11月1日木曜日
最近ずっとうちの天井裏から足音が聞こえてた。ギシッ、ギシッ、とゆっくり歩く音。感じとしては体重60キロぐらいの男の足音。でも多分そこにそんなスペースはないと思うんだよなあ。
ドンって叩くと静かになるんだけど、10分ぐらいするとまたギシッギシッ。
で、その音が聞こえ始めた頃と時を同じくして急に体調を崩してしまって、調子が悪いまんま2週間ぐらい寝込んでたんだけど、足音が聞こえなくなった途端に今度は突然回復したのです。
これはオカルトなのか?
11月3日土曜日
西荻のてんやで食べたカキ天丼のカキがなんだかとってもレアーだったので、途中でお腹痛くなったらどうしようと戦々恐々の中、下北で演劇鑑賞。
ナイロン100℃【ノーアート・ノーライフ】本多劇場
作、演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
CAST:みのすけ、温水洋一、山崎一、他
なんか、どっかでこっそり見たんとちゃうか?ってぐらい、オレが昔使ったネタが結構いろいろ入ってて(もちろん偶然だろけど)、逆に笑うに笑えない気分にはなってしまったんだけど、でも男しか出てないにしては、キャラクターに愛敬があるおかげで意外と華やかで楽しかった。
ただやっぱ別にここまで詰め込まなくても、あまりにもベタなネタは思い切ってカットして、スッキリもうちょっとコンパクトにした方が良かったんじゃないかなあってのと、それと、後日談も含めて最後はもっと強く気持ち良く落としてほしかったなと思った。
お腹は痛くならなかった。てんや、疑ってごめん。
11月25日日曜日
くぐつ草でカレーを食べて後、またまた演劇鑑賞。
G2PRODUCE【天才脚本家 ボクらはみんな騙される。】スペース・ゼロ
作:後藤ひろひと
演出:G2
CAST:三上市朗、関秀人、久保田浩、他
去年観た【人間風車】が面白かったから、脚本家と演出家が同じこの芝居をチェックしてたんだけど、うん、やっぱ面白かった。
特にやはり後藤ひろひとのシナリオがいいんだね。細部まできっちり作り込んであって(もちろん現実を緩めた上でだけど)、非常になんとゆうか、お得な気分になれる。
初演だったからか役者のミスは目立ったけども。
あと、席が一番前だったから首が疲れた。
12月29日土曜日
寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。答えなくても結構です。別に興味ありませんので。
と比較的軽目の毒を、白い息と一緒に吐き出しながら、久しぶりの日記です。
なぜなら、
演劇鑑賞。
【四谷怪談】シアターコクーン
作:鶴屋南北
演出:蜷川幸雄
音楽:東京スカパラダイスオーケストラ
CAST:竹中直人、広末涼子、高嶋政伸、藤真理子、村上淳、田口浩正、持田真樹、他
すごい豪華キャストだ。でもこれだけ豪華なメンツが揃っていても、気づけば、別にファンでもないのに目はヒロスエを追ってしまっているんだな。演技もキャラも一番薄かったのに。
ヒロスエは綺麗だ。やっぱあんなのそこらへん歩いてないわ。と、深深と思った。
さて肝心の演劇自体は。やっぱ口語んがいいや。と、まあヒロスエが綺麗だということほどではないが、思った。
2002年
1月14日月曜日
やっとこ年賀状を書きました。
全部手描きなのでもう来たやつに返事するだけなのです。そうこうしているうちに来る枚数もどんどん減っているので、まあそれはそれ、楽といえば楽ですな。
それにしても手書きの年賀状って減ったよねえ。今はきっと子供とかでも印刷が主だったりするんだろうねえ。まあそれはそれでいいんだけど、でも毎年毎年子供の写真を送ってくるのに関してはそろそろ対策を考えんといかんな。と思う。
あ、まあそんな感じで個人的には国際温か味キャンペーン中ですので、メールでの年賀状は今年は一切送らなかった次第であります。送ってくれた人には心よりゴメンナサイ。
好きな漫画家ランキング 尊敬する漫画家ランキング
楳図かずお 楳図かずお
藤子・F・不二雄 藤子・F・不二雄
坂口尚 赤塚不二夫
永井豪 ジョージ秋山
内田美奈子 GONTA
松本大洋 手塚治虫
1月16日水曜日
ドラマ
【漂流教室】見てますか?
