最新医療情報【No.146】 | 佐藤医院 - 消化器内科・大腸・肛門外科・乳腺外科・内科・外科・リハビリテーション科 | 新潟県上越市春日新田

消化器内科・大腸・肛門外科・乳腺外科・内科・外科・リハビリテーション科 - 佐藤医院 | 新潟県上越市春日新田

消化器内科・大腸・肛門外科・乳腺外科・外科・内科・リハビリテーション科 - 佐藤医院 | 新潟県上越市春日新田
お問い合わせ・検査のご予約(電話)025-544-8877(月〜土9:00-18:00/火・木午後は休診)
  • サイトマップ
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ

  • ホーム
  • 当院のご案内
  • 診療科目のご案内
  • 得意な治療
  • 問診票・検査申込
  • 最新医療情報
  • よくあるご質問

最新医療情報

ホーム > 医療情報のご案内 > 最新医療情報【No.146】

注目の最新医療情報

心血管的なアルコール最適量は1日2杯まで

【オンタリオ州、トロントおよび英国、ロンドン 2017年3月14日】



「大量飲酒者にとって、アルコール摂取量を1日2杯以下にすることが高血圧治療の第1選択となりうる」
アルコール摂取と、頸動脈-大腿動脈間脈波伝播速度(PWV)で測定される血管硬化度の変化との関連を、25年以上の長期的観点からみた研究では
PWVは、心血管疾患および心血管死の信頼できる予後予測マーカーであることが明らかになっており、PWV値が高いほど血管硬化度が大きいことを示している。
常習的大量飲酒の男性群(エタノール摂取が週に3.9オンス超、または週に約14杯以上)は、適度飲酒の群(エタノール摂取が週に3.9オンス以下)と比べ、ベースラインのPWV値がより高かったことが英国の研究者らにより明らかになった。
常習的大量飲酒の女性群においても、同様の影響が認められたが、臨床的共変量を含む全調整後は有意ではなくなった。
「過去のコレステロールに関するデータから、HDLコレステロール値の改善が目標ならば、1日2杯のアルコール摂取が常に適正量であるようだ、もし1日2杯を超えると事態が悪い方向へと向かい始めるということである」

「1日2杯のワインやビールやカクテルをただ純粋に楽しむ人々であり、彼らが自身に対して何も有害なことをしていないという十分なエビデンスを得ることができた」。
英国民のうちアルコール摂取が1日2杯超である者の半数がアルコール摂取量を減らすと、収縮期血圧が140mmHg超である率が男性で4.4%、女性で1.2%低下し、その影響の大部分は中年期に現れる。この血圧低下は、年間7,272件の入院および678件の心血管死の予防になる。

  • ホーム
  • 当院のご案内
  • 佐藤医院のこころざし
  • 案内地図
  • 院内のご案内
  • 医療設備
  • スタッフ紹介
  • 診療科目のご案内
  • 消化器内科
  • 大腸・肛門外科
  • 乳腺外科
  • 内科
  • 外科
  • リハビリテーション科
  • 脱毛症・禁煙・ED治療
  • 肺炎球菌ワクチン等
  • 健康診断・予防接種
  • 健人間ドックのご案内
  • がん・生活習慣病単独検査
  • 得意な治療シリーズ
  • 癌の内視鏡治療
  • 鼻からの内視鏡
  • NBI内視鏡
  • 肺ガンの早期発見
  • まき爪治療
  • 肛門治療
  • 骨粗鬆症の診断と治療
  • 痛みをやわらげる治療
  • 乳癌治療
  • 問診票・検査申込
  • 初めての問診票
  • 検査申込用紙 -
  • すぐ診て - 風邪用問診票 -
  • すぐ診て - 下痢用問診票 -
  • 自己診断チェック
  • 肛門疾患の自己診断チェック
  • 最新医療情報
  • 注目の最新医療情報
  • よくあるご質問
  • よくあるご質問と回答
  • お問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • リンク
  • リンク

携帯電話でチェック(QRコード)

院長のブログ
院長が日々の出来事を綴っていきます。

野鳥アルバム
院長撮影の様々な野鳥をご紹介します。

森へようこそ
森や渓流など自然豊かな風景写真です。