2000年
8月19日土曜日
初の舞台鑑賞。
【阿修羅城の瞳】
主演:市川染五郎(松兄)、富田靖子(アイコ●●歳)
桟敷席(10500円)、特上うな重(3800円)。ぎょぎょっ、ブルジョワ!
ストーリーはイマイチかなあ。別に特筆すべきものはない。
ギャグも結構寒目な感じ。でも場内は大爆笑でちょっと困った。まあでも舞台で映えるタイプの笑いを作ってるってことなんだろうかね。
あ、でも渡辺いっけいだけはちょっとおもしろかった。あれはやっぱ、間の取り方がうまいんでしょね。
んで、じゃあ全体的には面白くなかったのかとゆうと、そうではない。
なるほど舞台の場面転換ってああゆう風にするんだなあと、これは真面目に感動。
オープニングのタイトルが出るとこも映画的でカッコよかった。興奮。
クライマックスもちょっとファーストガンダムみたいで痺れたよ。
ライブハウスみたいな重低音に血をたぎらせて、天然物のうなぎにもっと血をたぎらせて、ついでにヨダレをしたたらせて、そんでうなぎさん自身は油をしたたらせて、
よーするに、うなぎは、うまい!
8月26日土曜日
上野動物園へ。
生まれて初めて生パンダを見る。白黒ショー。でもなんかあんま強そうじゃないし、汚かった。がっかりだ。
マレーグマの顔が妙にリアル。檻に指をかけてこっちをジって見てる表情がすごく人間的で、なんてゆうか、ああ、人間に一番近い動物は実はきっとマレーグマなんだなって、そう思った。実際あれは間違いなく霊長類だよ。しかも下手するとヒト科だ。
ちなみに一緒に行った友人は通路沿いに置いてあった虎の置物見て、本物が逃げ出してんだと思ってキャアって叫びました。
8月27日日曜日
谷川俊太郎展へ。
でも腹具合が悪くてさ、トイレでウンウンうなってるうちに閉館。。。
とりあえずトイレは綺麗だったよ。おわり。
9月6日水曜日
いよいよ久しぶりにお仕事を始める時期になってしまいました。
さあ今日から忙しいどー!
11月3日金曜日
演劇鑑賞
蜷川演出【火の鳥】さいたまスーパーアリーナ
CAST:今井絵理子、MAKOTO、いかりや長介他
つまんなかった。終わったことにすら気づかんかった。

11月4日土曜日
二日連続の演劇鑑賞
【人間風車】パルコ劇場
作:後藤ひろひと
演出:G2
CAST:生瀬勝久、斎藤由貴、升毅他
すごいおもしろかった。
シナリオもよかったし、、ああ、入れ物によってこうゆう風に違うんだなあと、別に演出家になるつもりもないくせに、とても勉強になる。
もっといろんな舞台を見てみたいと思う。
生瀬ってカッコイイや。声もいい。
2001年
2月3日土曜日
マレーバクが3匹に増えたとゆう噂を聞きつけて、多摩動物園へ。
行ってみたら1匹しかいなかった。
でもやっぱカッコイイや。
2月11日日曜日
新宿でオニギリとかパンを大量に買い込んで、浜松町から水上バスで浅草金色ウンコ方面へ。
そこから二階バスで上野に行ってアメ横をブラブラ。
遠回りが楽しい。
2月17日土曜日
青山で1個1000円以上もするグルメなバーガーを食して後、舞台鑑賞のためいざ下北へ。
【友情しごき教室】本多劇場
作:牧野晋弥
演出:生瀬勝久
CAST:生瀬勝久、温水洋一、松尾貴史、他
う、生瀬演出にも期待してたのに、おもしろく、ない。げふっ
シナリオも、なにを言いたいのやらよくわからん。まあ多分「サラリーマンなんかより役者とか作家の方が好きにやってて楽しいんだぜー」とかそうゆうことを誇りたいのかもしれないが、それなら金取ったらあかんね。

OLに対する女性蔑視的なセクハラを一番好むのは主婦なのだと、知ってはいたけど再認識。
三角ハゲを殺すの図
3月18日日曜日
こないだ従兄弟(大工)が、独立したから会社のシンボルマークとか作ってくれって言って来たから、優しいしぐ山先生は真面目に10パターンほども作ってあげました。
なのにそれっきり送り先すら連絡してきやしねえ!