以前の大林監督のやつが、ほらアレだったから、今度こそはと期待したい所ですね。
さて、原作は言うまでもなく日本が誇る唯一にして無二の天才、いや、唯一無二と言うのはさすがにおかしいような気もするので、筆頭天才とでも呼んでおこう、楳図かずおの少年パニック物なのですが、え?
恋愛物なんですか? では親子愛だった部分を恋愛に置き換える時空間突き抜けラブなのだろうかと思えば、どうも主要の男女はさっさと二人とも未来に飛ばされてしまったようで、うーむ。でも派手に群像劇にもなっているようで、その中には離れ離れになったカップルもいるし、まあそうゆう要素も入っては来るのでしょうね。
さてさて、少年パニック物にはいくつかの傑作と言える作品があるのですが、それらにはまたいくつかの共通点もあり、その中でも個人的に外せない、外して欲しくないと思う点は、なんと言っても理系の天才少年による怪しげな理屈に裏打ちされた大仕事であったりするのですが、一応それらしいキャラもいるようだったので、これにも期待したい所です。
漂流教室ファンのうちの妹もさぞドラマ化を喜んでいるだろうと思ってメールしてみたら、尻が痛くて痔の薬を使ってみたという返事が来ました。
注:右の表は自分でも本当かどうか実はよくわかりません。
好きなリンチ映画ランキング
ツイン・ピークス
ロスト・ハイウェイ
デューン
イレイザーヘッド
ワイルド・アット・ハート
ブルー・ベルベット
1月19日土曜日
微妙に有名な「ひごもんず」
でチャーシューメンを食べた。なかなか普通の味だった。でもチャーシューはおいしかった。餃子も食べた。さらに普通の味だった。ビールも飲んだ。普通の味だった。普通じゃない味のビールなんていりませんが。
ヒスのモッズコートは微妙に派手で微妙に地味でカッコイイのだが、カーキは早くも売り切れていた。上野に行けばあるかな。
さて、問題はそんなことじゃなくて、ついに三谷の舞台のチケットを手に入れました。しかも二本!
やあ三月が楽しみですなあ。
つーかも一つ楽しみなのは、えっ!? リンチの新作が来るんですか!? すっかり映画に疎くなった昨今、オレ今日知りました! がーん!
注:ちなみに右の表に書かれていない他の作品も1位です。
1月20日曜日
西武新宿駅前の桜寿司はいつ行っても空いています。安いわりには結構おいしいのにな。焼アナゴがオススメです。
ヒスのモッズコート、カーキは新宿にも上野にももうありませんでした。でもグレーもなかなかいいなって気分になったので上野でムニャムニャっとゲット。
いよいよ春が待ち遠しい感じだ。
2月9〜11日
この三連休(つーかオレの場合ほぼずーっと連休中だけど)に行った場所。
【クリムトとかシーレとかのをやっている美術館】【カラオケボックス】【遅れ馳せ過ぎているせいでさすがに既に空いているすごく面白いことで有名だけどオレ的には導入と世界観以外にはどこらへんが面白いのかよくわからなかった試行錯誤なのかどうなのかとにかくほとんどのクオリティーが圧倒的に低かったと思えるのにそのあまりにも高すぎる評価は××××と潜在的××××と隠れ××××が自己弁護と保身のために煽り神格化しそれにその他の××××と潜在的××××と隠れ××××(つまり合計すると35歳以下の全国民のきっと80%ぐらい)がまんまとと言うか多分概ねわざと乗っかって間違っている事に実は心のどこかで気づいていながらつまり結局はこれも自己弁護と保身のために若しくは踊らされて気づかずに若しくは純粋に単純に世論と雰囲気に惑わされて勘違いをし騒いで盛り上げて酔いしれてそしてそのほとんど全員が自らのクローンと変わらない国民の総意に味方された自分の感性とか論説にも酔っぱらい偏った主観を集めて客観のフリをさせた結果でしかないんじゃなかろうかとか考えてしまわずにいられない映画をやっている映画館】【骨だらけで食べづらいカレーがおいしい中村屋】【席が悪いと注文しづらい桜寿司】【フレッシュネスバーガー】【一風堂(ラーメン屋)】【周の家(中華料理屋)】【ケンタッキーフライドチキン】【てんや(天丼屋)】【多奈加亭(ケーキ)】【ハーゲンダッツ】【キハチ(ソフトクリーム)】【クイーンアリス(ソフトクリーム)】など。
