カオス&フラクタル紀行

-- Trip to Chaos & Fractal --




このホームページは「カオス」と「フラクタル」の世界へ通じる入り口である. この世界を訪れる旅行者は奇妙で不思議な風景に出会うだろう. そして,その魅力に取り憑かれてしまうだろう. えっ,「どんな風景」だって? それは入ってからのお楽しみ……!

ギャラリー
アニメーション
カオス&フラクタル術語集
ダウンロードサービス
ヨルダン報告


工学博士 : 芹沢 浩 (Hiroshi Serizawa) e-mail





主 要 論 文

Serizawa H, Sasaki Y, Nishina Y (1980) Polytypes and excitons in GaSe1-xSx mixed crystals. Journal of the Physical Society of Japan 48:490-495. DOI:10.1143/JPSJ.48.490. Abstract
Serizawa H, Amemiya T, Enomoto T, Rossberg AG, Itoh K (2008) Mathematical modeling of colony formation in algal blooms: Phenotypic plasticity in cyanobacteria. Ecological Research 23(5):841-850. DOI:10.1007/s11284-007-0447-z. Abstract
Serizawa H, Amemiya T, Rossberg AG, Itoh K (2008) Computer simulations of seasonal outbreak and vertical migration of cyanobacteria. Limnology 9(3):185-194. DOI:10.1007/s10201-008-0245-5. Abstract
Serizawa H, Amemiya T, Itoh K (2008) Patchiness in a minimal nutrient-phytoplankton model. Journal of Biosciences 33(3):391-403. DOI:10.1007/s12038-008-0059-y. FullText
Serizawa H, Amemiya T, Itoh K (2009) Patchiness and bistability in the comprehensive cyanobacterial model (CCM). Ecological Modelling 220(6):764-773. DOI:10.1016/j.ecolmodel.2008.12.015. Abstract
Serizawa H, Amemiya T, Itoh K (2009) Noise-triggered regime shifts in a simple aquatic model. Ecological Complexity 6(3):375-382. DOI:10.1016/j.ecocom.2009.03.002. Abstract
芹沢浩, 雨宮隆, 伊藤公紀 (2010) 相模湖と津久井湖におけるアオコ異常発生現象の数理モデル解析. 技術マネジメント研究 9:1-14. FullText
Serizawa H, Amemiya T, Itoh K (2010) Sufficient noise and turbulence can induce phytoplankton patchiness. Natural Science 2(4):320-328. DOI:10.4236/ns.2010.24040. FullText
Serizawa H, Amemiya T, Itoh K (2010) Effects of buoyancy, transparency and zooplankton feeding on surface maxima and deep maxima: Comprehensive mathematical model for vertical distribution in cyanobacterial biomass. Ecological Modelling 221(17):2028-2037. DOI:10.1016/j.ecolmodel.2010.05.009. Abstract
芹沢浩, 雨宮隆, 伊藤公紀 (2011) エントロピー生成率最大化(MEP)の原理 ―― 社会分析への適用可能性 ――. 理論と方法 26(2):405-420. FullText
Serizawa H, Amemiya T, Itoh K (2014) Tree network formation in Poisson equation models and the implications for the Maximum Entropy Production principle. Natural Science 6(7):514-527. DOI:10.4236/ns.2014.67050. FullText
Serizawa H, Amemiya T, Itoh K (2014) Glycolytic synchronization in yeast cells via ATP and other metabolites: Mathematical analyses by two-dimensional reaction-diffusion models. Natural Science 6(10):719-732. DOI:10.4236/ns.2014.610072. FullText


学 位 論 文

修士学位論文 (固体物性論) GaSe1-xSx のフォトルミネッセンス 東北大学大学院 工学研究科 応用物理学専攻工学修士 (1979)
博士学位論文 (数理生態学) 湖沼生態系におけるアオコの個体群動態および空間分布に関する
数理モデル解析 FullText
横浜国立大学大学院 環境情報学府 環境生命学専攻工学博士 (2008)


主 要 著 書

Turbo C グラフィックス入門1992. 9 サイエンス社
フラクタル紀行1993. 1 森北出版
超越関数の世界 ― 続・フラクタル紀行 ―1993. 3 森北出版
カオスの数学1993. 7 東京図書
カオスの現象学1993.11 東京図書
日本語 Logo 入門1994. 8 森北出版
複素数とフラクタル1995. 1 東京図書
3次元フラクタル紀行1995. 6 森北出版
C による Windows グラフィックス入門1997.10 森北出版
Java グラフィクス完全制覇 (標準プログラマーズライブラリ)2002. 1 技術評論社
微分方程式による数理モデルと複雑系2015.11 現代数学社


学 歴 (☆) ・ 職 歴 (★)

1967. 4 〜 1970. 3東京都立立川高等学校
1971. 4 〜 1977. 3東北大学 理学部 物理学科
1977. 4 〜 1979. 3東北大学大学院 工学研究科 応用物理学専攻 修士課程
1979. 4 〜 1988. 3東京都立永山高等学校 数学科 教諭
1988. 4 〜 2000. 3東京都立青鳥養護学校 高等部 教諭
2000. 4 〜 2004. 3東京都立大田ろう学校 機械科 教諭
2002. 4 〜 2004. 3JICA シニアボランティア (赴任国:ヨルダン)
2004. 4 〜 2005. 3東京都立南大沢学園養護学校 中学部 教諭
2006. 4 〜 2008.12横浜国立大学大学院 環境情報学府 環境生命学専攻 博士課程
2009. 5 〜 2010.12横浜国立大学 工学研究院 客員研究員
2011. 1 〜横浜国立大学 環境情報研究院 客員研究員