Title

手打ちそば三里のホームページへようこそ


手打ちそば三里のホームページへようこそ お店の所在地・情報
そば打ち個別通信塾 「三里」店名の由来
お知らせ



手打ちそば三里のホームページへようこそ
イメージ1
このホームページでは三里を代表する「鴨せいろ」等

人気メニューおよび季節のメニューの紹介、お店からの

お知らせをしていきたいと思います。

「三里そば打ち個別通信塾」の詳細

「三里そば打ち個別通信塾」の内容についても

こちらでお知らせしていきます。

「そば打ち」始めたい! 学びたい! 楽しみたい!

自分のペースでそば打ちをマスターする

「三里そば打ち個別通信塾」



三里へのご連絡をご希望の方は、お電話・FAXは
(03₋5814₋1810)
電子メールの場合は
(sanri3@pj8.so-net.ne.jp)
までお願い致します。ご連絡をお待ちしております。


お店の所在地・情報
イメージ2
手打ちそば三里(さんり)

文京区根津2-33-9 

営業時間:
昼 12:00〜14:00
夜 17:00〜22:30 (ラスト・オーダー22:00)                                               
定 休 日:  水曜日


ちょうど「谷根千」の谷中・根津・千駄木の交わる

「へそ」のスポットとなります。

ヘビ道(※)の入り口にあたかも峠の茶屋のように

たたずんでいます。

日常の喧騒を離れ、隠れ家の中でゆったりとして

「粋」で極上な ひと時をお過ごしください

 ※ヘビ道: 正式名称ではなく、地元の人たちが

そう呼ぶ愛称。

ビックリするくらい見事な

クネクネ小径(こみち)です。

ぜひ散策してみてくださいね。


そば打ち個別通信塾
イメージ3
始めたい!学びたい!楽しみたい!

自分のペースでそば打ちをマスター

「三里そば打ち個別通信塾」

ビデオのやり取りでする

「三里そば打ち個別通信塾」の紹介です。


一般的なそば打ちの教室は(三里の場合そば打ち道場)

講師のお手本を見て実際にそば打ちに入り

講師からタイムリーなアドバイス・注意を受けながら

そばを打ち上げて学んでいきます。


三里 「そば打ち個別通信塾」では

貴方のそば打ちのビデオを見てそれに対して

アドバイス・修正・参考となる解説を

ビデオとメールでします。

タイムリーにその場で!

という訳には行かないので

少し頼りない面が出てきます。

では何故 「そば打ち個別通信塾」では

通信という形をあえてとるのか?

失敗につながるやり方・動き・道具の使い方等を

ていねいに、しっかり観察させていただき

その上で正しいそば打ちの技術を

解説指導により覚えていただく

もちろん、これは、従来のそば打ち道場でも

三里独自のこの「三里そば打ち個別通信塾」でも

同じです。

さらに、もう少し付け加えるなら、

@ わざわざ教室まで足を運ぶ必要がないので

  往復にかかる時間・及び交通費も不要。
                                                                                 
自分のペースで始められる


A 何度でも復習できるので、注意を受けた同じ処を

何度も質問して自分が恥ずかしいということもなくなる。

(ただし、学ぶ姿勢としては気にせず何度でも質問してください!)


B スケジュールを教室とすり合わせ

予約を入れなくても済むので

何よりも自分のペースで気軽にはじめられる。


入会金1,500円(永久会員権・入会時のみ)

授業料6,000円{3回分(1回当り2,000円)    

入会時3回授業付の合計金額 7,500円

追加・補習4回目以降(1回2,000円)



※1回とはあなたからの「実技そば打ちビデオ」に対しの

「そば打ち個別通信塾から指導ビデオとアドバイスメー

ル」の一往復の事です。

※会員様は、確認、質問、相談等でビデオのやり取りを
伴わないものは1回にカウントされません、無料です。
質問はお気軽にメールにてできます。


三里へのご連絡をご希望の方は、
お電話・FAXの場合は
(03₋5814₋1810)
電子メールの場合は
(sanri3@pj8.so-net.ne.jp)
までお願い致します。
ご連絡をお待ちしております。


「三里」店名の由来
イメージ4
つれがな三里

「連れがな三里回らん」、もう少し散文的な表現に

すれば「連れがあれば三里回ろう」、となります。

旅に道連れがあれば、たとえ三里の回り道も苦に

ならないという意味のことわざです。

現代ではほとんど使われなくなりましたが、                                   

江戸前期、芭蕉が奥の細道を旅した時代には、                                  

ごく日常的な表現であったようです。 

あらかじめ、これと定めた道すじをそれ、

回り道をあえてする。

いかにも非効率的なうえに危険が

ともなうやもしれぬ、三里の回り道。

                                                    
でもそれも、同行者があればこそ。

よき道連れがあれば、旅も人生もなおさら楽しい

ということでしょうか


お知らせ
イメージ5
<旨>厳選した自然素材にこだわり、360時間以上

じっくり寝かせ旨味を熟成させた「かえし」。

そして軟骨入りの鴨のつくねからはコリコリした

食感とともにこくのある深い味わいのだしが

出て三里で一番人気メニュー

“鴨せいろ”のつゆをつくりあげます。

<肴>三里のこだわりはヘルシーな素材を

生かした料理。

おすすめは「そばさしみ」「カリカリじゃこ豆腐」

「そば屋仕立ての和風チヂミ」などなど。

デザートは甘さを抑えた「そばアスクリーム」。

おいしいお酒も取り揃えました

どうぞごゆっくり、おくつろぎください。

<粋>本格「江戸」手打ちそばの店です。

洗練された大人たちが集う空間として

お仲間とご一緒はもちろんのこと

女性お一人で訪れても違和感のない

落ち着いた雰囲気の店三里です。

<空> 時の流れをしばし止め、日常から抜け出して

とっておきの隠れ家への扉を開けた時、

自分を取りもどしホッとする、

そんなひと時を三里は大切にしたいのです.。

<禅>和みの空間で日常のしがらみから解き放たれ

精気を取りもどす……おいしいそばには

そんな力があると信じて心をこめて

無心にそばを打ちます。


MailBox トップへ