そして【吉祥寺パルコのB2の便所】
2月15日金曜日
焼肉屋の狂牛病対策は、どうやら人件費削減を柱に考えているようだ。深夜に吉祥寺の某焼肉屋に行ったら、店員が全員どこのかもよくわからないいろんな外国人でした。
まあそれはいいんだけど、最近の焼肉屋はどこも豚豚豚豚謳ってて寂しい限りですな。
オレのリングは狂牛病以前からずーっとクレイジーピッグだ。狂豚病バンザイ。
2月16日土曜日
今日も焼肉食べ行ったった。
んーと、
【食べ過ぎて ウンコ出そうで 猛ダッシュ 冬の三十路の プッチモレ】 (字足らず)
2月18日月曜日
久しぶりに描いてます。
【君とロボット】Gファン。
ネタはわかりやすくベタベタ。だけど相変わらず浮きまくっています。おっかしいなあ。(おかしくない)
好きなロボランキング
ロビー(禁断の惑星)
ドラミちゃん(ドラえもん)
ゾック(ガンダム)
ロボット長島(ロボット長島)
須藤威一郎(セクシーボイス アンド ロボ)
プーチ(嘘)
3月4日月曜日
半村良氏が肺炎のため亡くなったようです。
一時期 、もう10年以上も前の事ですが、半村良の小説ばかり読んでいた時期がありました。初めに読んだのは【石の血脈】。寝るのも惜しんで一気に読みました。【黄金伝説】【英雄伝説】などの伝説シリーズや、【産霊山秘録】【妖星伝】から【亜空間要塞】まで、どれも楽しく読みました。
半村良こそ伝奇SFにおける最重要人物の一人と言ってもいいでしょう。半村良と永井豪がいたからこそ今の夢枕獏や菊池秀行が在るのです。って感じで。
ご冥福をお祈りしましょう。
好きな小説ランキング 感銘を受けた小説ランキング 影響を受けた小説ランキング
マイナスゼロ エロス なし
魍魎の匣 はてしない物語 なし
妖都 二人の証拠 なし
第三の嘘 姑獲鳥の夏 なし
俗物図鑑 美濃牛 なし
産霊山秘録 ヴィーナスの命題 エロス
注:例によって思いついた作品の中からってことでちょっと怪しいかもしれません。
(ならせめて半村良をもうちょっと上に上げとけよって気もしますが・・・)
3月10日日曜日
【マルホランド・ドライブ】を観・・・・・・・・・・・・・・・るつもりが、なぜだか【モンスターズ・インク】を観ました。
指定席で観たんだけど、意外と空いてて普通でも充分座れてたね。けどまあさすがに指定席はいい位置にあるし、ゆったり観れたのでそれはそれで良し。
さて映画、アクションもそうだけど、小ネタもゴージャスに盛り込まれていて、(笑えるかどうかは別にして)さすがアメリカさんって感じでよく作られていたのだが、キャラクターの口の動きがみんなシュワルツェネッガーみたいで気持ちが悪いのと、ブーちゃんの顔が濃い! さすがアメリカさんって感じ。
観て絶対に損はなし、とまでは言わないけど、少なくともアレよりはいいよ。うんそれはきっと絶対。
3月15日金曜日
たとえばオレは今月に入って何回ぐらいオリジン弁当を食べただろうかと考える。
たぶん11回。(内訳:からあげ弁当×7、のり白身魚弁当×3、トンカツ弁当×1)
たとえばオレは今月に入って何回ぐらいハーゲンダッツを食べただろうかと考える。
たぶん15回。(内訳:ドルセ・デ・レチェ×15)
3月18日月曜日
今月も描いてたりします。
再びGファン。
【君はロボット】
3月20日水曜日
ドラマ【漂流教室】やっと終了。
やっとってのはもちろんもう観ずに済むって意味です。途中からはすっかり楳図ファンとしての責任感だけで観ていたのでした。
やはり無理があったってことですな。何をどう見せたかったのかさっぱりわからん。ああ、小さくするのなら最初から触らないでほしい。作品に愛を!