あの三角ハゲ、殺す!
3月20日火曜日
最近の吉祥寺は妙に人が多くて、上着と暖房のバランスも取れずに暑苦しい。
ロンロンで生春巻や筍の天婦羅や鶏唐などを買い込んで、井の頭公園へ。
桜はまだ咲いていない。
楽しそうにはしゃいでいる、兄弟らしき男の子たちをほほえましく眺めながら、あんまり騒がしいから池に突き落としてやろうかと物思う、春のしぐ山先生であった。

3月31日土曜日
深夜一時に吉祥寺は李朝園(焼肉屋さん)へ。
たまらん。こりゃうめえや。
ガツガツゴクゴクガツゴクゴクガツガツガツガツゴクゴクガツガツガツガツガツガツガツゴクゴクゴクゲップーガツガツガツガツガツゴクゴクガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツゴクン。スパー。
あ、吉祥寺に行ったのに桜見てないや。
同日夕方六時。雪の降る中、今度は荻窪は囲(焼肉屋さん)へ。
うーむ、霜降り和牛カルビ。これまたうめえ。
雪降る春に霜降りカルビ。和牛はしぐ山を詩人に変えます。
ガツガツゴクゴクガツゴクゴクガツガツガツガツゴクゴクガツガツガツガツガツガツガツゴクゴクゴクゲップーガツガツガツガツガツゴクゴクガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツゴクン。スパー。
桜? しらん。

とゆうわけで、あいかわらず花よりカルビなしぐ山がお送りいたしました。
4月28日土曜日
はいはい、焼肉です。再び李朝園です。
今日は特上カルビもまだ残っていました。
ふいー、んまい!
4月29日日曜日
電車を乗り継いで片道約2時間半。初めての東武動物公園へ。
すごい田舎です。GWも関係あるのでしょうか、上野や多摩に比べると客層のヤンキー率が圧倒的に高いです。もちろん怪しげで派手なブランドマーク入りスウェット着用率も高し。
マレーバクが三頭もいました。多摩のに比べるとちょっと汚らしい感じだけど、三頭もいるのは凄いです。グロいです。
アフリカ象もいるけど、ちょっと遠くて大きさをイマイチ実感しにくいのが残念。
ライオンが怖いです。オレが近づくと吠えます。他にも人いっぱいいるのに、オレが移動するとずっと目で追ってきます。金髪の長髪でボサボサな頭だから仲間だと思われたのでしょうか。それとも丸々太った豚だと思われたのでしょうか。たぶん後者でしょう。。。
あ、バイソンの一頭が凄い巨大で迫力でした。あれはちょっと見物です。
でもここでタイムアップ。キリンやサイは見れませんでした。クマも見当たらなかったけど、いるのかなあ。
つーかなんかここの日記って動物園と焼肉ばっかだ。愛でるか食べるかどっちかにしろってのな。
5月1日火曜日
そうそう、この間、知り合いの松岡くんからちょっと怪しげな雰囲気漂うプレゼントを貰ったよ。発送元の住所もなかなかに怪しげだ。
松岡くんは元気なんだろうかねえ。パソコン使えんくなったみたいやけど、たまにはネットにも戻って来ておくれ。
つまり、松岡くん、ありがとね。
5月2日水曜日〜6日日曜日ぐらい
吉祥寺のなんたらおばさんのなんたらパスタを食べたり吉祥寺と馬場の一風堂でラーメン食べたり江古田のアンジェリーナとか西荻のなんたらミツとかで多分5千円分ぐらいパン食べたりビデオが壊れたり壊れた途端にリンチ特集があるのを知ったり高円寺で古着屋巡ったりしてました。
さて、ところで西荻で見たあれは誰だっただろう。短髪で口髭生やした、たぶん料理評論家。テレビでよく見る顔やけど、名前が思い出せんねん。全然どうでもいいんだけども、名前が思い出せんのはなんか気持ち悪い。誰かわかる?
