ウンキュウ
Chinemys reevesi × Mauremys japonica

※平成18年2月13日

 この写真を見て、すぐに正体が分かった人がいたらスゴイです。
クサガメ(Chinemys reevesi)とニホンイシガメ(Mauremys japonica)の交雑種です。
クサガメ、イシガメ共に日本に分布しているカメです。よって、自然下でもこの雑種は見つかっているそうですが、
この個体は飼育下で生まれました。

 当たり前ですが、クサガメ・イシガメの特徴を両方備えています。
まず顔を見るとクサガメっぽいですが、甲羅を見るとイシガメと同様にキール(稜線)が一本(クサガメは3本)。
甲羅の後縁を見ると、やはりイシガメのように鋸歯状になっています。

 この個体は平成17年12月より飼育しています。
現在、甲長6.5cm、体重44g。一昨年に生まれた幼亀です。
毎日、レプトミンをバリバリ食べて順調に成長しています。今後の成長に伴う形態の変化が楽しみです。

 雑種なので正式な和名があるわけではありませんが、「ウンキュウ」と呼ばれています。
通称というか流通名といったところなのでしょうか。この名の由来も、色々調べましたがわかりません。
ご存知の方、おられたら教えてください。


←楽しい生き物たちのページに戻る