楳図大先生は果たしてどうゆう感想を持ったのだろうか。こないだ新潮45で楳図氏のとんでもなく信じられない手記を読んでしまったところだし、これ以上創作意欲を削がれてはファンとしては大いに困るのだ。
さてその新潮45、2002年1月号。楳図ファンの人はバックナンバーを売ってる店で是非見てみて下さい。真偽のほどは知る由もないけども、もしも事実ならとんでもないってなことが書かれてるんだよ。本当にあんな事件が有り得たのだろうか? 恐ろしい。
いや、もちろん世田谷事件の記事も大いに気になりますが。
ところで話は変わりますが、カラー原稿を描かなくてはならなくなりまして、安請け合いしちまったけど考えてみたらカラーなんてオレまともに描いたことねえや・・・どどどどげしようー。ぐわっっ!
3月21日木曜日
演劇鑑賞
【彦馬がゆく】ル テアトル銀座
作・演出:三谷幸喜
CAST:筒井道隆、酒井美紀、伊原剛志、梶原善、温水洋一、松金よね子、他
初三谷。さすがに成熟したレベルの高いコメディーだった。
脚本ももちろんいいのだが、特に三谷幸喜自身が演出した場合、コメディーというよりもコント的なギャグの間が正しく存在するので安心して笑える。
安定している分、突出した荒いパワーみたいなモノはないけども、三谷作品は上品で、だからこそ「一流」と言っていいのだと思う。
温水洋一の西郷どんが目茶目茶面白かった。ああそれにしてもまた温水洋一だ。別に追っかけてもいないのに、何故だかホントよく見るなあ。
松金よね子の穏やかな迫力と瀬戸カトリーヌのいい感じのハジケップリにも乾杯。
どうでもいいけど鶴瓶も観に来てた。
3月22日金曜日
東京の親戚(オレの生き方に批判的なので個人的には一切接点なし)が入院したので、見舞いのために突然おかんが上京して来た。他のおばはん二人引き連れて。
見舞いに来たくせに観光気分なので、ちょっとだけその手助け。おばはん達のお守りは大変だ。まあたまには親孝行って感じで、と言いながら飯代すら払わないんだけどね。
しかもおばはんに小遣い貰った30代。
3月24日曜日
ブライス(ロージーレッド)をもらった。
うーむ、こりゃなんと言うか、実際に手にしてみると思ってた以上にかわいいぞ。
そうだな、ここは敢えて吐き気がするほど嫌いな言葉を使わせていただこう。
萌え〜。
3月25日曜日
さて。
ブライスをトートバッグに入れて持ち歩く30男というのは如何なモノでしょうか。
いや、あくまでもブライスをプレゼントしてくれた友達に、箱から出した姿を見せてあげようと思っただけなんだけどね。言い訳じゃないよ?
さて、「きしょーい」と言われながらも無事に見せて家に帰ってみると、方っぽの靴(もちろんブライスの)が、ななななーい!
オレは暗い夜道を捜し歩く。黙々と地を見つめ捜し歩く。そしたらなんだか簡単に見つかった。靴を拾ったオレはシンデレラの王子様だ。この靴の持ち主は何処に? 答:家に。
3月30日土曜日
ロボット物の第一人者と呼ばれるようになってしまった今、取材のために(ここまで全て嘘)ロボット博を見に横浜まで行ったんだけど、こりゃどうも夜のお芝居に間に合わないぞとゆうことで、横浜に着いた途端にとんぼ返り。何やってんだ・・・?