5月8日火曜日
冷凍庫(と言っても冷蔵室の中にちょこっと付いてるだけのやつだけど)の霜取りをしてみた。1.5年分の霜はなかなか強力で、製氷のやつとかコードとかキムコとかまでまきこんで頑張っていらっしゃった。
んで、その非永久氷土の底の方になんか発見。そういえば引越して来た時にもこれなんだろうって思った記憶が蘇ったが、なんでその時に気が付かなかったんだろう。冷凍庫の蓋でした。
今までアイスとか入れても溶けちゃうから使い道ねえなあと思ってたんだけど、もしかして蓋閉めたら大丈夫なのかなあ。実験してみなければ!
うーむ。。。
5月10日木曜日
またまた焼肉な日記です。
今日は四季庭。カミシャクのお店。思えば東京に越して来たその日に食べに行った思い出のお店。
結構大きなお店なんだけど、とてつもない大声で閑古鳥が鳴いていました。ラストオーダーまでまだ時間はあったのに、結局最後まで貸し切り状態。理由はたぶん店員の出来の悪さにあるのでしょう。バイトだか店員の知り合いだかの女の子たちが客席に座って騒いでるってのは如何なもんでしょうか。ウエイターも何言ってんだかよくわからなかったり機転がきかなかったりします。メニューはいろいろあるし味も結構いいんだけどねえ。
5月12日土曜日
またまた多摩動物園に行って来た。
今日はちょっとだけ時間が早かったので、未体験のライオンバスに乗ってみました。ライオンがいっぱいいるとこをバスでぐるっと周るだけなんだけど、やっぱライオンは怖いです。事故があったらどうしようとか思ってしまう。
そしてそこまで行って初めて気づく。今までアフリカゾーンには全然足を踏み入れたことなかったんだ。
ここのキリンの数、正直驚く。アフリカ象もいっぱいる。しかもそのうちの数頭はとてつもなくでかい。 今までいろいろ見てきた象は、あれはニセモノだ。
象とゆうモノはこんなにも巨大で、しかも多分狂暴。凄い。
多摩動物園の入口にある象の像は、これはいくらなんでもでかすぎだろうと思ってたんだけど、ここのアフリカ象を見た後では、なるほどリアリズムって感じだった。
5月13日日曜日
吉祥寺のムーンタージってお店でカレーを食べる。おいしい。
キーマカレーもココナッツ海老カレーもおいしかった。ナンもおいしい。普通のナンもおいしいけど、果実とか入ってる甘いなんたらナンもオススメ。カレーなくてもこれだけでも食べられそう。
それでもやっぱりライスも注文してしまうあたりが日本人だね。ビールもエビスにしたし。
いや、それよりもその後すぐに回転寿司にハシゴしてしまったあたりが日本人なのだろうか。
それはただのデブだ。
5月14日月曜日
朝日新聞が取れ取れうるさい。
まず最初は「近所付き合いだと思ってお願いします」とか言う。
次は同じ人が、今度は「これホントはいけないんですけど、誰にも言わないで下さいね、あくまでも個人的なことですから」と言って1万円札を渡そうとする。
それでも断わると、今度は別の人が来て、「これホントはいけないんですけど、誰にも言わないで下さいね、あくまでも個人的なことですから」と同じことを言って同じことをしようとする。なんのこっちゃ。
それでも断わるといよいよお出ましです。いわゆるコワモテ。さりげなく脅しまで入れながらの、すでにお願いではなく命令調。「顔見て考えろ」って言われたから顔をじっと見ながら考えてたら諦めて帰ってったけど、最初の近所付き合いってのはどうなってんだろねえ。
