イタリア音階、ドイツ音階、英語音階、日本音階


 一般社会で暮らしていく中で聞く音階は普通イタリア音階ですよね。でも、プレイヤーたちが音程の話をするときに用いるのはドイツ音階なのです。「お前ちょっとそこのA(アー)低くね?」「ここはG(ゲー)の音が基盤になってるから外せないよ」といった様子です。分かりやすいように並べて表記したいと思います。

イタリア音階 ドイツ音階 英語音階 日本音階
 C(ツェー) C
 D(デー) D
 E(エー) E
ファ  F(エフ) F
 G(ゲー) G
 A(アー) A
 H(ハー) B

 こんな感じになっております。英語音階の読み方はアルファベットそのまんまで。

 チューニングがラの音で行われることを考えると、そこから並べれば英語音階はアルファベット順になってるのが分かりますよね。日本語でもちゃんとイロハの順になっています。ドイツ音階ではシはH(ハー)なのですが、シ♭はB(ベー)と表記します。そうするとやっぱりアルファベット順。

 また、イタリア音階では音を半音上げ下げするときに♯(シャープ)や♭(フラット)と言った記号を使いますね。英語音階では表記は一緒なのですが、♯が着いている音はメジャー、♭のついている音はマイナーをつけて呼びます。つまりG♯と書いてあれば「ジーメジャー」、A♭と書いてあれば「エーマイナー」と読みます。

 日本語の場合、♯の時には「嬰(えい)」とつけ、♭の時は「変(へん)」とつけます。つまり「嬰ハ」と書いてあったらド♯、「変ロ」と書いてあったらシ♭といった感じになっております。


ドイツ音階だけはちょっと特殊で、読み方そのものが変わります。具体的には♯が着くと表記に「〜is」とつき、読み方的には「〜ィス」となります。♭の場合は「〜es」とついて「〜ェス」と読むようになります。また表にしますか。

 Cis(チス)  Ces(セス)
 Dis(ディス)  Des(デス)
 Eis(エイス)  Es(エス)
 Fis(フィス)  Fes(フェス)
 Gis(ギス)  Ges(ゲス)
 Ais(アイス)  As(アス)
 His(ヒス)  B(ベー)

 ♭系ではシだけが先ほど言ったように特殊な表記となってます。Hes(ヘス)という場合もあるそうですが一般的にはB(ベー)です。

 さぁ、これを覚えて貴方もドイツ人気取り!!!(あくまで気取りね)


項目一覧に戻る

お蔵に戻る

トップページに戻る