【You Are The Top★今宵の君】世田谷パブリックシアター
作・演出:三谷幸喜
CAST:市村正親、浅野和之、戸田恵子
劇中歌作曲:井上陽水
形にもやり方にも面白味も魅力もあった。あったが、やはり鹿賀丈史降板の影響は否めない。いや、否めなさ過ぎる。代役の浅野氏も時間のない中頑張ったのだろうとは思うが、噛みも多かったし、何しろアクが小さくてキャラが全く立っていなかった。キャラクターとして違和感があった。期待していた物とは大きく違ってしまっていた。
彦馬の時は姿が見えなかった三谷幸喜がカーテンコールで現れたのも、まあそのあたりに対する申し訳無さとかが影響しているのかもしれないね。いつか鹿賀丈史でのこの芝居を観ることがあれば、きっとその印象は大きく変わるんだろう。
戸田恵子は張っていて非常に良かった。
それにしても【大江戸ロケット】の時といい、ついてない。。。
4月6日土曜日
今度はブライスの家具セットをもらった。いよいよ変だぞオレの部屋。
友人はどうやらオレに着せ替え遊びをさせたいらしく、服とかウィッグのセットを買おうとしてたらしいんだけど、売り切れてた。正直、ウィッグはちょっと欲しいが。。。
ああそれにしてもVOGUEのホームページでやってるブランドブライスのオークションすげえな。すごい金額になってるよ。でもあれグッチのもヴィヴィアンのも実際かっこいいよな。量産すればいいのに。 と、実は願ってみる。
4月18日木曜日 今月も描いてますが、とりあえずは今回で最後です。(でもまたちょこちょこ描くかもしれません)
一作目、【君とロボット】、テーマはリリカル。(ここで「ええーっ」と言いましょう)
二作目、【君はロボット】、テーマは恋愛。(もう一度「ええーっ」と言いましょう)
に続いて、今回のテーマは、サスペンス。(読んでから「ええーっ」と言いましょう)
【君がロボットを・・・】
もちろんGファン。
ああそういえばGファンがどこにも売ってないってメールを貰いました。
なぜなら正確な誌名はGファンタジーなのでした。
4月26日金曜日
ロッテのドラえもんクッキーボールチョコのオマケはマニアックですげえな。
まあ【スネツグ】と【おばあちゃん】ぐらいなら普通にあってもいいかなってぐらいだけど、【きれいなジャイアン】って。。。
オレこの話大好きなんだよ、嬉しいなあ。いらないけど。
4月27日土曜日
今日の囲(荻窪の焼肉屋)最高。
最近三回ぐらい連続で行ってるけど、あそこ結構当たり外れがあるね。
脂がしつこい時は狂牛なのか。それともおいしい時こそが狂牛の罠なのだろうか。
おいしければどっちでもいいや。
QuietHouseは、深夜でも開いている焼肉屋を応援しています。
5月1日水曜日
久しぶりにパナパナでもアップしようかなあと思って描いてみたんだけど、いざ取り込もうとしたらスキャナーが壊れてたよトホホ。。。
5月2日木曜日
せっかく描いたことだしってことで、昨日のパナパナ、なんとか気迫のデジカメ取り込みでアップしてみましたよ。結局、線ほとんどマウスで上描きすることになっちまったい。めんどくさかったー。
そんでまた無理してアップするほどのモノでもないんだなこれが。全4ページ。
5月3日金曜日
買ッタバカリノ秋田小町ヲヤラレマシタ米ヲ入レルタッパーヲ食イ破ラレマシタ殺鼠剤ダケ無視シヤガリマス臭イデス糞モバラマカレマシタ。
かなり真剣に、VSネズミ中。
5月4日土曜日
最近妙にウィルス付きのメールが多いぞ。ぶっちゃけ【君ロボ】のアンケート総数よりも多そうだ。困ったもんだね。(どっちもね)
QuickJapanに楳図かず王のインタビューが載ってたので、立ち読み。また面白いことが書いてある。新潮の時のほどは衝撃的じゃないけど、でもホントなのかねえこれ。