太宰治
   ゆかりの店




 あどはだりがかつて「おばさや食堂」であった頃の昭和初期、御幸町で下宿生活を送っていた太宰は、下宿先で食事が出ないときによく親友達と支那そば、津軽そばを食べにきたという。

 あどはだりでは、その頃の味を今日まで伝えています。

 ぜひ皆さんも太宰のゆかりの店でチリチリ細めんの支那そば、津軽そばを食べに来てね。









あどはだりの「支那そば」



あどはだりの「津軽そば」