天下の大朝日新聞社。これでいいのか? 久米さんは知ってるのかねえ、こうゆうこと。オレの予想では次はきっと裸の美女がやって来るんじゃないかと思うが、どうでしょう。
あと、金髪ってだけで「バンドやってるの?」とか聞くあたりが、すでに新聞社ではなく旧聞社だ。
7月5日木曜日
髪切った。
金髪もすっかり黒くなりました。
7月21日土曜日
ボリショイサーカスを見に行った。

席が前から二番目だったので、ピエロにいじられたらどうしようかとドキドキした。
舞台に無理矢理引っ張り出されてコミカルにいじられてたおじさんがかわいそうだった。オレだったら多分泣くか暴れたな。
つーかボリショイサーカス、全てにおいてショボイんですけど。。。
特にあの洗練されてなさ過ぎるセンスはかなり凄い。あそこではドラマもユーモアも数十年間ぐらい止まったままなんだろうと考えざるを得ない感じ。
8月18日土曜日
ひさしぶりの演劇鑑賞。
【新・飛龍伝】北とぴあ さくらホール
作、演出:つかこうへい
主演:内田有紀
他の役者がほとんど男ばっかだったせいもあるが、そのせいだけではなく、やはりアイドルには華があるなあと思った。
ただ、席が後ろの方だったので、誰が誰やらなかなか把握できなかったのと、なによりカーテンコールの内田有紀の白レオタードが遠かったことは、とってもきわめてかなり残念。
8月20日月曜日
いしだ壱成、大麻所持現行犯で逮捕!
げげげっ、なんてことしてくれるんじゃ!
オレ来月の舞台のチケット持ってんだぞ!
楽しみにしてたんだぞ!
もう責任取って親父が代わりにやれ!
と思ったけどそれはそれでいやだな。
9月12日水曜日
観てまいりましたよ。例の石田んとこのセガレの代役の舞台。
【大江戸ロケット】青山劇場
脚本:中島かずき
演出:いのうえひでのり
CAST:山崎裕太、奥菜恵、古田新太、峰岸徹、おひょいさん、他
やはりなんとゆうか、山崎裕太が悪いわけじゃないんだけど、寧ろすごく頑張ってたと思うんだけど、それでもやっぱりどうしても比べてしまうというか、ああ、いしだ壱成ならきっとここはこうだなあとか考えながら見てしまう。これは確かに、もしかすると多少は書き替えたのかもしれないが、それでもやはりいしだ壱成のために作られたキャラクターなんだなあとしみじみ思う。
新感線の舞台を観るのは二度目です。
「阿修羅城の瞳」と比べるとちょっとクライマックスの盛り上がりには欠けるけど、セリフは全体的にこちらの方がスムーズで綺麗だったように感じた。そしてなによりもライティング。ロケットが飛び上がったシーンの照明とか、それにスクリーン使用時やセット変更後の陰影。かっこいい。
奥菜恵、かわいい。
9月15日土曜日
噂(オレの中で)の叙々苑で噂(オレの中で)の特選カルビを食べたった。
6切れで3200円もするんだもん、そりゃうまいわいな。うむ、うまい!
でもサービス料10%は高すぎる!
帰りは歩いて帰った。
9月22日土曜日
吉祥寺は三越の裏手にある佐賀牛使用の某焼肉屋。
古いのか解凍に失敗してるのか肉質はパサパサ。
真っ黒になっても一向に網を取り替えない。
なによりも、肉全品半額だとゆうことで入ったのに、どうも実際は全然安くなってなかったもよう。
オレは例によってお金持ってなかったのでよくわからなかったんだけど、 お金を払った友人がどうも高過ぎると思ったのでレシートを貰おうとしたら断わられたようだ。非常に怪しい。
半額にも関わらず客が少なかったことにも大いに納得。
オススメします。行かないことを。