

(これは、個人的な意見で、すべてのリスにあてはまるとは限りません)
初めてシマリスを飼う方で凶暴化をさせないのは簡単だと思います
シマリスがケージの中が自分のテリトリーと認識してから初めて
部屋に出して散歩をさせればいいのです
シマリスが家に来てから半年ぐらいは、絶対に部屋に放さない事です

それでは、シマリスは、なつかないのでは?と思うかもしれませんが
ケージ越しに大好きな餌をあげるようにして、なれてきたら
手の上に大好きな餌をのせて、その手をケージに入れていけば
平気で手の上に乗って来るようになります

□ 部屋に放す時は、夕方の寝る時間に近い方がいいでしょう
□ ケージのとびらを開けて床に置いて大好きな餌も入れておいてください
□ 長時間ださないで、一定の時間を決めて毎回、実行してください

眠くなったシマリスは、だんだん自分からケージに戻るようになるでしょう
(この時、部屋を安全な状態にして目を離さないのは言うまでもありません)


参考書籍:わが家の動物マガジン「アニファ」の「リスんトゥミー」(スタジオ・エス)